ある青春

この曲の表示回数 8,135
歌手:

森田公一とトップギャラン


作詞:

山上路夫


作曲:

森田公一


青春の光がきらめく中で
すべてを忘れてふたりは生きた
愛する事にただひたすら 君と僕は生きて来たよ
あれから君と来た道が ここでとぎれてしまうのか
かげりを知らぬ青春の終わりがもう来たのか
巡り合い愛し合い 倖せだった
愛の日が今では夢の様だよ

若さだけ他には何もなくて
小さな部屋借り暮らして来たよ
目覚めた朝に その窓から
見える空がきれいだった
心も青いままだった 身体も青いままだった
愛する意味は知らないで ぼくらは只、生きたよ
あの頃のひたむきな ふたりはどこに
大人へとなるのか 君と僕は

太陽が明るく燃えてる時は
影などある事、忘れる様に 僕らも同じ只、若さを
燃やしながら 生きて来たよ
ごらんよ僕のこのタバコ、今はもえつき灰になる
かげりを知らぬ青春の終わりがもう来たのか
巡り合い愛し合い 倖せだった
愛の日に戻りたい 君とふたりで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ある青春 歌手:森田公一とトップギャラン

森田公一とトップギャランの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-08-21
商品番号:SRCL-4336
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP