この曲の表示回数 13,239

わずかな望みを残した遥かな道を

小さな灯火を抱いてさまよう影よ
巡る空の下では 生まれくるあまたの命が問いかけてる
ひたむきに生きる意味を
黄金色の風の中を 駆け抜けたその先に
僕たちは何を見るのだろうと

かすかな願いを紡ぐように旅鳥が舞う
雪解けのせせらぎが やがてくる本当の夜明けを告げている
優しさに包まれてく 柔らかい日差し浴びて
戯れたその場所が
僕たちの生きた証になると

花の季節が過ぎても
この道は続いてゆく
赤く燃える落日に 染まりながらいつの日か
僕たちがまた巡り会うために
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:道 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-09-18
商品番号:UPCH-20328
NAYUTAWAVE RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP