Doll

作詞:光岡昌美
作曲:白戸佑輔
発売日:2012/01/11
この曲の表示回数:4,749回

Doll
ある日目を覚ました私は
何か大切なものが失くなっていることに気付いたんだ
ただ私に用意されていたのは
自分の言葉では伝えられないそんな場所だった

いつでも誰かが作っていたシナリオ通りに演じてた
でもそう繰り返す度に本当の自分さえも見失っていた

本当は私はこんなことを伝えたい訳じゃないって
本当は私はこんなことを歌いたい訳じゃないって
ずっと誰かにただ気付いて欲しかった

どんな逃げたいときも笑ってた
きっと心を持たない人形のようになっていたんだ
泣くことさえも出来ないくらいに
この胸の奥はいつだって崩れそうだった

自分の言葉で伝えたいそんな簡単なことさえも
ねぇそう何も出来ずに本当の気持ちだけが押し潰されてく

本当は私がこんなことを思ってる訳じゃないって
本当は私がこんなことを夢見てた訳じゃないって
きっと誰かに声に出して言いたかった

本当は私はこんなことを伝えたい訳じゃないって
本当は私はこんなことを歌いたい訳じゃないって
ずっと誰かにただ気付いて欲しかった

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません