試聴する

閃光

この曲の表示回数 23,778
歌手:

LUNKHEAD


作詞:

小高芳太朗


作曲:

小高芳太朗


不安も迷いもこの手で切り捨てた
空気の匂いが変わった 夜が明ける

閃光のように眩しく

細胞が叫んで軋んだ
苦しいほどに魂はここに在った
死んだように生きていくなら
花火のようにここで燃え尽きても

この手の刃が火を散らすその度に
宿る孤独が冷たく透き通る

閃光のように眩しく

心臓が笑って弾んだ
正しいまでに魂はここに在った
死んだように生きていくなら
花火のようにここで燃え尽きても

終わりの始まり

あなたの温もりも優しさも
暁にそっと隠して

この手でそっとあなたを抱き寄せた日の事を思い出した

細胞が叫んで軋んだ
苦しいほどに魂はここに在った
死んだように生きていくなら
花火のようにここで燃え尽きてもいい

今 激しく 迸る 閃光
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:閃光 歌手:LUNKHEAD

LUNKHEADの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-09-18
商品番号:CHKY-19
直球レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP