架空線

この曲の表示回数 8,639
歌手:

nano.RIPE


作詞:

きみコ


作曲:

佐々木淳


きみが笑う頃にあたしの傷は癒えるだろう
ゆっくりと繋がる ほどけるくらいに柔らかく

とめどなく溢れる脆いコトバ 吐き出したきみに尋ねる

怖かった?もう何度逃げ出したふりをして動けずにいたの?
あたしの声が聴こえる距離から手を伸ばして 不確かなものをあげよう

夢を語れるほど清くも優しくもないけど
きみが泣けるくらいココロに隙間は作っとこう

近付けばいつしか鏡になる 右の手は左手に触れる

失ったものなんて投げ出した日々だって悪くはないでしょう?
正しいものを欲しがるあまりに削れて見えたココロの深くへおいで

きみが笑うほどに空は青く晴れる
ありふれた喩えがこんなにもステキだ
もっと単純でずっと簡単なことだと教えれれたの

探していたものがなにかわからなくて だけどずっと探していたなにかを
ココで見つけた それは思うほどキレイじゃなくて 故にキレイだ

怖かった?もう何度逃げ出したふりをして動けずにいたの?
あたしの声が聴こえる距離から手を伸ばして 不確かなものをあげる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:架空線 歌手:nano.RIPE

nano.RIPEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-10-03
商品番号:LACA-15237
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP