Imagination Canvas

この曲の表示回数 3,123
歌手:

西島三重子


作詞:

門谷憲二


作曲:

西島三重子


夕焼けの空は Imagination Canvas
なつかしいあなたの横顔のクロッキー
想い出は美しいほうがいいから
少しきれいに描いてあげる

風月堂が秋にはなくなるんだよ
ふんふんふーん ふんふんふーん
モデルはしゃべるなっていつもおこられたけど
話しかけるのはそういうあなた

あなたの描いた私の絵は
ちっともやせてなかったけど
私はあの頃モディリアニが好きになった

夕焼けの空を肩よせてながめた
恋人の習慣それだけが残る
雲たちも重なってやがてはなれて
赤いパノラマ窓にゆれる

やせた女は優雅で移り気なのさ
ふんふんふーん ふんふんふーん
突然鳴った電話 筆を投げ出すように
噂の Slim に走ったあなた

西陽のアトリエ 待っていたわ
自分の影のうなじの長さ
私はそれからモディリアニがきらいになった

夕焼けの空は Imagination Canvas
なつかしいあなたの横顔のクロッキー……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Imagination Canvas 歌手:西島三重子

西島三重子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-04
商品番号:TECN-35856
インペリアルレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP