アネモネ

この曲の表示回数 13,808
歌手:

安藤裕子


作詞:

安藤裕子


作曲:

安藤裕子


拙い言葉で私を包んで
あの窓辺のアネモネが咲く頃までは
行かないでいて 花を見届けて
あのアネモネが子供に還り駆けてく

ほら 見て 花びらが散るように堕ちてく
そう あの娘は生まれる前の姿に

今始まるから 閧の声がして
あの娘がもうすぐ首を落とすだろう
「サヨナラ」はいいよ
追いかけたくなる
それより黙って姿を消してくれれば

ほら 今 棚引くように揺れる黒髪
そう あの娘は生まれる前の姿に

目覚めぬ内に わかるなら消えて
届かぬ腕など 伸ばさずに行って

ほら 見て 花びらが散るように堕ちてく
そう あの娘は生まれる前の姿に
ほら 今 棚引くように濡れる黒髪
そう あの娘は生まれる前の姿で

今始まるのよ 鬨の声がする
今すぐ黙って姿を消してくれればいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アネモネ 歌手:安藤裕子

安藤裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-08
商品番号:CTCR-14683
cutting edge

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP