×

AKIHIDE作曲の歌詞一覧リスト  81曲中 1-81曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
81曲中 1-81曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
綿毛のシェルターAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEどうしたの? 俯いて ため息ばかり うずくまり沈んでく小さなソファー どうしたらいいの? 返事は無いけど そばにいるね  外は雨 それならば話をしよう 明日のこと それよりも遠い未来のこと そんな気分じゃない? なら…ギター弾こっか ちょっと待ってね コーヒーを入れるよ  悲しみの向こう どこまでも行こう 君とだったら ふたりだったら 怖く無いよね この空が晴れて また雨が来ても 君とだったら ふたりだったら 行けるはずさ  そうだよね 大切な人を失くして 何もかも手放して捨てちゃいたくなるけど 隣にいさせて ブランケット包まろう だって君もそうしてくれたじゃない  悲しみの向こう どこまでも行こう 君とだったら ふたりだったら 怖く無いよね この空が晴れて また雨が来ても 君とだったら ふたりだったら 行けるはずさ  だから今は壊さないで だから今は ねえ 壊さないで  そのままでいいよ ゆっくりでいいよ ほつれないように 無くさないように この場所から そっと…  この空が晴れても また雨は来るだろう 君とだったら ふたりだったら 怖く無いよね  だから今は壊さないで だから今は ねえ 壊さないで
Tonight,TonightAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE白く染まる窓 もう行かなくちゃ 約束だから きみの眠る吐息だけ 愛しく響く部屋から  きみがうつむけば 小さく揺れる花になるから …いつか きみが途方に暮れたら 頬を優しく撫でる風になるから  Tonight,Tonight きみの声を きみの香りを きみの肌を 心に刻み込んで  Tonight,Tonight 雨の先へ 虹も越えて 時間(とき)の涯へ 心にぎゅっと抱きしめて  きみの物語 これからどんなことがあるんだろう …いつか 小さかったその手が掴む夢を聴かせておくれ 永遠の丘で待っているよ  Tonight,Tonight きみの声を きみの香りを きみの肌を 心に刻み込んで  Tonight,Tonight 雨の先へ 虹も越えて 時間(とき)の涯へ 心にぎゅっと抱きしめて
Blue MoonBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE熱い吐息がもれる 見たことない艶めくその瞳 他の誰が知ってるの? 唇で掻き消すあなた  でもねキライキライ 口先だけで ホラホラ よそ見して ヤダヤダ スマホが鳴って そうねイタイイタイ 胸が痛いけど でもでも 止められない 今までは私を見つめてて  ラララ やめないで ラララ 連れてって 明日なんていらないから 今は抱いて抱いて抱いて 濡れてる窓の外 綺麗な青い月  慣れた指で奏でられ 他の子はどんな声で歌ったの?  そうねイタイイタイ 胸が痛いけど でもでも 止められない あなたが行くのなら何処までも  ラララ やめないで ラララ 連れてって 絡み合ったこの夜の夢の涯の涯の涯 私を見つめてる綺麗な青い月  ひとりで行かないで… このまま終わらないで… 果てても忘れられないように そう深く深くキスで刻んで  ラララ やめないで ラララ 連れてって 明日なんていらないから 今は抱いて抱いて抱いて 濡れてる窓の外 朧な青い月
JudgmentBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE闇が迫りし 崩れゆく世界 悲しみを嘲笑う 陰謀者 真実は空虚に葬られた 怒りに満ちた心はどこへ行くの どこへ行くの  失望 絶望 恐怖を奪い去れ  叫べ叫べ 堕天使のように 壊せ壊せ 弱き魂を 叫べ叫べ 希望のために 革命の光を解き放て  口先ばかりの詐欺師(ペテン師)たちよ 愚かに無駄な無知を曝け出し ただ不安を煽り撒き散らして その先の未来はどこへ向かうのか  愚行 捏造 醜態を暴き出せ  叫べ叫べ 獣のように 壊せ壊せ 不条理な縛り(ルール) 叫べ叫べ 明日のために 裁きの矢を放ち 断罪せよ  叫べ叫べ 堕天使のように 壊せ壊せ 弱き魂を 叫べ叫べ 希望のために 何度でも 何度でも  叫べ叫べ 獣のように 壊せ壊せ 不条理な縛り(ルール) 叫べ叫べ 明日のために 裁きの矢を放ち 断罪せよ
冬の花BREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE青い光り着飾る並木 人が過ぎるベンチで 寒がりな君が寄り添った あの温もりはもう無い  ため息 白くあがり 空へそっと旅立った 君の元へ届くのかな 僕は瞳閉じるよ  ほら… 凍えてる心に 思い出だけが咲いている 目を開ければ散りそうだから もう少しだけ…僕はここにいるよ  繋いだ手をポケットに入れ 「あったかいね」と笑った君  何も変わらない冬 僕の隣 枯れ葉が舞う 涙にじむ綺麗な街 君もどこかで見てるの  まだ… 風に君の香り 騒ぐ街に君の声が 残ってるようで はしゃいでるようで あの日と同じまま ほら… 凍えてる心に 思い出だけが咲いている 目を開ければ散りそうだから もう少しだけ…僕はここにいるよ  氷雨が舞い降りて 誰もが急ぐ道 もう行かなきゃダメだけど  まだ… まだ… 風に君の香り 騒ぐ街に君の声が 残ってるようで はしゃいでるようで あの日と同じまま ほら… 凍えてる心に 思い出だけが咲き誇る 君の笑顔 君の涙 君の指も君の髪も…  もう少しだけ…僕はここにいるよ
夜の獣AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE散らかっている部屋はミニマムな荒野 リモートで繋ぐ微かなヒューマニティー 苛立っている気持ちが標準装備 いつの間にか か弱き自分が憑依で脅威  こんな今日は早く終わらせたいのに 待ち伏せていた眠れない夜が来る  暗い暗い闇の中 暗い暗い心の中 暗い暗い叫び声が 僕の名を呼んでるよ  Cry Cry アンタハダレダ Cry Cry コッチヘコイヨ Cry Cry ラクニナロウゼ 胸を裂いて溢れるMy cry  垂れ流してるニュースに一喜一憂 行ったり来たりばかりのフリックからクリック 前向きな気持ちもすぐにアンドゥ 響いてるネガティブなフレーズのループステーション  こんな今日は早く終わらせたいのに 待ち伏せていた眠れない夜が来る  暗い暗い闇の中 暗い暗い心の中 暗い暗い叫び声が 僕の名を呼んでるよ  Cry Cry アンタハダレダ Cry Cry コッチヘコイヨ Cry Cry ラクニナロウゼ 胸を裂いて溢れるMy cry My cry never ends
New“Today”AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE風に揺れた君の髪が美しいから ずっと見ていた並木のテラス  風が止んだひとりの街 あの店は名前を変え見知らぬ場所さ 僕らを待たずに  さよなら 愛しい昨日までの世界 僕は見上げた空へ歌うよ  Today 君がいない今日が始まるよ 見慣れた街が知らない顔で微笑んでいるから Today 変わらないものは無いと知ったよ だからこんな僕でもきっと変われるだろう  眠れない夜は抱き締め合った ふたりじゃなきゃ生きていけないと信じてたよね 憶えてるかな?  ありがとう 君がくれた物語 それぞれの夢を ほら繋げて  Today 君がいない今日が始まるよ 見慣れた街が知らない顔で微笑んでいるから Today 変わらないものは無いと知ったよ 風に吹かれて流されて季節の中を泳いで そうなんだ こんな僕でもきっと変われるだろう New“Today”
おかえりAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEおかえり 泣かないでください もう平気だから 涙拭いて ほら ねえ ほら ずっと待っていたよ ソファで話をしよう  おかえり 泣かないでください そう とても甘いココア入れよう ほら ねえ ほら 苦い今日は終わるよ 明日はどこかへ行こう  何回も聞かせて 喜びも悲しみも全部 この部屋に満たして 君の声を温もりを香りを 見上げた夜空は It's full moon tonight  おかえり 笑ってください はにかむ あの笑顔で 手をつなごう ほら ねえ ほら 冷たい北風は ここに来れないから  何回も聞かせて 喜びも悲しみも全部 繰り返し聞かせて ため息も痛みだって全部 この部屋に満たして 君の声も温もりを香りを 見上げた夜空は It's full moon tonight  おやすみ 夢を見ましょう 明日はどこかへ行こう
LOOP WORLDAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE冴えない眠たいこの身体引きずって 鞄には傘も忘れていた月曜日 冷たい乗れない間に合わないバス停で ため息はマスクの中  雨雲の先へ鳥たちは飛んでゆく つまずく僕はひとり取り残されてゆくの?  雨の日だって 風の日だって 生きていかなきゃいけないだろう ひとり泣いたって 君に会いたくて ムズイよ 雨の日だって 風の日だって いつか君に会えるのなら 進まなきゃ 小さなstep by step  見えない描けない想定外の日々 繰り返し眺めるだけの白い未来地図 「きっと きっと 大丈夫」笑っていた きみの言葉だけが温い  手に映る画面 映え渡る人たち つまずく僕はひとり取り残されてゆくんだろう?  雨の日だって 風の日だって 生きていかなきゃいけないだろう ひとり泣いたって 君に会いたくて ムズイよ 雨の日だって 風の日だって いつか君に会えるのなら 進むんだ 小さなstep by step
BARABARABREAKERZBREAKERZDAIGO・AKIHIDEAKIHIDEI don't know Heaven どこにある 我らの祈り You don't know Heaven 壊れてく 未来は遠く I don't know Heaven 探してる 狂いそうでも You don't know World 堕ちてゆく 奈落の底に  I don't know Heaven 囁いた 君の欲望(おもい)を You don't know Heaven 怯えてる 背中を押した I don't know Heaven 見つめてる 赤い飛沫を You don't know World 崩壊の 序曲を奏で  ココロの色 蠢いてる 全てを照らして  嫌い 怖い 黒い夢に 涙流し 一人目覚め 迷い 辛い 終わり捜して  強い願い 背負いながら 暗い定め 吹き飛ばして 闇に生きて バラバラになれ  人は何故 こんなにも 脆く儚い 少しだけ 触れただけ すぐ砕け散る  騙られていた 過去の悲劇 真実消す世界  痛い 赤い 熱い焔 この身焦がす エゴの狂気 憎い 弱い 愚かな獣  白い 寒い 森の中で 影に紛れ 歩き続け 闇に生きて バラバラになれ  人に焦がれ 愛し続け 共に生きる そう誓った そんな日々も ただ裏切られ  嫌い 怖い 黒い夢に 涙流し 一人目覚め 終わらない夜に叫ぶ  強い願い 背負いながら 暗い定め 吹き飛ばして 闇に生きて バラバラになれ  闇に隠れ バラバラになれ
星追いの少女AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE着飾ってる冬の街 雪にはなれない雨 隠していたクセ毛だって 濡れて不機嫌に踊る 信号待ちで苛立った肩に そっと傘を 差し出しては君 笑って すぐに消えちゃった  小さい胸がずっと騒いでる 運命なんて無いと思ってたんだ 君の名残り 果てない夜に降る流れ星  追いかけ 追いかけ 心が叫ぶよ 遠くて 遠くて ちぎれるけれど 追いかけ 追いかけ 人混みの中へ この気持ち 無くす前に  傘には名前なんて無いし 何処に行けば会えるの… 流れる星にお願いをかけるよりも大変だあ 私ってこんなコだったっけ? でも嫌いじゃないこの感じ 信号見送った交差点 ちょっと期待している  小さい胸がずっと騒いでる 再会なんて無いと思ってたんだ 君の残像 明けない夜照らす星のよう  追いかけ 追いかけ 心が叫ぶよ 遠くて 遠くて ちぎれるけれど 追いかけ 追いかけ 人混みの中へ この気持ち 無くしたくないから
美しい瞳AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE忘れてた その強い瞳 射抜かれた 君を見つけた日 だけど今 ……そんなに怒んないで 突き刺さる 多分 僕が悪いんだよね?  あーだ、こーだ言ったって 君しかいないんだって 誓ってみたところで後の祭り 夢なら覚めて ゴメンね My sweet heart  嘆かないで 僕のLady 勘違いだよ 泣いてないで 僕のLady ねえ 落ち着いてよ 叫ばないで 僕のLady 以外に脆いんだよ 出て行かないでよ My Lady そんな瞳で… Trust me!  忘れてた 優しかった瞳 射抜かれた あなたに出会った日 なのに昨日 ……誰を見つめていたの? 突き刺すわ そう わたしだけ見てて  あーだ、こーだ言わないで 「君しかいない」なんて 調子に乗ってるけど火に油ね 夢なら良かった サヨナラ Good by days  嘆かないで 私の Darling 嘘が下手ね 泣いてないで 私の Darling まだ許せない 甘えないで 私の Darling 単純な人ね 見つめないでよ My Darling そんな瞳で… Trust you?
どんぐりAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE小さなその手のひら 掴んでるものは何? 僕じゃ見つけられない 世界が広がっている  色付く枝の小鳥が飛んだ 淡い空はどこまでも澄んでは高くて  きみには光を 絶え間ない愛を いつの日も贈り続けるから 嵐の夜でも 孤独(ひとり)の冬でも 乗り越えて行けるように きみには光を 絶え間ない愛を いつの日か別れは来るけれど 見慣れない朝も 想い出が枯れても 乗り越えて 花を咲かせて  小さな歩幅で走る 遠くなるその背中 僕じゃ追い付けないほど 先へ行くんだろう  陽だまりの中 忘れそうになる 何気ない今日という日を心に刻んで  きみには光を 絶え間ない愛を いつの日も贈り続けるから 嵐の夜でも 孤独(ひとり)の冬でも 乗り越えて行けるように きみには光を 絶え間ない愛を いつの日か別れは来るけれど 見慣れない朝も 想い出が枯れても 乗り越えて 花を咲かせて  きみには光を 絶え間ない愛を 贈るよどんな時でも
ありふれた物語AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEそう これは ありふれた物語 生まれ落ちて空に帰るまで ああ 泣いて 笑って また泣いて 誇れるものは ただ… 君に逢えた事  最期の桜をふたり見上げた 「今年の桜はとても綺麗」と 君が笑ってた 君がはしゃいでた 小さな病室を抜け出す朝  すれ違う人は誰も楽しそうで 悲しみなんて見せちゃくれない……  そう これは ありふれた物語 運命変える そんな話じゃない ああ 泣いて 笑って また泣いて 誇れるものは ただ… 君に逢えた事  「まだ早すぎたね」かき氷 頬張り 身震いをしては 肩寄せた君 「来年もきっと…」って言えない僕に 「また来ようね」なんて微笑むから  桜散らす風に奪われないように 君を強く抱きしめたよ  そう これは かけがえない物語 神様 お願い 連れていかないで ああ 泣いて 泣いて ただ泣いて 誇れるもの あるなら そう君が出逢ってくれた そう君が僕を選んでくれた
青空AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE「約束しようよ 嘘ついたら許さない」 そうして交わした 夏の日の川縁  「もしもふたり どちらか先に あの空に旅立って帰らなくても 追いかけないし 引きずりもしないで ただ 心の奥にしまいこんで」  青空 見ていた僕に「聞いているの?」って 怒ってはふてくされた君 あの頃 僕の隣で幸せだった? 今では分からないよ  「そのうち 新しい恋人も出来たりして 怒るかも…嘘 祝ってあげる…でも時々は思い出して  今日みたいな良く晴れた日は 空を見上げ大きく手を振って呼びかけるの 周りの人からおかしいねって指を差され笑われても」  青空 見上げて僕は「聞いていたよ」って 思いっきり君の名を呼んだ あの頃 伝えられなかった ありがとうって ただ風に乗せて歌うよ  「向こうで 気付いた時は ふたりだけの合図を決めておきましょう」  空には涙の先に微かな虹が 架かっては僕を見下ろしている  手を振って 僕は街へと帰ろう
闇夜に舞う青い鳥BREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE黒く染まった 荒野の果てに 投げ出されて独り 立ち竦んでた  手をすり抜けてゆく あの青い鳥 どこへ行ったの どこへ逃げたの 籠の中に 羽根残し  月が消えた空 夜を抱きしめた 孤独に震えて 濡れた瞳見上げて また逢える日まで 探し彷徨って 闇夜に舞う青い鳥  あともう少しで 夢に届いた 手を差し伸べて 掴むその時 風が吹いて 階段を踏み外した  そして闇の中 あれからどれだけ 時は過ぎたのか 涙枯れて 乾いて もう逢えないかな 願いを叶えて 闇夜に舞う青い鳥  月が消えた空 夜を振り切った ボロボロになって それでもまた歩いて 雲の隙間から 微かに覗いた 星のように光る 青い希望 見つけた  闇夜に舞う青い鳥 闇夜に咲く青い鳥
Milky WayBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE「ねえ 星を見に行こうよ」 祭りを抜け出し 君は誘って そう はしゃぎ浴衣揺れて 弾む笑い声 花火の香り  果てしない夜空に 華やかにきらめく 星の河をふたり眺めて そっと手を繋いで もう離さないよと誓おう ずっと……  瞳(め)を閉じたら消えちゃいそうで いつまでも見つめてた 風が吹いて 星が溢(こぼ)れ ふたり ふたり このまま  ねえ 君は覚えてるかな? 今年もここでは星が踊るよ ねえ 君が選んだ街 どんな色の空 見えてるんだろう  果てしない夜空に 華やかにきらめく 星の河をひとり眺めて 空に手を伸ばして もう届かないけど 祈ろう そっと……  瞳(め)を閉じたらあの日のように 君の声が聞こえた 風が吹いて 星が溢(こぼ)れ ひとり ひとり 見ていた ひとり ひとり 見ていた  ねえ 君は覚えてるかな? 今夜も無邪気に星は踊るよ
LOTUS*蓮花蓮花蓮花AKIHIDE人は光を求めているけど なぜだ 僕等は 今を曖昧に 生きる どうして? 足元には 花があるのに 踏み付けて...  荒れる泥の中で凛と 咲き誇れる僕等は 現在(いま)も 尊き花 ちゃんと向き合って生きてゆこう 闇の中で もう咲いている  人は痛みを避けて通るけど なぜだ 僕等は 今を受け入れず 生きる どうして? 胸元には 傷があるのに 見ない振り...  腫れる胸の傷が ずっと 叫び続けているよ “今を大事にして” もっと 分け合って生きてゆこう 耳を澄ませば聴こえる  揺れる水の中でそっと 声にならぬ思いが 蒼く瞳の奥 ずっと 泳ぎ続けているよ  枯れた花の中にそっと 頬を伝う滴が 落ちて立ち上がった きっと 見上げればそこにある すでに誰もが 闇の中でもう咲いている
GhostAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE置き忘れたままの真っ赤な Rouge ひび割れたままの揃いの Mug-Cup 埃にまみれてる真っ白な Dress 箱に閉じたままの Silver ring for you  キミの想いが剥がせなくて 僕は今も動けないんだ ひとり部屋で彷徨ってる キミと見てた夢の脱け殻  キミの声が剥がせなくて 僕は今日も眠れないんだ 遠い場所で誰の胸で キミはどんな夢見てるの?  何度でも抱き合った小さな Bed ごめんね、と書かれた Last letter いつから壊れてた? ふたりの Life 答えが知りたいよ I call your name  キミの想いが剥がせなくて 僕は今も動けないんだ ひとり部屋で彷徨ってる キミと見てた夢の抜け殻  キミの声が剥がせなくて 僕は今日も眠れないんだ 遠い場所で 誰の胸で キミはどんな夢見てるの?  棄てられた場所にひとり キミを探し彷徨う I am a ghost
My Little ClockAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEキミが起きないように白い頬 触れた 急かす秒針(はり)の音 ごめん もう行かなきゃ…サヨナラ  憎むのかな? 恨むのかな? 忘れるかな? 消える私を…  Goodbye Darling, Goodbye Sweet days 許してと言えるわけないけど Goodbye Darling, Goodbye Sweet days 願うの キミに愛を 永遠に…  小さなキミの鼓動 それは時計のよう 永く果てない日々 どうか健やかに刻んで  泣いてもいいの 憎んでいいの 忘れていいの そのままでいいの 素直なキミが私は好きよ  Goodbye Darling, Goodbye Sweet days 風になり キミへそよぐよ  Goodbye Darling, Goodbye Sweet days 許してと言えるわけないけど Goodbye Darling, Goodbye Sweet days 願うの キミに愛を 永遠に…
ブリキの花AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE「錆びた花よ だけど… 枯れてはないけど」 濡れた瞳 あなたは囁く 「モノ好き蝶々ね こんな花に立ち寄って」 熟れた香り心奪われて  「永遠なんて言葉は紙切れなの…」 綺麗な爪で外した指輪が転がる  「愛なんて ちょっと重すぎるから」 いつだって はぐらかす 「恋なんて すぐに消える幻」 気まぐれでも… 「愛なんて 傷つくばかりなの」 そうやって 信じない 「恋なんて すぐに飽きるお遊び」 気まぐれでも… そばにいてよ  「今夜も 彼は青い花園にお出掛け」 胸にもたれ あなたはため息  「怖いもの知らずなのね そこが好きよ」 あなたを無くす事だけ怖くて 抱きしめた  「愛なんて ちょっと重すぎるから」 いつだって はぐらかす 「恋なんて すぐに消える幻」 気まぐれでも… 「愛なんて 傷つくばかりなの」 そうやって 信じない 「恋なんて すぐに飽きるお遊び」 気まぐれでも… そばにいるよ
月夜のララバイAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEねぇ ずっと 瞳が閉じない 冷たいベッド 夢は来ないの そうね もう きっと あなたはどこかで「おやすみ」 なんて 囁いてるんでしょう…  泣いて 月夜のララバイ 優しいだけなの…キライ キライよ 泣いて わたしへララバイ 身体は忘れない…ツライ ツライの めぐりめぐる想いの先にあるのは夢? 果てない夜?  ねぇ ずっと 瞳が閉じない 冷たいベッド ひとり凍えて  泣いて 月夜のララバイ 約束ばかりで…ズルい ズルいよ 泣いて わたしへララバイ 待つのが愛なら…ツライ ツライの めぐりめぐる想いの先にあるのは夢? 果てない夜?めぐりめぐって…  ねぇ ずっと 瞳が閉じない 冷たいベッド ひとり凍えて
朝顔のマーチAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE駅に打ち寄せる人波 あなたを見つけた 朝陽に輝く素敵な瞳 ヒールを踏まれても 笑顔が隠せないの なのに あなたは反対のホーム  Oh, You are my destiny sunshine Ah, Destiny sunshine 咲いては萎んで朝を待つ 月夜に祈って夢見よう ため息 それも悪くないね 星にも祈って夢見よう Good night!  ありふれてるストーリー あなたが知るはずもなくて でも瞳と瞳が合って笑った? 嘘? 私に気付いてるの? なんて言えるわけないの… せめて あなたの声が知りたい  Oh, You are my destiny sunshine Ah, Destiny sunshine 咲いては萎んで朝を待つ 月夜に祈って夢見よう 明日はきっといい天気だ 星にも祈って夢見よう Good night!
瓦礫の王様AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE「お元気ですか?」最後の Mail 返さぬままにネオンの街 Lost child 迷ってどんくらい? Ah…  見栄と快楽 嘘も全部 騙し騙され積み重ねた My Days 夢って何だい?…Ah?  積み上げた城は見せかけのモノばかり こんなもんなの? こんなもんでしょ? 今更 遅すぎて…  だから ひとりきり泣いてた 誰にもバレないように 涙 涙 隠す事で大人のフリしてるんだ いつも ひとりきり泣いてた ほんとは気付かれたくて 遥か 遥か 空の下で 「君は笑っていますか?」  「お久しぶり」と返した Mail すぐに戻れば 宛先不明 Not Found 何やってんだい? はあ…  棄ててきた町は退屈で優しくて 帰りたいだろう? 帰れないだろう… 今更 遅すぎて…  だから ひとりきり泣いてた 誰にもバレないように 涙 涙 隠す事でこの街で生きてるんだ いつも ひとりきり泣いてた ほんとは気付かれたくて… 遥か 遥か 空の下で 「君は笑っていますか?」 「僕の声は届いてますか?」 「今じゃ僕を忘れてますか?」
夕凪のパレードAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEオレンジに染まる街 誰も急ぎ足 「帰る場所があるって素敵」 あの日 笑って 手を繋いだね  軋んだ窓を開けて 夕餉の香りがして 小さなベランダ見下ろせば あなた「ただいま」手を振っていそうで…  あなたがいた事が あなたがくれたモノが あなたのいない世界で息づいている 想い出に溢れて あなた色に溢れた 遥かな空に手を伸ばすよ  あなたが大事にしてたゼラニウムの花が 枯れそうなまま空見てた ごめん… ちゃんとね 水をあげるよ  あなたがいた事が あなたがくれたモノが あなたのいない世界で息づいている 悲しみに溢れて ナミダ色に溢れた 僕の心に火を灯すよ  ほんとは逢いたくて ほんとは寂しくて あなたのいない世界で息をしてる 想い出に溢れて あなた色に溢れた 遥かな空に手を伸ばすよ  あなたの髪に触れるように…
BLACK SKY (feat.SKY-HI)BREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE青空のような笑顔を暗闇が 真っ黒に染めてく 死神の宣告 何故君なんだろう 僕ならば良かったのに…  誰にでも平等に 朝もくる夜もやってくる でも絶対にいつの日か 永遠の闇が訪れる  もう何もかもが壊れる世界 もう涙 涙枯れ果ててゆく 守りたい守れない 君のそばにいても  もう何もかもが壊れてゆくよ もう涙 涙枯れ果ててゆく あの空に願い届け 僕は夜明けを待つ 黒い空見上げ  輝く星のパレード 夕暮れに霞むハレーション 青く澄んだ空さえも 全てがBLALALALACK SKY 夜が明けない 夜は明けない 掛ける言葉も見つからない 僕が君に出来ることは ただ君の手を強く握ること  誰もいない暗闇で 人は一人なんだと気付いた 願わくば 最期の夜が 優しく迎えてくれたなら…  もう何もかもが壊れる世界 もう涙 涙枯れ果ててゆく 守りたい守れない 君のそばにいても  もう何もかもが壊れてゆくよ もう涙 涙枯れ果ててゆく あの空に 願い届け 明日青を見せて せめてもう一度
ゴールデンナイト~黄金色に抱きしめて~ (feat.鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー)BREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 黄金色に抱きしめて  それは8月真夏のことです シャンパンパーティー酔いしれて 窓際でアイコスをくゆらせる 危険な香りに誘われて  太い眉に 感じてる 低い声に うずいてる 彼女が10人いたって もう構わないから 遊びでもいい  抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 今宵も貴方求めてる 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 黄金色に抱きしめて 今夜もゴールデンナイト  それは10月 紅葉の季節 あなたが私に告げてきた  お金お金 必要で 白いスーツ 追われてる わかりやすい嘘だって そうあなただったら 頼られるなら  抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと いい男には貢ぐもの 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 黄金色に抱きしめて 今夜もゴールデンナイト  あなただけ (お前だけだから) そんな嘘 (嘘じゃないよおいで) キスをして (キスだけでいいのかい) もういじわる (何がほしい?) 好きよ (好きさ) 好きよ (好きさ) 好き好き好き 大好き  抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 今宵も貴方求めてる 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 黄金色に抱きしめて  泣いて泣いて泣いて泣いてそっと 泣いて泣いて泣いて泣いてそっと 惚れた弱みに付け込まれ でも 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 抱いて抱いて抱いて抱いてもっと 黄金色に抱きしめて 今夜もゴールデンナイト
She Is DevilBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE『ただ愛して ただ求めて どうしてそれが罪になるの』  君は不意に 僕に近づき 慣れた距離で 天使の微笑(びしょう) 手渡された 番号のメモが 振り返れば 悪魔の誘い  感じてる 運命と信じてたのに 愛してる そんな言葉君にとって 安いセリフ  闇を裂いて 君を求め 何度も抱きしめた 君は僕を欺いていた 嘘つき 真実から 目を背けて 僕は君に溺れていたよ 淫らな君は悪魔  未来さえも僕のすべても その証を捧げようと  訪れた部屋でみた裏切りの光景 絶望のカーテンが光を奪う 君は消えた  『ただ愛して ただ求めて 抱きしめ合っただけ 欲しいものは 刹那の恋だけ』  闇に堕ちて 翼折れて 壊れそうになっても 君の影を今も探して 彷徨う 戻れなくて 戻りたくて 僕は突き落とされた堕天使 淫らな君は悪魔
夢物語BREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE君となら いつまでも 夢を見て 歩いて行きたいと願う  そう例えば十年戻って あの日の僕に逢えたら もう 全てが上手くは行かずに 俯く弱気な背中に  忘れないでいて ひとつだけ ひとつだけ 伝えたくて  苦しくて辛くても 1人じゃない だから「夢を壊さないで」 それが今の僕 繋がってゆく  ねえ例えば十年 未来の 僕らは どうしているかな  夢の迷路抜け ドアの外 君がいて 微笑ってるかな  君となら いつまでも 夢を見て 歩いて行きたいと願う 今も僕は 夢の途中(なか) 追いかけて追いかけて どこまでも 未だ見ぬ景色を目指すよ それが僕の夢 君とずっと  僕らはいつでも願いがある 次へと 幾つも 溢れてく 何年 かけても 諦めない 夢は終わらない ずっと続くよ  君となら いつまでも 夢を見て 歩いて行きたいと願う 今も僕は 夢の途中(なか) 追いかけて追いかけて どこまでも 未だ見ぬ景色を目指すよ それが僕の夢 君とずっと それが僕の声 君に誓うよ
幾千の迷宮で 幾千の謎を解いてBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて 真実(ほんとう)の姿(ぼく) 戻れたなら この秘密全てを伝えたいんだ  空を寂しげに見上げる君を見てる 僕は瞬きもわかるほど そばにいるのに  すぐそこまで迫る脅威 深くなる闇 メビウスの輪 廻り続け 抜け出せなくて 解答(こたえ)はどこに?  幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて 近くにいて でも遠くて 君と交わらない いつまでも続く 不確かな未来でも 真実(ほんとう)の姿(ぼく) 戻れたなら この秘密全てを伝えたいんだ  君の電話の声がまた 震えていたね  気が強くて意地っ張りで 強がりなだけ 膝抱えて呟いてる「お願いだから 一人にしないで」  幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて 溢れている 君の涙 僕は知ってるけど 幾星霜も ずっと待たせてきた 未解決の世界のまま 君に逢えない  青き希望が 星を駆ける 赤い閃光を 迸らせて 白き大地を 覆い尽くす 黒い強風に ただ立ち向かえ  幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて 近くにいて でも遠くて 君と交わらない いつまでも続く 不確かな未来でも まだ見えない出口求め 走り続けるから どんなに迷っても 君を見つけるから 真実(ほんとう)の姿(ぼく) 戻れたなら この想い全てを伝えたいんだ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
YAIBABREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE願いを 想いを 君と叶えよう  地を這うような 強者の叫び 早鐘を打つ 震える鼓動 渦巻く闇に 凍えそうな時 君に出会えた 「諦めないで」  GENERATION SENSATION 導かれた奇跡 GENERATION EVOLUTION 闘いの火蓋を切れ!  願いを 想いを 君と叶えよう 限界を超えて 見える世界がある 未来を 勝利を 君と重ねよう イメージを心の刃に変えたなら 立ち上がれ 立ち向かえ 解き放て 君となら 輝ける このYAIBA  人生の岐路 決断の時 君はどうする 立ち尽くすだけ? 大切な人 襲われたなら その両腕に 刃を纏え  GENERATION SENSATION この魂(いのち)をかけて GENERATION EVOLUTION 愛する人守るため  願いを 想いを 君と叶えよう 平和と乱世は いつも隣合わせ 勇気を 理想を 君と重ねよう イメージを焔の刃に変えたなら 燃えさかれ!  流した涙の数だけ 人は強くなる 負けないで  願いを 想いを 君と叶えよう 限界を超えて 見える世界がある 未来を 勝利を 君と重ねよう 力を繋げば 千の刃になる 勇気を 理想を 君と奏でよう イメージを希望の刃に変えたなら 立ち上がれ 立ち向かえ 解き放て 君となら 輝ける このYAIBA
DaydreamerBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE真夜中 窓から迎えに来た 少年と空を飛んで NEVER LAND 毒リンゴを食べてしまったら 王子様のキスで目覚めるの  Daydreamer Day Daydreamer 眠りつくまで Daydreamer Day Daydreamer 私はシンデレラ  瞳を閉じて夢を描き出す 七色の魔法で カボチャの馬車に乗り込んだら 舞踏会へ走れ YEAH  目覚ましが鳴り夢から覚めて 駅まで走り満員電車 仕事しくじり今日も怒鳴られ お一人様でコンビニディナー  Daydreamer Day Daydreamer 出逢いもなくて Daydreamer Day Daydreamer 私はラプンツェル  瞳を閉じて愛を描き出す 現実を忘れて 長い髪 空に投げ出せば 誰か攫いに来て YEAH  ユメバッカミテンジャナイ トウヒバッカシテンジャナイ イツカキットジャダメジャナイ 3.2.1 GO! WAKE UP! タチドマッテルヒマハナイ ウゴキダサナキャカワラナイ サアイマスグソノトビラヲアケテ ユメヲゲンジツニカエルンダ YES!  瞳を開けて夢が動き出す 七色のコスメで 今すぐにタクシー捕まえて 出逢い求め急げ 瞳を開けて愛を描き出す 夢の国忘れて 長い髪 クルクルに巻いて 誰か攫いにゆけ  王子様を探せ! YEAH
fateBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEねえ どうして 僕らは生まれてきたのだろう ねえ どうして 僕らはあの日出逢えたのだろう  「この出逢い 決まってた 運命だよ」と 微笑んで君は言ったね  この手伸ばせば君に届くかな 空の彼方へ 想いのせて 風に吹かれた君の横顔をそっとそっと 見つめていた  一人で眠れば 君が寄り添ってくれた 涙を流せば その手で拭ってくれた  こんな日が続いてく そう信じてた サヨナラは側にいるのに  この手伸ばせば君に届くかな 空の彼方へ 想いのせて 風に吹かれた君の横顔はいつもどこか 悲しそうで  「さよなら ありがとう 君に逢えてよかった」 神様 お願い もう少しだけ 時間をください  この手伸ばせば君に届くかな 空の彼方へ 想いのせて 風に吹かれた君の横顔をずっとずっと 見つめていた 君がいない世界は色褪せて 今も涙は枯れないけど でも出逢わなければ知らなかった 君の温もり その手のひら 君の微笑み この幸せ
My Sweet RoseBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE麗しく咲き誇る花 甘い香りを漂わせ 手招きで僕をいざなう 紅色に世界は染まる  愛してるの? 愛して欲しい 君だけを見つめているよ 悩ましげなその棘なら 何度でも刺されてもいい  薔薇の蕾 開いて 何度も重なり合って 朝露を纏わせて 僕の愛を潤して 満たして  花言葉は永遠の愛 愛しの My Sweet Rose  気まぐれな君 いばら姫 艶やかな瞳に魅せられて  愛してるの? 愛して欲しい 今すぐに蔓で縛って  薔薇の花びらのように 夜毎移ろいゆく君 情熱の赤 純情(うぶ)な白 今日の君の気分は何色?  「死ぬほど愛して あなたしかいないの いなくなったらバラバラに散ってしまうの ずっとそばにいて いつまでも 誰よりも 美しく咲いていたいの」  薔薇の蕾 開いて 何度も重なり合って 朝露を纏わせて 僕の愛を潤して 薔薇の花びらのように 夜毎移ろいゆく君 奇跡の青 可憐な黄 どんな君も綺麗で愛おしくて  花言葉は永遠の愛 愛しの My Sweet Rose
Dark NightBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE眠れない夜 訪れぬ夢 君を無くした広すぎるベッド  瞳開けても瞳閉じても 蠢くものは果てしない闇  守るべきこの両手で握りつぶしたの? 砕け散った想い出が胸に突き刺さる  ああ 誰か教えて 深き夜の終わりを 刹那に堕ちて醒めた夢の中で 君はただ美しいまま  何度抱いても気付けなかった 君が本当に欲しかったもの  この夜の遥か遠く 君は何処にいる? 違う腕に包まれ どんな夢見てる?  ああ 誰か教えて 夜が行き着く果てを 壊れそうになる心 引きずっては 闇の中 君を探して  ああ 誰か教えて 深き夜の終わりを 刹那に堕ちて醒めた夢の中で 君はただ美しいまま  ああ 誰か教えて 夜が行き着く果てを 壊れそうになる心 引きずっては 闇の中 君を探すよ
愛×檻BREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE抱きしめあう度 心が痛くなる あなたには他の女がいるのに  出逢った時に傷つく予感がしてた 恋に堕ちたら いけないのダメ 絶対  眠りつくまで 電話しようって 最初だけの優しさに騙されて いつの間にか 溺れていた あなたの檻に 囚われていた  抱きしめてよ 忘れられないの その慣れたエスコート 抱きしめてよ 例え今はもう 好きじゃないとしても あなたに触れたい  何度も飲み込んだ 言えない「サヨナラ…」 離れたいよ 離れられない 絶対  途切れ途切れのあなたの電話 待ち続けるだけの時間が流れる 逃げたくても 狂いそうでも たった一度のキスで掴まる  抱きしめてよ 忘れられないの その濡れたくちびる 抱きしめてよ あなたじゃなきゃダメ いいなりでいいから 囁いてよ お前だけだって 今だけ夢見せて 抱きしめてよ 呼吸が止まるほど 全てを奪ってよ あなたと い き た い
RAIN MANAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEふいに降り出す春の終わり告げる雨 急ぐ街角で君を見つけたんだ 「雨が好きなの ひとつ傘に隠れて 誰も気にせず ずっと寄り添えるから…」  雨降る街で君と出会って 雨降る街で君を失った  逢いたくて 逢えなくて 溢れ出す涙の雨 帰りたい 戻れない 遠い日の想い出 濡れるまま立ち尽くす街角で このココロは まだ君の事 探している  君が好きだった青い紫陽花の花 雨に打たれて咲いて震えているよ 誰かの帰りを待つように  ひとりぼっちの傘の裏には 君が描いた満天の星空 「雨の日がもっと好きになるように」って 優しく微笑んだあの日の君  逢いたくて 逢えなくて 溢れ出す涙の雨 帰りたい 戻れない 遠い日の想い出 濡れるまま立ち尽くす街角で このココロは まだ君を... いつの日かこの雨が止む時も来るのだろう いつの日かこの傷も受け入れてゆくのだろう 濡れるまま歩き出す街角で このココロに そっと雨が降り続く そっと雨が降り続く
涙の河AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE涙の河を辿って旅人は道をゆく 鞄に思い出と命ひとつ 孤独な夜の中を月を頼りに進む 傷ついた舟に揺られながら  嬉しい時の涙も哀しい時の涙も すべてこの河に注がれて 命のせた舟を未来へと運ぶよ 青い月が映る河面を瞬きながら  夢を探して 明日を描いて 地図の無い旅 僕らは進む この河の流れるままに  時に人はぶつかって 時に人は傷ついて 時に人は誰か傷つけて 故に人は憎しんで 故に人は苦しんで 故に人は彷徨い続けて だけど人を愛して だけど人を許して そして人に助けられながら 今日を生きてく  涙流して 想い抱いて 辿り着くのがどんな場所でも恐れずにゆこうよ 夢を探して 明日を描いて 地図が無くても 僕らは進む この河の流れるままに  涙流して 想い抱いて 辿り着くのがどんな場所でも恐れずにゆくんだ 夢を探して 明日を描いて 地図が無いなら 信じるままにゆけばいい  月が照らす夜の先へ河は続いてくから  「If you want it or not want it, it's going to be. It's all about you to start this journey.」
愛しのヴァルキュリアAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE武装したまつ毛とシャドウ エルメスで天駈ける戦場のヴァルキュリア 人の波 乱れる黒い髪 今日も戦いのファンファーレ イヤフォンに轟かせ進め  気高いままに強く美しくあれ 悔しささえも武器にして君はゆく  戦って戦って今日も傷ついて壊れそうでも 戦って戦った君は輝いて奇麗になるよ 花は短し 進めよ乙女 心のままに  武装した知識と意識 その身を守れるのは自分だけだと知ってる  気高いままに華麗に舞い踊ってゆけ 涙でさえも君を飾る光になる  戦って戦って今日も傷ついて壊れそうでも 戦って戦った君は輝いて奇麗になるよ 夜は短し 極めよ乙女 心のままに  つまづいて泣いていた夜も 恋しくて眠れない夜も 苦しくて死にたい夜も 乗り越えた君を知ってるよ  戦って戦って今日も傷ついて壊れそうでも 戦って戦った君は輝いて奇麗になるよ いのち短し 進めよ乙女 心のままに
星の狂想曲AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEねえ 星になったあなた 今 わたしのことを見てますか? いいえ… もう忘れましたか?  誰にも言えない愛の物語(はなし) 実らずに舞い散る  もしも願いがひとつだけ叶うなら あなたのもとへ連れ去ってほしいよ 誰かが流す涙の天の川は深すぎて渡れないの あなたに逢いたい 星に祈る  ねえ 分かってるの 奪ったもの返しただけ そう わたしには罪と罰だけが残るの  誰にも言えない愛の終わり 熟れ腐る想い出  もしも願いが叶わないというなら あなたのいない世界へ逃げたい 誰かが流す涙の天の川は深すぎて渡れないの 届かぬほどに奇麗に輝く星 わたしの心を狂わす 誰に抱かれてもあなたを夢見て眠る わたしを赦して
黒猫のTangoAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE捨てられた小さな黒猫 雨の中 ひとり ないていた 冷たくて 震えが止まらない 哀しくて 涙が止まらない  手を伸ばせば ほおずりをして上目遣い 甘え方を分かってるんだね  冷たい街にサヨナラをして 君と部屋へと逃げよう 胸に伝う小さな鼓動 そっと壊さぬように …夜は更けてゆく  凍えてた孤独な心を 何度でも舐めては溶かしてゆく  窓の外は 今日も雨で 誰一人 僕たちの邪魔は出来ない  朝も夜も 抱き締め合って 淡い夢を踊ろう 爪を立てて 優しく噛んで 強く絡まりながら …雨は降り続く  朝も夜も 抱き締め合って 淡い夢を見ていた 胸に残る君の爪痕 今も消えないまま 青く澄んだよく晴れた日に 君は遠くへ消えた 僕の愛しい気まぐれな猫 窓は開けておくよ  …帰るその日まで
桜雨AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE遠い昔の物語 街は桜の色 賑やかな夜道ではしゃぐ褪せた家族写真 幼い僕がはぐれぬように強く手を繋ぐ笑顔のふたり…  もう二度とは戻れない 永久を信じてた日々よ 変わらずに微笑むのは写真の僕らだけ  ほつれていった家族の景色 誰が悪い訳じゃない そっと離れてゆく手と手に 僕は何も出来なかった  もう二度とは戻れない 遠いぬくもりの日々よ ため息で曇る街に桜の雨が舞う 帰りたい もう帰れない 永久を信じてた日々よ 帰らないあなたを待つ母が僕を抱きしめた  何度目かの春の日にあなたは空へ旅立った でも散った桜がきっとまた咲くように 僕の大事なふたりが いつの日にか またもう一度 笑顔で会えますように 祈るから  もう二度とは戻れない 遠いぬくもりの日々よ 今年も桜の雨が街を染めてゆく 帰りたい もう帰れない 僕の愛しき日々よ 変わらずに微笑んでる父と母と僕の写真にそっと笑いかけた  サクラノハナガチッテ サクラノハナガサイテ キセツハメグリメグリ コトシモハナガサクヨ
サーカスAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE「鏡よ鏡 この世界の中で 一番奇麗なひとは誰だというの?」  きっとわたしじゃないってこと 分かってる だけど嘘でも言って欲しい夜もある  明日になれば違う街へ行く わたしを忘れないで  ああ 終わりのベルが鳴る もう お別れを言わなくちゃ ああ わたしはこの場所でしか 愛されない道化  化粧で隠す素顔のわたしを ほんとはあなたに見つけて欲しかっただけ  淫らに舞い踊るわたしの目から涙が止まらないの  Ladies & Gentlemen!! Tonight!! I'll show you an exceptionally unfortunate woman ever lived. For to live in a mad world She had gone mad!! Now! I'll show you! The woman loses her face! “Miss NoFace”!  ああ 終わりのベルが鳴る もう お別れを言わなくちゃ ああ わたしはこの場所でしか 愛されない道化 ああ それでもこの場所でしか 生きられない
LIONAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE-0 years old- 世界はまだママの腕の中だけ -10 years old- 怖いもんなんて どこにも無いって思ってた 輝くあの森も見上げたあの虹も全部が想い通り。なんて勘違い -20 years old- 現実(リアル)って名の狩人(ハンター)が待ち構えて  Body in Chains Body in Chains ああ 檻に捕われ Body in Chains Body in Chains ほら 牙を無くした  Yeah!叫びだせ このままやられっぱなしでいいのかい? Yeah!立ち上がれ 胸に残した誇り呼び覚ませ Break the Chain!  -30 years old- その命がいつか終わる事知ったんだったら -Until the end- 怖がる前に楽しまなきゃ なんか損でしょう?  Body in Chains Body in Chains ああ 檻に慣らされ Body in Chains Body in Chains ほら 餌に慣らされ  Yeah!叫びだせ このまま飼い慣らされていいのかい? Yeah!立ち上がれ 今からだって遅くはないはずさ Yeah!叫びだせ このままやられっぱなしでいいのかい? Yeah!立ち上がれ 眠れる獅子の心を解き放て Break the Chain!  始めからその檻に鍵はかかってなかった 留まるも飛び出すも自分次第さ  Yeah!叫びだせ このまま飼い慣らされていいのかい? Yeah!立ち上がれ 今からだって遅くはないはずさ Yeah!叫びだせ このままやられっぱなしでいいのかい? Yeah!立ち上がれ 胸に残した誇り呼び覚ませ Break the Chain!
マリアAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE君が舞い降り奇跡が起きて 死んでいたこの身体に命が蘇る どうか その手に触りたい…触れない だって君が愛するのは僕の隣人だから  君に出会ってなければ こんな痛みも知らずにいれたはずなのに…  マリア 君に逢いたい マリア 君に逢えない  僕の知らない君の話を聞く度に この心に茨が突き刺さる  君が欲しくてたまらない 禁断の果実 この過ち赦したまえ  マリア 君に逢いたい マリア 君に逢えない マリア いっそ終わらせて マリア ねえマリア
蜘蛛の糸AKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE神の蜘蛛が垂らすひとすじの糸 ここから逃れられるの?  死ぬ時は一緒と言った誓いが もしもあなたの手を止めるなら…  本当に本当に大切なもの 手にするためには犠牲があって 全てがあなたの思うようにならない あなたが掴んだその糸の下 わたしがいるのが邪魔になるなら わたしからこの糸を断ち切るの  いつでも見上げていた憧れの場所へ あなたは登り始めた  振り返らないでね その蜘蛛の糸は 脆くてとても切れやすいから 本当に本当に大切なもの 手にするためには犠牲があって 全てがあなたの思うようにならない あなたが選んだ糸の先には 果てない 届かない 偽物の空 寂しくなって もがいたら思い出して 誰よりも愛を捧げたわたしの事を そして それを捨てたのがあなたって事も…
ダッシュAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE君がいなくなった夢を見た 真夜中に目が覚めて 隣で眠る君の指を探しては そっと握りしめた  寝ぼけ眼 起きた君 「ずっとずっとあなたのそばにいるよ」って笑ったのに  なんでだろう?こんな風に日々は過ぎ去ってしまうから ねえ 大事なものはいつでも すぐそばにあるってことを僕等は見逃してしまう  君がいた頃の夢を見た 切なくて でも少し嬉しかった  君を探し 空見上げ 「きっときっと どこかで逢えるよね?」って問いかけるけど  なんでだろう?こんな風にすべて壊れてしまうのなら ねえ 神様は僕たちに誰かを愛するって感情をくれたのに 奪ってしまうの?  立ち止まる夜 君の声が聴こえる「…ずっとずっとそばにいたよ」  忘れないよ どんな風に日々が過ぎ去ってしまっても ねえ 君はココロの中で いつまでも生き続けている 誰にももう奪わせない 走り出すよ 君がくれた夢も思い出もこの傷も ねえ 僕が連れてゆくから… 君が見たかった景色を 君の分まで焼き付けて 祈るばかりだったこの手で明日への扉を開いて
Hello! Mr. SadnessAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDE夢を描いたノートは希望に彩られてた でも未来の自分ってこんなんだっけ… ああ 情けないなあ 溢れる悲しみを抱き抱え 呼んでもないのに 君はやってきた  ココロのドア開いて そっと部屋に住み着いて  Hello! Hello! 何が欲しいの? 何処へ行きたいの? 聴こえているの? どうすればいいの? 君はずっと泣いたまま  言い訳だけを書いてたインクの切れたペンじゃ 明日は描けない カラーを持ち替えなくちゃ  モノクロな感情では 君と笑い合えないよね  Hello! Hello! 声を聴かせて 涙を拭いて 笑顔を見せて 仲良くしよう カラフルな未来 描こう  Hello! Hello! 声を聴かせて 一人じゃないよ 泣いてもいいよ そばにいるから 悲しみも抱き締めて 涙も混ぜてカラフルな未来を描こう
星の王子さまAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEAKIHIDEああ 僕が空を見るとき ねえ 君も空を見てるの? ああ 君と見ていた星は そう 今夜 雲に隠されてる  当たり前のように過ぎてゆく日々に いない君の事が思い出に変わる  いつか 君のいるその場所に僕もきっとゆくのだから 白い羽が汚れぬように 僕は生きてゆけるのかな  ねえ 君が泣いていた夜 そう 僕は気付けなかった ごめんね  すれ違う人とぶつかるその度に 僕の羽は黒く汚れてゆくようで…  いつか 君のいるその場所で僕は君に逢えるのかな 黒く羽が汚れていても 君は僕に笑ってくれるの? 「見えないものこそが大事だよ」と君は僕に教えてくれた 雲の先には見えてないけど 君の星が… 輝いてる 僕を見ている そんな気がした
オーバーライトBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEねえ君は僕に言ったね 「目を離さないでいて」 「今日の私にもう逢えないから」  花は咲く でもあの日散った花は見れない この一瞬の時間(とき)は はじまりで終わり  青い空 沈む太陽 繰り返し巡る季節 ふと見上げると 同じ形の雲は流れてなかった  心に刻むよ この瞬間を 変わり続ける 君のその姿を 瞳に映すよ 君の笑顔も 見逃さないように だから また逢いましょう  僕らの毎日は上書きの連続で 立ち止まっていても 更新されてゆく  だから今 一歩一歩 踏みしめて歩いてゆく  はしゃぎ回ってた 幼き日々も 初めて恋した 淡い青春も 壁にぶつかって 流す涙も 忘れないように だから Baby Baby また逢いましょう  人生は一度きりって言うから ああしとけば良かったなんて 君も 僕も 誰も 言いたくないから 絶対 !!  心に刻むよ この瞬間を 変わり続ける 君のその姿を 瞳に映すよ 君の笑顔も 見逃さないように 「いつも見ているよ」  君と笑い合った 輝く日々も 手を取り合った 誓いの絆も 未来に繋ぐよ 光とともに 届けたいから だから Baby Baby また逢いましょう  オーバーライト
EMILY ~Acoustic Version~BREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEEMILY EMILY 君の名を呼ぶ 黒い髪に触れたくて 今日も君に逢いに行くよ  まるで嵐のように 微笑み振りまいて君は現れた so I like her brighty sweet eyes 退屈そうな僕を気にかけてくれて 何度も話したね 陽が落ちるまで  EMILY EMILY 君の名を呼ぶ 白い肌に触れたくて 目を閉じれば今日も逢える EMILY EMILY 見つめてるから 僕らを繋ぐ赤い糸 いつか君も気付いてくれるはず……  君が愛しくて君が恋しくて 君を想う度 心は支配され…  EMILY EMILY 君は何故… EMILY EMILY 振り向かない EMILY EMILY どうすれば…  EMILY EMILY 君の名を呼ぶ 黒い髪に触れたくて 今日も君に逢いに行くよ EMILY EMILY そばに居るから 君の部屋の明かりが今消えたから 帰ろう おやすみ
CHANGE THE WORLDBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE白黒つけない甘えた世界で 人は大人になれるの 無くした闘争心 メディアに躍らされ 気づけば君も右へ並え  持ってない アイデンティティー 振りかざし 空回ってるだけ  目を覚まして 規制ばっかの世界を壊して 変わらなきゃ 何もないまま死んでゆくだけ ふざけないで キレイごとしか許されないの? 今こそ 覚醒せよ CHANGE THE WORLD  誰がやっても同じって 選んだ人が結局今は非難囂々  僕もそう 君もそう 何でもそう 知らなすぎるよ  遅くないさ 今からでも革命起こせ 怒りだって叫べばいいさ 剥き出しにして イメージや評価なんて 吹き飛ばせばいい 自分の 世界を創造 CHANGE THE WORLD  見せかけの楽園を捨て カオスに蝕まれても 君次第で 僕次第で 世界は変わる 希望を拡散しろ  目を覚まして 規制ばっかの自分を壊して 変わらなきゃ 何もないまま死んでゆくだけ ふざけないで キレイごとしか許されないの? 今こそ旗を掲げろ 光燈せ  遅くないさ 今からでも革命起こせ 怒りなんて叫べばいいさ 剥き出しにして 今こそ 拡声せよ CHANGE THE WORLD
星の旅人BREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE光も届かぬ闇の中を 僕ら乗せて汽車は進む 誰もが夢追う旅人さ 希望と不安 ケースに詰めて  ずっと曲がりくねってるこの道では いつも時刻表通りに進まなくて 焦る日もあるけど  どれだけ遠くて果てなくても 涙が涸れてもあきらめないで 「信じる」という切符があれば何所へでもゆけるはずさ  天の川で迷い出会った僕ら 星の海で語り合ったね  そうさ 気付けば誰も大人になり 次の駅で僕らはそれぞれの夢へ乗り換える  出会いと別れを繰り返して 止まらない速さで日々は過ぎる 描く明日が違う場所でも 今日という日は消えないから どんなに遠くて離れていても 出会えた奇跡は宝物さ いつの日にか笑顔で会おう まだ旅は続いてゆく  どれだけ遠くて果てなくても 涙が涸れてもあきらめないで 「信じる」という切符があれば何所へでもゆけるはずなんだ 出会いと別れを繰り返して 僕らの速さで未来へゆこう 闇夜を翔ける星の旅人 明日がほら呼んでいるよ  想い出を詰め込んで さあ旅立とう
オレンジ色の空BREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEああ オレンジ色の空を見上げ 涙が出た どんなに苦しくて辛いときでも 君がいてくれてよかった  もしも世界にいつか終わりが来るとしても この瞳 ずっと輝いてる そう僕らは どんな状況になったって 道ばたの雑草のようにシブトイんだ  風に身を任せるように 生きていきたいけど 不意に降り注ぐ激しい雨が 僕らを休ませてはくれやしない  ああオレンジ色の空を見上げ 歩き出した どんなに苦しくて辛いときでも 君と乗り越えてきたろう ああ 君と見つけた希望抱いて生きていこう 何度もくっついて離れたりしても 君と歩き続けたい  星のない夜空を見上げ 立ち止まったあの日 でも今日もまた陽は昇る 僕たちはまた笑顔になる 朝焼けの空の下で  ああ オレンジ色の空を見上げ 歩き出した どんなに苦しくて辛いときでも 君と乗り越えてきたろう ああ 君と見つけた希望抱いて生きていこう 何度もくっついて離れたりしても 君と歩き続けたい  それが僕たちの夜明け
LAST † PRAYBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEあの夏の日 無垢な手に掴まれ 硝子ケースに囚われた蟻のように  与えられた箱庭の中で蠢く 弱き人間は 指で巣を壊される  目を閉じて Pray 暗闇に覆われた嘆きの世界で 僕らは何のため何のため 生きていけばいいの? 彷徨う夢  あたりまえの明日が永久に続く 当然のように そう信じていた日々  一秒後に目の前の景色が消える 絶望の中 君という花が咲いていた  Pray 残酷な運命に壊れそうになっても どこかで君が笑う それだけで僕の希望になる Pray 儚くて刹那くてだけど生きたくて 愛しい君がいる君がいる この闇を照らす光になる  気まぐれな遊戯のルーレット 神の悪戯に翻弄されて生かされて 苦しみを刻むだけの日々に 君が教えてくれた 生きてゆく意味を  目を開けて Pray 残酷な運命に壊れそうになっても どこかで君が笑う それだけで僕の希望になる Pray 儚くて刹那くてだけど生きたくて 愛しい君がいる君がいる いつもそばにいて 祈り届け
月夜の悪戯の魔法BREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE瞳閉じれば 君の面影 大好きだった笑顔も 今は消えそうで  思い出すのは 蒼い月光 手を振った後ろ姿 あの日君を連れ去った  心から心から 君に伝えたい 愛してる愛してる 届かぬ想い 夢ならば夢ならば 君に逢えるのに 祈り届かないけど…  月夜の悪戯(いたずら)の魔法 君は月影(かげ)に囚われ 新月 闇に潜むように 君の輪郭(すがた)が見えない  季節は巡り 君は戻らない 薄紅色の花びら 何度散り咲いたのでしょう  寂しくて寂しくて 声が聴きたくて 感じたい感じたい 君の体温(ぬくもり) 思い切り思い切り 夜空(そら)に手を伸ばす 君に届かないけど…  月の満ち欠けを眺めて 君の存在(ありか)を探す また満月の刻が来る 永久に繰り返すの?  月の光に照らされて 君の夢幻に惑う 夢と現(うつつ)の恋心 白くおぼろに霞んで  花のように咲き誇り 鳥のように羽ばたいて 風のように舞い上がり 月の夜に逢いにきて  月夜の悪戯(いたずら)の魔法 君は月影(かげ)に囚われ 新月 闇に潜むように 君の輪郭(すがた)は何処  月の光に照らされて 君の夢幻に惑う 夢と現(うつつ)の恋心 白くおぼろに霞んで  君は近くにいるのに…
BUNNY LOVEBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE月明かりに 浮かぶシルエット 君はBUNNY GIRL 万年発情期? 小悪魔みたい 無垢な顔して 「いつでもどうぞ」 それは反則でしょ  夜行性の うさぎのように 飛び跳ねたい 君を捕まえたいよ 蝶ネクタイと タキシードで エスコートしたい 僕たちの愛の巣へ  抱きしめたい抱きしめたい今 キスをしたいキスをしたい今 やわらかな首筋に 赤い刻印(あざ)を散らして  追いかけて逃げられて CRY 誘われてかわされて WHY 後ろから飛び乗って 狂ったように貪って  無邪気にそっと手を絡ませて 思わせぶり 濡れた上目遣い 尻尾ふりふり 弄ばないで 草食系の繁殖力 ナメないで  全部脱いで 全て見せて その心も その両脚(あし)も開いて  捕まえたい捕まえたい BUNNY 何度でも何度でも HONEY 後ろから突き上げて めちゃくちゃに汚して  止まらないもう止められない 制御不能 暴走ビースト 君の中 種蒔いて 何もかもぶちこんで 野生に還れ 溺愛 BUNNY LOVE  いつだって僕らはそう 理性という檻の中で 愛が欲しいと泣き叫ぶ獣  「死んじゃうから一人にしないで…」  抱きしめたい抱きしめたい今 キスをしたいキスをしたい今 思い切り噛みついて 悲鳴のように喘いで  追いかけて逃げられて CRY 誘われてかわされて WHY 繰り返す 獲物狩り さあ標的(まと)を狙って  捕まえたい捕まえたい BUNNY 何度でも何度でも HONEY その顔にその胸にその髪に その口に乱射して  野生に還れ 野獣に戻れ おかえりなさい 激愛 BUNNY LOVE
hEaVeNBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE僕は空を赤く染めた 誰かがそれを NO NO NO NO 僕の目には夕映えの茜色(あか) 鮮明(クリア)に残って  星の輝く黒(やみ) 目の覚めるような群青 霞がかった白 嵐の日の灰色 陽がのぼる朱色(オレンジ) 瑠璃色の幻想  空は青いなんて 一体誰が決めたの? 心映るその色を僕ら 描けばいい  THIS MY HEAVEN I CAN FLY 空を見上げてた 煌めく明日を見てた 僕にしか描けない想い 感じるままのカラーで 染めてゆくよ  教えられた常識、道徳(モラル) 本当に正しい? NO NO NO 右向け右 人と同じ道を選んでいいの?  一つだけのキャンバス 僕色に溢れさせ 塗り重ねたその厚みが僕の軌跡になる  THIS MY HEAVEN I CAN FLY 空を見上げてた 希望の光が見えた 誰にも縛られない未来 選びたい自分自身で 強い心で  虹色(なないろ)に輝く空を夢見てた 必ず在ると信じてた  THIS MY HEAVEN I CAN FLY 空を見上げてた 煌めく明日を見てた 僕にしか描けない想い 感じるままのカラーで 染めてゆくよ  THIS MY HEAVEN I CAN FLY 空を見上げてた 希望の光が見えた 誰にも縛られない未来 選びたい自分自身で 強い心で
SECRET GIRLBREAKERZBREAKERZDAIGO・AKIHIDEAKIHIDEあなたがいない部屋の中は月がない夜の様 仕掛けられたこの迷路には出口なんてないから  昨日までいたあなたは今 他の誰かと会ってる? 独り占めにしたいけれど 無理ね 私 所詮あなたのSECRET GIRL  見つけ出せない愛のパスコード その扉を開けないままで 嫌いになれない なれるわけない 次はいつ逢える?なんて言えなくて あなたの代わりなんて HA 見つからない  月に1度の電話が鳴る あなたからの着信  悔しいから無視すると決めた… なのに気づけば出てる 久しぶりのあなたの声 私 それだけで感じてる SECRET ZONE  抱き合う時だけ交わすキスシーン 終わった後もそばにいて欲しい あんな男やめろって言うけど あの手解き癖になりすぎて あなたの代わりがもう HA 見つからない  あなたに飼い馴らされた 私の身体は毎晩疼く 思いだして今日も独り指先と愛し合う ねえ ああ  見つけ出せない愛のパスコード その扉を開けないままで 嫌いになれない なれるわけない 鳴らない電話 今日も待ってる 抱き合う時だけ交わすキスシーン 終わった後もそばにいて欲しくて あんな男やめろって言われても 身も心も離れられないの  あなたの代わりがずっと HA 見つからない
OrionBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE雨が降ればいいのに この涙隠せるから なのに夜空はそっと星々を咲かせたまま  ふたり見上げていたオリオンが 今夜僕だけ見下ろしてる  君がここから飛び立って天へ消え星になって どこかで輝いてるなら 今すぐにそこへ逝きたい… この身体捨て去ってもまた君に出逢えるのなら いつの日か灰に変わっても君を探すから  君に話した夢はまだ叶えられないけど 「キミの夢がわたしの夢だから」 そうさ 僕は明日へ向かわなきゃ …だけど  離ればなれになって 弾む様なあの声も溶ける様な笑顔も無くて 何の為に歩くのか 何の為に泣いたのか 理由さえも見つけられない こんな夜は雨がいいのに すべて流すように…  晴れた星空なのに雨が落ち始めた これが君の涙なら 君よどうか泣かないで 胸が痛くなるよ ずっとずっと…そこにいてくれた? もし見ててくれるなら もし笑ってくれるなら 僕はまだ歩いてゆくよ そしてまた生まれ変わっても君を探すから 遠く離れても…  夜空のどこかでずっと君の星 輝いてて
Snow RoseBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE君が好きだった白い季節が今年も街に降り注いだ いつもふたりで歩いた道に僕の足跡だけが残る  無くした時に気付くあの温もり 振り返るその先に君が見つからない 君がいない  悲しくて 苦しくて 心が痛いよ 切なくて 冷たい雪の中…  繋いだ指を握り返せば それだけで笑顔になれたね  淡いふたりの街も雪が白く奇麗に埋めてゆくよ 思い出も全て消し去るように…  届かない 帰れない あの日の面影 凍てついて 傷に突き剌さる ずっと… 悲しくて 苦しくて 心が痛いよ 切なくて 冷たい雪の中…  悲しくて 苦しくて 心が痛いよ 切なくて 冷たい雪の中 …まだ 愛しくて 逢いたくて 溢れる思い出 凍てついて 僕に降り積もる 悔しいほどに奇麗で…
DEAR LIARBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEWhy don't know? どうして人は 平気な顔して損な嘘を公然とついているの? Don't touch me 当然のように捏造 僕は傷つかない人形じゃないってわかってる?わけないか…  事実を捻じ曲げて MONEYのためならばと 今日も背後には知らないCAR  DEAR LIAR LIAR 消えちゃって 撒いちゃって 明日はちゃんと眠りたいから DEAR LIAR LIAR 盛っちゃって 張っちゃって 君にはちょっと悪いんだけど 今のとこ何もないんだよ DEAR LIAR LIAR 消火して さあ消え失せろ! LIAR  Lies or truth? 突然の騒動 嘘言ったヤツを信じてしまう人がいるから  根も葉もないことを 書き殴る自由のボード 有名税でも限度ってあるから  DEAR LIAR LIAR ほっといて そっとして 急停車は危ないから DEAR LIAR LIAR ついてきて いっちゃって 何もないのに言及されて 家電まで掛けてこないでよ DEAR LIAR LIAR キレちゃって さあぶち壊せ! LIAR  わざわざ釈明するのもバカみたい そいつらの思うツボだから 君だけは信じていて  DEAR LIAR LIAR 消えちゃって 撒いちゃって 明後日はちゃんと眠れるかな DEAR LIAR LIAR 盛っちゃって 張っちゃって 君にはちょっと悪いんだけど 今のとこ何も出てこない DEAR LIAR LIAR 消火して さあ消え失せろ! LIAR
Faraway so Close.BREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE戦う為 生まれたんじゃない でも手にしたいモノがあるなら 傷付く事 恐れてんじゃない 夢の代償 軽いもんだろう?  「モウ子供ジャナインダカラ」って誰かの言葉が傷に染みる でもそんな痛みも越えて ゆこう 青い空へ  強くなれたら飛べるから 願う気持ちよ羽になれ もっと高く もっと高く 焦りだす風も信じて...  無くす為に手にしたんじゃない ただこの手が小さすぎただけ  夢が叶うその瞬間(トキ)に憧れとともに消えてしまうなら 今 歩んでいる道こそ夢だと呼べばいいんじゃない?  強くなれたら飛べるから ため息さえも風に変え もっと高く もっと高く 遮った雲を引き裂いて ほかの誰にも奪えない 夢見る事の喜びは キミが生きるその世界をきっと変えてゆくから  and faraway so close! 遥か近く 夢はここに...  強くなれたら飛べるから 願う気持ちよ羽になれ もっと高く もっと高く 吹き荒れる風もつかまえて ほかの誰にも奪えない 夢見る事の喜びを 夜を越えて来る明日にもずっと無くさないでね  and faraway so close! 夢はここに...  ねだる為の夢じゃない ...何を引き換えにする?
Smile In TearsBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE桜(はな)舞う街は はしゃいだ人に溢れて騒がしく ひとりで歩く僕の涙を誰も気づかない…  これまでもそう これからもそう ずっと一緒と誓っていても 時の流れに 人の流れに 僕らはいつも忘れてしまう そこにあるもの すでにあるもの 幸せはそう いつの日でも ささやかで…  本当は哀しいのに笑って手を振った 「サヨナラ」言ったなら二度と逢えない気がしたから 飲み込んだまま失くした想い  君がいなくて あの道をゆく足も重いけど 少しずつでも 歩みだしてる明日へゆく道を  繋いだ指の 絡んだ髪の温もりがまだ残っていても 時の流れが 人の流れが それもいつかは奪うのだろう そこにあるもの すでにあるもの 幸せはそう いつの日でも ささやかで…  本当は哀しいのに笑って手を振った 「サヨナラ」言ったなら逢えない気がしたよ 本当は哀しいのに笑って手を振った 「ゴメンネ」言えたなら…今も君と笑い合えた? 分からないよ サヨナラあの日
逢いたくてBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE眠れず窓を開けて 狭い空見上げていた 「奇麗な月が出てるよ」君からのメールが鳴る  遥か遠く離れていても同じ月を見てるよ…  逢いたくて 逢いたくて 想いは深く募るばかりで 逢いたくて でも逢えなくて 今夜も君を想って唄う 逢いたくて 心は君で溢れた  旅立つあの日はずっと「頑張れ」と手を振っていた  遥か遠く離れるほどに君を愛しく想う…  届きそうで届かない ふたりの夢はまだ遠いけど 君がいる ただそれだけで 明日も僕は歩いてゆける ありがとう…心は君で溢れた  何も見えない夜に道を照らす月のように 迷った時は今度は僕が君を守ってあげるから…  遠いほど 永いほど 想いは強く繋がれるから 寂しさも そう哀しみも ふたりの絆で越えてゆこう 逢えなくて…でも逢えなくても いつだって君を想って唄う いつの日も心は君と一緒さ  見上げた空の先に輝いた朝か見えた…
センチメンタルスクラップBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE幼い僕らはいつでも欲しがってばかりなんだ その手にあるモノも忘れて 大切な人を傷つけ 自分自身も傷つけて 気付けば重い荷物背負ってて  何を手にしたの?何が欲しかったの? 誰もが日々に迷い歩くけれど…  叶わない夢だって重ねて いつの日か自分の花咲かせばいい 結ばれぬ恋だって繋げて この先で君に会えたらいいんだ 遠回りしてたからきっと 見た事の無い景色を見つけられた 駆け抜けよう 自分だけの道で  大人のフリしていつでも強がってばかりなんだ ほんとはひとりじゃ寂しいくせに 素直と弱音をどこかではき違えてるままでは 正直歩きづらいはずだね  何処へ行きたいの?何処がゴールなの? 答えは自分で決めるしか無くて  止まらない涙集めて いつの日にか笑い合う星に変えて 終わらない愛を紡いで 優しさの温もり分かち合って 近道はあるはずも無くて 曲がりくねった道の上 不器用でも駆け抜けよう 傷だらけの日々に
世界は踊るBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE踊り続ける世界の上 強く舞う風の中で 君のことを失さないように僕は君を抱きしめた…  世界は回る 追いつけない早さで 振り返ることも 止めることも出来ない 涙と笑顔 幾重に折り重ねて 僕たちふたりも 長い日々歩いたね  繋いだ指の温もりだけを持って 僕たちはこれから何処へと行くのだろうか…  いつまでもふたりでいようと どれだけ約束しても 言葉はいつも不意に脆く壊れやすいものだから 回り続ける世界の上 強く吹く風の中で 君のことを失さないように僕は君を抱きしめた  世界は変わる 今 君といる時も 花は風に散り 種は芽を息吹かせる  生きてく為に何かを捨てて そして 僕たちはこれから何を手に入れたいのか…  いつまでもふたりでいたいと どれだけ祈っていても 未来はいつも願うだけじゃ答えを見せてくれない 変わり続ける世界の上 今日君といれることを 何よりも大切にしよう  僕は君を抱きしめた…
LAST EMOTIONBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEもう戻らない LAST EMOTION 君の笑顔が体温(ぬくもり)が 僕の両手からこぼれ堕ちてゆく  寂しそうな眼をしてた 君に出会って思い出した 久しぶりの胸の鼓動が嬉しくて  君の心の隙間を埋めたくて 僕の全てを君に伝えたのに 愛し合えたのも僅かな時間で 確かに感じた運命は 偽りだった  もう戻らない LAST EMOTION 君の笑顔が体温(ぬくもり)が 僕の両手からこぼれ堕ちてゆく もう届かない想い 瞳閉じれば 瞼の裏 君の残像がまだ焼き付いてる  君は受話器の向こう 涙声で僕に言ったね 「それ以上何も聞かないで…サヨナラ…」  少しずつ離れてく君の心 気付かないふりしてでも一緒ににいたくて 何も言い出せなかった僕がいて 終わりが来るのをわかってた わかってたのに  もう戻らない LAST EMOTION ずっと一緒って言ってたのに 今は他人のように僕を見てる そう目覚めれば独り 何度も愛を囁いても 君の感情(こころ)はこの目に見えなくて  人は何故求めてしまうの? いつか終わりは来るのに どうして「永遠の愛」を探そうとするの?  もう叶わない願い みんな誰もが変わってゆく 別れのない出会いなんてなくて そうわかっていたって 人は独りじゃ生きられない 再び愚かに恋に堕ちてゆく
カナシミDaysBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE追いかけた夢の終わりさえ 自分で決めてつけて理由は後付け 大げさに 演じてる挫折は安ものドラマで 泣くだけがこなれてるなんて哀しいよ  カナシミDays 自分を笑い飛ばせば生まれ変われる気がする その瞬間(とき)に For myself 自分のことを誰よりも自分が信じていなきゃ哀しすぎるだろう?  昨日より少しでもいいから踏み出せ 始めなきゃ新しい僕(きみ)へなれない  カナシミDays 自分を笑い飛ばせば生まれ変われる気がする その瞬間(とき)に For myself 自分のことを誰よりも自分が信じてるならまだ戦えるだろう?  カナシミDays 自分を笑い飛ばせば生まれ変われる気がする その瞬間(とき)に For myself 自分のことを誰よりも自分が信じていなきゃいけないよ For yourself 明日はすぐそこにあって待ちわびてる 踏み出す その瞬間(とき)を  For myself... For yourself...
ポジティブブルーBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDEひとつに重なるはずと信じてた未来が君を連れ去った 残された君の香りさえも滲み出すため息で消しそうになるよ  ほんとは誰も悪くないと分かっているのに 素直に分かり合えないまま 無くしちゃった…ふたりの日々  Stay、、、 進めなくて 忘れる事も出来ずに 立ち止まったまま Stay、、、 見上げた空 憎いほどに青くて 涙こぼれた…  ひとりじゃ寂しいくせに ふたりだと喧嘩をしてばかりだった それなのに君を思い出すと 笑顔しかこの胸に描きだせないよ  嘘でも「嫌いだから」 と聞けば受け入れたのに 「ありがとう、わたし幸せだったよ」 そんな風に君が言うから…  Stay、、、 進めなくて 忘れる事も出来ずに 僕はここにいる Stay、、、 見上げた空 黒い雲が泣き出す 僕の代わりに…  Stay、、、 進めなくて 忘れる事も出来ずに 僕はここにいた Stay、、、 振り返ると 君が未来(さき)で笑って 手を振っている Stay、、、 見上げた空 雨も止んで青さを増して澄み渡る Stay、、、 捨てる事も 忘れる事もしないで僕は歩き出す
FAKE LOVEBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDE冷めた瞳に釘付け 赤いルージュで口づけ あなたとならどこまでも 行ける待てるノークレームで  Kiss me めちゃくちゃにして もっと Kill me 肩噛んで  WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH 好きなように抱きしめて WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH わがままも言わないから WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH 一つだけお願いがあるの ねぇ たまにでいい愛してるって言って  外デートした事ないけど 一緒にいればそれでいい あなたは忙しいのに 2時間も逢ってくれるの  Kiss me 刻み込んで もっと Kill me 首絞めて  WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH 独りの夜 眠れなくて WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH あなたそばに居て欲しい WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH なんてワタシ言わないから でもたまにでいい愛してるって言って  WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH 好きなように抱きしめて WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH わがままも言わないから WOW WOW WOW YEAH YEAH YEAH 一つだけお願いがあるの ねぇ たまにでいい愛してるって言って もう一度愛してるって言って 嘘でもいい愛してるって言って
ナンゼンカイ…ナンマンカイ…BREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE本当は寂しくて いつでも壊れそうで 君がいなくて 僕は少し情けない  強がるこの街は めまぐるしく変わる 君がいた事 それさえ夢のように消して  明日が来ることさえ不確かで それでも永遠を信じてた 最後の君の笑顔 想い出すと 流れ落ちる涙が今も痛い  ねえ 何千回も唄う 君に届かないとしても 想いが溢れてくるから ねえ 何千回も唄う 空に響いてるメロディ 遥かなる君へ ずっと唄い続けてる  大切なものほど 手をすり抜けてゆく 失して気付く 今更 戻れないけれど…  よけいな言葉 君を傷つけて 足りない言葉 分かりあえずに 君が泣いたあの夜 ただ黙って 抱きしめてあげれたら 良かったけれど…  ねえ 何万回も願う 僕が好きだった笑顔が 今でも溢れてるように ねえ 何万回も願う 空に響いてるメロディ 遥かなる君よ きっといつか逢えるから  時代(とき)に乗り遅れ ひとり彷徨っても 僕は忘れない 変わらず君を探している  ねえ 何千回も唄う…何万回も願う…何回だって…  ねえ 何回だって唄う 君に届かないとしても 想いが溢れてくるから ねえ 何回だって願う 空に大きく手を振って 遥かなる君に ずっと唄い続けるよ
Day SoldierBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDEあなたと出逢い 僕は知ったんだ 何よりも大事なものを  あなたと過ごし 僕は知ったんだ 無くす事の怖さを  強くなりたい 強くなれない 人の波に飲まれて 優しいだけじゃ 想っただけじゃ あなたを守れないよ  脆くて弱くて 悩んで日々に流れて 見つけて無くして 壊して儚くて  競い合う街 ここから逃げよう だけど何処へ行くのだろう?  二人だけでは 生きてゆけないと 分からないほど子供じゃない  強くなりたい 強くなれない 深い街の谷間で 汚れていても 傷だらけでも あなたを守りたくて…  脆くて弱くて 悩んで日々に流れて 見つけて無くして 壊して儚くて
gimmick?BREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE会いたいって言葉 孤独を埋め合う その為のふたりのギミック?  本当の気持ち 気づかないフリしている 今日も…  いつまでも いつまでも 届く事無く いつまでも いつまでも ひとつになれない 愛しても愛しても 傷つくばかり それなのに 君だけを求めてる  君が望むから 演じてあげるよ 僕は終わらないピエロ  偽りの世界 信じられるのは君の嘘だけ  −薬指に残った 指輪の跡を見る度 僕は知らない誰かも 傷つけていると知るよ−  いつまでも いつまでも 終わる事無く いつまでも いつまでも 堕ちてゆくのに きりがない きりがない 溢れる想い 君だけを君だけを求めてる
CHIKEN RACEBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEHELLO HELLO HELLO あの子のハートを賭けてオマエと勝負 BOOM BOOM BOOM 先にブレーキ踏んだら負けだぜ  準備はいいか覚悟しろコノヤロー!(怒) 逃げるなら今のうちだ!  ホントはめちゃくちゃ怖いんだ 今すぐに逃げ出したいけど あの子を手に入れるためだ どうしよう!?やるしかない!  READY READY READY コインが堕ちたらスタートださあいくぜ! 五勝五敗五分 オマエとの戦いはこれでファイナル  命懸けのバトル!アクセル全開だ!! 遺書でも書きやがれ!!  動悸息切れもうヤバい!! 心拍数200は越えてる!? スタートはもうそこまで来てる どうしよう!?もう帰りたい!  スタートだ!たちまちフルスロットル! もう壁がそこまで来てる ブレーキ思いっきり踏んじゃった! 同時に凄い爆発音 なんとアイツが 壁に思いっきり突っ込んだ! 「ねえ早く!救急車呼んで!」 先に止まっておいて正解 やっぱり安全第一!!
EMILYBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEまるで嵐のように 微笑み振りまいて君は現れた so I like her brighty sweet eyes 退屈そうな僕を気にかけてくれて 何度も話したね 陽が落ちるまで  EMILY EMILY 君の名を呼ぶ 白い肌に触れたくて 目を閉じれば今日も逢える EMILY EMILY 見つめてるから 僕らを繋ぐ赤い糸 いつか君も気付いてくれるはず……  君が愛しくて君が恋しくて 君を想う度 心は支配され…  EMILY EMILY 君は何故… EMILY EMILY 振り向かない EMILY EMILY どうすれば…  EMILY EMILY 君の名を呼ぶ 黒い髪に触れたくて 今日も君に逢いに行くよ EMILY EMILY そばに居るから 君の部屋の明かりが今消えたから 帰ろう おやすみ
BirdmanBREAKERZBREAKERZDAIGOAKIHIDEOn this ground that a bird went down ボロボロの翼 羽ばたかせて  飛べない鳥は哀れみの眼差しで 誰も助けてくれない  Well nobody say Well nobody stay 二度と飛べないなら 楽にして  傷ついた翼は 無意味な程に飾られたオブジェ  何度試しても堕ちてしまうのなら ロウの羽くれないか  Well nobody say Well nobody stay 舞い上がる群れは 行ってしまった あの空に戻れるなら 例え一瞬でもいい 飛び降りて 風を感じたい  流されるままに 波風も立てず 生きてゆくのは easy, so easy 誇りがあるんだ 無謀だと言われても もう一度空を羽ばたく  Well nobody say Well nobody stay 信じれるものは myself あの空に戻れるなら 例え一瞬でもいい 僕は傷ついた翼(はね)を開く
KamisoriBREAKERZBREAKERZAKIHIDEAKIHIDE唇で遮った その先は言わないでいい 言い訳も寂しさも 聞けるほど強くないから  今だけでいい この場所では 全て忘れ 絡む指に 熱い肌に 濡れた髪に 全て預けて  瞳閉じたまま泣いている君はどれだけ抱きしめても 心の中では僕じゃないひと見てる 何度重ねれば君の心へと辿り着けるのだろう? すぐそばにいるのに  唇で遮った 別れ際 聞きたくない 「アリガトウ」 言われたら あまりにも哀しすぎるよ  瞳閉じたまま泣いている君はどれだけ抱きしめても 心の中では僕じゃないひと見てる 何度重ねれば君の心へと辿り着けるのだろう? すぐそばにいるのに  いっそひと想い 君への想いを 断ち切ってくれるなら 切ない痛みも 終わることが出来るのに 錆び付いたケジメ 傷つけるだけで切れもせず痛いだけ そしてまた重ね合って 傷さえも受け入れて ただ君を抱きしめる
BLUE KNIFE相川七瀬相川七瀬相川七瀬AKIHIDE青色のナイフで 空を切りつけた夕立のように あなたは突然に 私の前に現れて 最初から私の事を選ばない事は知ってる だけど許される時まで こうしていつまでも側にいたい  人は独りで生きられないの 本当は寂しがり屋で 強がり言っても 誰でもみんな同じで どうして人は愛されるよりも 愛したいと願うの 傷つく恋ほど選んでしまう  目の前で見てるのに すでに記憶の中にしかもういない 虹のようにあなたを 遠くに感じてしまうから 別れた渋谷の交差点 人混みに消えてく背中 逢う前よりも逢った後の方が いつも私寂しくなる  人はすぐ忘れてしまうから 心は変わり続けて さめざめ泣いても いつかは色褪せてしまう どうして人は愛しすぎる事 いつも止められないの 不器用なほどに選んでしまう  思い出だけじゃ生きられないよ 今の証が欲しいよ 心を切りつけてみても 想いは変わらず どうして人は愛されるよりも 愛したいと願うの 傷つく恋ほど選んでしまう
ジェットFAIRY FOREFAIRY FORE森浩美・現王園崇AKIHIDE冴えない毎日 文句とかボヤいて 嫌なことがあれば すぐにヘコんだり だけどいいとこ キミに見せたくて そんな僕の背筋 シャキッとしてた  頑張るのは 正直言ったら まだ面倒 頼りないし 疲れそうだけど 逃げてるだけじゃナメられっぱなし 確かに悔しいから  果てないこのユメをまわせ スピードを加速しながら 空の天辺へ 駆けのぼれ 自分に負けたくないでしょッ カッコ付けでもいいじゃない  ホンキの未来探そう  情熱なんてさ ウザイ気がしていた 一生懸命とか 許してほしかった キミに上手に なんか乗せられて そんな僕の気持ち 丈夫になる  言い訳して 済んでる内は それはそれでもよかったよ ラクチンだから でもきめたら意地だってある 最後は笑ってやれ  果てないこのユメをまわせ 心のスイッチONにしてさ とことんイキましょう どこまでも 現実壊せないなら 欲しいもの手に入らないさ ホンキで未来つかもう  果てないこのユメをまわせ スピードを加速しながら 空の天辺へ 駆けのぼれ 自分に負けたくないでしょッ カッコ付けでもいいじゃない  ホンキで探そう  果てないこのユメをまわせ 心のスイッチONにしてさ とことんイキましょう どこまでも 現実壊せないなら 欲しいもの手に入らないさ ホンキで未来つかもう  さあ 向かい風の中へ
BODY DOUBLEFAIRY FOREFAIRY FORE現王園崇AKIHIDE午後8時すぎ バーガーショップ ラビットコートの君 期待したのに 彼の相談 もうたくさんだ  触れられない距離感 埋まらない満足感 だけどあきらめない 君への想いを  違うX3 君を抱きしめたくて TonightX3 心奪いさりたい 伝えきれない想い 嫌になる つらいX3 僕だったら君の事 CryX3 悲しませはしないよ 君に言えれば楽になれるはずさ 本当は  「上手くいかない」 切ない表情(かお)で 君は涙浮かべる 吐息がもれる 濡れた口唇 抱きしめたくなる  「大丈夫?」 問いかける 秘(ひそ)かな胸の内は 喜んでなんかいないよ 君しか見えない  つらいX3 悲しい恋は全部 CryX3 忘れさせてあげるよ 君に必要なのは僕だから 違うX3 僕なら君の全て TonightX3 受け止めてあげるから 好きと言えれば楽になれるはずさ 本当は  離れたくないよ 君を守りたい  違うX3 君を抱きしめたくて TonightX3 心奪いさりたい 伝えきれない想い 嫌になる つらいX3 僕だったら君の事 CryX3 悲しませはしないよ 君に言えれば楽になれるはずさ 本当は  好きだと
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. ウタカタララバイ
  3. SuperCali
  4. 新時代
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. TOKYOレジスタンス
  4. さいだー
  5. ELEVEN -Japanese ver.-

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照