六月のブルース

この曲の表示回数 4,879

その履き慣れた薄汚いブーツを今脱げたなら
どこまでだってつきまとうこの影もきっと外せるさ

そしたら君の青い車を月夜の晩に盗んで
誰も知らない街に着いたら電話してさよならだけ言うんだ

Me and My shadow クリーム状の夕暮れの街
Me and My shadow 逆立ちしても今にも負けそう
こんな子供じみた発想など失くしたと思っていた

見知らぬ人の幸せと不幸の電波が飛び交っている
何万本のリボンがこの指の隙間をすり抜けていく

今ならそっと私が消えて雨が足跡消しても
誰もがそうさ 気付かないままうまくいきそうな気がする

Me and My shadow ゼブラ模様の夕暮れの街
Me and My shadow 不意打ちされて上手に転びたい

泥だらけの私の爪先が踏み出す所はどこだろう?
踏み出す所へついて行こう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:六月のブルース 歌手:サンタラ

サンタラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/01/16
商品番号:QQCL-33
Palm Beach

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP