ジャングルジム

この曲の表示回数 67,947
歌手:

山本彩(NMB48)


作詞:

秋元康


作曲:

酒井康男


夜の児童公園 ジャングルジムの上
誰も見てないから スカートで登る

子どもの頃は高く思えた
一番 テッペンに腰掛けたけど
そんなに怖く感じないのは私が大人だから

恋なんか面倒だ
いつもの自分じゃなくなる
もどかしくて
胸のどこかがどよんどよんと暴れている
彼なんかいらないよ
一人きりでいいんだ
ここに来て
あの日の星が
今もずっと手の届かない場所にあるなら…

小さなシーソーが右に傾いたまま
降りてしまった人を思い続けてる

巡り逢った時は何も話せず
猫を被って大人しいふりした
こんなに好きになるなんてとっても意外だった

恋なんか苦手だよ
悲しい顔ばかりしている
ただ 切なくて
こんな時間に夜の風に当たりたくなる
ひんやりとしているよ
お尻の下の鉄の棒
こうしてても
きっと あなたは
ジャングルジムに登ったことなど忘れてるでしょう

恋なんか面倒だ
いつもの自分じゃなくなる
もどかしくて
胸のどこかがどよんどよんと暴れている
ジャングルジム 一人きり
仲間外れにされたように
鼻の奥が
じんとして来て
できるならばここからずっと降りたくなかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ジャングルジム 歌手:山本彩(NMB48)

山本彩(NMB48)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-02-27
商品番号:YRCS-95007
laugh out loud records

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP