snow falling

この曲の表示回数 31,559
歌手:

Kalafina


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


雪は白く大地を染めて
空へ続く道を造る

結んだ手がまぼろしのようで
遠く見える背中に触れた

箱の中の時間のような
音符の無い ritardando

明日溶ける夢の中だから
永遠まで歩いて行けそうで

傘の陰でそっと
微笑んだ瞳
秘密めいた夜
二人だけで
優しくなる残像
遠く見える街灯
世界は今小さな箱庭

よろこびへ続く
白い道をずっと
二人で行けると
信じてみたくなる
さよならとそっと
つぶやいたあとで
明日会えるのに
不思議ねと
笑う
fallin' snow

雪が溶けた朝にはきっと
消えた夜を想いながら

雪の日を
唄いながら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:snow falling 歌手:Kalafina

Kalafinaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/02/16
商品番号:SECL-941
SME

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP