アカリ

この曲の表示回数 3,547
歌手:

石田燿子


作詞:

石田燿子


作曲:

田村信二


白い息吐く 冷たい指をにぎりしめた 粉雪降る街
昨日のことはもう気にしないで もうひとりの自分(わたし)が言う

窓にぼんやりうつるアカリが ゆっくりにじんで 見えなくなる

眠れない夜 つながる明日を感じられずに 涙あふれた
遠くに見えた月明かりだけ たった一粒の 希望の光だった

ひとりの部屋で 白い景色に耳澄ました 静かな雪音
今なにしてる? 誰かのつぶやき ただ待ってる自分(わたし)がいて

窓の外に散らばるアカリを 集めて 心をあたためたい

夜が明けたら 続く空から 舞い降る雪 まだ積もるけど
遠くにいても届く光に いつも照らされているから 大丈夫

キセツめぐり また冬が来て 強い風が吹き荒れても
人は何度でも 癒されながら また始められる 0からだって きっと

雪が溶けたら 続く空から 星のように アカリあふれる
遠くに見えた月明かりはもっと 強く輝いて 消えない夢になる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アカリ 歌手:石田燿子

石田燿子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-12-08
商品番号:COCX-36569
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP