試聴する

老人の歌

この曲の表示回数 22,365
歌手:

斉藤和義


作詞:

斉藤和義


作曲:

斉藤和義


それなりにいつも
そこそこの日々はあるけど
体中が震える出来事は
少なくなるな
そうゆうもんさ <涙>

目を閉じれば
今も夕べの事のよう
忘れはしない
いつも僕は
大きな君の湖で泳いでただけさ
ひとりきりじゃ
なんにもできやしないのに
カッコばかりで
気がついたら
大きな君の湖も水が枯れてた

ところで、君
そろそろ僕もドライブに出かけるよ
しがらみや悲しい嘘や
矛盾もない宇宙へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:老人の歌 歌手:斉藤和義

斉藤和義の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996/02/28
商品番号:FHCF-2277
ファンハウス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP