ひとつの恋が終るとき

この曲の表示回数 41,618

前も見えない雨が それぞれの道 照らしてた
駅へ送ってゆくよ 最終電車 去ってしまう前に

ハンドルの向こうに続く
きみのいない人生へと急ぐよ このまま

きみは傘の雫と みじかいため息 ふっと残し
ふりかえりもしないで すぐ階段に 消えてゆくのだろう

トレンチの背中を伸ばし
ちがう人に見えたならば
涙に にじんで ぼやけて流れるけれど

強くなる もっと強くなれば 忘れずにいられる
つらくても きっとあとになれば やるせなく思える

駅へ送ってゆくよ ひとつの恋に終りを告げるよ
ミラー越しに

前も見えない雨が 別々の明日 包んでた
鍵ならかえさないで 二人のドアは もう開かないから

信号が変わるたび めくる
なつかしい風景 まるで
ポスター みたいに 破ってしまいたいけれど

強くなる もっと強くなれば 失くさずにいられる
つらくても きっとあとになれば 美しく思える

駅へ送ってゆくよ ひとつの恋に終りを告げるよ
ミラー越しに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとつの恋が終るとき 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/04/06
商品番号:TOCT-27000
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP