国境の町

この曲の表示回数 59,916
歌手:

東海林太郎


作詞:

大木惇夫


作曲:

阿部武雄


橇(そり)の鈴さえ 寂(さび)しく響く
雪の曠野(こうや)よ 町の灯よ
一(ひと)つ山越しゃ 他国の星が
凍りつくよな国境(くにざかい)

故郷(こきょう)はなれて はるばる千里(せんり)
なんで想いが とどこうぞ
遠きあの空 つくづく眺(なが)め
男泣きする宵(よい)もある

行方知らない さすらい暮(ぐら)し
空も灰色(はいいろ) また吹雪(ふぶき)
想いばかりが ただただ燃えて
君と逢うのはいつの日ぞ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:国境の町 歌手:東海林太郎

東海林太郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-13
商品番号:VICL-5228
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP