試聴する

遠雷

この曲の表示回数 57,730
歌手:

Do As Infinity


作詞:

D・A・I


作曲:

D・A・I


隙間ない入道雲の下 あの日は 母と二人
日傘を差して 手を引かれ 歩いてた 夏の道

蝉時雨に消えそうな声で 何度も言った
「みんな1人で生きてゆくもの 振り返らない」

幼すぎる私はきっと答えられない事を聞き
あなたの背中で いつしか眠ってた 泣きもせず

これからくる夕立の予感 響く遠雷
あれからの私達をまるで占うような

あの日のあなたに近づいて はじめてわかる
突然しゃがみ込んで流した 最後の泪

あなたの気持ち あの夏の匂い
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:遠雷 歌手:Do As Infinity

Do As Infinityの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-09-19
商品番号:AVCD-11981
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP