Virgin Snow

この曲の表示回数 3,423

そんな気がしてた バスを降りた時
愛を打ち明ける あなたのまなざし
そっと降り積もる この雪のように
振り向けばこんなにも そばにいたの

(ひとつ前の)つらい恋は(遠い夢は)思い出
(教えてこころ)やさしくなるのは あなたのせいなの

やっとめぐりあえた ふたつの鐘を もう誰も曇らせないで
強く奪うように 抱いてもいいのに 何故私に触れないの

電車も止まって 車も止まって
帰れなくなる事を知っていても

(今は強く)離さないで(ずっと夢ね)このまま
(教えてこころ)素直になるのは あなたがいるから

そっと肩を並べ歩いた季節を もう誰も傷付けないで
強く奪うように 見つめていいのに 何故涙があふれるの

やっとめぐりあえた ふたつの瞳を もう誰も曇らせないで
強く奪うように 抱いてもいいのに 何故私に触れないの

そっと肩を並べて歩いた季節を もう誰も傷付けないで
強く奪うように 見つめていいのに 何故涙があふれるの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Virgin Snow 歌手:野川さくら

野川さくらの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-12-08
商品番号:AVCA-29861
エイベックス・ピクチャーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP