Double Standard

この曲の表示回数 14,547
歌手:

JUN


作詞:

藤林聖子


作曲:

森重卓


何処へ行くのか解らないまま
何処へ着くのか解らないまま
旅を続けてた

理解されたフリされるなら
誤解されていたいと願った
心閉ざしてた

でも君は違うと言う
大切なものは、今ここにあると…

風のように流れていった
自分が作った ルールなんて
先回りした言い訳だって
失うことが また恐くなるけど
ここはまだ、旅の途中

何処にだっていそうな鳥なら
何処にいたって気にならないように
旅を続けてた

自分が誰でもいいと思った
影響なんてしたくもなかった
1人きりだった

でも君は違うと言う
大切なものは、ずっと側にあると

風のように通り過ぎた
自分は誰でも なかっただろう
すべては夢 それでもいいと
失うよりも 先に護れるなら
ここが多分、旅の終わり

ため息に目を閉じて
明日を信じる 深呼吸に変え…

風のように流れていった
自分が作った ルールなんて
先回りした言い訳だって
失うことが また恐くなるけど
ここはまだ、旅の途中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Double Standard 歌手:JUN

JUNの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-11-27
商品番号:AVCA-14810
エイベックス・トラックス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP