試聴する

振り向いた時 そこに見える階段を数えたことがあるだろうか

この曲の表示回数 11,353
歌手:

稲垣潤一


作詞:

秋元康


作曲:

松尾一彦


今日もまた夜だった
目覚めるといつでも
新聞の古いニュース
2人して読んでいた

世の中のことさえも
無関心装い

時計のない部屋で
愛をくり返して
限りのある日々を
無駄使いしてるね

明日もまた夜だろう
変わらない風景
テレビではMIDNIGHTムービー
ラストシーン  当てあって……

眠れずに夜明けまで
話すのも 飽きたね

季節のない窓が
愛を映していた
別れが来るまでは
このままでいたいね

生き方が選べない
人生は嫌だよ

時計もない部屋で
愛をくり返して
限りのある日々を
無駄使いしてるね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:振り向いた時 そこに見える階段を数えたことがあるだろうか 歌手:稲垣潤一

稲垣潤一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/03/11
商品番号:UPCY-6459
ユニバーサルミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP