早春賦

この曲の表示回数 51,463
歌手:

童謡・唱歌


作詞:

吉丸一昌


作曲:

中田章


春は名のみの風の寒さや
谷の 鴬 歌は思えど
時にあらずと声も立てず
時にあらずと声も立てず

氷解け去り葦は角ぐむ
さては時ぞと思うあやにく
今日もきのうも雪の空
今日もきのうも雪の空

春と聞かねば知らでありしを
聞けば急かるる胸の思いを
いかにせよとのこの頃か
いかにせよとのこの頃か
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:早春賦 歌手:童謡・唱歌

童謡・唱歌の新着情報

  • 豊太閤 / ♪戦へば勝ち攻むれば取る
  • 納涼 / ♪ひるまのあつさのなごり見せて
  •  / ♪ひかりはいつもかはらぬものを
  •  / ♪一夜のほどに野も山も
  • ほうほけきょ / ♪小さい子小さい子

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-07-23
商品番号:COCO-70641
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP