野生の馬

この曲の表示回数 46,972
歌手:

合唱


作詞:

中村千栄子


作曲:

岩河三郎


野生の馬は なぜ馳けていく 首もたげ 尾をなびかせて
筋肉の躍動 胸に どこまでも 馳けていく
夏の嵐の中を 稲妻に向かって
野生の馬が どこまでも馳けていく

ある時 馬は立ちどまる
自然の神秘(ふしぎ) 感じてか
目をつむり 銅像のように 動かない

野生の馬は なぜ馳けていく 首のばし 尾をふり立てて
生命の躍動 胸に どこまでも 馳けていく
夏の太陽の下を 真実に向かって
野生の馬が どこまでも馳けていく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:野生の馬 歌手:合唱

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-01-23
商品番号:VICG-60691
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP