試聴する

黄昏に捨てて

この曲の表示回数 17,405
歌手:

矢沢永吉


作詞:

大津あきら


作曲:

矢沢永吉


街角のビルボードも
いつの間にか 変わったね
首に巻いた 銀のスカーフ
ほどく手が つらい冬さ

愛は何故 傷ついても
信じたがる

Wooh Cry これ以上
心を晒したなら
Wooh Cry 悲しみを買うだけ
この季節から

二人はもう 遠い恋人
向かい合えないね

いつか贈った 銀のスカーフ
手渡して 翻ってく

Wooh Cry 見守るよ
この目を細めて
Wooh Cry お前の影が
消えてくまで

Wooh Cry これ以上
苦しめたくはない
Wooh Cry 間抜けな涙
許してくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黄昏に捨てて 歌手:矢沢永吉

矢沢永吉の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-03-31
商品番号:TOCT-6925
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP