夏のラジオ

この曲の表示回数 9,798
歌手:

Something ELse


作詞:

売野雅勇


作曲:

今井千尋


果てしない暗闇を歩き続けるように
空っぽの心には痛みさえ映らない

20歳(はたち)のようには愛せない… 最後に君が言った
そんな悲しい言葉だけいまリアルに感じる

Ah 二度と聴こえない夏のラジオ 途切れたLast Song
そして新しい道を僕らは歩き始めた
Ah 夢が鳴ってた夏のラジオ 空地(あきち)に棄(す)てたら
このサヨナラは未来が始まるサインさ

目覚めても目覚めても悲しい夢が続き
君がいた日々をもし消せたら楽なのに

あんなにきれいな気持ちではもう誰も愛せない…
壊れかけてる心にも朝陽はまた昇る

Ah 君が忘れた夏のラジオ かけらのイノセンス
雨のあとの虹のように涙で生まれ変わるよ
Ah 街のどこかで夏のラジオ いまでも鳴ってる
サヨナラはまた何かが始まるサインさ

君を失くしたつらさよりもっと哀しいものは
他の誰かをいつかまた愛せるこの心

Ah 二度と聴こえない夏のラジオ 途切れたLast Song
そして新しい道を僕らは歩き始めた
Ah 夢が鳴ってた夏のラジオ 空地(あきち)に棄(す)てたら
このサヨナラは未来が始まるサインさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏のラジオ 歌手:Something ELse

Something ELseの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-02-06
商品番号:TOCT-4357
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP