試聴する

汚れなき涙

この曲の表示回数 16,019
歌手:

THE BACK HORN


作詞:

松田晋二


作曲:

THE BACK HORN


木々が揺れるざわめく夜は
不気味なほどに死の匂いがする

赤い月が燃やした空は
まるで世界の終わりのようで

僕らの流したカルマが空へ空へと昇ってゆく

汚れなき涙 本当はあるのだろう
ただ奪い合い争って散りゆく定めでも
その真っ直ぐな眼差しが伝えてる
命があるという事実が生きる意味だということを

風が止んだ静かな朝は
痛いくらいに耳鳴りがする

張り詰めてる凍えた空気
まだ続くよと始まりを告げる

僕らが生まれた奇跡は誰にも変えられない
命が叫んでいる限り明日へ明日へと繋がってゆく

汚れなき涙 本当はあるのだろう
今 息をして手をとってまた歩いてゆける
この真っ白な朝焼けが映してる
生まれてきたという事実に罪なんてないということを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:汚れなき涙 歌手:THE BACK HORN

THE BACK HORNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-15
商品番号:VICL-63656
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP