magnolia

この曲の表示回数 21,675
歌手:

Kalafina


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


ほころびて行けば
あとは散るまで咲くだけの
恋になりそうな
堅い莟が揺れている

白く白く愛したい
澱みの無い
冷たい水だけを飲み
生まれた花のように

貴方の色に染まらない心だけど
甘くなつかしいその手で
抱きしめてよ
恋は始まってもいない
全ては箱庭の中の
小さな夢語り

magnolia いつまでも貴方が
彷徨い目指す場所に白く
届かぬ空から微笑む
光のひとひらのように
未来を照らしているよ

壊れた記憶の
優しい声に気付くまで
貴方が行きたい
眩しい道が見えるまで

迷い子のまま
心が指差す方へ
いつも頼りにするのは
奇麗な花ばかり

やがてさんざめく世界に
高鳴るうた
愛という名の憧れを分け合うから
恋が始まって行くのね
全ては二人で咲かせる
奇麗な花の中

Magnolia 黎明のトルソー
明るい闇の中にあって
届かぬ空から奏でる
夢見る天体のロンド
未来を歌っているよ

ほころびて行くよ
甘い莟が揺れている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:magnolia 歌手:Kalafina

Kalafinaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/09/21
商品番号:SECL-1014
SME

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP