LIVE REPORT

真心ブラザーズ ライヴレポート

真心ブラザーズ ライヴレポート

【真心ブラザーズ ライヴレポート】『真心ブラザーズ ライヴ・ツアー 「FRONTIER」』 2022年11月3日 at EX THEATER ROPPONGI

2022年11月03日@

取材:フジジュン/撮影:柴田恵理

2022.11.10

“しかし、どこまで絶好調なんだろうね、俺。桜井さんもよくこの絶好調男についてきますよ。令和の中畑 清なんだから!”ーー最新アルバム『TODAY』とこの日のライヴに確かな手応えを感じ、満員の観客を前に絶好調男を宣言したYO-KING(Vo&Gt)。事実、今の真心ブラザーズは絶好調だから言ってることは何も間違っていない。真心ブラザーズが渾身のアルバム『TODAY』を完成させ、東京・EX THEATER ROPPONGIを皮切りとする全国ツアー『FRONTIER』をスタートした。

YO-KINGと桜井秀俊(Gt&Vo)に、グレートマエカワ(Ba/フラワーカンパニーズ)、サンコンJr.(Dr/ウルフルズ)を加えたツアーバンド“CRAZY BUFFALOES”で臨む、今回のツアー初日。“グレートのベースに乗せられて、まだ2曲目だっていうのにギターソロで前に出ちゃいました”と最初のMCで桜井が嬉しそうに話していたが、ど頭からバンドのグルーブやテンション感も抜群で、歌もプレイもキレッキレの冴えまくり。“リハでやっていないこと弾くからね、グレートは!”と客席から観ているだけでは気づかない、バンド内でのせめぎ合いが起きていたようだ。とにかく生き生きと楽しそうに演奏する4人の姿が印象的だったし嬉しかったし、そのノリがダイレクトに反映されたステージは最高にカッコ良くて、観ている僕らも“バンドっていいなぁ!”と改めて思わされるものだった。

ツアー初日のレポートなので、セットリストやライヴの流れを詳しく説明できないのが残念だが。最新アルバム『TODAY』の収録曲を軸に、懐かしい曲やライヴ定番曲が多分に散りばめられたセットリストは、新曲たちがより映える楽曲たちをセレクトした印象。今後、ライヴ定番曲として重要な役割を果たしていくであろう「一触即発」や「君がすべてだったよ」、痛快なロックンロールサウンドがこのバンドにぴったりだった「ブレブレ」、浮遊感ある心地良い歌とサウンドが会場の空気を変えた桜井作の「うたたね」、デビュー時は“フォークデュオ”と言われながら初のデュエットソングになったという「Boy」、アルバムでは美しいピアノの伴奏で聴かせた「雨」のバンドアレンジ...など、アルバムと異なる並びとライヴアレンジで聴く新曲たちは新鮮だったし、過去楽曲たちとの馴染みも良くて、『TODAY』が本当に良いアルバムだったことも再確認した。

“愛と自由”がたくさん散りばめられた、アルバム『TODAY』に関しては“歌詞に“自由”とか“愛”とかがたくさん出てくるけど、もうてらいがなくなっちゃってるからね”(YO-KING)、“昔はてらいがあったけどね。今は“だって愛してるんだも~ん!”“自由大好き~!”みたいなね(笑)”(桜井)とノリノリで話していたふたり。今、こんな時代だからこそ、何度でも繰り返し伝えたい愛と自由を詰め込んだのが『TODAY』だったし、それを生でダイレクトに伝えるのが今回のツアーだ。ライヴを観ながら、愛と自由を高らかに歌うことにこそ、真心ブラザーズのロックンロールの真髄があることを確信した。てらいのない愛と自由を惜しげもなく振りまき、あふれ出るほどの元気と力を与えてくれる、真心のロックンロールをみんなにもぜひ生で体感し、現在の絶好調ぶりを確認してほしい。

“開拓”の意味を持つツアータイトルはアルバム制作前につけたそうだが、『TODAY』の持つ世界観をいったんバラして、過去楽曲を加えて再構築して新たなる地平と真心の最新型を魅せてくれるライヴの世界観を新たに作り上げた今ツアーは、まさに“FRONTIER”の名が相応しい。コロナで一度、更地になってしまったライヴシーンを再び開拓すべく、真心ブラザーズが強靭なツアーバンドで全国を耕すツアーが今始まった。

また、来年3月21日には、間もなく改装になってしまう真心の聖地・中野サンプラザにてライヴを行なうことも発表。シンプルなバンドサウンドで真心のロックンロールの真髄を見せてくれる今ツアーとも異なり、MB'Sとともにゴージャスで派手やかなステージを魅せてくれるであろうライヴが今から楽しみだ。

取材:フジジュン/撮影:柴田恵理

※現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。

真心ブラザーズ

マゴコロブラザーズ:1989年 大学在学中、音楽サークルの先輩・YO-KINGと後輩・桜井秀俊で結成。バラエティー番組内「フォークソング合戦」にて見事10週連続を勝ち抜き、同年9月にシングル「うみ」でメジャーデビューを果たす。14年に自身のレーベルDo Thing Recordingsを設立し、19年にはデビュー30周年を記念し、リスナー投票によるベスト10楽曲を収録したセルフカバーアルバム『トランタン』をリリース。20年は10月に17枚目となるオリジナルアルバム『Cheer』を発表。デビュー34年目となる今もなお、ライヴ、制作にと精力的な活動を展開している。

関連ライブレポート