金城綾乃作曲の歌詞一覧リスト  32曲中 1-32曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
32曲中 1-32曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
グッバイ金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃思い浮かぶのは あなたとの日々 どんなときも一緒だった 色とりどりに奏でてきた  あぁ これでさよなら あぁ 愛しい日々 あぁ 思い出は 美しく胸の奥にしまって  あなたと出会って 見てきた景色は たくさんの笑顔と 涙に彩られてきた  愛だけが残って 愛だけを残して あぁ 思い出は 美しく胸の奥にしまって  大好きだったあの頃を 空に描き写して 光り輝いていた 静かに終わってく  どしゃぶりの雨の中 土深く染み込んだ 見上げるほどの花が 咲き誇って散った  あぁ これでさよなら あぁ 愛しい日々 あぁ 思い出は 美しく胸の奥に  愛だけが残って 愛だけを残して あぁ 思い出は 美しく胸の奥にしまって
澄みゆいて金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃この体が朽ち果てるまで どれだけ触れ合うことできるの 手を繋ぎ 見つめ笑った 日々が心を満たして  一つ一つ 色鮮やかに 蘇る私の物語 この世に生まれてきたこと 幸せのメモリー  澄みゆいて 静かなる 鼓動が響く されど陽は昇ってゆく 碧瑠璃の世に  あなたのこと想う夜空に 願うの永遠の結び月 空を心が越えてく 風が舞い上がる  虹わたる その先へ 光響いて されど消えゆく運命と 碧瑠璃の世は 回る回る世  澄みゆいて 静かなる 鼓動が響く されど陽は昇ってゆく 碧瑠璃の世に 様々すがたて
キミといっしょに金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃だいすきなキミと ケンカしてかなしいよ なかよくしたいのに キミはしらんかお  ちょっとくやしいな なみだポロリ なかなおりしたいな  だいすきなキミと いっしょに いたいよ  ボクのこころのかたちは トゲトゲなのかな? しょんぼりしたカオは キミもおんなじだ  ちょっとがんばって ゆうきだして きっとだいじょうぶ  ふたりこえあわせ いっしょに ごめんね  だいすきなキミと いっしょに いたいよ ボクらのこころは やさしい○(まる)になりました
会いたいな金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃会いたいな 会いたいよ 聞こえてるかな 会いたいよ  光の粒になって フワフワと 空に導かれて どこまでも 飛んでってしまいそう  さぁこの手にのせて 暖かな空へ 舞い上がれ 柔らかに ふわり ふわり さぁ踊れ くるり くるりと 回って見せて うららかに溶けてゆく  抱きしめた 夢の中 忘れられない いと愛さ  愛は姿になって 消えてゆく もう繰り返さないで ただいまを 願ってしまうの  さぁ奏でてみせて 静かなる碧へ ささやいて 彼方まで シャララ シャララ いつまでも ここにいるから 歌っていてね また逢える その日まで  君が笑う世界 風が運ぶつぼみ さだめ待つ場所へ ここに帰ってきて 温もりを見つけて 祈り願うの神様  会いたいな 会いたいよ 聞こえてるかな 会いたいよ
夢に向かって金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃夢は星のように たくさんあるね なんだって 叶えられる 僕らさ  君の笑顔が 語っているよ 自分の力 信じて 一歩ずつ  いつも隣には大好きな人 家族 友達 支えられて 日々を生きてる  夢に向かって 自分を信じて ひたすらに 前に突き進もう 僕らはひとりじゃない  小さかった君が 大きくなって 少しずつ 手を離れてく寂しさ  無邪気に笑った 君が愛しい 育ててきた羽広げて さぁ大空へ  キラキラ瞳に映る君 未来は輝いて 夢はひとつじゃないから 怖がらないで 恐れないで どこまでも どこまでも  夢に向かって 自分を信じて ひたすらに 前に突き進もう 僕らはひとりじゃない  これからだって 嫌なこともあるさ 抱きしめてくれる家族がいる 僕らはひとりじゃない 君はひとりじゃない 夢に向かって
奇跡のピアノ金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃奥深く眠る悲しみ 弾くたびに染み出して こらえてた涙 静かに流れ 今あなた思う  優しく美しい調べ あなたの元へ届け 止まってた時 動き出し ただ今を生きてくだけ  声が聞こえる あの元気な声 笑顔が溢れ 当たり前に過ぎた日々  キミの笑顔が恋しくて ずっとここで奏でてるから 空の彼方へ 光の彼方へ 届け 届け 奇跡のピアノ つなげ明日へ あなたの元へ  錆びた弦張り直すように 新しい毎日が 生まれ あなた想いながら 今日も私は生きてる  見えてるものが全てじゃないから 隠れて見えない 大切なものは何?  心に灯る命の音は どこまでも鳴り響いて 強く儚く 今ある命 届け届け奇跡のピアノ  キミが描いた 夢 希望 未来は ほら 繋がり結び合ってゆくよ 永遠に 響け ゆけ空へ 空へ  キミの笑顔が恋しくて ずっとここで奏でてるから 空の彼方へ 光の彼方へ 届け 届け 奇跡のピアノ つなげ明日へ あなたの元へ  ずっとそばに 奇跡のピアノ
ブランコKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃大久保友裕Ah Ah この時が 永遠じゃないと気づいた日 私は小さな 手をそっと握りしめました 今を慈しみ かみしめるように一日を 時は流れて キミは大人へとなってゆく  嬉しさと 寂しさが ブランコみたいに ゆらゆらゆらら  いつかさよならするその日まで 数え切れないほど抱きしめて 数え切れないほど笑って 一緒に泣いてケンカして キミと過ごせるこの日々を 当たり前だとは思わない 愛しくてたまらない キセキにありがとう  Ah Ah この時が 永遠じゃないと気づいた日 私はあなたの 小さくなった背中見つめた  夕焼け空に つないだ手 あなたと歩いた あの日を想う  私を抱き上げくれた手は たくさんの愛教えてくれた 全てこぼれないように 受け止めて生きていくから 深く刻まれた顔のシワに 時のうつろい感じるけれど ぬくもりは消えない あなたにありがとう  忘れないで 愛しさと厳しさは隣り合わせ 苦しいも 辛いことも 優しく溶けて 支えとなっていく  いつかさよならするその日まで 数え切れないほど抱きしめて 数え切れないほど笑って 一緒に泣いてケンカして 共に過ごせるこの日々を 当たり前だとは思わない 愛しくてたまらない 家族にありがとう 一度きりの毎日を 大切に抱きしめて
ヒカリKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃三橋隆幸分かってる一歩が踏み出せない 目の前の一歩遥か遠く 自分を苦しめる 答えは心が一番知ってる  着飾って繕って その瞳は何を見てるの? その先に 頬をつたった涙がいった よく頑張ったね えらかったね  もういいんだよたくさん泣いて 大丈夫だよ 昨日までの自分に別れを告げて  影は光の下にできる 影から出ておいで 自分を信じてどこまでも 輝いていけるよ  分かってる一歩が踏み出せない たくさんの言い訳まとって 平気なふりして 強がって心の声に蓋をしたんだ  もういいんだよたくさん泣いて 大丈夫だよ あなたは1人ぼっちじゃない顔上げて  夜空に浮かぶ月のように あなたは煌めいて 優しくみんなを照らしてる とても美しく  影は光の下にできる 影から出ておいで 自分を信じてどこまでも きらきらと輝けるから  夜空に浮かぶ月のように あなたは煌めいて 優しくみんなを照らしてる とても美しく ヒカリ輝いて
心ぽかぽか上戸彩上戸彩玉城千春金城綾乃石塚知生ねぇねぇ 聞いてよ 今日もこんなこと あんなことあったよ めまぐるしいけど 帰る場所があるから 負けないで また 明日  安心できる居心地のいい 君と過ごす この空間 広げていけたら  心ぽかぽか暖かい 春の光が集まる 君の笑顔に ありがとうの 花束もって 会いに行こう  ほらほら 悲しいことばかりずっと 続くことないはず ここからまた あなたらしく歩いて 長い旅楽しもう  見渡す限り 幸せの花達が 君を包んでるよ 気づいているかな  太陽がまた輝いて 無限の力 くれるような 君の笑顔に ありがとうの 花束もって 会いに行こう  海の向こうも 空の果ても 夢の中までも ずっと  心ぽかぽか 暖かい春の光が集まる 君の笑顔に ありがとうの 花束もって 会いに行こう  心ぽかぽか 君の笑顔に 心ぽかぽか 君の笑顔に
みんなあなたを愛してるKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃石塚知生みんなあなたを愛してる みんなあなたを想ってる  あなたが悩み苦しんでいたら みんなで分かち合おうよ あなたが笑い楽しんでいたら みんなで喜び合いたい  あなたの想い1つが大きなパワーを持っているよ あなたの想いで全てが変わりだすよ  誰かを恨んだり 憎んだりするのも 生きてる証拠だから さぁ 肩の力を抜いて 微笑んで 寄り添って 抱きしめて 今日よりも明日 生きてこう  みんなあなたを愛してる みんなあなたを想ってる みんなあなたを愛してる みんなあなたを想ってる  あなたが弱く潰れそうなら みんなで支え合おうよ あなたが強く大きくいるなら みんなを守って下さい  あなたが生きていることが 大きな意味をなすよ あなたの想いで全てが変わりだすよ  自分の未来 投げ出さないで 生きるのがどんなに辛くても さぁ 耳をすましてごらん あなたを愛する声が聞こえてくるから 生きてこう  みんなあなたを愛してる みんなあなたを想ってる みんなあなたを愛してる みんなあなたを想ってる  みんなあなたを愛してる みんなあなたを想ってる みんなあなたを愛してる みんなあなたを想ってる  La La La La... みんなあなたが好きだから
こころのメロディーKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃金城綾乃心と心が重なって初めて 築けてゆけるよ 幸せのメロディー  五線譜に指を添えて なぞってくメロディー 目を閉じて思い出すのは 笑顔の私達  いろんなことがあったねと 思い出話になればいいなと 明るい未来を思い描くよ 今  心と心が重なって初めて 築けてゆけるよ 幸せのメロディー  立ち止まったっていいんだ 悪いことじゃない 私らしくいることさえわからなくなってるから  たった一度の人生 だから笑っていよう すべてが必要な出来事 泣くのはもうやめにしよう  あなたを信じて 生きていこうと 決めた日をもう一度 心に 心が揺れてる 強く強く 抱きしめて欲しいよ 愛しているから  心と心が重なって初めて 築けてゆけるよ 幸せのメロディー
Wonderful DayKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃Kiroro"Yamanakako"BandWonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha  ギモンだらけの毎日だけど あなたがいるから笑ってられる 小さなことから幸せカンジ 今日もみんなに感謝の日々だ  時にはケンカしちゃうけど 次の日にはケロッと忘れて それが わたしたち  Wonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha  おはようのキスでお目覚めあなた 寝ぼけまなこのその顔がいい いつもどおりの毎日だけど 今日も一日楽しんでいこう  時には不安にもなるよ そんな時はちゃんと抱きしめて いつも 愛してる  Wonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha Wonderful Day a ha ha  Wonderful Day a ha ha
あるがままKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃Kiroro・知念輝行あるがまま なるがまま そのままで あるがまま なるがまま それが私  あるがまま なるがまま そのままで あるがまま なるがまま それが私  どんな生き方を見せよう 何を言われようが 気にしない 何でもありだね 笑って 動き出せ  時々恐くなる 逃げないで 信じてみよう それが私 弱くたっていいはず 負けないで 信じてみよう それも私  あるがまま なるがまま そのままで あるがまま なるがまま それが私  あるがまま なるがまま そのままで あるがまま なるがまま それが私  うつむいてしまう人生も 全て悪い訳じゃないから ここから始まる時を 生きてゆけ  時々恐くなる 逃げないで 信じてみよう それが私 弱くたっていいはず 負けないで 信じてみよう それも私  あるがまま なるがまま そのままで あるがまま なるがまま それが私  あるがまま なるがまま そのままで あるがまま なるがまま それが私
嘘のない空KiroroKiroro金城綾乃金城綾乃Kiroro・Kiroro"Kawaguchiko"Bandうわべに泳ぎ疲れて 少しも前に進めない もがいてもがいて気が付くと 足も届かないところ  終わることのない日々に 背を向けたくなる毎日 もがいてもがいてもそこは 先の見えない道だ  気持ちはあるのにベクトルの矛先が 違っててもどかしい 心が通じてこそのうわべじゃないの 何かヘンだな  泥だらけの靴で家ん中 駆け回ったみたいに 心の中ぐちゃぐちゃ 足のふみ場もないこの時に 幸せなんかやってこない  私がここにいる意味を 誰か感じてくれるかな それでも前に進まなきゃ 何も始まらない  つながり合ってゆくことがこんなにも難しい 見失いそうになる 心そのままでいられる勇気 持ち続けたい  強く生きてゆきたいと 何度も想いながら 自分探してる 嘘のない空を見あげれば きっと明日は見えてくる  つながり合ってゆくことがこんなにも難しい 見失いそうになる 心そのままでいられる勇気 持ち続けたい  強く生きてゆきたいと 何度も想いながら 自分探してる 嘘のない空を見あげれば きっと明日は見えてくる
やさしさに包まれてKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃Kiroro私をしっかり抱きしめて 愛をささやいて 何もかもさらけ出して 受け止めて  手と手をしっかりつないだら 唇も合わせて 心のおもむくままに おちてゆきたい  あなたと2人だけの 世界が広がる  ずっとそばにいるよ 何が待ち受けようとも ここで笑顔でいるから 幸せになろう けして夢じゃないから 幸せの鐘がなる 歩き出した二人の 道は続いてく  あなたの愛にふれるたび 心が安らいで 今のこの幸せを守りゆきたい  神様がくれた 小さなキセキを  いつも感じているよ おだやかな気持ちのまま 想い信じているから 幸せになろう どこまでも どこまでも 優しさに包まれて あなたと出会い生まれた 日々は続いてく
BeginningKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃石塚知生・Kiroroあなたに見つめられると ドキドキするのよ この鼓動 あなた聞こえてるんじゃ!?  なかなか顔上げられない グラスに添えてる指も 気になるし  真っ白なクロスが やけにまぶしくて あぁ ここに描かれる未来 あなたどう見てる?  I Love You Forever 愛しい人 世界中どこ探しても あなたみたいな 人はいないから ずっと そばにいて  あなたのその鼻先に キスしたくなるのは 私だけかもしれない ちょっとだけ いきすぎちゃった 想像抜け出せず一人いるの  愛してるの言葉が 心にしみ込んで 幸せの瞬間が ギュッと私を包むの  I Love You Forever 愛しい人 心からあなたを想うの 輝いている今のこの時を ずっと 抱きしめて  I Love You Forever 愛しい人 世界中どこ探しても あなたみたいな 人はいないから ずっと そばにいて
帰る場所KiroroKiroro金城綾乃金城綾乃いつもまわりを見渡すと 温かな笑顔がそこに どんなに辛い道のりも 支え合うことで 乗り越えてきた  僕らの生きてきた道は きっと素晴らしいものだろう  僕らにはいつだって 帰る場所がある 空高く 舞い上がる 希望抱き 明日へ 向かい 羽ばたこう  夢も想いも大切に 育ててくれたこの場所を 忘れたことはないから いつだって前へ進めるんだ  静かに流れる波音 オレンジ色した優しい空  僕らは一人じゃない 誇り高き大地 ここにある幸せを 離さない 忘れないよ いつまでも  僕らにはいつだって 帰る場所がある 空高く 舞い上がる 希望抱き 明日へ 向かい 羽ばたこう
魚が空を仰ぐときKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃魚が空を仰ぐとき 一体何を思う 失うことばかりで あぁ~  変りゆく世界を ずっと見続けて いいこと 悪いこと 全部飲み込んだ  毎日違う風吹いて 一体何を思う 希望の種飛ばして あぁ~  触れ合うことだけで 人は生きられる この時 大切に 生きてゆこう  変りゆく世界を ずっと見続けて いいこと 悪いこと 全部飲み込んだ  すべて抱きしめて 守っていきたい 笑顔とやさしさを…
夢の中KiroroKiroro金城綾乃金城綾乃重実徹夢の中であなたと二人 いつもどおり優しく 頭では分かっているのに 心が覚えてた  とまどいを残したまま 目が覚めて まだあなたを探してる  何気ない優しさが私を包み込む 弱過ぎた私 少しの勇気でさえ 現実はそうはいかない 離れてった あなたがそう  少し大人になった恋だと思いたい  心の奥眠ってた想い 気付かないふりしてきた 色づいてく時間達を もう少しこの胸に  ほほにふれる潮風がゆるんでいた 心にしみ込んでゆく  懐かしいこの匂い 思い出をくり返す 少し笑うあなた その胸にとび込んだ 幸せの瞬間はあなたにむすびついて  いつも心にあなたがいたよ 忘れない  何気ない優しさが私を包み込む 弱過ぎた私 少しの勇気でさえ 現実はそうはいかない 離れてった あなたがそう  少し大人になった恋だと思いたい  少し大人になった恋だと思いたい
ずっと忘れないKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃重実徹真夜中の電話のベル なぜか期待してる私 もう終わった恋なのに あなたの声聞くのが恐い となりには新しい恋がすでに始まってる 辛いことばかりで離れてしまった  熱くキスする日もあったね 強く抱きしめてくれたね もう戻れない  出会えた喜びを大切に抱きしめて 少しでも明日へ繋がってゆきたい  あなたの笑顔の側で暖かな未来描いた あの頃の2人は キラキラと輝いていた 私はまだあなたを忘れられずにいるけれど いつの日か笑って話せるだろう  いつも受け止めてくれたね ずっと見ててくれていたね もう戻れない  離れゆくあなたに ありがとう言いたくて すてきな恋をした ずっと忘れない  出会えた喜びを大切に抱きしめて 少しでも明日へ繋がってゆきたい
A song of loveKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃好きだからKissをする 愛してるから抱き合うよ 悲しいから泣いたり 嬉しいから笑うよ  恋する気持ちは 本当に不思議なもの あなたに出会って 私 変わった いろんな自分知ってく どんな時も側に居てくれたから  あなたでなきゃ…わたし いつまでも 感じていたい  悲しみ半分 嬉しいの2倍にして 二人の時は全てを この瞬間を少しずつ刻んでゆこう 愛していきたい 生きているから 感じられる たしかな愛の唄  離れてしまった時に 気付く愛もある 伝えるすべは いくらでもあるのに 何だか上手く言えない 不器用な言葉や態度もやさしい  甘え方 知らなくて ちゃんとわかってくれていたね  あなたを全部 愛していけるように 幸せのカケラを 強い時も弱い時も受けとめて つなぎ合わせて 生きているから 感じられる たしかな愛の唄  あなたを全部 愛していけるように 幸せのカケラを 強い時も弱い時も受けとめて つなぎ合わせて 生きているから 感じられる たしかな愛の唄
チョコレートKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃重実徹なんなのよ いきなり現れて 心をかき乱さないで チョコレートみたいに あまくあまくなんて思ってる  生まれたての肌でもないのに 魅力は何処にあるのかな? さりげないやさしい言葉でさえ 誘惑に聞こえてる  なんなのよ いきなり現れて 心をかき乱さないで チョコレートみたいに あまくあまくなんて思ってる  気紛れなんかに付き合ってるほど 暇じゃないのよ あたしは あの手この手で仕掛けてきて いつの間にか そんなあなた 心奪われてしまっていた それが恋の始まり  目が覚めて あなたのことばかり頭をよぎってしまうの 作戦にまんまとはまりはまり なんか嫌なカンジ  運命の出会いでもないのに どうして鼓動が早いの 完全に振りまわされてるのに なぜか心地いい  成りゆきまかせに恋をしたって そんなのありえないけど こんなあなたに賭けてみよう リズミカルな言葉につられ 最後に一緒に踊ってた それが恋のはじまり
愛さないKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃重実徹愛さない 愛せないのよ 別々の道を歩き始めた 憎まない 憎めないのよ 一度は愛した人だから  Kissの仕方も温度も覚えているけど 声を殺して泣くことに慣れてしまったみたい  もっともっとこの手で もっともっと愛を もっともっとあなたに触れていたかった ずっと愛してる ずっと想ってる ずっと愛してる ずっと想ってる  信じない 信じられない 失うものなど無いはずなのに 忘れたい 忘れられない あなたのぬくもり残っている  その笑顔も泣き顔も覚えているけど やっと見付けた愛さえ 今はもう届かない  もっともっとこの手で もっともっと愛を もっともっとあなたに触れていたかった もっともっとこの手で もっともっと愛を もっともっとあなたに触れていたかった ずっと愛してる ずっと想ってる ずっと愛してる きっと想ってる  愛さない 愛せないのよ 憎まない 憎めないのよ
againKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃重実徹愛って何だろう 心の中にきいてみた かけがえのないものなんだ やっぱりあなたが必要だわ どんな時も手を差し伸べてくれた  ゆっくりと歩き出そう 一歩ずつでいいから fu fu…  一度や二度の 過ちさえ 許せずに泣いていた 私はいない 終わった愛をあなたも悔やんでいるなら また二人笑い合える again  隔てた時間を 埋めることは出来ないけど 一度は愛し合った二人なら きっと幸せになれるはず 奇跡が起こることを信じて  ゆっくりと歩き出そう 一歩ずつでいいから  うすれてゆく記憶の中で あなたのぬくもり探している 同じ淋しさ感じているなら いつの日かまた ここへ戻ってきて  一度や二度の 過ちさえ 許せずに泣いていた 私はいない 終わった愛をあなたも悔やんでいるなら また二人笑い合える again  愛って何だろう 心の中にきいてみた かけがえのないものなんだ
幸せの余韻KiroroKiroro金城綾乃金城綾乃岩田雅之生まれ変わっても ずっと一緒 限りない愛へ 飛び立とう やさしさに包まれて この想い  飛んでゆくわ めぐり めぐる時間  あなたに感じるジェラシーも あふれだす涙も 強がりな私じゃないから 受け止めてよ  ふざけあって 傷つけあっても 過ぎてく 流れに身をまかせて ちぎれた心 縫いあわせれば きっとふたりで 生きてゆける  生まれ変わっても ずっと一緒 限りない愛へ飛び立とう やさしさに包まれて この想い  飛んでゆくわ めぐり めぐる時間  同じポケットに手を入れて からみあった指が ひとつの星をつかんだなら 信じあえる  出会ったあの頃 思い出せば 唇かさねて確かめあう 渇いた心 湿らせていて ゆっくりとふたりが溶けだしてく  生まれ変わっても ずっと一緒 あなたの愛に おぼれてたいの 果てしない未来を夢見て 幸せの余韻をいつまでも  生まれ変わっても ずっと一緒 限りない愛へ飛び立とう やさしさに包まれて この想い  飛んでゆくわ めぐり めぐる 幸せの余韻をいつまでも
ぴあのKiroroKiroro金城綾乃金城綾乃重実徹母の輝きを受け継いで 生きて行く 愛情に包まれながら これからは ひとりじゃないよって 一緒に泣いた 女同士語り合って 一晩中起きていたね  あなたの匂いがついてる このTシャツで そばで微笑んで やさしく頭をなでて ギュッと抱きしめて 目を閉じて涙をふいて  朝からのどなり声も 素直に聞くわ 差し込む太陽がまぶしくて 日々の忙しさから 抜け出して しわしわになった手を見るたびに 胸が詰まる  どんなに辛い事があっても 幸せそうな顔をしてたね あたたかい腕の中で育った あの日忘れない 瞳からは愛がこぼれた  ひとりじゃないよって 一緒に泣いた 女同士語り合って 一晩中起きていたね  あなたの匂いがついてる このTシャツで そばで微笑んで やさしく頭をなでて ギュッと抱きしめて  いつもあなたの隣には 父の姿があったね いろんな事乗り越えて行こう この瞬間永遠に 今も同じ ピアノの音色
HAPPY HAPPY DAY金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃重実徹毎日が楽しいわ HAPPY HAPPY DAY こんなんでいいんでしょうか HAPPY HAPPY DAY 太陽と仲良しで HAPPY HAPPY DAY ふとんも干しちゃうわ HAPPY HAPPY DAY 公園でお散歩 HAPPY HAPPY DAY お花に水あげて HAPPY HAPPY DAY 毎日が楽しいわ HAPPY HAPPY DAY こんなんでいいんでしょうか HAPPY HAPPY DAY  やっぱり必要なのは こんな日々でしょう にこにこ暮らした方が 体もイイ感じ いろんな事があるけど みんなで踊れば 楽しい時間たちが待ってるよ  カレーライスも食べちゃって HAPPY HAPPY DAY あめ玉くわえて HAPPY HAPPY DAY 歯ぐきもお元気で HAPPY HAPPY DAY おふろに入っちゃって HAPPY HAPPY DAY  たまには心の中を休ませてあげましょう 好きなお茶でも飲んでのんびり過ごしましょう 大きな口を開けて寝言もOKよ 外には虹の橋がかかってる  毎日が楽しいわ HAPPY HAPPY DAY こんなんでいいんでしょうか HAPPY HAPPY DAY 太陽と仲良しで HAPPY HAPPY DAY ふとんも干しちゃうわ HAPPY HAPPY DAY 公園でお散歩 HAPPY HAPPY DAY お花に水あげて HAPPY HAPPY DAY 毎日が楽しいわ HAPPY HAPPY DAY こんなんでいいんでしょうか HAPPY HAPPY DAY
ぬくもり金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃重実徹一生の楽しさをいっぺんに 使っちゃってるみたいで 不安になるけど あなたと出会えたことが 一番すてきなことだわ  こんな空の下で 生まれたんだね私 そよ風が気持ちよくて 口笛もふいちゃう  あなたに会う日は特別 おそろいの時計が くすぐったくて 手をつないだ時のぬくもり まだ残ってる  それぞれ違う時間(とき)の流れで 生きてきた すべてのあたたかさを すごく感じてるの  どうしてこんなに苦しいんだろう この気持ちに気付かなければ 楽だったかもね 幸せになりたい ずーっと抱きしめてて  一生の楽しさをいっぺんに 使っちゃってるみたいで 不安になるけど あなたと出会えたことが 一番すてきなことだわ  たくさんの思い出が 本のように積まれてゆく 私に会う日は とびっきりの笑顔でね  あなたがいたから 私があるのかしら 自然の香りのする花 ジャスミンのように
去りゆく日々金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃重実徹青ざめた小鳥のように ささやかに暮らしたいの こんな大きな空の下 一人だけで歩いてみたの 登りつめるとそこには 何が待ってるのかしら 分からないまま時はたち 日々は過ぎてゆくばかり  時がたてば 辛いことも苦しいことも 笑顔で話せる 一瞬一瞬をおもいっきり 大切に過ごしたい 忘れ去りゆく日々はきっと 心へと溶けてゆくわ  静かに見守る星たちに 願いを込めてみた 雲がまばらに広がる空を 胸におしあてて 自分に言い訳してない? ここで頑張るのも すべては自分のこころ できるよきっと  傷つくことを恐れずに 逃げてばかりじゃだめだってことを たくさんの出会いをくり返し 別れもあった 忘れ去りゆく日々はきっと あなたのもとへ届くわ  時がたてば辛いことも苦しいことも 笑顔で話せる 一瞬一瞬をおもいっきり 大切に過ごしたい 忘れ去りゆく日々はきっと 心へと溶けてゆくわ
髪の毛はくるくるパーマ金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃重実徹髪の毛はくるくるパーマ 元気な女の子なの まっ赤なサンダルはいて 風になるわ 鳥になるわ 雲になるわ 笑顔ふりまいて みんな幸せよ  すべてが自分のためにあるようでうれしいわ 空も飛べるくらいに元気にいきましょう  黄色の自転車に乗って 元気にお散歩するの 大きなサングラスかけて 花になるわ 空になるわ ハチになるわ 笑顔ふりまいて みんな幸せよ  坂道をスキップしながら 髪をなびかせて 両手にマラカスをもって シャカシャカ行きましょう  すべてが自分のためにあるようでうれしいわ 空も飛べるくらいに 元気に行きましょう
おばあちゃん金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃重実徹あなたは私にとって 大切な存在 小さい頃泣いてる私を だっこしてくれた 散歩が好きなんだと言って よく歩いてたね いつも笑顔で迎えてくれた 私のおばあちゃん いつの日か 一緒にドライブしようって 誓ったのに あなたはもうベッドの上 なんて顔してるの  人は生きてるんだって 初めて感じた 私はおばあちゃんに 元気をあげたかしら 元気をあげたかしら  あなたはみんなにとって 大切な存在 曲がった腰をさすりながら 野菜をくれる くしゃくしゃの笑顔をふりまいて あなたは言ったね 命は大切だよと 私のおばあちゃん 一粒の涙にこめられたものは 大きくて 遠い日々を思い出すように溢れた  人は生きてるんだって 初めて感じた 私はおばあちゃんに 元気をあげたかしら  人は生きてるんだって 初めて感じた 私はおばあちゃんに 元気をあげたかしら 元気をあげたかしら
青空に向かって金城綾乃金城綾乃金城綾乃金城綾乃重実徹青空に向かって叫ぼう みんなで一緒に叫ぼう この世に生まれてきたことを 誇りに思えるよに  この町は生きるために 力があふれてる 両手広げて空を見ていた ビルの合間から 太陽が差し込むその瞬間  青空に向かって叫ぼう みんなで一緒に叫ぼう この世に生まれてきたことを 誇りに思えるよに 手をとり生きてゆこう  それぞれの夢いだいて 速足で歩いているよ 両手広げて星を見ていた その指の先に 希望の光が 輝き始める  青空に向かって叫ぼう みんなで一緒に叫ぼう この世に生まれてきたことを 誇りに思えるよに  青空に向かって叫ぼう みんなで一緒に叫ぼう この世に生まれてきたことを 誇りに思えるよに 手をとり生きてゆこう
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. さよーならまたいつか!
  3. ライラック
  4. Masterplan
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×