試聴する

夕焼け飛行船

この曲の表示回数 6,012
歌手:

石井竜也


作詞:

石井竜也


作曲:

石井竜也


夕焼けの空に浮かぶ飛行船
あれは遠い思い出の景色か

金色に染まる 輝きの雲を
通り抜けるように 風に流れる

記憶の隅に まだ鮮やかに
時を超えた 思い出の夢

人は過去の色を留められるのか
忘却の彼方へ 流されてゆく

果てしなく時は 大河のごとくに
何もかも かたちを削り取って

飛行船の窓から 見える河の向こう
海へと続いてゆく 光の竜

太陽と月の間の夕陽は
何かが僕をさらってゆく

壊れそうなガラス細工の心よ
幼い頃にみた 幻の夢

色はセピアにかわる飛行船
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕焼け飛行船 歌手:石井竜也

石井竜也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP