試聴する

鳥辺野

この曲の表示回数 21,732

寂しいからとそれだけで来るはずもない 鳥辺野

山道をゆけば 散り急ぐ様に
遠近に寒椿の紅 道を照らす春まだき

風景自身が 淋しがってるから
ひとこまに身を置いただけで 自分が救われる

風はさや 風はさやさや
竹はゆら 竹はゆらゆら
振り返るより速く あなたは立ち去っていた

人の心移ろい易く その傷癒え難く
立ち止まって うろたえるは
愛と同じ重さの 悲しみ

木立の間に間に 埋もった枯葉
そんな風にあなたと私の それぞれの記憶の中で

お互いの事が やがて薄れてく
そこここに散りばめたはずの 真実までかすませて

夢はさや 夢はさやさや
嘘はゆら 嘘はゆらゆら
すれ違うより速く あなたが遠ざかってゆく

前のめりのまま 無造作に投げ出された愛が
季節に追われ ころんだまま
野晒しになっている 鳥辺野
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鳥辺野 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/06/30
商品番号:FRCA-1106
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP