SEPTEMBER TOKYO TOWER

この曲の表示回数 5,403
歌手:

柿原朱美


作詞:

柿原朱美


作曲:

柿原朱美


舗道で抱きしめあって くちづけかわす恋人達
まるであの日ここにいた あなたと私のようだわ
車の窓から ながれる景色
ふたりがいた場所 すべておぼえている

ここで出会って うちあけられた ここでキスして 愛しあった
雨の夜でも 冬の風でも あなたがいれば それでよかった

どれくらい時がたてば あなたを忘れられるだろう
そしていつになったなら このいたみが消えてゆくだろう
かがやくタワーへ 手を振りながら
“まだここにいる”と ふたり笑った夜

夏の夜風に緑がゆれる いつもあなたを さがしている
せつないくらい 愛されていた そしていまでも 愛しているわ

なぜ 同じ道を歩けず はぐれるなら 出会ったのだろう
いつか あなたが行きたがった ふたりだけの世界で むすばれたいの

ここで抱きしめ ここで別れた あなたの笑顔 かさねた指
あなたの腕に 触れたすべてに もう一度強くつつまれたい
何万回も愛していると ささやいた声 やさしい声
せつないくらい 胸に生きてる あなたとの愛 わすれないわ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SEPTEMBER TOKYO TOWER 歌手:柿原朱美

柿原朱美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-07-26
商品番号:PSCR-5385
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP