ぼくというきみへ

この曲の表示回数 8,249
歌手:

春奈るな


作詞:

春奈るな


作曲:

solaya


ちっぽけなきみふるえながら
いつも泣いてた
“こんなぼくなんて”
いつも思っていた

ああ愛したせかいを
だれかに傷つけられて
こころ閉ざした

“ぼくが夢みる
せかいをだれも
わかってくれない もどかしい
どうすればいい?
だったらぼくが
大好きなせかいを
嫌いになってしまえば…”
いいきかせてた ずっと

でも心はずっと素直に
生きていたくて
“ほんとはもっと
好きでいたいんだ”

ああ かくしてたきもちが
あふれるおさえきれずに
きみのなかから

もう一度つよく
だきしめたせかいは
あたたかくて やさしい
あの日のまま
見えない腕がきみを包んで
おかえりって わらった
なぐさめるように そっと

そんなきみのなかから
あふれだした ひかりは
幸福論をさけびだすよ

あの日のきみがいてくれたから
ぼくはこうして笑ってる
アイを歌って
だからねきみにありがとうって
とどけたいよ とどいて

きみというぼくへ
ぼくというきみへどうか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ぼくというきみへ 歌手:春奈るな

春奈るなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-08-21
商品番号:SECL-1380
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP