試聴する

雨の酒場唄

この曲の表示回数 14,782
歌手:

吉幾三


作詞:

吉幾三


作曲:

吉幾三


遠く離れた 故郷の
風と夕焼け 見たくなる
飲めば飲むほど 夢に酔い
ちょいと愚痴など 落ちてくる
冷酒に浮かんだ 今亡きオヤジ
居酒屋主人(あるじ)の あぁ国訛り
何故か沁みるョ 雨の酒場には

若き昔を 振り返りゃ
捨ててしまった あの頃に
詫びているけど もう遅い
ちょいと情けが 降って来る
冷酒に浮かべた あの娘(こ)の泪
すべては俺が あぁ悪かった
何故か振り向く 雨の街にはヨ

過去にゃ今さら 戻れない
そっと飲み干す 明日の酒
去った時代の 唄ぽろり
ちょいと目頭 熱くなる
酒にこぼれし 男の人生
都会の隅で あぁ生きてゆく
すべて恋しや 雨の酒場唄
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨の酒場唄 歌手:吉幾三

吉幾三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-09-07
商品番号:TKCA-73680
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP