山口隆作曲の歌詞一覧リスト  154曲中 1-154曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
154曲中 1-154曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ボクだけのものサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆キミの翼は消えてないよ その羽根にいま 生命と太陽 閉ざされた闇は終わって 取り戻すの 心はキミだけのもの  錆びついたものばかりみつめて ほんとうの心がみつめたいものが 姿を消してしまったの 取り戻せないと誰かがつぶやく僕らは 待ちわびた日 さがせるだろか キミのこと思い出すよ  誰かの祈りが つながっていまがあるなら 僕はいま 祈りをつなぐ キミに捧げるの  キミの翼は消えてないよ その羽根にいま 生命と太陽 閉ざされた闇は終わって 聴こえるだろ 心はキミだけのもの 信じることが苦しいのは 愛しさの意味知るからだよ 砕け散った夜だけど 聴こえたのさ 心は僕だけのもの  この部屋をノックしておくれよ どこまでも 悲しみが来ない夜の 歌を聴いて欲しいのさ こんなになくしてしまっても 僕らは 待ちわびた日 さがせるだろか キミのこと思い出すよ  誰かの祈りが もし未来をかえるなら いま僕は 未来ってやつを キミとみたいの  キミの翼は消えてないよ その羽根にいま 生命と太陽 疑う時は終わって 取り戻すの 心はキミだけのもの 寂しくて泣きくずれたのは ぬくもりの意味知るからだよ 砕け散った夜だけど 聴こえたのさ 心は僕だけのもの  キミの翼は消えてないよ その羽根にいま 生命と太陽 閉ざされた闇は終わって 聴こえるだろ 心はキミだけのもの はかなくゆれる生命だけど 未来をぬりかえてみたいの 砕け散った夜だけど 羽ばたけるさ 心は僕だけのもの
ヒューマニティ!サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆めざめて はじまる 新しくうまれて 走り出していく ヒューマニティ! 大声でキミの名前呼んで 歌い出していく  今までのこと全てが わかち合えてしまえるような 自分をとり戻す 旅に出たいの 明日にはこの気持ちが 消えちまう気がするから 自分でいま決めたのさ  でも時間はとまったまま だけどもいかなくちゃ 夢をみるの  だきしめたくなる しなやかに飛びこえて 走り出していく ヒューマニティ! ボクだけの予感を持って 動き出していく  それでも僕には 決めきれない夜さ 探してるはずなのに 待ちわびた奇跡を 鳴り響け祈りよ 思い出せない歌と かさなる想いが ボクのみちしるべになるだろう  とまどってるのさ まだ だけどもいかなくちゃ 夢をみるの  めざめて はじまるあざやかにきらめいて 新しくなる ヒューマニティ! 愛しさが動き出して 僕を照らす  ヒューマニティ! 僕の生命 ボクのことをせかしてるのさ ヒューマニティ! キミの生命 ボクに夢をみろと言ってるのさ
はじまっていく たかまっていくサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター誰にも開けられない扉を 開けろと言われている でもカギは探さないぜ 自分だけのやり方を探して 心のクサリを解き放つのを おそれてはいけないよ ドラマチックな物語を 超えちまうくらいの出来事が  キミを待ってるのさ ウソじゃないよ 今日だけは誰も キミに追いつけやしないのさ キミを止められやしないのさ  未来はいつも見えてるはず 意外なとこで出会えるはず 愛が走り出す はじまっていく たかまっていく 未来はキミを見つめるはず 光はここで出会えるはず 合図のベルが鳴る まさに今 僕を呼んでいるんだよ  誰かをおとしいれても キミは笑えと言われている そんな罠にはかからないぜ たどり着くべき美しい日々が  キミを探してるの 嘘じゃないよ 今日からは誰も キミに追いつけやしないのさ キミを止められやしないのさ  未来よ今を照らしてくれ 強い気持ちを僕におくれ 愛が走り出す はじまっていく たかまっていく 未来がキミを導くなら 痛みの過去は今終わるさ 合図のベルが鳴る 心が光りたがっているんだよ  ミライをみせてください 光ばかりあびたい オレ 胸いっぱいの期待 報われたいのに 虚しいくらいツライ騙し合い 痛いくらいふがいない もうヤダよ金輪際 きったはったばっかのかなしい朝 とんだお笑いぐさ でも思いはマジなんだ 鳴り響け合図 そこにかけてみたい キミを抱きしめたい そうさ 未来  呪いを解きにきた 呪いを解きにきた 呪いを解きにきた 呪いを解きにきた!  未来はいつも見えてるはず 意外なとこで出会えるはず 愛が走り出す はじまっていく たかまっていく 未来はキミを見つめるはず 光はここで出会えるはず 合図のベルが鳴る 未来が愛が走り出す はじまっていく たかまっていくんだよ
忘れないで 忘れないでサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆忘れないで 忘れないで 忘れないで 忘れないで 忘れないで 忘れないで キミがこの世からいなくならないでと ぼくが祈ってること おそれないで おそれないでおくれ キミの目の前を暗くするそいつを壊しにきた  底無しの闇を超えてきたんだね でももう苦しまなくていいんだよ  動き出せ愛よ キミの心にともす あかりは必ず届けるから どうか忘れないでおくれ キミよこの世からいなくならないで  それぞれの花に それぞれの意味さ 美しい意味さ  しんどくなったならば ラブソングを鳴らすのさ 優しくて美しいだろ それでも冷たい雨がキミのホホを濡らすなら 僕は勇気を出さなくちゃ  離さないで 離さないで 離さないで 離さないで 離さないで 離さないで たとえこの身が滅んでもかまわない キミへの想いを残すのさ 花が咲いて 花が咲いて いつか心のクサリが解けるだろう 待ちわびた日が来るだろう  どこまでも闇は追ってきたんだね でももう苦しまなくていいんだよ  動き出せ愛よ キミの心が望む 答えはさがしてみせるから どうか分かち合っておくれ キミよこの世からいなくならないで 人はいつしかけがれなきもの 遠ざけてしまうけど どうか忘れないでおくれ キミよこの世からいなくならないで  忘れないで 忘れないで 忘れないで 忘れないで
美しき人間の日々Ichiro Yamaguchi+Setsuya KurotakiIchiro Yamaguchi+Setsuya Kurotaki山口隆山口隆Setsuya Kurotaki過去をひもとけば いろんな事柄が あなたの前にもあったでしょうよ だけどもこの先は素晴らしい日々だけ残っているような そんな気がして  Hey それでも 本当の事は Hey それでも わからないの Hey それでも あなたの事だけは近くに感じていたいのよ  だから素敵なあなたよ 分かち合ってくれないか 美しき人間の日々 あなたよ 素晴らしいあなたよ 他に何を望むの 美しき人間の日々 美しき日々  昔の手紙を思い返しても そこには何もありませんよ 僕らが望むのは 後ろ向きなこの日々を 微かに変える そんな力  Ah それでも 本当の事は Hey それでも わからないの Hey それでも あなたの事だけは近くに感じていたいのよ  だから素敵なあなたよ 分かち合ってくれないか 美しき人間の日々 あなたと 素晴らしいあなたと 他に何を望むの 美しき人間の日々
世界をかえさせておくれよ打首獄門同好会打首獄門同好会山口隆山口隆世界をかえさせておくれよ そしたら君とキスがしたいんだ 世界をかえさせておくれよ そしたら君と夢が見たい 世界をかえさせておくれよ そしたら君とピアノにのぼって 世界をかえさせておくれよ そしたら君とキスがしたい  いつか君と約束したことが 僕は出来ずに今も生きてるの 街のポストに君あての手紙を書いて送れずにいる  僕がみつけた恋が こんなにも苦しいとは 意味なくボルテージだけ上がっていく  今夜はちょっと寂しい気分だよ 楽しい話聴きたいなベイビー 明日はきっと違う気分だから 今のうちにガンバリなよベイベー  毎日を美しくしたい 意味なく暴れてはっちゃけたい 僕を滅ぼす闇に美しく歌う 君を探しにいくよ  僕はくだらない毎日を変えて君とキスしたい!  世界をかえさせておくれよ そしたら君とキスがしたいんだ 世界をかえさせておくれよ そしたら君と夢が見たい 世界をかえさせておくれよ そしたら君とピアノにのぼって 世界をかえさせておくれよ そしたら君とキスがしたいんだよ  妄想恋愛男子 oh yeah! 妄想恋愛女子 oh yeah! 迷宮恋愛粉砕 oh yeah! 残酷現実 oh yeah! oh yeah!  今夜はずっと悲しい気分だよ 優しい声が聴きたいなベイビー この二時間の君の頑張りから 明日の恋が変わるかもベイビー  恋ならば今すぐにしたい 今年はなにかとはっちゃけたい 君を悩ます闇に明かりを灯して僕とここを抜け出そう  僕はくだらない毎日を変えて君とキスがしたい! 僕はくだらない毎日を変えて革命を起こしたい!  世界を変えさせておくれよ そしたら君とキスがしたいんだ 世界を変えさせておくれよ そしたら君と夢がみたい 世界を変えさせておくれよ そしたら君とりんごをかじって 世界を変えさせておくれよ そしたら君と夢が見たいんだよ
二人ぼっちの世界岡崎体育岡崎体育山口隆山口隆伊澤一葉・岡崎体育どこまでも離れないように 二人両手を合わせて 愛しさは弱い光 僕らはこの手で照らそう 僕ら二人 世界で二人だけ 涙は消えちまうのに あなたの面影は消えない 美しいあなたのために この世の罪を被りたいよ 二人ぼっちの世界  傷跡も癒えてないのに 君はその手をかざして 悲しみが響かないように 二人朝まで唄おう 世界の果てまで あなたと行きたい あなたが全てなのに 僕には何も出来ないんだぜ 言葉はキレイなのに 心は濁って行くだけ 二人ぼっちの世界  あなたと二人で答えを出したい 神様僕のために あの娘の傷を癒して欲しい 僕らは罪深い代わりに 全ての夜を許したいだけ  神様お願い僕とあの娘と 今夜世界のために 何とかして欲しいの 愛をくれ  二人ぼっちの世界
そのぬくもりに用がある奥田民生奥田民生山口隆山口隆すべてを握りしめて 僕はどこへ行く 君よ なぜに泣いているの 優しげな言葉はいつだって 胸の奥ではずっと光ってるんだぜ 声が聞こえたのは あの河のほとりの方 忘れはしないよ あなたとのぬくもりという名のケモノ道  涙流れて 愛が生まれる 愛が生まれて 五月雨になる  いつも僕らだけ いつも損してる いつも騙されてる そんな気がしていたの 僕はあなたの事を ずっと愛してるなら 僕はあなたの事を 失うわけはないだろう  すべてをなくした僕と すべてを許した君さ 今手に握ってるものは ぬくもりという名のケモノ道  涙流れて 愛が生まれる 愛が生まれて 五月雨になる
夜汽車でやってきたアイツ銀杏BOYZ みねたかずのV銀杏BOYZ みねたかずのV山口隆山口隆午前8時のため息は 冷えたコーヒーとともに在(あ)って 「アイツ」という名前の幻は 今頃はもう新しい暮らしへ 俺達は 誰に後ろめたいことをしてきたわけではないよ 俺達は イタリアの映画みたいに分かち合ってたんだ  このまま部屋の明かりは薄(うす)めないでおくれ 朝日よ 振り返り懐かしむような日々なら捨ててやる それでも微笑みかける顔ならいつだって覚えてるんだ 夜霧に消えてった それでもアイツのトレンチコート姿なら 忘れてないよ 夜汽車でやってきたアイツ  本当のことは 本当の優しさとか愛しさとか悲しみとか 誰かが持って行ったのか 俺達は 誰に後ろめたいことをしてきたわけではないよ 俺達は イタリアの映画みたいに愛し合ってたんだ  このまま僕の涙は忘れないでおくれ くり返し涙するような夜なら捨ててやる それでも微笑みかける顔ならいつだって覚えてるんだ 夜霧に消えてった それでもアイツのトレンチコート姿なら忘れてないよ 夜汽車でやってきたアイツ
ロックンロール イズ ノットデッドSUPER BEAVERSUPER BEAVER山口隆山口隆誰にも言えない孤独だとか 君の不安を終わらせに来た 君が生きるなら僕も生きるよ ロックンロール イズ ノットデッド  どれだけの悲しみがあったのか 今僕に話してくれないか 心の中にかくれた本当の君に逢いたい 震えるほどの夜をこえて 昨日のさびしさにさよならを 本当の君が今世界で 一番の光を放つんだよ  何度だって立ち上がるんだよ 君よもう悲しまないでくれ 強く願って明日を変えたい ロックンロール イズ ノットデッド 誰にも言えない孤独だとか 君の不安を終わらせに来た 君が生きるなら僕も生きるよ ロックンロール イズ くたばるものか ロックンロール イズ ノット ノット デッド  苦しみも喜びと同じく 分かち合えるそんな日が来るだろうか 心の中にかくれた本当の僕よ目覚めろよ 言葉にできないあのキズに 決着をつけるため強くなろう 本当の僕よ今世界で 一番の光を放っておくれ  生きてみたいから生きてみたい 死んで花実など咲くものかよ 強く願って明日を変えたい ロックンロール イズ ノットデッド 全て終わるまで息をしたい 君の名前を最後に呼びたい 君の全てなら僕が歌うよ ロックンロール イズ くたばるものか ロックンロール イズ ノット ノット デッド  君の不安を終わらせに来た  いつだってこの世界には 光と闇があるだろ? ケチなさだめの僕にだって 光が降り注ぐってのかい? さだめに逆らう旅に出て さびしさつのる夜を過ごす それでもあなたを思わせてくれ 涙のワケが毎日をかえるよ  ロックンロール イズ ノットデッド  何度だって立ち上がるんだよ 君よもう悲しまないでくれ 強く願って明日を変えたい ロックンロール イズ ノットデッド 誰にも言えない孤独だとか 君の不安を終わらせに来た 君が生きるなら僕も生きるよ ロックンロール イズ くたばるものか ロックンロール イズ ノットデッド!  何度だって立ち上がるんだよ 君の不安を終わらせに来た
さよならベイビー10-FEET10-FEET山口隆山口隆愛しても愛しても 消えますよ 消えますよ だけども僕はあなたの事 愛さずにはいられないの 今この胸に流れてる 恐るべきケチな宿命(さだめ)  さよならべイビー 懐かしい思い出よ さよならべイビー 美しいあなたよ さよならべイビー 誇るべき昨日よ さよならべイビー さよならべイビー  信じても信じても 無くなりますよ 無くなりますよ だけども僕はあなたの事 信じずにはいられないの 今この胸に流れてる 恐るべきケチな宿命(さだめ)  さよならべイビー 懐かしい思い出よ さよならべイビー 美しいあなたよ さよならべイビー 苦笑いの日々よ さよならべイビー さよならべイビー  さよならべイビー 懐かしい思い出よ さよならべイビー 美しいあなたよ さよならベイビー 悲しみに暮れた日々にさよならだぜ
できっこないを やらなくちゃBiSHBiSH山口隆山口隆SCRAMBLESあきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も 今世界に一つだけの強い力をみたよ  どんなに打ちのめされたって 悲しみに心を任せちゃだめだよ 君は今逃げたいっていうけど それが本音なのかい? 僕にはそうは思えないよ  何も実らなかったなんて悲しい言葉だよ 心を少しでも不安にさせちゃだめさ 灯りをともそう  あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も 今世界に一つだけの強い力をみたよ 君ならできない事だって 出来るんだ本当さウソじゃないよ 今世界にひとつだけの強い光をみたよ アイワナビーア君の全て!  やはり自分じゃだめかなんて無駄な言葉だよ 心を少しでも不安にさせちゃだめさ 灯りをともそう  あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も 今世界にひとつだけの強い力をみたよ 君なら出来ないことだって出来るんだホントさ嘘じゃないよ 今世界にひとつだけの強い光をみたよ アイワナビーア君の全て!
世界はそれを愛と呼ぶんだぜFear, and Loathing in Las VegasFear, and Loathing in Las Vegas山口隆山口隆涙の中にかすかな 灯りがともったら 君の目の前で あたためてた事話すのさ それでも僕等の声が 乾いてゆくだけなら 朝が来るまで せめて誰かと歌いたいんだ  昨日のあなたが 偽だと言うなら 昨日の景色を 捨てちまうだけだ  新しい日々をつなぐのは 新しい君と僕なのさ 僕等なぜか確かめ合う 世界じゃそれを愛と呼ぶんだぜ 心の声をつなぐのが これ程怖いモノだとは 君と僕が声を合わす 今までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだ  僕等はいずれ誰かを疑っちまうから せめて今だけ 美しい歌を歌うのさ 悲しい言葉では 何も変わらないんだぜ 奴らが何をしたっていうんだ  昨日のあなたが 裏切りの人なら 昨日の景色を 忘れちまうだけだ  新しい日々を変えるのは いじらしい程の愛なのさ 僕等それを確かめ合う 世界じゃそれも愛と呼ぶんだぜ 心の声をつなぐのが これ程怖いモノだとは 僕等なぜか声を合わす 今までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだぜ  愛と平和!悲しみで花が咲くものか!  新しい日々の僕達は 高なる予感がしてるのさ 君と僕が夢を叫ぶ 世界はそれを待っているんだぜ あなたのために歌うのが これ程怖いモノだとは だけど僕等確かめ合う 今までの過去なんてなかったかのように 悲しみの夜なんてなかったかのように歌いだすんだぜ
ラブソングMy Hair is BadMy Hair is Bad山口隆山口隆いつまでも続いてゆくと 僕はずっと思ってたんだよ あの日君がキレイすぎるわけを 僕は何も知らなかった  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う どこに行くんだよ 僕は何もできなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  僕はカラッポになってしまって ぬけがらみたいになったよ 美しすぎた君の姿を 僕は今日も想ってしまうんだ  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う そんなサダメなら聞きたくはなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 声が聞きたいよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は君と僕とのメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  今夜も君の姿 探してしまうよ 想い出の手紙を 捨てられずいるよ もう声は君には届かない 奇跡がおきるなら もう一度 もう一度だけ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々を忘れることなんてできずに だけどそいつが僕のカラッポを埋めてくんだよ
青春狂騒曲MONGOL800MONGOL800山口隆山口隆ひからびた言葉をつないで それでも僕等シンプルな 想いを伝えたいだけなの 吹き抜けるくすんだあの日の風は 昨日の廃墟に打ち捨てて 君と笑う 今を生きるのだ  それでもあの出来事が君を苦しめるだろ? だからこそサヨナラなんだ  このまま何も残らずに あなたと分かち合うだけ やがて僕等は それが全てだと気がついて 悲しみは頬を伝って 涙の河になるだけ 揺れる想いは強い渦になって 溶け合うのよ  いらだちとか 少し位の孤独だとかは 一体それが僕等にとって何だってんだろ? 今はドラマの中じゃないんだぜ 「ねぇ、どうだい?」 その声に僕等振り返っても誰もいないだろ? だからこそ僕等 高らかに叫ぶのだ  それでも僕等の声はどこにも届かないだろ? だからこそサヨナラなんだ  そしてまた時は流れて あなたと分かち合うだけ やがて僕等は それが全てだと気がついて 悲しみは頬を伝って ひとすじの詩になるだけ 揺れる想いは強い渦になって 溶け合うのよ  このまま何も残らずに あなたと分かち合うだけ そしてあなたは 今が全てだと気がついて 悲しみは頬を伝って 涙の河になるだけ そして僕等は淡い海になって 溶け合うのよ
光のロックヤバイTシャツ屋さんヤバイTシャツ屋さん山口隆山口隆かけちがえたボタンだけ外しても 僕等は何にも変わらないだろ? 僕等はずっとここで夢だけを見て 何もしないほどドジじゃないのさ  今まで無くしたものと これから君が見るもの すべて取りかえたならば 変われるのかな 変われるのかな  今まで君が泣いた事 はにかんだ言葉で話してよ 真っ黒な心の闇をぬぐい去ってく いつかの僕は捨てたいの あなたの事抱きしめてたいの 欲望はこの静脈を 流れ出していく  砂漠の中で夢だけ見ていても 奴等のズルさは見抜けないだろ? 僕等はずっとここで涙を流し 自分を責める程弱かないのさ  今まで君が聞いたもの 思い出のあの歌なんかを 朝まで歌えたならば 許せるのかな 許せるのかな  今から僕は歌うから かじかんだ心は溶かしてよ 真っ黒な震える夜は ぬぐい去ってく 僕等の夜は汚れたら 誰の事も信じられないの 欲望はこの静寂を破り出して行く  少年少女!! 青春爆走!! 君の事だけ考えさせておくれ!  今まで君が泣いた事 はにかんだ言葉で話してよ 真っ黒な心の闇を白に染めてく いつかは死ぬと決まっても あなたの事忘れられないの 欲望がこの静脈を崩れ落ちていく  崩れ落ちていく 涙を流す 朝まで踊る 恋をしていく
花束サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆この花束を あなたに贈りたいんだ この花束 あなたに贈りたいんだ アカシア ラベンダーそう、恋が生まれるほど 花言葉なんて 今は気にしちゃダメなのさ  ボクたちは たくさんのさびしさ悲しさを 抱きしめたけど 今日から変わるの  この花束を 今すぐ届けたいんだ この花束 今すぐ届けたいんだ アスファルトの固さを つき破りだして のびてく草木のように 強い君だったはずさ  ボクたちは たくさんの捨てちまいたい 夜を数えたけれど 今日から変わるの  信じてんぜ君を だからあなたに贈りたいんだ 花束 花束 いろんな色の くよくよするなよ そう昔から気づいてた あなたは あなたは ぬくもり取り戻せる人  今あらたな 想いがうまれそうさ 今あらたな 想いがうまれそうなのさ 気づかずに過ごしてきたのさ 今まで まだ間に合うだろうか いやきっと間に合うはずさ  ボクたちは たくさんのさびしさ悲しさを 抱きしめたけど 今日から変わるの  信じてんぜ君を だからあかしに贈りたいんだ 花束 花束 いろんな色の くよくよするなよ そう昔から気づいてた あなたは あなたは 愛しさ抱きしめる人  あなたは花束 さびしさにさよなら 大丈夫なんだから  この世には たくさんのさびしさ悲しさが あふれてるけど それでも生きようよ  信じてんぜ君を だからあなたに贈りたいんだ 花束 花束 いろんな色の くよくよするなよ そう昔から気づいてた あなたは あなたは ぬくもり取り戻せる人  信じてんぜ君を そう昔から気づいてた あなたは あなたは 花のように咲きほこる人  あなたが花束
ラブソングオーイシマサヨシオーイシマサヨシ山口隆山口隆大石昌良・岸田勇気いつまでも続いてゆくと 僕はずっと思ってたんだよ あの日君がキレイすぎるわけを 僕は何も知らなかった  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う どこに行くんだよ 僕は何もできなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  僕はカラッポになってしまって ぬけがらみたいになったよ 美しすぎた君の姿を 僕は今日も想ってしまうんだ  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う そんなサダメなら聞きたくはなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 声が聞きたいよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は君と僕とのメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  今夜も君の姿 探してしまうよ 想い出の手紙を 捨てられずいるよ もう声は君には届かない 奇跡がおきるなら もう一度 もう一度だけ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々を忘れることなんてできずに  だけどそいつが僕のカラッポを埋めてくんだよ
輝きだして走ってくGOLD LYLICサンボマスターGOLD LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターもしもキミが 心の中の 悲しみだとか 痛みを抱えきれなくなって 自分自身を今 見失いそうになっても  忘れないで この世には 痛みと悲しみを 歯をくいしばって 抱きしめるキミにだけ 起こせる 奇跡があるってことを  ついにその時が来たんだよ 心臓の音が合図だろ? 誰のマネもしなくていいの キミだけの花よ咲け  負けないでキミの心 輝いていて 大丈夫 乗り越えられる くじけないで笑っておくれ 胸張っていけ キミこそ 僕の奇跡なんだから  間違えんなよ 終わりの景色だとか 時間は止まらないって 悲しいサダメと言うけど 終わらないよ 一瞬が過ぎてくだけ ほら次の瞬間だぜ だから簡単に終わらせんなよ  負けないでキミの心 輝いていて 大丈夫 と声が聴こえる キミ自身をまもっておくれ 自分を責めないで キミこそ 待ち望んだ人だから  悲しい魔法を僕らかけられても 自由になれるさ 必ず  負けないで 負けないで 負けないでキミの心 輝いていて 大丈夫 乗り越えられる くじけないで笑っておくれ 胸張っていけ キミこそ 僕の奇跡なんだから  もしもキミが 心の中の 悲しみだとか 痛みを抱えきれなくなって 自分自身を今 見失いそうになっても
ラブソングテレサ・ワーグナー(石見舞菜香)テレサ・ワーグナー(石見舞菜香)山口隆山口隆大石昌良・岸田勇気いつまでも続いてゆくと 僕はずっと思ってたんだよ あの日君がキレイすぎるわけを 僕は何も知らなかった  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う どこに行くんだよ 僕は何もできなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  僕はカラッポになってしまって ぬけがらみたいになったよ 美しすぎた君の姿を 僕は今日も想ってしまうんだ  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う そんなサダメなら聞きたくはなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 声が聞きたいよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は君と僕とのメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  今夜も君の姿 探してしまうよ 想い出の手紙を 捨てられずいるよ もう声は君には届かない 奇跡がおきるなら もう一度 もう一度だけ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々を忘れることなんてできずに  だけどそいつが僕のカラッポを埋めてくんだよ
ラブソングFUKIFUKI山口隆山口隆いつまでも続いてゆくと 僕はずっと思ってたんだよ あの日君がキレイすぎるわけを 僕は何も知らなかった  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う どこに行くんだよ 僕は何もできなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  僕はカラッポになってしまって ぬけがらみたいになったよ 美しすぎた君の姿を 僕は今日も想ってしまうんだ  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う そんなサダメなら聞きたくはなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 声が聞きたいよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は君と僕とのメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  今夜も君の姿 探してしまうよ 想い出の手紙を 捨てられずいるよ もう声は君には届かない 奇跡がおきるなら もう一度 もう一度だけ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々を忘れることなんてできずに  だけどそいつが僕のカラッポを埋めてくんだよ
YESサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター必ず生きておくれ 季節がまた巡ってきても 必ず生きておくれ 明日も今日も君に捧ぐ  消えてしまいたいと言わないで 始まったばかりのキミだから はかなくってもかまわないんだよ この窓蹴り割って飛び出すのさ  丸め込まれんなよ 死ぬな BOYS & GIRLS 胸張って生きろよ 虚しさに殺される前に  Yes! つかめ つかめ つかめ つかめ 届け 叫べ 踊れ キミよ幸せになれ 誰にも邪魔させやしない Yes! 届け 届け 届け ためらうなよ キミの幸せ とてもドキドキしてる 激しいラブレターをキミに  どこにも壁はないはずだろう? だけども僕ら苦しむの キミに幸せになって欲しいんだ まやかしの言葉かき消すのさ  この暗い時代でも恋せよ BOYS & GIRLS 風切って生きろよ 寂しさに殺される前に  Yes! つかめ つかめ つかめ つかめ 届け 叫べ 踊れ キミよ幸せになれ 誰にも邪魔させやしない Yes! 届け 届け 届け 逃げてたのは昨日まで やっちまえ 今やっちまえ 激しいラブレターをキミに  「いつまでこのままなの?」 悲しい声が聞こえてきます 戸惑う夜ばかりでも 僕はキミに語りかける  届け 届け 届け 届け 届け 届け 届け Yes! つかめ つかめ つかめ つかめ 届け 叫べ 踊れ キミよ幸せになれ 誰にも邪魔させやしない  Yes! 届け 届け 届け ためらうなよ キミの幸せ とてもドキドキしてる 誰にも邪魔させやしない  Yes! つかめ つかめ つかめ 苦しんでも幸せになれ 誰にも邪魔させない 激しいラブレターをキミに  Yes! つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ 届け 届け 叫べ 踊れ 叫べ 踊れ 激しいラブレターをキミに  つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ つかめ 誰にも邪魔させやしないさ
Sad Town, Hot Loveサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターもしかして聞こえてるの? この街の奏でる寂しいメロディ 無慈悲なことがあると この街は歌うよ とてもひそやかに もう誰も悲しまぬよに  未来に小切手をきって 苦しみは今だけで終わりますようにと 祈っている人のことを 街のあかりは なぜ照らさないの?  愛がキミを護りますように  声の限り 叫びたい 言葉にできないくらい キミを愛してるの キミの全てが知りたい 言葉にできないくらい キミを愛してるの  いつだってウソがあふれて この街は鳴らすよ 寂しいメロディ 誰が奏でてるのか 僕らの罪を洗いながしておくれ  愛が夜をみつめてるよ  声の限り 叫びたい 言葉にできないくらい キミを愛してるの キミの秘密が知りたい 言葉にできないくらい キミを愛してるの  歌ってくれ 誰もが 涙ふきおわるまで 愛がキミと 寄り添いたがっているよ  声の限り 叫びたい 言葉にできないくらい キミを愛してるの キミの全てが知りたい 言葉にできないくらい キミを愛してるの 祈りを集めて 言葉にできないくらい キミを愛してるの 愛を続けなくちゃ 言葉にできないくらい キミを愛してるの
ババンバンっと うまれかわりたいサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター聞いたろ あの夜のこと 一人ぼっちでいたんだよ こんなに夜が長いならば 全部嘘だろ?って みんなに叫びたい Step out ダンスミュージック 踊ってばっかじゃ変わらねぇって 言ってるヤツにはケリ入れろ 生命かけるほど踊ってやんぜ  ババンバン ババンバンっと うまれかわりたい 邪魔すんなよ 生きてること ババンバン ババンバンっと うまれかわりたい 邪魔すんなよ 生きてること  居たよ 意味のない居場所に すっかりダマされてたんだよ  今なんてさ うしなってばっかで 感じなく 成り果てた トビラはまだ開けてないから こじあけな 今こじあけんだぜ  スメルズ ライク ア VIVA 童貞 ロックをむずかしく話してる評論家さんに言ってやれ オレの方がレコード持ってんぜ!  ババンバン ババンバンっと うまれかわりたい 邪魔すんなよ 生きてること ババンバン ババンバンっと うまれかわりたい 邪魔すんなよ 生きてること  ムカついてる ムカついてる ムカついてる! でも愛したいし 愛されてみたいよ!  トラウマ デストロイ バンドは政治に口だすなって でも投票行きたいぜ 差別と貧困なくしちまいたい  ババンバン ババンバンっと うまれかわりたい 邪魔すんなよ 生きてること ババンバン ババンバンっと うまれかわりたい 邪魔すんなよ 生きてること
このラブソングはパンクナンバーサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター鎖につながれても 気づかないほど こんなはずじゃなかったと くり返したろ? キミと僕はそれでも何度でも 深い深い苦しみ 乗り越えてきたんだぜ  完全なモノ探すのは僕らはもうヤメだ こんなになった僕にいつか奇跡はおこせるか  このラブソングはパンクナンバー ラブソングはパンクナンバー  鳴り響け イノチを輝かせたいよ 咲き誇れ 夢敗れたって 冷たい心は要らないよ 苦しみが深くなる そんな僕らが今 何かにつまづいて 明日が要らぬと言うなら このラブソングはパンクナンバー 誓うよキミに歌う 全てを  新しい痛みなら そのままにして 取り戻したい夜を 探しに行くんだぜ  「このまんまさと」ニヤついたヤツが笑っている 「その通りさ」とウソつくのは 僕らはもうヤメさ  このラブソングはパンクナンバー ラブソングはパンクナンバー  鳴り響け イノチを輝かせたいよ 咲き誇れ 声が枯れたって 冷たい言葉は暗い井戸 苦しみが深くなる そんな僕らが今 何かにつまづいて 答えが欲しいと言うなら このラブソングはパンクナンバー 誓うよ キミのために全てを  このラブソングはパンクナンバー ラブソングはパンクナンバー  鳴り響け イノチを輝かせたいよ 咲き誇れ 夢敗れたって 冷たい心は要らないよ 苦しみが深くなる そんな僕らに今 何かが始まって それを運命と呼ぶなら このラブソングはパンクナンバー 誓うよキミに歌う 全てを
反撃の時間はじめサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターWanna take it down Funk! You shut out funk up! I disagree!  ヘイミスター アンタ「世界が終わる」とか言って どこに消えちまった? 犯罪は今日もどこかで続いてるぜ? でも世界は終わんね one of them のオレ 十把一絡げ でもくらべんな オレのことほっとけ 自分のスタイル 新しくしたい 命令すんじゃねぇ オレの主人はずっとずっとオレ  感情は爆発! ずっと怒りのメーター上がりっぱなしの世界 貧困 差別 犯罪 なのにメーターは無力 そしてクソみてぇな自分 ミスター 俺 終わりたかねぇぜ? さげすみたかねぇし さげすまれたかねぇぜ? ディドンディドンとカネの音が鳴る タイムリミットまでにやってやる  かかってこいよ かかってこい!  反撃の時間はじめ 隠してた翼 むきだしでかまわない ふさがれた目こじ開けて 今すぐ始めるんだ 俺が強く信じてること  禁断の果実食べてしまってみんな おかしくなっちまったって 反対側にいる俺 食べたこたぁねぇぜ! お目にかかりたいくらい one of them のオレ みんな寂しげ でもその場でたたずんで歯を食いしばってる ディドンディドンとカネの音が鳴る 最後のチャンス マジでやってやる  かかってこいよ かかってこい!  反撃の時間はじめ 隠すなよ翼 見られてもかまわない 縛られた手こじ開けて 断絶をなくすんだ オレが自由を無くさないように  ダマして生きるヤツ 受けるぜそれは罰 魂イン Da ハウス 爆発させんぜカオス! 上がってけ 上がってけ 上がってけ 上がってけ!  反撃の時間はじめ 信じなよ翼 広げて飛び立て 放たれた魂で 悲しみ捨てちまえ 無理やりキメちまえ 混乱させられて 粉々にされた 俺をとり戻せ I just want to love again 愛しておくれ 愛させておくれよ Peace!
ワルになりたいサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今宵この夜 アナタに何もできないよ 悲しいほど 僕は弱く 祈りもカネにかえられた ならば奴らよりワルになる  あなたのために全てを賭ける それができたなら 奴らからキミの祈り取り戻す ワルになれたなら  Wanna be evil 誰の目にもそう僕らは見捨てられて でも僕 奴らのこと許してないよ 奴らより強いワルになりたい  あなたのために全てを賭ける それができたなら 奴らからキミの祈り取り戻す ワルになれたなら あなたのために荒野を駆ける それができたなら キミのかわりに奴らを叩く ワルになれたなら  クレイジーフォーユー 目がくらむほど 僕はまた 無力にされ なのにキツく あなたのこと抱きしめたいんだぜ くたばれ僕  あなたの瞳だけを 信じれる それができたならベイビー 誰よりも悪くなれる気がする それができたならベイビー 奴らが取り非道く夜をゆがめても キミに叫べたら ベイビー奴らからキミのこと盗みだす ワルになれたなら  Lady Lady Lady Lady 教えておくれ むさぼるチカラだけがなぜ光る? そう 祈りも盗まれてしまって だからそう 僕 ワルになりたいよ  あなたと確かなもの 待ちわびる それができたなら 奴らのたくらみ消せる気がする それができたなら ベイビー ワルになる 全てを喰いつくす 真暗闇だから この夜よいつか歌に変われ 讃美歌のように強く
ハートコアパンクサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター心を捨てて 生きるには 深い傷 負いすぎた 僕には何にも無いけれど 未来だけはあるはずだろう  どこまで行けば良いのかも わからない わからない 溶けていくのが怖いから 感じられる 痛みが欲しい  痛めよ 痛めよ 胸の鼓動まで 立ち向かえ 立ち向かえ ハートコアパンク  キミと生きる奇跡が欲しい 目覚めろ生命 いつかこの身体がちぎれても あぁ 愛してる たとえ望みが断たれても ハートは夢を見る  ハートコアパンク  ツラすぎる夜なら 見失う方が マシだよきっと マシだよきっと さよならだよ ウソの場所には とどまれない とどまれない  僕を忘れないで ここで生きていたんだ キミを忘れないぜ ここで息をしたんだ  重ねたその手離して良い時は ぬくもりより強くキミを想えた時だけ 時間はとまんねぇ 生命はとまんねぇ ハートコアパンク  キミと生きる奇跡が欲しい 目覚めろ生命 いつかこの身体がちぎれても あぁ愛してる たとえ望みが断たれても ハートは夢をみる  忘れないで 愛している この世には涙のワケがある 死なないで 生きておくれ いつまでもハートは夢を見る  ハートコアパンク ハートコアパンク ハートコアパンク
いのちは暴動サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター乾ききった心のまま 先を急ぐわけにゃいかないぜ うずくまってた思いを取り戻す旅に出たいんだ  新しい痛みを叩く 気持ちのスピードを上げるんだ しばりつけた古いモノ つむじ風で飛ばしさよならさ  外は月夜と僕 ガランと一人ぼっち だからこそ記念日にするときめたんだ  愛しておくれ いのちは暴動 膨らむ思いは絶対値 心の闇には手を貸すなよ わかってんだよ わかってんだよ 僕らの道はいばら道 それでも向かうの決めたんだもの  砕け散った心のまま キミに会うわけにはいかないぜ しがみついてたオモリを 取り除く夜を過ごすんだ  夢はいつも遠く 路地で孤独 いつも通り だからこそ記念日にするときめたんだ  愛しておくれ 生命は暴動 自由に生きさせて SET ME FREE まだ見ぬ自分を待ちわびてるの 祈ってんだよ 祈ってんだよ 僕らの生命は蜃気楼 それでも生きると 決めたんだもの 蜃気楼でもかまわないんだよ なぜなら生きると 決めたんだもの
Never stop Your danceサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター政治家も金持ちもからまない夢を見てもかまわないだろ? 例えば街をフラついたあとライブハウスで踊ってみたり 心の壁紙を変えても怖いものはまた出てくるんだろ? 同時進行の世界地図のみんなはどんな感じだろ  心を縛られて 石ころになって でもこんなハズじゃないから I will rise 動き出す  Never stop Your dance そう 立ち向かうんだよ この指とまれよ希望 待ってたんだキミを 悪魔なんて消えちまう 魔法の踊りを教えて 変われよ この世界よ 未来を探してんだよ 捨てちまいたい夜も 今日で全てが変わる 立ち向かおう 踊れ Never stop Your dance through the night  乗り換えの駅を探す途中で僕は突然気がついたよ ウソまみれの毎日を飲み込んで暮らすなんてできないこと 着飾れば着飾るほどそれは本当の自分を汚しているよ 同時進行の世界地図のみんなはどんな気持ちだろ?  自分の手のひらまで 裏切り続けて でもこんなはずじゃないから Stomp your feet 踏み鳴らせ  Never stop your dance そう 立ち向かうんだよ 騒ぎを起こす時は来たよ 待ってたんだキミを ゆううつなんてぶちのめす 魔法の踊りを教えて たたかい出せよ僕よ 準備なんていらないんだよ 暗闇が続くから 毎日を変えるのさ 立ち向かおう 踊れ Never stop Your dance through the night  今日を限りにして 這いつくばるのは 封印するのさ 本当のこと知りたい  Never stop Your dance そう 立ち向かうんだよ この指とまれよ希望 待ってたんだキミを 悪魔なんて消えちまう 魔法の踊りを教えて 変われよ この世界よ 本当に夢見てんだよ 新しい夜は もうはじまってんのさ Step をさぁ!キメろ Never stop Your dance through the night
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Stand by me & youサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター助けてくれ ミュージック 夕方にはもう苦しい 返して欲しい 僕の愛した意味 テレビのそのニュース 自由は消えてます トゥエンティービリオンエイジアン ガットトゥビーフリー  朝までキミの目を見つめたいの いつまでもその腕をつかんで離さない 頭で考えてもわからないよ 音楽をとめないでくれ 寂しさを消したい  探して 探して 生命を知る 探して 探して 夢を見る どうかそう生きておくれ 必ずまた逢おうぜ 探して 探して 生きる理由 探して 探して 生命の理由 心がざわついたなら 生命を鳴り響かそうぜ  ヘイブラザー 俺たちきっと 救われるよな? 報われるよな? 一緒に良くなっていこうぜ それが朝陽でも暗闇でも寂しさを消したい  探して 探して 生命を知る 探して 探して 夢を見る どうかそう生きておくれ 必ずまた逢いたい 探して 探して 生きる理由 探して 探して 生命の理由 この音終わらせないで  助けてくれ ミュージック 夕方にはもう苦しい 愛してるって言葉を待っている テレビのそのニュース 真実は消えてます トゥエンティービリオンエイジアン ガットトゥビーフリー  おぉ怖くてたまらない おぉでも生きたくてたまらない おぉ怖くてたまらない おぉでも生きたくてたまらない おぉ怖くてたまらない おぉでも生きたくてたまらない おぉ怖くてたまらない おぉでも生きたくてたまらない  Stand by me Stand by me Stand by me Stand by me Stand by me Stand by me Stand by me please  I need フィロソフィー I've got to be free ブラザー move on up please Yes be real for me  Stand by me Stand by me Stand by me プリーズ! Stand by me please & move on up please  そばにいて欲しい 救われて欲しい 報われて欲しいよ & be real for me  探して 探して 生命を知る 探して 探して 夢を見る どうかそう生きておくれ 必ずまた逢おうぜ 探して 探して 生命の地図 探して 探して 生きる地図 心がざわついたなら 生命を鳴り響かそうぜ 生きる理由 I've got to be free 生命の地図 生命の地図  おぉ怖くてたまらない おぉでも生きたくてたまらない おぉ怖くてたまらない おぉでも生きたくてたまらない おぉでも生きたくてたまらない おぉでも生きたくてたまらない おぉでも生きたくてたまらない おぉでも生きたくてたまらない
オレたちのすすむ道を悲しみで閉ざさないでサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター神様 僕はどうにかなっちまいそうさ wannabe free&ラブ&ピース ホントの事だけ知りたいエロモンキー ギンギンになったこの目玉 一日経って悲しいまま 今日も誰か悲しんでらぁ こんな世の中に誰がした  こころ残りの出来事はガムを踏んだ時みたい 笑いとばしてくれたキミに全てを捧げたい  オレたちのすすむ道を悲しみで閉ざさないで 涙ひとしずくだけ強くなってみたい ビューティフル&ビーユアセルフ キミのそのまんまが好きさ 誰もキミの魂は支配できないもの  一瞬と永遠の間にはきっと神様がいて ビーユアセルフ 自分探せってこんな僕にも呼びかける 死んでしまった友がいた 奴の為にもたたかいだ 空の上では笑ってらぁ こんな世の中に誰がした  心残りの出来事はガムを踏んだ時みたい 笑いとばしてくれたキミに全てを捧げたい  オレたちの見つけた場所 こなごなに壊さないで 涙あふれるまでキミを想っていたい ビューティフル&ビーユアセルフ もう悲しまなくていいのさ 誰もキミの魂は売り飛ばせないもの  オレたちの生きる日々を悲しみで閉ざさないで 愛を生命ふるわせ感じてみたいよぉ! ベイビ You so ビューティフル キミの全てが好きさ 誰も暗闇にのみこまれちゃいけない  オレたちを照らせ光 オレたちを照らせ光 輝かせて!  このカラッポの世界でキミがきっと報われるように 涙ひとしずくだけ世界をかえたい ドンチューウォリー Love the thing もう不安がらなくても 誰もキミの魂に触れさせやしないよ
アノ娘と夢をみるのサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターこの世の果てまでも 逃げまくろうぜ クソな日々から 新しい朝は こんなトコに来るはずないから  ねぇ 信じて もらえるかな はかなくなってしまった未来 アノ娘がぬりかえること  アノ娘と夢をみるの この世が音をたてて かわっていく 心がつながるの トビラをノックして 震えた夜 笑われた夜 今ぬりかえてく 新しい強ささ 手に入れたのさ  感じたまま生きて 振り向かないなどできるだろうか そうさ怖いけど でも行きたいんだガマンはできぬ  ねぇ ここで 誓っていいかな はかなくなってしまった過去 アノ娘と今ぬりかえるよ  アノ娘と夢をみるの かなしみよ音たてて 消えてしまえ! 想いは膨らむの 神様恋させて 繰り返す夜 寂しい夜 今ぬりかえてく 新しい強ささ 手に入れたのさ  ここから始まるの  新しい強さだよ アノ娘と夢を見て ぬりかえてく 全てはつながるの この世が音たてて かわっていく 初めての気持ちさ ホントの事だけを 見つめてたい 神様 夢を見させて 未来と過去が今 ぬりかわるのさ 美しい強さ 新しい強さ I have a dream about you
時間をとめるラブソングサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターキミの事をさがしに来たよ どれだけ深く愛せるだろう 鳴り響け 鳴り響け 時間も止めちまうほどのラブソング  求めるだけじゃない想いで 深くやりとりさせておくれ 鳴り響け 時も超えて 時間も止めちまうほど ラブソング  I want you I want you(アイウォンチュー アイウォンチュー) 誰もが目をそむけて キミのことさびしさでいっぱいにしたろ? 誰にもこれ以上 そんな事はさせないから 僕に少しだけ笑ってくれよ  言葉なんて もう気に病まないでおくれ キミの心がそれで殺されるなんて それじゃ悲しすぎるよ  どれだけキミを愛せるだろう キミの傷に寄り添えるだろう 鳴り響け 鳴り響け 時間もとめちまうほどラブソング 恐れないこと誓えたなら キミを強く守れるだろか 鳴り響け 時も超えて 時間も止めちまうほどラブソング  さびしさの種を 植えつけられてから 街中が失ったものばかり追いかけて キミがもしもそうなら 僕こそそんなヤツさ だからこそ終わらないで ラブソングよ!  答えなんてもう探さないでおくれ 冷たい答えだけが横たわるなんて それじゃ悲しすぎるよ  キミの事を探しに来たよ どれだけ深く愛せるだろう 鳴り響け 鳴り響け 時間もとめちまうほどラブソング ラブソングはまぶしく響き 世界の虚しさ消してゆくよ 終わらないよ 終わらないよ 時間もとめちまうほどラブソング  ベイビーアイウォンチュー! アイラブユー! パンクロック オン マイマインド!  終わらせないよ 時間もとめちまうほどのラブソング
可能性PLATINA LYLICサンボマスターPLATINA LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター僕らは輝ける時を待っていて 思いもかけなかったチャンスをつかもうとしてる  新しく始めるよ僕は こころには明かりをともす 弱い自分 それは昔ばなし そんな そんな 自分を探してるの  ダメじゃないよ僕たち 終わらせんな 可能性 誰かに笑われたって かまわないんだよ もっと もっと 強く思ってやる  つかまえて明日を 今がそう そのとき 誰かに決めつけられても かまわないんだよ もっと もっと 夢を見続ける  あぁ 希望とは はかないもの だからこそ捨てちゃダメなのさ  さびしくたたずむ僕の影が 色をつけてと語ってきます 明日の色模様を変える そんな そんな自分を探してるの  ダメじゃないよ僕たち 終わらせんな 可能性 誰かに笑われたって かまわないんだよ もっと もっと 強く思ってやる  つかまえて明日を 今がそう そのとき 誰にも 君のことはもう笑わせないんだよ 君と 君と 夢を見続ける  あぁ希望とは はかないもの あぁ希望とは高鳴る胸 僕は君のために強くなろう だってほら君が好きだから だからこそ君が必要さ  可能性を! 終わらせんなよ!
キミの手に未来の花サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター僕らの魂は 不器用だよ 愛しさは 幻じゃないんだろ? 傷ついたさびしさで 探しに行く 抱きしめる その花を見つけに行く キミの手には 僕の手には 一輪の花  未来が待ってるよ でも未来は光ってるよ この世が闇でも キミの手に未来の花 つながってるよ この手は放さないよ 強くなりたいんだ 僕にだって一輪の花  確かなことと不確かなことが疑いを生むだろ また除けものにされた二人が愛を知ることもあるだろう 悲しみは居座って 僕の中に生き続けるよ いつか愛しさを知ったとき そいつはいなくなるのかも ひとりぼっち ふたりぼっち 命みじかし 影ぼうし 切なさは増すばかり それでも行かなくっちゃ この場所から キミの前に ぼくの前に 一輪の花  未来が待ってるよ でも未来は光ってるよ この世が闇でも キミの手に未来の花 つながってるよ この手は離さないよ 生きてく用意はいいか 僕にだって一輪の花
生きたがりサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターそう僕は生きたがり やる気のない日はヘソまがり そう僕は生きたがり 気絶しちゃうほど 生きたがってんだぜ  Song for me, Song for you, Song for living Go fight! Go fight!  やっつけたいトラウマが僕のことを 深く深く傷つけてる夜 負けんな 負けんな 僕は生きてるもの 強く 強く 再生を誓う  生きてる証は どこにも転がってるの 心をタフにして キミにそれを届けんだよ  あぁ 生命ってやつは いつ終わるかもしれないよ 愛するキミに僕の 生命捧げれるだろか  もしキミが僕を受け入れ 立ち向かう 夜も 笑ってくれたら コントロール不能なほど 僕の生命はきらめきだすのにな  Song for living, Go fight! Go fight!  忘れたい 出来事が僕のことを チクリ チクリ 責めたててる夜 負けんな 負けんな 僕は死んでないもの あの手 この手で 再生を誓う  ダメんなる心は どこにも転がってるの 都合よく忘れて キミのこと考えんだよ  あぁ 生命ってやつは いつ終わるかもしれないよ 愛するキミに僕の生命は見えるだろうか  もしキミが僕を受け入れ 罪深い日々がイヤじゃないなら コントロール不能なほど 僕の生命はきらめき出すだろう  あぁ 誰にも言えないことが一つ また増えてしまった 僕は 何に怖がってるのかも わからなくなった夜さ  朝陽がのぼる前に僕は 生まれ変わらなくっちゃ 流されてく心を 引き戻すために強くなるのさ  こんなんで キミのこと あれこれいうのは恥ずかしいが 僕の生命はキミを 確かに望んでるんだよ  ヒマラヤからアマゾンまで おはようからおやすみまで 貧困と差別なくなるまで 生命のきらめき 見てたいだけ!  生きてる証は どこにも転がってるの 心をタフにして キミにそれを届けんだよ  あぁ 生命ってやつは いつ終わるかもしれないよ 愛するキミに僕の 生命捧げれるだろか  もしキミが深く傷つき その時に僕を想ってくれたら コントロール不能なほど 僕の心はきらめきだすだろう  生命の終了10秒前でも キミの前なら生命はきらめくぜ
自由なステップサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターキミが眠ってる間にだって 奴らはキミをだましてんだ なんだ 本当はキミも 気づいてたか キミが生まれてくる前からずっと ヤツらは罠を仕掛けてんだ いまなら 簡単に外れんぜ 罠は 俺とキミは気づいた ただちにかいほうしろ 動きはじめんぜ 今夜  吐き捨てる毎日が本当の俺じゃナイって思えた この感じ キミの事を考えたら 奴らのやり方が見えてきたんだ瞬間に そうさ バンジー ジャンプのように 飛ぶぜ男子女子 準備はいいか? 奴らの狡(ズル)さ こんなもんじゃねぇぞ 闇と痛み ここで吐き出せよ  カラッポになるまで高めろよ 限界こえるぜ! ゲットダウン! 自由なステップ 自由なステップ 踏むぜ 僕と君は死ぬまで 笑いながら踊る 回りながら踊る 触れ合うその手から 悲しみがにじんでも 強く踏みしめんだぜ 奴らにケリ入れんだぜ  ただちに武器を捨てて踊れ ただちに武器を捨てて踊れ ただちに武器を捨てて踊れ  焼き捨てたい出来事は キミのせいじゃナイって思えたこの感じ キミの事を考えたら ヤツらの正義にガッカリしたんだ瞬間に モンキーダンスのように 踊れ男子女子 準備はいいか  奴らの狡さ こんなもんじゃねぇぞ 罪ぶかいのお互いさまだろ カラッポになるまで高めろよ 限界こえるぜ ゲッダン!(Get down!)  俺とキミは気づいた もう何からも自由だ 動きはじめるぜ 今夜 ゴーファイッ! (go fight!!) 自由なステップ 自由なステップ 踏むぜ 僕とキミは死ぬまで 笑いながら踊る 回りながら踊る 触れ合うその手から 悲しみがにじんでも 強く踏みしめんだぜ 奴らにケリ入れんだぜ  ただちに武器を捨てて踊れ ただちに武器を捨てて踊れ ただちに武器を捨てて踊れ  何も知らされず生きてる俺たち だけど本当は人間よりもむしろマシン にされたがってる迷える子羊  でもそんななか 気づいた嬉しさとか 探した ぬくもりについて 俺はキミと踊り明かしたい ニヒルに構えてるヒマはねぇぜ 自由なステップ 踏みまくんだろ? ブラザー ラブ&ピース
ケイサツ来るまで踊りまくれサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター暗闇・イン・ザ・東京に 俺はまだ闇を未確認 フルスウィングした その反動に 苦しめられてるこの感じ 決めつけんじゃねぇ 俺のこと うまく手なづけんじゃねぇ 暴力なんていらね カモンカモン!  ケイサツ来るまで踊りまくれ ケイサツ来るまで踊りまくれ 現実みるまで踊りまくれよ  ケイサツ来るまで踊りまくれ 政治家来るまで踊りまくれ ケモノになるまで踊りまくれよ  ブルージーな その結末に こごえてる真夜中午前2時 あたりがキナ臭くなった瞬間に 俺は断固として Love&Peace!!! 俺はキミを さげすまねぇ 勘違いすんな 俺はカリスマじゃねぇ 偉そうに評論してっけどさ ヤツら俺のこと 救ったこと あんのかよ  ケイサツ来るまで踊りまくれ ケイサツ来るまで踊りまくれ 人間ヤメても踊りまくれよ  ケイサツ来るまで踊りまくれ 政治家来たって踊りまくれ エロ本読みてぇ 踊りまくれよ  思い出消えても踊りまくれ 放課後恋文わたしまくれ 見放されたって踊りまくれよ  ダマされたっても踊りまくれ 忘れ去られても踊りまくれ 笑けてくるまで踊りまくれよ  ケイサツ来るまで踊りまくれ ケイサツ来るまで踊りまくれ 現実くるまで踊りまくれよ  ケイサツ来るまで踊りまくれ 政治家来たって踊りまくれ 生きてくれ兄弟 踊りまくれよ
透明な旅サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターよびかけるもの つきとめる旅に 僕らはいこうとしてる 朝やけの靄で かすむ指先 指し示せ かすかでも 僕ら行くんだよ 解き放っておくれよ  始めるんだ僕たち 悪魔がそれを笑っても 透明な祈りの僕ら 翼をもって飛び立てるさ 大切なものが 僕とキミをすり抜けても 僕らは今しかないからな むさぼるように愛せよ 透明な祈りの中  すでに決まってた レールに沿って 僕らは息し始めた 濁(にご)ってくより透明でいたいんだ 指し示せ かすかでも 過去を振り切るんだよ 解き放っておくれよ  確かめるんだ僕たち 悪魔がそれを笑っても 純粋ではかない願いは 翼をもてるはずさ つなぎとめてた鎖(クサリ) 翼よそれをほどけよ 僕らは今しかないからな 手さぐりで愛せよ 純粋な願いの中  白く並べられただけの僕の意思をもつ あてにした景色はもういらぬと武器を捨てる  かすかでもかまわない 濁った心 澄んでおくれ 解き放っておくれ 解き放っておくれよ  始めるんだ僕たち 悪魔がそれを笑っても 透明な祈りの僕ら 翼をもって飛び立てるさ  大切なものが僕とキミをすり抜けても 僕らは今しかないからな 求めて繰り返せよ 透明な祈りの中
悲しみぶち壊せサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターStop oneself from being scare!  こんがらがって なんにも 手につかないの 存在だけが ぽっかりと 浮かんでただよう  心の奥 その形まで 間違いだといわれても 僕は僕 あんな奴らに 潰されるのはごめんさ!  悲しみをぶち壊せ この世界にケリを入れるんだ この手で この手で 闇のドア こじ開けて  孤独なんて撃ち抜くぜ 捨てちまえよ そんな過去なんて 心は心は 誰でもない 僕のものなんだから  I don't Like 金ずくの正義! 断固反対 金ずく正義! I don't Like 金ずくの正義!  つまり僕は この世に よけいな奴と 奴ら僕に証明書つき出したのさ だけども僕 この毎日 未練タラタラの奴 自分あてに証明書偽造 発行してやるんだぜ!  悲しみをぶち壊せ この痛みにケリをつけるんだ この目はこの目は 真実見たがっている!  虚(むな)しさ ぶっ潰せ かまわねえよ クソだと言いな この胸の音は もっともっと高鳴っていいのさ  I don't Like 金ずくの正義! 断固反対 金の正義! I don't Like 金ずくの正義!  外の世界のほかに 自分の中にも化け物がいるの どちらの化け物にも ケリをつける 心は僕のもの!  反撃のこころ決めろ 反撃のこころ決めろ 怖がんのヤメロ! 怖がんのヤメロ!  Stop oneself from being scare! 反撃のこころ決めろ!  内と外の両方に 痛みがあれば 内と外の両方に ケリ入れるだけ  悲しみをぶち壊せ 誰にだってできるはずなんだ この手で この手で 闇のドアこじ開けて  この不安を終わらせて 街中に叫んでやるんだ 心は心は 誰でもない 僕のものなのだ!  I don't Like 金ずくの正義! 断固反対 金の正義! I don't Like 金ずくの正義!  新しい場所を求めて 悩むより 新しい自分になって そう 夢みるの
これっきりサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター金縛りにあうよな夜と 吹けば飛ぶよな1日を 船が出るなら置いてゆくよ 理由なんかなくても おさらば  予感がして ゴーサイン 悪も正義もない ぐだぐだに違いない真相 もううんざりさ うそのポーズさ 夜風よ消して 傷あと  これっきりドアはノックしない これっきり部屋には入らない 理由なんか 聞かないでよ さらば これっきり手紙は書かない これっきり先回りはしない これから毎日記念日 さらば  予感がして グッバイ 船を出してくんない 波音なじむ 心臓音  これっきりドアはノックしない これっきり部屋には入らない 理由なんか 聞かないでよ さらば これっきり手紙は書かない これっきり先回りはしない これから毎日記念日 さらば
私をライブに連れてってサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターずばりキミと踊る準備 そうさキミと騒ぐ準備 ドブ野郎にゃキックして 失神 Step out!!  もしココがダンスフロアなら 僕はだまっちゃいない もしココがモッシュピットなら 僕はだまってない あの夜もキミのこと 強い言葉で連れ出せばよかったのに 泣いてたキミに それができない無力な僕 息を殺して生きる日々 まるでサイボーグ 全てが今変わるぜ キミとなら革命起こせるはずさ  今夜もダンスフロアが僕を待っている 僕らが待ち望むミュージック鳴らしてよ 今夜は宇宙征服するくらい踊ってやる 征服した宇宙はキミがもらってよ  もしココがダンスフロアなら キミに打ち明けてみたい もしココがモッシュピットなら キミに打ち明けたい いまから そうキミのこと すべてかけて寄り添わなきゃって 自分に言い聞かせて それができない無力な僕 だましあって生きる日々 まるでサイボーグ 全てが今変わるぜ キミとなら革命起こせるはずさ  今夜もダンスフロアが僕を待っている 僕らが待ち望むリズム鳴らしてよ  今夜も宇宙征服するくらいイカれてやる 征服した宇宙はキミがもらってよ  どんなにクソみたいな日々が続いたとしても ダンスフロアは僕の革命を信じている これ以上かなしみが 続かないように 世界中を爆音で祝福しておくれよ わたしをライブにつれてって!!
涙をふきなよnicotennicoten山口隆山口隆浅田信一・nicoten涙をふきなよ  涙をふきなよ 閉ざされた心開いておくれ I WANA BE YOUR HERO 新しい日々をキミと  とまどう夜に1人歌い 小窓にあかり灯してしまう そんなキミを知りたくなるんだ 胸の奥にしまったもの それが知りたいのさ 涙をふきなよ  あした あした キミに笑いかけてみたいんだ ふざけた話で  何が 何が キミのことを苦しめてるのさ 教えておくれ  ふるいことわざよりも 僕だけの言葉で キミの力になりたいの 力になりたいの  つながれた心 解き放つ力 探そう僕と I need you 僕はいつも 新しい日々をキミと  高鳴る心をキミに捧ぐ その手であかり灯してしまう そんなキミと笑いたくなる 持てるだけの花束を キミに捧げたいの 涙ふきなよ  we've only just begun  涙をふきなよ 閉ざされた心開いておくれ I love you 僕はいつも 今この瞬間のキミを  愛したいんだ 悪いときも 善いときも 別に気取ってるわけじゃない キミがそう そうさせたんだよ 涙をふきなよ 僕はキミのヒーローになりたいのさ でも 本当は キミこそ キミこそ 僕のヒロインなんだよ だから泣かないで 涙ふきなよ  そして そして そして そして 笑ってくれよ
愛してる愛して欲しいサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター愛してる愛して欲しい くり返せよ永久運動 僕の思いが溶け出して それでアナタを守れるように  信じてる信じて欲しい この怖さは生きてる証拠 心の声が望んでいる くり返す愛を望んでるのさ  この街のどこか アナタの心が 穏やかになれる 場所を僕はつくりたいだけ 人間はすぐ怖くなって インケンな事になりがちさ 安全な場所でアナタの 素晴らしいトコロ100個叫びたい  乾いた心が アナタを望むんだ まなざしを合わせて 二人で 愛をくり返す そう やはりキミは美しい  愛してる愛して欲しい やりとりする生命衝動 キズナよもっと強くなって それでアナタを守れるように  信じてる信じて欲しい この怖さは生きてる証拠 僕らはずっと歌っている くり返す愛を歌ってるのさ  3秒間 3秒間 3秒間だけくれないか アナタのすべての悲しみを 消すまでの時間  大丈夫 大丈夫 僕らは絶対大丈夫 怖くないさ まなざしを合わせて 二人で 愛をくり返す そう 人のココロは不思議  愛してる愛して欲しい くり返せよ永久運動 僕の思いが溶け出して それでアナタを守れるように  生まれ変わる時間ですよ 願い叶う歌は続くよ 心の声が望んでいる くり返す愛を望んでるのさ
生きて生きてサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター答えをなくしちまったこの僕は 新しい 新しい 旅に出る 涙は乾いてしまった それだって 求める 求める 旅に出る  生きて!生きて!キミのために 走って!走って!僕のために 合言葉は自由 新しくなっていく  すべて すべて 忘れてもいい そこで そこで キミがみたい I Love Youは自由 キズだらけでかまわない 僕はゆく  思いが砕かれちまったこの僕は 再び 再び 旅に出る 誰かが繋がれといったそのワケを 求める 求める 旅に出る  せつなさで胸はちぎれ それでも あなたと見れる その景色を求める  生きて!生きて!キミのために 走って!走って!僕のために 合言葉は自由新しくなってゆく  すべて すべて 忘れてもいい そこで そこで キミがみたい I Love Youは自由 キズだらけでかまわない 僕はゆく
永遠にキミのことを愛したいと言わせて竹達彩奈竹達彩奈山口隆山口隆小林俊太郎恋の歌と愛の歌と真夜中の歌と 二人を照らす歌を!  ずっと思っている事を誰にも伝えられなかったの この声も心の中だけ響いた そっと笑っていたキミと一緒に生きてみたくなったの どれだけの時を重ねられるだろ  こんな強い気持ちが自分にあるなんてわからなかった 今ならば言えるハズ 恐れずに言えるハズ  永遠に君の事を愛したいと言わせて 待ちこがれては切なくなるよ 願いかなう魔法を教えておくれ 千年に一度だけの愛なのさ 誓わせて 革命の日は近づいているよ つながれよ心 全てを美しく変えておくれ  make it real 夢見た事を 幻にしたくないの 気づいたの その理由をさがすより 大切なことを  永遠に君の事を愛したいと言わせて 心の中を打ち寄せる波 願いかなう魔法を教えておくれ  永遠に君の事を愛したいと言わせて 待ちこがれては切なくなるよ 願いかなう魔法を教えておくれ  千年に一度だけの愛なのさ 誓わせて 革命の日は近づいているよ つながれよ心 全てを美しく変えて  夜の出口をこじあけるカギが欲しい! 裸足の恋を強い気持ちで 伝えたい 伝えたい 伝えたい 伝えたい
スローモーションラブサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆誰の声かもわからなくなるほど むなしさが募る夜だよ ここにいるよと僕は言うけど 君の涙 乾いちゃいないのさ どこか遠くへ行ってみたいんだよ 光る海で何かわかるかも 君の秘密なんて言わなくていいから 僕と生きて 僕と生きてほしい  こんなに冷たい寂しさと こんなに暖かな涙 君の頬 伝い続けて  スローモーションラブ 急がないで愛を 繋がる思いが悲しみを溶かすのさ 消えちまいそうな自分に震えたってもう これからは僕がいるだろ?  こんなに大きな悲しみと こんなに大きな涙 君の頬 伝い続けて  スローモーションラブ 急がないで愛を 繋がる思いが果てしなく続くように 消えちまいそうな夜は続かないよ この先は苦しみじゃない
むき出しの命めざめろサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆この街は僕を苦しめるよに出来てるけど 何かが僕を待ってくれている気もするんだよ  イヤな低い声で僕らは値段をつけられる 生き返るにはあといくつ 心の壁を壊せばいいのだろ  目覚めろむき出しの命よ 呼びかけるの 未来の予感する方へ 傷だらけでも我慢はできぬ 命むきだしさ トラウマ デストロイ! なんだか知らねぇ不安 デストロイ! あの夜 デストロイ!!  ラブ&デストロイ 僕だって本当は笑っていたいが あの日あの夜のことだって いまだに反省してんだ  だけども地図の羅針盤が僕の胸に磁石を回す 目つき悪くとも構うものか 矢でも鉄砲でも構わねぇ持ってこいよ!  目覚めろむき出しの命よ 呼びかけるの 未来の予感する方へ 傷だらけでも 心は変えぬ 命むき出しさ ずっと待ってたよ 抱えた痛み 手放す時はいま ざわめく心 我慢はできぬ 命むき出しさ  トラウマ デストロイ! なんだか知らねぇ不安 デストロイ! あの夜 デストロイ!!
翼が欲しいサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆本当のことを誰かに話すのが怖かったんだろ? まだ希望は捨てちゃダメさ ブギーダウン ブギーダウン ブギーダウン ずっと誰かのために自分に嘘をついてきたんだろ? 今度は僕と君の番 やらかしてしまおうぜ ブギーダウン ブギーダウン ブギーダウン  ここには居られないの僕は 僕は僕を生きて僕で終わるのさ 君もそうだろ? I just wanna go  翼が欲しい 特別なんていらない 飛び立ちたいの どこまでも どこまでも行ける I just wanna go 作り笑いに慣れた頃に 不意になくしちまった 振り返ることなどしないの どこまでも どこまでも 行けるだろうか 僕に 行けるはずさ I just wanna go  奴らは奪い取るだけのルールで生きてるって 本当は気づいていたんだろ? 構わねぇよ 全部ここで僕と暴いちまおうぜ ブギーダウン ブギーダウン ブギーダウン  いますぐ行かなくっちゃ僕は 僕は僕を生きて僕で終わるのさ そりゃそうだろ? I just wanna go  その風に乗ってどこまでも行きたい 夢見てるの 何千里離れても行くの I just wanna go 誰かの企み受け入れた頃 不意になくしちまった 今ならばまだ間に合うかい? どこまでも どこまでも 行けるだろうか 僕に 行けるはずさ I just wanna go  自由が欲しい ドラマなんていらない 確かめたいの 心から誓えばできるさ I just wanna go 諦めた日々に 慣れた頃に ついに僕は気づいた 振り返るわけにはゆかぬ 僕は僕でしか生きたくないだろ!?  翼が欲しい 特別なんていらない 飛び立ちたいの どこまでも どこまでも行ける I just wanna go 作り笑いに慣れた頃に 不意に僕は気づいた 僕は僕でしか生きられぬ どこまでも どこまでも 行けるだろうか 大丈夫 行けるはずさ I just wanna go
フリーダム ライダーズサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆どうして僕に守れなかったのか 単純なはずだろ? 生きるってことは  あなたがいなくなった後の沈黙は あなたの魂が消えたからだとは思いたくないの  この命がとけるまで愛したかった 重ねたその手は思い出じゃ離れてないの さよならとても美しい毎日だった 何気ないしぐさも僕には光だった  あなたが僕と過ごした日々 その意味が知りたいんだよ 誰かが書いた答えなんかじゃなくて 自分自身の生き方で答えを探してみたいのさ  誰にも聞こえない音楽があって 悲しい出来事もそれが運んできた  あなたがいなくなった後の沈黙は 目指すところ指し示す明かりにはなりっこないよ  この命がとけるまで愛したかった 重ねた思いは心じゃ変わってないの さよならとても美しい救いだったんだ 何気ないしぐさも僕を強くしたんだ  あなたが僕と過ごした日々 その意味が知りたいんだよ 誰かが書いた答えなんかじゃなくて 僕自身の生き方で答えを探してみたいのさ  花にとまる蝶を見て不意に思い出したり 流れてく雲に幻を見たりしたの あなたがいなくなった後の沈黙は あなたがここにいたからこそ生まれたと今は思うよ  この命がとけるまで愛したかった 重ねたその手は思い出じゃ離れてないの さよならとても美しいそんな人だった 何気ないしぐさも僕には光だった  あなたは僕の未来だったよ 大げさじゃないの 誰かが言った言葉などではなくて 僕自身の言葉でそれを伝えてみたかった
愛したいし怖れないし急がないサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆ここからどこへ向かうなんて 聞かないでこんな夜に 僕ら二人に今だけは カタチあるものや強く動く力 その理由にこれからはもう 苦しみたくないから  誰にも言わず姿を消し 行き先も決めないで旅に出る 月明かり それが映すの 嬉しそうな君の声と姿 奴らがずっとわめいてても 耳など貸せないぜ そして月に照らされ 二人は声を合わせてこう言うのさ  君のこと守りたい そいつをウソにはしない 心の奥にしたがい この夜に飛び出したい  愛したいし怖れないし急がない 君と誓うよ ざわめく心 連れてけよ 美しいところ 奪わないし笑いたいし踊りたい 願いよ届け 簡単に僕らが終わったなんて決めつけるなよ  夜空の合図を受け取って 行き先も告げないで旅に出る 星たちよ守っておくれ 僕を信じてくれたアノ娘を 奴らがしつこくしてきても そんなの知らないぜ そして星に守られ 二人は呼吸を合わせてこう言うのさ  君だけを信じたい 全てをウソにはしない 心の奥にしたがい この夜に飛び出したい  愛したいし怖れないし急がない 君と誓うよ 高鳴る心 辿り着け 美しいところ 奪わないし育てたいし踊りたい 願いよ届け 感じる心のアンテナをすべて立てた二人
ドブ野郎にはご用心サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆とてもズル賢いやり方で 君と僕は追い詰められてく 唸る命は空回りかよ 動けねえよ 動けねえよ このままじゃ  美しい理由をつけたから 僕と君は沈んでいいんだそうさ 窓ガラス叩くのは土砂降りかい? 僕の命潤してくれ 干からびてしまうよ  今までちょっとは信じてたのに アイツらやっぱり嘘ばかりかよ  寂しくてたまらないBOY 悲しくてやりきれないGIRL 操られて生きてくのはもうやめさ もうやめさ  耳を澄まして本当の自分の声と手を組んでくれ 耳を澄まして本当の心の声と手を組んでくれ  寂しくてたまらないBOY 悲しくてやりきれないGIRL 操られて生きてくのはもうやめさ もうやめさ  騒ぎ出せ ダマサレタBOY 時間だぜ ズルされたGIRL ドブ野郎にはご用心 夢を見なよ 夢を見なよ
You are not 透明人間サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆世界は怖がりだから君を無視しようとする 薄い存在の透明な人に仕立てるの  自分ばかり責めないで 閉じ込められてしまうよ 立ち向かうリズムを高らかに打ち鳴らすんだぜ  You are not 透明人間 君はいなくてもいい奴じゃない ずっとそばにいてくれ 僕には君しか見えてないんだから  君に叫ぶ僕の声が君の存在の証しさ 世界よりも確実に僕の方が君を愛すよ  駆け引きなんて興味ないし 誰と比べても意味などない 僕は逆に君意外の全てが透明に見えて仕方ないの  君から奪い取るくせに世界は君を無視する オブラートみたいな透明な人に仕立てるの  この乾きはそのせいさ 閉じ込められてしまうよ 立ち向かうリズムを高らかに打ち鳴らすんだぜ  You are not 透明人間 君はいなくてもいい奴じゃない ずっとそばにいてくれ 僕には君しか見えてないんだから  君を想う僕の恋が君の存在の証しさ 誰よりも確実に僕の方が君を愛すよ  駆け引きなんて興味がないし そもそも君しか興味がない 僕は逆に君意外の全てが透明に見えて仕方ないの
愛の国どこにあるサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆遠くで海鳴りが聞こえてくる場所の ホテルの3階で僕は君に手紙を書いてる 届く宛のない手紙はずっと続く 君を救えないこんな世界はくだらないトコさ そうだろ?  君の真っ白な祈りを 僕もこの世界も聞こえないフリしたんだぜ だけど君はそれを一つも恨まずに祈った  愛の国どこにある あの娘の悲しみが消えるトコなんだろ 強い僕どこにいる あの娘の苦しみに寂しさを加えちまっただけだろ  この旅で手に入れた古いレコードには 当時の若者たちが怒りを露わにしていたよ 君は言ってただろ 「全てを変えるの」と だけど君は怒ることより しなやかに手を取り合うこと選んだろ?  君の真っ白な祈りを 僕もこの世界も聞こえないフリしたんだぜ だけど君はそれを一つも恨まずに笑った  愛の国どこにある あの娘の悲しみが消えるトコなんだろ 罪深い夢を見て ズルい奴があの娘の心 粉々にしちまっただろ  続いてしまう悲しみの連続を 僕が断ち切れればよかったのに 力が欲しかったんだ 祈りを届ける 力が欲しかった 粉々の心取り戻す  愛の国どこにある あの娘の悲しみが消えるトコなんだろ 失いすぎた僕 取り返せるのなら 僕じゃなく あの娘に分けてほしい  罪深い夢を見て 愛の国は 愛の国は  遠くで海鳴りが聴こえてくる場所の ホテルの3階でずっとキミに手紙を書いているのさ
未練は残さず踊るつもりだサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆あなたと僕はきっとまだまだいけるだろ ここで一発ハデに知らない誰とだって騒ぐんだ  先を見越して生きてみるなんて 冗談いうなよ 僕はあの事でうわの空さ 心の影をなくす男 心の影をなくす女 最後に 最後に ナゾが解けるかも  バケモノが僕を探しに来たって 中には入れないぜ 僕のダンスは終わってねーんだ 放っとかれても踊る男 放っとかれても踊る女 真白な心になれ  ピンチの時のリリーフピッチャーみたいな心でさ ずっとは生きられないでしょ? 潤してくれ ブルース! 潤してくれ ブルース!  季節だけが過ぎてゆくなんて 冗談いうなよ 時は誰にでも平等なんだ いっそ修行に山に籠もって 深呼吸すれば変わるかも ハッとするよな事に気づいて 時計の針を自由にすんだ  バケモノが品定めしても 中には入れないぜ 僕のステップは続いてるんだ どこにいたって踊る男 どこにいたって踊る女 真白な心になれ
I'm in love 光る海サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆僕を癒しておくれ 手のひらで伝わる 君が本当に思っていること 君に襲った闇を僕に分けておくれ 光る海で響き合う二人の魂  乾いた過去がそう 多すぎるから ピアノを弾くより海へ急いだ あなたが私を受け入れたように あなたのことも全て受け入れたいの  I love you I love you I love you Yes, I do 寂しさは分け合えるはずだよ  傷を癒しておくれ 秘密をなくすんだよ 街にもうすぐ朝陽がくるから 心の速さを少しだけ緩めて 光る海で響き合う二人の魂  夜明けの光る海で 二人波打ち際 全て大丈夫さ 寂しさは分け合えるよ  扉を開けるんだよ 急がなくっていいから 君の本当に願っていたこと 秘密にしなくていいのさ もう大丈夫なんだよ ずっとずっと確かめる二人  出会えてよかったよ 通り過ぎた日々 それを少しは好きになれそうさ どうでもいいことほど宝物にしようぜ 光る海で響き合う二人の魂
ミラクルをキミとおこしたいんですGOLD LYLICサンボマスターGOLD LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター始めるよ 準備はいいかい? やらかすぜ そいつが可能性 悲しむより踊りまくって 奇跡の日々を始めようぜ  ミラクルをキミとおこしたいんです 高まれよ 奇跡の可能性 終わらないミラクルの予感がする 世界中鳴り響かすんだ きっと  あなたに出会って全てが変わってしまったの キミから新しい希望が香ってきたんだよ 苦しい夜ならもう僕はたくさんだから 細胞 螺旋の奥から変わってしまいたいよ  あぁベイビー 悲しみ捨てちまいたい キミの話す愛ってやつの意味を 僕に教えてよ そいつを歌って踊ってみたいな  ミラクルをキミとおこしたいんです 高まれよ 奇跡の可能性 終わらないミラクルの予感がする 世界中鳴り響かすんだ きっと  窓の外 幸せな風景を ひざを抱えて眺めてたのさ 呼吸を整えて始めるんだよ 奇跡の可能性は見るもの全て 見るもの全て!  キミだけに起こせる奇跡があって 僕だけに起こせる奇跡がある やらかせベイビー 踊ろよベイビー We want Miracle! やるなら今だぜ 奇跡の実感 踊りまくってスゲーこと始めろよ!  始めるよ 準備はいいかい? やらかすぜ そいつが可能性 悲しむより踊りまくって 奇跡の日々を始めようぜ  ミラクルをキミとおこしたいんです 時はもうそこまできてるよ 断然そしたら分かち合おうぜ 重い扉のカギをあけて 見るもの全て奇跡の可能性 本当さ 何度でも言うぜ 心の声が自由を望んでる キミとなら奇跡は起こるぜ きっと!
孤独とランデブーサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今までの僕と言えば 何かに脅え出して 取り戻せないくらい 寂しさ塗り重ねてたが 君に見つめられてから 弱さがイヤになった 君に全部ささげるから 僕に悲しみ隠さないで  デカく笑って 夜まで待って 真夜中に踊り出す  孤独とランデブー いつも一人きり でも僕はもうイヤだよ いつか君と笑い合う そんな夢を今日は見てる この世界はちょっと悲しくて 僕は心をなくしちまう 歌おう 僕以外の事を そんな夢を今日は見ていたいのさ  これまでの僕と言えば 水平線目指して 誰の声も聞かずに 苦しさ塗り重ねてたが 君に見つめられてたら 孤独がイヤになった 君のため強くなるから 僕に嘘なんかつかないで  デカく笑って 変えちまおうぜ 真夜中に踊り出す  真夜中のターンテーブル いつも一人きり でも僕はもうイヤだよ いつか君と歩き出す そんな夢を今日は見てる この世界はちょっと悲しくて 君の心を奪っちまう だから君の名前を呼ぶぜ 僕はいつも君をみていたいのさ  孤独とランデブー いつも一人きり でも僕はもうイヤだよ いつか君と笑い合う そんな夢を今日は見てる この世界はちょっと悲しくて 僕は心をなくしちまう 歌おう 僕以外の事を そんな夢を今日は見ていたいのさ  悲しみにサヨナラ そうさ今日限り もう僕はたくさんだよ 今すぐ君と笑い合う そんな夢を今日は見たい この世界はちょっと悲しくて 誰の心もなくしちまう 話そう 本当の気持ちを 僕は君の事を夢見たいのさ
ロックンロール イズ ノットデッドサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターどれだけの悲しみがあったのか 今僕に話してくれないか 心の中にかくれた本当の君に逢いたい 震えるほどの夜をこえて 昨日のさびしさにさよならを 本当の君が今世界で 一番の光を放つんだよ  何度だって立ち上がるんだよ 君よもう悲しまないでくれ 強く願って明日を変えたい ロックンロール イズ ノットデッド 誰にも言えない孤独だとか 君の不安を終わらせに来た 君が生きるなら僕も生きるよ ロックンロール イズ くたばるものか ロックンロール イズ ノットデッド  苦しみも喜びと同じく 分かち合えるそんな日が来るだろうか 心の中にかくれた本当の僕よ目覚めろよ 言葉にできないあのキズに 決着をつけるため強くなろう 本当の僕よ今世界で 一番の光を放っておくれ  生きてみたいから生きてみたい 死んで花実など咲くものかよ 強く願って明日を変えたい ロックンロール イズ ノットデッド 全て終わるまで息をしたい 君の名前を最後に呼びたい 君の全てなら僕が歌うよ ロックンロール イズ くたばるものか ロックンロール イズ ノット ノットデッド  いつだってこの世界には 光と闇があるだろ? ケチなさだめの僕にだって 光が降り注ぐってのかい? さだめに逆らう旅に出て さびしさつのる夜を過ごす それでもあなたを思わせてくれ  涙のワケが毎日をかえるよ  ロックンロール イズ ノットデッド  何度だって立ち上がるんだよ 君よもう悲しまないでくれ 強く願って明日を変えたい ロックンロール イズ ノットデッド 誰にも言えない孤独だとか 君の不安を終わらせに来た 君が生きるなら僕も生きるよ ロックンロール イズ くたばるものか ロックンロール イズ ノットデッド!
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あなたのことしか考えられないサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターキスキス 君の声で もう一度笑ってみせて 僕を残していった人よ 日に日に日に想いが ふくらんでハレツしそうだよ 心の中を  あぁ 今なら君のことずっと笑わせるよ 好きなんだもの  神様 僕にあの人を返しておくれ 心の中は君の事 それしかないの もう一度 僕にあの声で笑いかけてよ 神様 あの娘はいい娘だよ 返して欲しい  今でも君がきっと 手を振ってるよな気がして 僕は心を強くできるよ もう終わってしまったと言わないで こんな夜にはおもわせておくれよ  あぁ 今でも僕の事を呼ぶ声がききたいよ 好きなんだもの  神様 僕にあの人を返しておくれ 悲しいワケは君の事 それしかないの もう一度 僕と毎日を暮らしておくれ 神様 あの娘はいい娘だよ 返して欲しい  人を愛するという事は とても悲しい事なのですか 人を信じるという事は とても悲しい事なのですか  神様 僕にあの人を返しておくれ 心の中は君の事 それしかないの もう一度 僕にその声で笑いかけてよ 神様 あの娘はいい娘だよ 返して欲しい 神様 あの娘はいい娘だよ 返して欲しい
恋する季節サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターあの娘がポツリと涙こぼしたので (あの娘が あの娘が) その瞬間から僕はあの娘のとりこ (とりこさ とりこさ)  今まで見えてた景色を 私が全部かえたんだよ 心は飛び出してしまっている どこにも行かないで この高鳴る気持ち  ワクワクワク 恋する季節が突然やってきて ドクドクドク 孤独で退屈な僕のカラダにとりついた  生きてやる未来も過去も 彼女になんかできなくても 恋する季節!  僕には内緒の計画があって (僕には 僕には) それはあの娘と僕についての事です (マジかよ マジかよ)  今まで見えてた景色を 私が全部かえたんだよ 心は飛び出してしまっている どこにも行かないで この高鳴る気持ち  ワクワクワク 恋する季節が突然やってきて ドクドクドク 孤独で退屈な僕の心を乗っ取った 生きてやる未来も過去も もしかしたらもしかするかも 恋する季節!  みーちゃった みーちゃった あの娘の恋人みーちゃった かなわない かなわない でもあの娘が好きさ 恋愛衝動!  今まで見えてた景色は そのまま変わったままだよ 心よ飛び出して立ち止まるな 明日も止まないで この高鳴る気持ち  ワクワクワク 恋する季節といつまでもいさせて ドクドクドク 孤独と退屈が僕をまた狙っても  生きてやる明日も今日も 彼女になんかできなくても 恋する季節!
ビューティフルサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター君が安らかに夜を過ごす そんな日が来たなら それこそ願いが 僕の願いがかなう日なのさ だけどもこの世の闇が 君の心をくもらせて あなたは自分の美しさまで忘れてしまう  美しい 美しい 美しい 本当の君 汚らしい 汚らしい 汚らしい この世界に  ビューティフル ビューティフル ビューティフル あなただけが僕を救ってくれるのさ 答えのないこの世界で 君だけが僕の答え ビューティフル ビューティフル ビューティフル 世界中にロックンロールを流してくれ そいつを君に捧げるよ 君が僕の全て  この世は悲しい事ばかり あやふやな夢ばかり 世界の大先生達が君の闇をつくる 心をつなぐメロドラマで 大金が動く夜に 僕は君のことが心配で夜も眠れないのさ  美しい 美しい 美しい 本当の君 汚らしい 汚らしい 汚らしい この世界に  ビューティフル ビューティフル ビューティフル あなただけが僕を救ってくれるのさ 息のできないこの街で 君だけが僕の答え ビューティフル ビューティフル ビューティフル 世界中にロックンロールを流してくれ そいつを全部君のために捧げさせておくれ  いったい誰が何のために 君のこと苦しめるこんな時代をつくったの 僕は必ず君のもとに駆けつけるよ だからもう信じておくれ 君が美しいってこと 僕に叫ばせておくれ 君が僕の全てだって  美しい 美しい 美しい 本当の君 汚らしい 汚らしい 汚らしい この世界に  ビューティフル ビューティフル ビューティフル あなただけが僕を救ってくれるのさ 答えのないこの世界で 君だけが僕の答え ビューティフル ビューティフル ビューティフル 世界中にロックンロールを流してくれ そいつを君に捧げるよ 君が僕の全て  ビューティフル‥‥  美しい 美しい 美しい 本当の君
あなたに心奪われたからサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターときめく胸は君のせいだよと言いたいだけなのに 僕は君のことちゃんとみれないよ 君が休んだ授業はサボって君の夢を見るよ 恋をしてるのになぜ寂しいんだろう?  何にもとりえが無い僕にだってやるべき事があるのさ 君に言えない汚れた僕を今夜捨てちまいたい 自転車で帰る君を僕が毎日送りたい 君の泣いたドラマでこの僕も泣いてみたいのさ  全てをゼロにするような そんな偉大な恋なんだ 新しい僕にしておくれ 僕には生きる理由が欲しい  あなたに心奪われながら 僕は生きてもいいですか はかない愛なんて この世にあるものか 差し出す指と重なり合う手 そいつを夢見るだけさ 生きてく意味はもう 僕はさがさないのさ あなたがその理由だから  何にも力が無いと思わないでトビラはあいているのさ だけどなぜだろうさびしさが僕の心を動かなくする さびしくないよ!  誰にでも来る夜なのになんでこんなにつらいのさ 新しい僕にしておくれ 僕には生きる理由が欲しい  あなたに心奪われながら 僕は生きてもいいですか はかない愛なんて この世にあるものか 差し出す指と重なり合う手 そいつを夢見るだけさ 生きてく意味はもう 僕はさがさないのさ あなたがその理由だから  あなたに心奪われたから あなたに心奪われたから あなたが心奪っていったから あなたが僕の生きてく証しだから
希望は捨てないサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター僕が今歩いてたこの道は 何も咲かない事が多いけど 長い夜はもうすぐ終わるから 朝が来るんだよ 本当なんだよ  夢だけがかなってくよな毎日なんて意味がないよ それより今を過ごしてきた日々を抱いて歌うの  希望の歌だけは いつも心に 旅立つ僕を照らしてくれ 心にあかりを 悲しみに出逢っても 希望の歌は 僕の行く先を導いて 心あかるく灯すの  僕が今歩いてたこの道は 途切れてしまう事も多いけど 寒い夜はもうすぐ終わるから 春が来るんだよ もうすぐなんだよ  信じては裏切られてく毎日なんて意味がないよ それより君と過ごしてきた日々を心に刻むの  希望の歌だけは いつも心に 旅立つ僕を照らしてくれ 心にあかりを さびしさに出逢っても 希望の歌は 君の行く先を導いて 心あかるく灯すの
静かに光りつづけるものサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターいつまでも 変わらない愛に出逢うための 始まるよ  心から 心から かなえたい事は 全部 全部 君についての事だよ 生まれたよ 生まれたよ 今夜どこかで 愛が 光る愛が 心を救うモノ  夢みる事は いつも愛について 探しにいくの 何千マイル離れても 静かに光り続けるもの  いつまでも 変わらない愛に出逢うための 僕等の旅よ いつまでも 変わらない愛を探すだけが 僕等の旅よ  孤独の大臣 真夜中の門番 戦場の兵隊さんも探しにいこうぜ  ふとしたことで 花が咲くというよ あなたをつれて 何千マイル離れても 静かに光り続けるもの  いつまでも 変わらない愛に出逢うための 僕等の旅よ いつまでも 揺るがない愛を探すだけが 今 僕等の旅よ  誰かのいいなりになって ずっと過ごしてきたんだ 君から始まる想いは 銀河に広がってくんだ どうか今 思い出してみて 素直に泣けた日々のこと 世界中探しまわりたい 高らかに歌い上げるもの 心から 心から 探したいものは 生まれたばかりの 静かに光り続けるもの!  ~いつまでも 変わらない愛を探すだけが 僕等の旅よ~  いつまでも 変わらない愛に出逢うための 僕等の旅よ 心から 心から 旅に出て 君を探す 愛が光る 静かに光り続けるもの
泣いてばかりじゃ見つからないぜ ~ハードコアスイートソウルの誕生~サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター敗け続けた男が再び 星を見るため動き出した夜 過去の話のはずなのに 忘れられない闇が苦しめて 心がそこで動けなくなるの  夢を見たのさ また打ちのめされる悲しい夢 だけど今日で終わるのさ 僕の心は今日で生まれ変わる  愛をさがすの 愛をさがすの 泣いてばかりじゃ見つからないぜ 愛をさがすの 愛をさがすの 許してるばかりじゃ身がもたないぜ 憎んでばかりじゃ見つからないぜ 愛はどこにも  声も枯れ果ててしまって 愛する人も呼べなくなってる 心の闇がデカすぎて 信じることがウソに見えちまう 見るもの全て ウソに見えちまう  夢を見たのさ 悲しみだけで終わるケチな夢 だけど今日で終わるのさ 僕の心は僕だけのものだろ?  愛をさがすの 愛をさがすの 泣いてばかりじゃ見つからないぜ 愛をさがすの 愛をさがすの 許してるばかりじゃ身がもたないぜ とまどってばかりじゃ見つからないぜ 愛はどこにも  夜空にはいく千の星 僕が目指す星はどれなの どれでもかまわないのだ 走り出してしまえよ その速さは星より輝いて 僕の全てが今日で生まれ変わる 愛をさがすの  愛をさがすの 愛をさがすの 泣いてばかりじゃ見つからないぜ 愛をさがすの 愛をさがすの 許してるばかりじゃ身がもたないぜ 憎んでばかりじゃ見つからないぜ 愛はどこにも  ラーラーラ
青春のかけらサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今夜 駅のホームで 君を見送って 長くわかち合えた日々が終わるのです 君が見せた後ろ姿に 僕は何にも呼びかけられない  青春のカケラを集めて二人は愛して わかち合う この日々から 今僕ら 旅立つんだよ  青春を全てかけて それでも二人は愛し合った だからこそ 君とみた全て 美しいと思いたいんだよ  ベルが 発車のベルが僕等を急かして 君はこんな時まで僕を気づかうんです キミが差し出す 握手する腕が 重ね合わせた最後の手だったよ  青春のかけらを集めて 二人は愛して かさね合うこの日々から 今僕等旅立つんだよ  青春の全てで それでも二人は夢を見た だからこそ 君と見た全て 美しいと思いたいんだよ  ドアが閉まれば 君は本当にいなくなってしまうよ 君が手を振る姿を僕は見る 見るしかなかった  あの娘と列車が小さくなってく 僕はあなたに何もできなかったよ  青春のかけらを集めて 二人は愛して わかち合う この日々から 今僕ら旅立つんだよ  青春を全てかけて それでも二人は愛し合った だからこそ 君と見た全て 美しいと思いたいんだよ
君だけ信じてみたかったサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターありふれた言葉で あなたと話ができた事を 美しく思う僕だよ 僕はまだ知らないの あなたが最後に思った心 ねぇ君よ 教えておくれよ  一人になり初めて 僕はわかったのさ 冷たい心は 僕の方だよ もう聞けないけれど 全てわかってたんだね 思えばあなたは いつだって 優しさに包まれていたんだな  逢いたくて いま果てなく 夢を見る あなたを見る 今もまたあなたに 思いをはせる僕だよ 奇跡がそうおこるのなら 君とまた笑ってみたい 心をかよわす 君の声 聞こえるような気がして  この世で君だけ信じてみたかった すみれの花のような君だけを  思いだけがつのっていくの  逢いたくて いま果てなく 夢を見る あなたを見る 今もまたあなたに 思いがふくらむ僕だよ 願いがそうかなうのなら 君とまた笑ってみたい 心を通わす便りが 来るような気がして  この世で君だけ信じてみたかった すみれの花のような君だけを
衝動バケモノサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター優先順位つけてる場合かよ 時間はもう過ぎていくんだぜ 街にくり出して 愛せよ誰か  ヒザかかえてる場合じゃねーぞ 新しい事しよう 時はまるで砂漠の雨  はじめに絡まったどさくさが今ごろになったってまだ解けぬ 本当の思いを伝えたいのに  誰かも立ち止まって 僕らと同じ悲しみを背負ったのさ  愛しい人 ぼやぼやしてる場合じゃねーぞ 生きて命をさぐって再びとり戻すんだよ 衝動がバケモノになって乗り移った 僕はそこにかけてみたい  首からナニぶらさげてんだ そんなんじゃ世界変わんないぜ 高鳴る胸心とロックンロール  かける言葉なくすほど君が美しいから 何にもコワくなくなったよ  愛しい人 ぼやぼやしてる場合じゃねーぞ 生きて命をさぐって再びとり戻すんだよ 風前のともしびだってかまうものか 振り返るワケにはいかないの  誰だって本当のことはうまく言えないもんだよ この街も誰かが見張ってて 君を生きづらくしている 言いたい事はそれだけかと何度言われたことだろ それだけじゃねーよ 本当は全てぶちまけたい 孤独な日々を  愛しい人 ぼやぼやしてる場合じゃねーぞ 生きて命をさぐって再びとり戻すんだよ 衝動がバケモノになって乗り移った 僕はそこにかけてみたい  あぁどんな日々が待ってるの君と僕 ステキにやらかしてやろうぜ
うまくいくんだよきっとサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター君の毎日や 僕の過ごす日を 明るく灯す そんな希望を探しているの 夢に破れても 夜がさびしくても 心強く 笑っていたいんだ  あぁ 小さな喜びで 街に飛び出せるよな そんな朝が来れば どんなに美しいだろ  大丈夫 うまくいくんだよ きっと I Love You 今はツラくっても笑うんだよ 輝いた未来にすんだよきっと 喜び そして悲しみも乗り越えて 君と歩きたいよ  何も実らないような そんな日々がきっと 何かを実らせる そんな日々になるの  暗い夜は終わり 朝がやってきたよ 待ちわびてたんだよ この奇跡を 君の声を  大丈夫 大丈夫  大丈夫 うまくいくんだよ きっと I Love You 今はツラくっても笑うんだよ 輝いた未来にすんだよきっと 喜び そして悲しみも乗り越えて 君と歩きたいよ  強く強く強く抱いて… 強く強く強く抱いて…
I love you & I need you ふくしまサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆ふくしまに ふくしまに ふくしまに 置いてきたんだ 僕は 本当の自分を ふくしまで ふくしまで ふくしまで 愛したいんだ 僕は 本当の君を  明日から 何かがはじまるよ ステキな事だよ 明日から 何かがはじまるよ 君のことだよ  I love you baby ふくしま I need you baby ふくしま I want you baby 僕らは ふくしまが好き I love you baby ふくしま I need you baby ふくしま I want you baby 僕らは ふくしまが好き  ふくしまで ふくしまで ふくしまで 君が すばらしいってこと 確かめさせて ふくしまで ふくしまで ふくしまで 夢みたいな 日々と 美しい君  明日から 何かがはじまるよ ステキな事だよ 明日から 何かがはじまるよ 君のことだよ  I love you baby ふくしま I need you baby ふくしま I want you baby 僕らは ふくしまが好き I love you baby ふくしま I need you baby ふくしま I want you baby 僕らは ふくしまが好き  明日から 全てがはじまるよ 素敵な日々だよ 明日から 新しい日々だよ 君の日々だよ  I love you baby ふくしま I need you baby ふくしま I want you baby 僕らは ふくしまが好き I love you baby 浜通り I need you baby 中通り I want you baby 会津地方 ふくしまが好き I love you baby 野馬追い I need you baby 赤べこ I want you baby 鶴ヶ城 ふくしまが好き I love you baby ふくしま I need you baby ふくしま I want you baby 僕らは ふくしまが ふくしまが 好き!
希望の道サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターともす光 影夕暮れ 沈む夕日 桜舞うこの街照らせよ  この街には 希望の道があるの 振り返らずに 僕を羽ばたかせる道  どこまでも羽ばたいてゆくよ 心の中に青空を いつかはきっとわかるだろう 涙流れてゆく 本当の意味  希望の道 僕がゆく道 雨に打たれ 風に吹かれても ゆくんだよ 希望の道 君が行く道 裏切られても 裏切るなよ 君よ 旅立ちの朝だよ  マンデー 旅立つ準備をして チューズデイ 翼を広げ歌うよ ウェンズデイ 僕は羽ばたいてく ほら空を見て 明日に歌う  サーズデイ いつかみた夢はきっと フライデー これから本当になって サタデー 僕は羽ばたいてく 今夢を見てあなたと歌うよ  何度でも羽ばたいてみるよ 心の声が望むなら いつかはきっとゆけるだろう ずっと待ちわびてた そんな日々に  希望の道 僕がゆく道 雨に打たれ風に吹かれても ゆくんだよ 希望の道 君がゆく道 本当の自分を裏切るなよ 涙 ぬぐわず飛び立つよ
きみのキレイに気づいておくれサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター本当に気づいて欲しいんだ あなたが美しいってことを 今までなぜ気づかないのさ 心をなくしたみたいだよ  すぐに すぐに 気づいて欲しい わかって欲しいよ すぐに 君に 気づいて欲しい君のキレイに 気づいて欲しいよ  あなたがとてもキレイだから あなたにそれを伝えたいのさ いつまでも いつまでも 消えない美しさを あなたが自分の美しさに 気づいたら僕は幸せなんだ 僕は君を想ってるよ 君の綺麗に気づいておくれ  キレイな君 いつまでも美しく キレイな君  あなたがとてもキレイだから あなたにそれを伝えたいのさ いつまでも いつまでも 消えない美しさを あなたが自分の美しさに 気づいたら僕は幸せなんだ 僕は君を想ってるよ 君のキレイに気づいておくれ
あなたといきたいサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター心には今太陽や離れて暮らした母の顔が 浮かぶから僕は生きれる 心に浮かぶあなたと生きたい  愛したい 愛がほしい それだけで他にはないよ 明日になったら愛がわかるかもって毎日思うよ どうして僕は他人や自分のことが苦しいんだろう 君のキライなきたない奴に僕はなってるのかい?  そんな心ならばいっそ僕のことを 笑い飛ばしてはくれないか そんな心ならばいっそ僕のことを 笑い飛ばしてはくれないか  窓の外を見る 外は土砂降り 涙でにじんだ昨日は捨てた あなたと生きたい  心には今太陽や僕に微笑むあなたの顔が 浮かぶから僕は生きれる 心に浮かぶあなたと生きたい  あぁ 明日はじまるのは! (もう終わったなんて俺たちまだ始まってもねぇ) あぁ きっとあたたかい事! (もう終わったなんて俺たちまだ始まってもねぇ)  窓を叩く雨音が今 胸の高鳴りと重なって 世界に僕をよろしくと叫んでるよ! あなたと生きたい  心には今太陽や離れて暮らした母の顔が 浮かぶから僕は生きれる そこに毎日を重ね合わせて  僕たちははじける声と 軽やかな足取りの毎日を 夢見てもかまわないはずさ 心に浮かぶあなたと生きたい
僕の好きな君にサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター僕の思い出も嘘になってしまうよ 明日からもう 君はここには居ないよ 君のすべてを忘れ去ったとしたら それは僕ではないよ赤の他人さ  いまだけそっと僕の前にあらわれてはくれないか? あれは悪い冗談だったのと微笑みかけておくれ  僕の好きな君を 君が寂しくて泣いた夜を 想ったよ 想ったよ だけどもう一度君を想いたいよ 君が微笑む部屋を 優しく朝陽がさすベッドを 思い出にしたくないんだ 届けよ思い 美しすぎたあなたへ  僕の思い出も嘘になってしまうよ 君の寂しい顔さえ忘れてしまうのかい? 時があなたを忘れさせてしまったら それは僕ではないよ赤の他人さ  今からそっとドアが開いてそれが君だとしたら そんなこと馬鹿げてると思ってても考えてしまうよ  僕の好きな君を 君が寂しくて泣いた夜を 想ったよ 想ったよ だけどもう一度君を想いたいよ 君と過ごした日々を 二人で泣いたあの映画のシーンを 思い出にしたくないんだ 届けよ思い 美しすぎたあなたへ  心にぽかり穴が開いて 思い出が吸い込まれてく 街の明かりがまぶしすぎて 逆にひとりぼっち 君が居なくなるってことは 僕じゃなくなるってこと 幻の君でも思いを伝えたいよ  僕の好きな君を 君が寂しくて泣いた夜を 想ったよ 想ったよ だけどもう一度 君を想いたいよ  君の微笑む部屋を 優しく朝日がさすベッドを 思い出にしたくないんだ 届けよ思い 美しすぎた君に  寂しさばかり広がって 朝陽が待てない僕だから 想ったよ 想ったよ 君のこと想ったよ  愛しさってやつよこの僕に 奇跡ってやつを見せてくれ 届いてよ 届いてよ 幻の君でも
愛とは 愛とはサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター僕はひとりぼっち 生きがいもこれぽっち もうそれが嫌だから 僕は今夜決着をつけたい 待ってたぜトラウマたち お前を返り討ちにすんぜ 今までの借りを返して どこまでも駆け抜けてきたい  僕がこの世に生まれたワケは 僕が生まれたワケは あなただけが知ってる 信じてくれ信じてくれ  僕がこの世で生きてくワケは 僕が生きてくワケは あなたと知りたいの 信じてくれ信じてくれよ  愛とは 愛とは 悲しみにくれることじゃないよ 愛とは 愛とは 喜ぶだけのものでもないよ  それで人が苦しみ出して それでミサイルが飛び交って それで新しい命が生まれるもの  流れた日々が汚いだなんてウソだったんだよ 誰かに呪いをかけられたから解きにきたんだよ  昨日は真っ暗闇 今日から違う私 うなれよ僕の命 駆け抜けたい 抱きしめたい  愛とは 愛とは 悲しみにくれることじゃないよ 愛とは 愛とは 喜ぶだけのものでもないよ  それで人が苦しみ出して それでミサイルは飛び交って それで新しい命が生まれるもの
アイ ウォン チューサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター神様 街では無実の子が殺められています それなのに僕は嘘をついて自分を守っています  アイラブユー 今から僕はあなたに歌を歌うから 残された時間は分かち合うだけにすべて使おう  僕はあなたのことが大切なだってわかってたのに 何も出来なかった あふれ出すのは涙だけかよ 愚かな僕よ  あなたと出逢っていくつもの 夜を見た あぁ夜を見た それでも何かが足りないよ 愛してる あぁ愛してる 君の事愛しているの  いくら呼んでもこたえがない そんな夜ばかりを過ごしたよ 消せない過去が 消せない罪を 黒く浮き立たせて だけども僕は見つけたいから 朝まですごすって決めたんだ 消せない過去と 消せない罪と 共に生きるのだから  僕はあなたのことが大切だってわかってたのに 何も出来なかった あふれ出すのは涙だけかよ 愚かな僕 愚かな僕 悲しい僕よ  あなたと出逢っていくつもの 夜をみた あぁ夜をみた それでも何かが足りないよ 愛してる あぁ愛してる このまま奪い取ることだけで生きるなんて悲しすぎるよ 僕にも生きてるワケをくれよ 愛してる あぁ愛してる 君の事愛しているの  さよなら心の中の過去 悪魔のような闇よ ふるえる声は生きてるあかし もう一度始めよう
スローなディスコにしてくれサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター砂浜は思ったより 広くって歩き疲れたよ あの日の思い出どこに捨てたらばいいだろ 波の音はこの僕に 何も語りかけないんだ 誰もいない海で僕の名を呼ぶ 僕の影法師  明日になれば明日の風が吹くというけれど本当だろうか 言わないでおくれその先は そばにいて欲しかったよただ君に  切ない切ない心の愛しさは いつかの痛みの気持ちに似て あふれ出してくんだよ 君へのいろんな気持ち 切ない気持ち 美しすぎた過去 You so beautiful beautiful beautiful あふれ出してくんだよ 君へのいろんな気持ち あふれ出していくんだよ  これからどこに行こうかな さらに続くよ砂浜は どこに行こうともついてくんのかい? 寂しい思い出よ  明日になれば明日の風が吹くというけれど本当だろうか 聞かないでおくれその先は そばに居て欲しかったよただ君に  切ない切ない心の愛しさは いつかの痛みの気持ちに似て あふれ出してくんだよ 君へのいろんな気持ち 切ない気持ち 美しすぎた人 You so beautiful beautiful beautiful あふれ出してくんだよ 君へのいろんな気持ち あふれ出していくの センチメンタルプラスチックハート あふれ出していくんだよ
I love you & I hate the worldサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター僕のばあちゃんが死んでしまった夜に 週刊グラビアアイドルが腕に注射を打っていたんだよ 僕の友達が病気で死んだ夜に 総理大臣は線香なんかあげにはこなかったんだ  僕は今まで思っていた事を誰にも言えなかったよ だけどこれからあなたにだけには伝えたいんだよ 僕が今まで愛していたものや憎んでしまったものを 君に伝えて何かのよりどころにしたいんだ そうしたいんだ  I love you I love you I love you I love 君に伝えたかったよ 心震えるような毎日をずっと送ろう I hate the world I hate the world I hate the world I hate 誰にも言えなかったけど 僕はこんなに憎んでたんだ 世界の色んな事を 色んな事を I love you  僕のじいちゃんが戦に行った夜に ばあちゃん泣いて誰も死んでくれるなって祈っていたんだよ 僕の友達が病気で死んだ夜に 大臣先生は若者の夢について演説してたんだ  僕は今まで思っていた事を誰にも言えなかったよ だけどこれからあなたにだけには伝えたいんだよ 僕の愛した色んな喜びや憎んでしまったものを 君に伝えてこれからのよりどころにしたいんだ そうしたいんだ  I love you I love you I love you I love 君に伝えたかったよ 心震わす素晴らしい毎日を送ろう I hate the world I hate the world I hate the world I hate 誰にも言えなかったけど 僕はこんなに憎んでたんだ 世界の色んな事を 色んな事を I love you  流れ流れてウソの果て 明日がどこかもわからずに 父と母を泣かせた僕に ステキな明日はきっとこない 神様僕の体には悪魔が居ます 許してください  I love you I love you I love you I I love 君に伝えたかったよ 心通わす素晴らしい毎日を送ろう I hate the world I hate the world I hate the world I hate 誰にも言えなかったけど 僕はこんなに憎んでいたんだ 世界の色んな事を 色んな事を I love you I hate the world I love you I hate the world
傘にさせてくれサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターあの時君と出逢わなければ 今の僕はないと思うんだ さよなら愛しき日々 あなたの傘になりたかった  あぁ この街の夜は とても寂しいとこだよ 君が好きだったセーターを 僕はまだ着れないでいる  できるなら僕はこの街で あなたの傘になりたくて でも僕は傘になれなかったんだ 街はどしゃぶり  あの時君と出逢わなければ 今の僕はないと思うんだ さよなら愛しき日々 さよなら愛しい人よ いつまでも君を忘れないよ 出逢えてホントによかったんだ 伝えたいことばっかだよ あなたの傘になりたかった  ディンドン ディンドンとカネの音が鳴るからゲームオーバー インフォメーション そんなもんは全部嘘ばっかだそうだ インターネット なんかじゃ 君を探せないぜどうだい? 禁断症状 君のために出続けたんだ  悲しいことは時が癒す そんな言葉は信じないよ 今でも君と分かち合いたい 街じゃ僕ひとりだけだけど  心をクリーンに保とう 今でも遅くないだろう 思い出ボロボロと響く僕の夜に 街はどしゃぶり  いつまでも君を忘れないよ 出逢えてホントに良かったんだ さよならキレイな人 もう一度抱きしめたかった あの時君と出逢わなければ 今の僕はないと思うんだ さよなら愛しい日々 あなたの傘になりたかった あなたの傘になりたかった
きみはともしびサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターボクは今夢見ていることがある キミのことが知りたいよ キスミー ピンチの時はキミの事守ってホメられたい プラネタリウムの星空を 二人だけで見続けるんだ 今は夢見るだけだけど 夢を見るだけでドキドキするんだ  キミが笑っている姿は キミが想うよりキレイなんだ 自信なさげにバイトをするキミに教えてあげたい 清純アイドルなんかには ボクは興味がないからさ それより目の前の君のキミの 笑ってる顔をもう一度見たいよ  キミは自分のこととっても ダメなヤツだと言うけれども そんなことはデタラメだってボクが今証明する 頼りなさげに笑う時 ボクは死ぬ程ウレしいんだ こんなカンジのキレイさは 着かざったってできるワケないんだ  あぁ ボクは悲しみにはいつも負けてしまうけれども あぁ ボクには夢がある キミについての夢  抱きしめたいキミの過去 抱きしめたいキミへの夢 愛したい 永遠に キミの未来 キミへの夢を 毎日が夢に見たキミじゃないかもね多分 かまわないよ かまわないよ ボクの夢はそんなに小さくはないんだ  あぁ ボクは愛しさを形にはうまくできないけど あぁ ボクには夢がある キミについての夢があるよ  クールにキメる仕草なんかは ボクには意味がない事だよ キミがクールじゃないならクールじゃないキミを愛するだけ キミが話すフツーの事 ボクはただ聞いていたいよ 今は夢見てるだけだけど 夢見るだけでもドキドキするんだ  キミが笑ってる姿を見て ボクはさびしくなる事がある 君の喜ぶことは多分ボクの知らない事だから だけどキミが笑うってことは ボクの夢がかなうってこと 不思議な心の動きが ボクの思いをまた強くするんだ  あぁ ボクは悲しみにはいつも負けてしまうけれども あぁ ボクには夢がある キミについての夢  抱きしめたいキミの過去 抱きしめたいキミへの夢 愛したい 永遠に キミの未来 キミへの夢を 毎日が夢に見たキミじゃないかもね多分 かまわないよ かまわないよ ボクの夢はそんなに小さくはないんだ  あぁ ボクはホントは夢では終わらせたくないけれど あぁ ボクには夢がある ボクについての夢があるよ
新しく光れサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターこのまま消えても かまわないなんて そんな言葉はもっとズルくなってから言えよ 君が泣いてるのに 僕は何もできなかった 心の中じゃこんなに君を守りたいのに  聞こえるかい? 心臓の音 それが命だよ 君の居場所をずっと探しつづけてる 君だけの音  忘れないでくれ愛してる事 僕は嘘などついてないよ 君の涙飲みほしたら 笑ってくれるかい? 美しく光れあなたの全て こんなヤミの世の中だって 君のこと愛したいんだよ わかってくれるかい? 僕は君と夢を見たいんだ  命のワケなど 知りたくないなんて そんな言葉はもっとズルくなってから言えよ 君が泣いてる時 僕はずっと愚かだった 心の中じゃこんなに君を守りたいのに  聞こえるかい? 心臓の音 これが本音だろ 君の居場所をずっと叫び続けてる 君だけの音  忘れないでくれ愛してること 僕はどこにも行かないよ 君の涙飲みほしたら わかってくれるかい? 新しく光れあなたの全て こんなヤミの世の中だって 君のこと愛したいんだよ 信じてくれるかい? 僕は君とわかち合いたいんだ  僕は乾いた心の者 その一人なのに  君の前ではカッコつけて 神父さまみたいにふるまってる ジリジリと呼び鈴が鳴って僕は呼び出されて ウソの名前をつけられて 今じゃそれを大切にしてる 乾ききった君と僕で旅に出ようよ そして小さなことだけを見るんだ 二人で分かち合うんだよ  忘れないでくれ愛してること 僕は嘘などついてないよ 君の涙飲みほしたら 信じてくれるかい? 美しく光れあなたの全て こんなヤミの世の中だって 君のこと愛したいんだよ わかってくれるかい? 僕は君と夢を見たいんだ
ポップライフサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター大海原 一目散に行ったならば死んじまった友に向けてLoveおくりたい 俺はだめだまだひとりだけ取り残されたから  愛と暴力 ダイナマイト ヒットエンドラン 世界はまだなんでまたもアナタにだけこんなふうに冷たいのだろう?  人生セルフカバー 許してよマザー 人は死んだら空のかなた ミリオンダラ 生まれ変わって聖者になってしまったから だい・とかいのナイトライフ セックス&ドラッグ 世界はまだなんでまたも僕らにだけこんなふうに冷たいのだろう?  断罪すんのまだ? おわりの歌が赤道スレスレの夜をこえてきたから 触れあうとただ血が出たよブラザー 景色だけがゆがんでった  真実とダンスナンバー アイ ラビュー ソーバッド 世界はまだなんで僕のカラダにだけこんな仕打ちしたがるのだろう Sorry ass bum.........
僕の名前はブルースと言いますサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター高層マンションからヒーローが アイスキャンディーを4つかかえて 誰にも言えない秘密を胸に 近所の内気な娘さんを口説いてるよ  ヒーローなんかになっちまったからだよ  あぁ 知らない所へ行きたいなって君は言うけど あぁ 要らないものばっかりだと言ってるくせに君はいろんなもの放さないね  木枯らしビュービュー吹いてガケの上とっても正しい大先生が オレの言う通り生きてりゃいいんだと さっきのヒーローにつめ寄ってる  お互いお体は大事になさって下さいね  あぁ 愛だけあれば何もいらないと二人は言って あぁ 木枯らしビュービュー二人の背中をとっても悲しく揺らしているよ  あぁ 悲しみが僕の上でぐるぐるまわってる あぁ 喜びが僕の上でとぐろを巻いている  東京都下井草では 本日小さな地震がありました 申しおくれてごめんなさいよ 僕の名前はブルースと言います
できっこないを やらなくちゃPLATINA LYLICサンボマスターPLATINA LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターどんなに打ちのめされたって 悲しみに心をまかせちゃだめだよ 君は今逃げたいっていうけど それが本音なのかい? 僕にはそうは思えないよ  何も実らなかったなんて悲しい言葉だよ 心を少しでも不安にさせちゃだめさ 灯りをともそう  あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も 今世界にひとつだけの強い力をみたよ 君ならできない事だって 出来るんだ本当さウソじゃないよ 今世界にひとつだけの強い光をみたよ アイワナビーア君の全て!  やはり自分じゃだめかなんて無駄な言葉だよ 心を少しでも不安にさせちゃだめさ 灯りをともそう  あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も 今世界にひとつだけの強い力をみたよ 君なら出来ないことだって出来るんだホントさ嘘じゃないよ 今世界にひとつだけの強い光をみたよ アイワナビーア君の全て!
ラブソングGOLD LYLICサンボマスターGOLD LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターいつまでも続いてゆくと 僕はずっと思ってたんだよ あの日君がキレイすぎるわけを 僕は何も知らなかった  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う どこに行くんだよ 僕は何もできなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  僕はカラッポになってしまって ぬけがらみたいになったよ 美しすぎた君の姿を 僕は今日も想ってしまうんだ  神様って人が君を連れ去って 二度とは逢えないと僕に言う そんなサダメなら聞きたくはなかったよ 美しすぎた人よ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 声が聞きたいよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は君と僕とのメロディー 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ  今夜も君の姿 探してしまうよ 想い出の手紙を 捨てられずいるよ もう声は君には届かない 奇跡がおきるなら もう一度 もう一度だけ  あいたくて あいたくて どんな君でも 願いごとがもし一つかなうならば いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ ずっと君のそばにだけいたかったんだ 心の中は涙の雨のメロディー 君と過ごした日々を忘れることなんてできずに  だけどそいつが僕のカラッポを埋めてくんだよ
世界をかえさせておくれよGOLD LYLICサンボマスターGOLD LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター世界をかえさせておくれよ そしたら君とキスがしたいんだ 世界をかえさせておくれよ そしたら君と夢が見たい 世界をかえさせておくれよ そしたら君とピアノにのぼって 世界をかえさせておくれよ そしたら君とキスがしたい  いつか君と約束したことが 僕は出来ずに今も生きてるの 街のポストに君あての手紙を書いて送れずにいる  僕がみつけた恋が こんなにも苦しいとは 意味なくボルテージだけ上がっていく  今夜はちょっと寂しい気分だよ 楽しい話聴きたいなベイビー 明日はきっと違う気分だから 今のうちにガンバリなよベイベー  毎日を美しくしたい 意味なく暴れてはっちゃけたい 僕を滅ぼす闇に美しく歌う 君を探しにいくよ  僕はくだらない毎日を変えて君とキスしたい  世界をかえさせておくれよ そしたら君とキスがしたいんだ 世界をかえさせておくれよ そしたら君と夢が見たい 世界をかえさせておくれよ そしたら君とピアノにのぼって 世界をかえさせておくれよ そしたら君とキスがしたいんだよ  妄想恋愛男子 oh yeah! 妄想恋愛女子 oh yeah! 迷宮恋愛粉砕 oh yeah! 残酷現実 oh yeah! oh yeah!  今夜はずっと悲しい気分だよ優しい声が聴きたいなベイビー この二時間の君の頑張りから明日の恋が変わるかもベイビー  恋ならば今すぐにしたい 今年はなにかとはっちゃけたい 君を悩ます闇に明かりを灯して僕とここを抜け出そう  僕はくだらない毎日を変えて君とキスがしたい! 僕はくだらない毎日を変えて革命を起こしたい!  世界を変えさせておくれよ そしたら君とキスがしたいんだ 世界を変えさせておくれよ そしたら君と夢がみたい 世界を変えさせておくれよ そしたら君とりんごをかじって 世界を変えさせておくれよ そしたら君と夢が見たいんだよ
あかしサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター痛み 君と分かち合えたならば  痛み 君と分かち合えたならば 今よりも君に近づけるかな 声に色んな心を込めてよ 僕それを逃げずに受けとめるから  深く深く時がながれ 君の痛みの訳も いつかやわらぐだろう 僕にそのやわらぐ日々を 見つめつづけさせてくれ 僕は今とても強くなりたいよ もっと美しい心  愛することだけが 僕のあかしならば 愛しさそっと夜をこえろ 抱きしめてみたい 君と話す時に 泣きそうになるのは 悲しいワケではないんだよ 抱きしめてみたい 君と笑いたい 夢みる 夢みる あぁ 僕か生きていく証にさせてくれ  夜明け 白む街を通り抜けて 僕 寝ないで君の歌を書いたよ  歌い出した鳥が少し羽根を休めるように 君もうつむくだろう  僕は君のそんな時に現れるよ いいだろう 僕は今とても 強くなりたいよ もっと美しい心  愛することだけが 僕のあかしならば 愛しさそっと夜をこえろ 抱きしめてみたい 君と話す時に 泣きそうになるのは さびしいワケではないんだよ 抱きしめてみたい 君と笑いたい 夢みる夢みる あぁ 僕の生きていく証にさせてくれ  抱きしめてみたい 抱きしめてみたい 夢みる 夢みる 夢みる 夢みる
僕は自由サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター月面にこだます 膝を曲げた祈りに サンキュー 60ノットの風が ××××× ドブ野郎のポケットに  突然にクダまく 短すぎた怒りに 誰かこの腕をちぎってくれ 仲ばしたその先が銃になる  僕は何も見てないよ だから どうか 僕をここから出しておくれ 今 日本中の同じ奴はよく聞けよ  僕は自由 僕は自由  僕は自由 離して ここにはいられないから 心が消えるだけ あぁ 僕は自由 離して ここからはもう行かなくちゃ 心が死んでしまうよ 心が消えちまう  的確にうなり出す 赤い夢の秘密に 誰ぞこの子に愛の手を 隠したそのシャツが親がわり  僕は何も知らないよ だから どうか 僕をここから出しておくれ 今 日本中の同じ奴はよく間けよ  僕は自由 僕は自由  僕は白由 離して ここにはいられないから 心が消えるだけ あぁ 僕は自由 離して ここからはもう行かなくちゃ 心が死んでしまうよ 心が消えちまう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
君を守って 君を愛してGOLD LYLICサンボマスターGOLD LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターLove you はじめて会ったのは 土砂降りの雨だったね 君は 雨の中でもわかるくらい泣いていた  Love you さびしい心が 君をおそう時があったって 僕は 君の一秒ごとを気にしているよ  君が涙を流す悲しみはわかるから 僕はそばにいたいんだ君の涙を全て 受けとめる  君のこと守るよ僕が 君を苦しめる全てのことから 他になにもできなくなっても 僕はかまわない  完璧には出来ないけれど でも絶対君を幸せにするよ 僕は誓うよどんな時でも 君を守るから  love you はじめて聞いた言葉は 泣かないでだったね 君は 僕にそう言っているくせに泣いていた  love you うまく笑えない自分自身を君が責めたって 僕は 君の一秒ごとを愛しているよ  嵐の中を 君を探しに行ったとき 土砂降りのなか佇む君を見て 守らなきゃって決めたんだ  君のこと守るよ僕が 君を苦しめる全てのことから 他の誰かに笑われたって 僕はかまわない  完璧にはできないかもね でも絶対君を笑顔にするんだ 僕は誓うよどんな時でも 君を守るから  流れ星が流れるまで 君と呼吸をあわせて 願いごとを祈る君を 守れますようにと祈るよ  僕の生命の終わりは 君にそばにいてほしい 最後の一瞬だけは 今度は君が僕を見守っておくれ  君のこと守るよ僕が 君を苦しめる全てのことから 他に何も出来なくなっても 僕はかまわない  奇跡なんか起こせないけど 君といることが僕の奇跡だよ 僕は誓うよどんな時でも 君を守るから
新しい朝サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター時が来ればそれは忘れる事だと 教えてくれたのは君だったんだよ 明日の帰り道いつものところで 晴れていても傘は忘れずおいでよ  あぁ世の中はつらく悲しいところさ でも時は来てるよ あわてるなよ あわてるなよ 僕達よ  苦しくて悲しくてやり切れないような 僕の心も朝陽に染まるよ 今までは言えなかった言葉が僕のこと急かしてるのさ 新しい朝  はかないのはそれは命だからだと 教えてくれたのは君だったんだよ 明日の帰り道どこまでも駆けて 君の好きなところでレモンを置きなよ  あぁ僕達をくもらせている青い影 もうなんにもないよ 自分が特別な奴等には  夕なぎが暮れなずむ そこでも僕達は うまくできずに涙流れるよ 重ね合うその手には明日が握られているというのか 新しい朝  あぁ世の中は明かりの灯らぬところさ でももうすぐなんだよ あわてるなよ あわてるなよ 僕達よ  切なくて胸に染む言葉は溶けるよな そんな街でも朝陽に染まるよ 今までは解けなかった謎でも今日からは解けちまいそうさ 新しい朝 新しい朝 新しい朝
青春のベル鳴りっぱなしサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターこのまま僕等がわかったとして わかったとして この世の全てをわかったとして わかったとして 砕け散る悲しみとは僕等の事 揺れてはかえす希望グシャグシャなままでも 歌えよ  さぁ リズムをあげて旅に出るの 今 命が芽吹く 愛しき影は揺れる この世の果ての悲しいワケを 今 削りとってやる それをしに行くんだよ 行くだろ  このまま僕等が笑ったとして 笑ったとして 涙の壁を抜け笑ったとして 笑ったとして 夜に咲くアダ花とは僕等の事 教えて 彼方にそっと揺れているマボロシの秘密  さぁ リズムをあげて 旅に出るの 今 ウズキ出している 僕等のケチなサダメ 名もなき花の花言葉がほら 君を待っている それを忘れるなよ 忘れるなよ  これまでのサヨナラと夢に見たあの景色が僕の事せかすんだよ 命の色が 変わる 変わる 変わる 変わる  叫び出す衝動のホラ イカレたトコ 駆け抜けるケモノのようさ僕等はもう 教えて 残された日々の事を どうして 命は消えてしまうのだろう それでもかけぬけて 歌えよ  さぁ リズムをあげて 夢を見るの 今 奇跡がおこる 合図のベルが鳴る みつめる先のその向こうに 今 全てをかける そんな僕達だよ 僕達だよ
春なんですサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター泣かないで もうすぐ街では春なのです 横顔とかスカートがそう風に揺れるのさ くだらない悲しい奴等放っとこうぜ 雪解けを見に行こうよ  何にもない心から 何でもない心まで 全てに恋が生まれて 出来るだけそのままで もしも霧が晴れるのなら あなたの横顔見せて 願いが叶う教会で二人はベルを鳴らすの これから二人は春なんです  今まで僕等は 分からぬ事を言われたの 悲しいくらい誰かを信じようと言われても くだらない悲しい奴等放っとこうぜ 朝焼けを見に行こうよ  何にもない心から 何でもない心まで すべてに恋が生まれて 出来るだけそのままで もしも霧が晴れるのなら あなたの横顔見せて 願いが叶う教会で僕等はベルを鳴らすの これから二人は春なんです
21世紀少年少女サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターこのまま僕の事連れて行っておくれ ただ かすかに揺れる羽音 そいつを聞かせて  どこまでも続くと泣いたろ 悲しみの向こう 君だけが今夜泣いてるワケじゃないよ そうだろ?  真白に続くこの世に 真っ暗闇の世界に 僕と君だけじゃないか ふるえる程の世界で 僕たち何かやらかそうぜ 君の事分かりたいだけさ これから何かが起きそうさ  今 ここから何か起こる予感がするの ねぇ 彼方に揺れるかげろう そいつを追わせて  僕等の夜にだけ咲いたよ アカシアの花が 疑う事だけで誰かを許せないよ そうだろ?  悪魔が揺れるこの世に 真っ暗闇の昨日に 僕と君だけじゃないか カーテン越しの夜中に 広がる想像の星 君の事わかりたいだけさ 今から何かが起きそうさ  僕はいつかさびしさのために ひどく人を傷つけるかもな だから僕は君をさがすのさ  いつからか僕等に咲いたよ 名も知らぬ花だよ 君と僕だけが愛せる世界だってあるだろ?  真白に続くこの世に 明日をも知れぬ世界に 僕と君だけじゃないか 悲しみのない世界に いつかは僕等そこへ行って 君の事守りたいだけさ 今から何かをしでかそうぜ
ひかりひとしずくサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター心のカギは解いて あの娘は本気だから 心のカギは解いておくれ 重ねる手のひらから 何かが生まれるのさ 僕はいつでもそこで歌おう  いい加減な言葉で 僕を決めつけるなよ そんな所に僕はいないぜ 僕は君の全てで 君の全ては僕さ だから自分を見つめてくれ  このまま涙はキラめいて 全ての夜と昼を焦がす 見てきた夢の光と影 過ぎゆく時を君と取り戻す  ひかりひとしずくあなたの事 照らし出したよ そんな夜だよ このままあなたと笑って暮らす それより他に何があるんだろう それより他に何があるんだろう 光なのさ 君が光なのさ  心のカギは解いて あの娘は本気だから 心のカギは解いておくれ 解放の鐘の音が 逆に縛りつけたろ? だからそいつを壊しに行くよ  真夜中二時に唄う歌は 奇跡と闇の残り火なの 無くした日々のレクイエムと 明日の風をすべて飲み込んで  ひかりひとしずく僕等のこと 照らし出したよ ウソじゃないんだよ このまま朝まで踊って過ごす それより他にしたくないんだもん それより他にしたくないんだもん  アイ ラブ ユー! 若者たち!  僕にはもう何もないのさ 君を想う事しか出来ぬ はかない涙を全て今 僕のホホからあなたに伝える  ひかりひとしずくあなたの声で 唄い出しなよ 時は来たんだよ このままあなたと死んでも過ごす それより他に何があるんだろう? それより他に何が要るんだろう?  光なのさ 君が光なのさ ひとしずくの光なのさ
グッドモーニング センチメンタルウーマンサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターいつの間にか僕等は喜びを見失って でもそれも昨日までさ今からは取り戻すんだ  よりそってしまうのは弱さのせいじゃないだろ? はにかんで探すのさ冷めた夜の向こう側 踊る 踊る  グッドモーニング 震えさせて これから君が起こす奇跡で 僕等は風になって答えを吹かせるのさ  胸が痛むようなそんな毎日さ 毎日さ 始まりの時を知ってつながれた二つの手  うるおしておくれよ 心の今奥の方 はにかんで触れるのさ 冷めた夜の向こう側 踊る 踊る  グッドモーニング 履きふるしたような日々は昨日で過去の墓場へ 悲しみ胸に持つあなたに用があるのさ  明日も夢を見るだろう 踊る 踊る 踊る  グッドモーニング 窓を開けて新しい想いで祈っているの 時計がどこをさしても時間(とき)は止まったままになるの 今 この世の溢れ出すものに捧げる
オルフェvsグッバイハイスクールサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター金輪際心は誰にも見せぬ そうやって過ごそうとしてたら 勇敢なのは僕じゃなくて君の方 気にせず話してくれたろ?  明日のどこかで手紙を読んでよ はっぴぃえんどだって聴いて欲しいんだよ 奴等の言う事が本当だとしても 二人で旅に出るの  心の中は映画のように このままずっと二人きり まるで僕等が主役みたいに  僕等の事を決めつけんなよ 心の中はいつも思春期 そして恋はマボロシのように 僕等の恋がマボロシのようだよ  三十回心が折れ曲がっても 再び立直って見せるよ 大切なのは僕じゃなくて君の方 一人じゃさびしいだけだろ?  明日のどこかでダンスを教えてよ 君の好きなWHOで踊りたいんだよ もうすぐこの世が終わるとしても 朝まで踊りまくろう  心の中は映画のように このままずっと二人きり まるでフランスの役者みたいに 僕の彼女に手を触れるなよ 心の中はまだ反抗期 そして恋はマボロシのように マボロシのように 君と二人だよ オルフェの中のジャンマレーのようだよ
少年エレクトリックサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターかさねる毎日が僕の事ズタズタにしたんだぜ あぁ なぜに僕だけ取り残された気分になるんだろ?  言葉より伝わるモノを見せて 世界よりアナタの事想うよ ウソくさい影法師をあばいておやりよ boys & girls  少年エレクトリックこの夜を振り返んなよ あぁ 一人ぼっち革命なんだ 少女もエレクトリックかわいい君よ振り返んなよ あぁ 僕は君と恋したいんだから  今 夜とか 明日の夢とか 僕は要らない だから  あばかせておくれよ ウソくさい世界の影法師を ねぇ boys & girls  少年エレクトリックこの夜を振り返んなよ あぁ 一人ぼっち革命なんだ 少女もエレクトリックかわいい君ようつむくなよ あぁ 僕等の恋は無敵なんだから  あばいておやりよ ねぇ boys & girls  完全エレクトリックこの夜を変えてみせんだぜ あぁ 一人ぼっち革命なんだ 思春期レボリューション愛しい君よ忘れるなよ あぁ 僕ならいつでも歌うんだから
愛することのすべてサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターこれから僕の言葉が誰にも届かないとして だけども叫ばずにはいられない 今夜も涙が出たよ 難しい話じゃないよ ただあなたの事を思っただけだよ  でも 戻れぬ過去はそのままさ ほら 笑って笑っておくれよ 今 心がざわめくのだから 行かねばダメなのだ!  愛することの 愛することのすべて 僕に教えて すべて消えちまう前に 愛することと 君を守ることすべて 僕に教えて すべて消えちまう前に すべて消えちまう前に  心の中の何かが明日を変えようと言って だけども僕には何も出来ない 今夜も人を傷つけたよ さびしかったわけではないよ ただこの世がとてもつまらないだけ  でも 微笑む君はそのままさ ねぇ 歌って歌っておくれよ ほら 私はここにいるのだから 行かねばダメなのだ!!  愛することの 愛することのすべて 僕に教えて すべて消えちまう前に さびしい心 そいつのワケを全て 僕に教えて すべて消えちまう前に すべて消えちまう前に  許し合うこと 君を守ることすべて 僕に教えて すべて消えちまう前に 本当のことを 本当のことをすべて 僕に教えて 僕が消えちまう前に 僕が消えちまう前に
揺れるラブマンのテーマサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターさよなら怒り その名前で旅に出ようぜ くだらぬ日々に 僕の方でオサラバするんだ  ねぇ いつか誰かが君をひどくみじめにしたろ? カタキをとるぜ 揺れてく 揺れてく  ラブマン 揺れて二人の予感が つながる つながる 旅立つ僕等は地図を見ねぇんだ 越えてく 越えてく ラブマンの揺れる夜に風が吹いている  言葉は光 その名前を君に贈るぜ 見慣れた街に 君と僕でオサラバするんだ  ねぇ いつか誰かが僕を引き止めるとするだろ? それでも行くぜ 揺れてく 揺れてく  ラブマン 報われなきゃ困るんだ つながる つながる 墓石だらけの日々はごめんだ ふるえる ふるえる ラブマンの揺れる夜に危険がせまる  ねぇ いつかあなたが僕に愛を語るものとしよう その日を待つぜ 揺れてく 揺れてく ラブマンが僕に告げる  カムバック世界を取り戻すんだ つながる つながる ずいぶん長らく待たされてんだ ふるえる ふるえる そう いずれ何かの時は語る事もあるよ 人類学でも解けないような鐘の音響いてる ラブマンの揺れる夜に時間がせまる
光のロックGOLD LYLICサンボマスターGOLD LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターかけちがえたボタンだけ外しても 僕等は何にも変わらないだろ? 僕等はずっとここで夢だけを見て 何もしないほどドジじゃないのさ  今まで無くしたモノと これから君が見るもの すべて取りかえたならば 変われるのかな 変われるのかな  今まで君が泣いた事 はにかんだ言葉で話してよ 真っ黒な心のヤミをぬぐい去ってく いつかの僕は捨てたいの あなたの事抱きしめてたいの 欲望はこの静脈を流れ出していく  砂漠の中で夢だけ見ていても 奴等のズルさは見抜けないだろ? 僕等はずっとここで涙を流し 自分を責める程弱かないのさ  今まで君が聞いたもの 思い出のあの歌なんかを 朝まで歌えたならば 許せるのかな 許せるのかな  今から僕は歌うから かじかんだ心は溶かしてよ 真っ黒な震える夜は ぬぐい去ってく 僕等の夜は汚れたら 誰の事も信じられないの 欲望はこの静寂を破り出して行く  少年少女!! 青春爆走!! 君の事だけ考えさせておくれ!  今まで君が泣いた事 はにかんだ言葉で話してよ 真っ黒な心のヤミを白に染めてく いつかは死ぬと決まっても あなたの事忘れられないの 欲望がこの静脈を崩れ落ちていく  崩れ落ちていく 涙を流す 朝まで踊る 恋をしていく
奪いとることについてサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター奪って 奪って ドブ野郎 奪って 奪って ドブ野郎  昨日見たニュースが悲しすぎたから 俺はドブ野郎になってしまったのさ  昨日見た夜空が悲しすぎたから 俺はドブ野郎になってしまったのさ  奪って ドブ野郎 奪って ドブ野郎  昨日見た夢が悲しすぎたのさ ドブ野郎の俺を呼んでいる声  あの列車に乗れば 僕もドブ野郎だという 奪うだけの男 そうドブ野郎  奪って 奪って 奪って 奪って 全て見るものを あの列車に乗れば もう俺はドブ野郎  奪って ドブ野郎 奪って ドブ野郎 奪って ドブ野郎 奪って
very special !!サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今夜 震える心まで響けよ 深い愛の歌 唄うの どんなおそれる心でも踊れよ 深い過去 今  サハラ砂漠どしゃ降りの雨 君と笑うために降らせるの かなり悲しいアカシアの雨 僕の涙ここで途切れるだろう ドゥビ ドゥビ ドゥ アイ ラブ ユー そう 君だけさ ハ ハ ハ ハ very special !!  今までのこと忘れておくれ 君と僕だけさ これから僕はカメラなど投げ捨てて 旅に出るのさ  今夜 震える心まで響けよ 深い愛の歌 唄うの 誰も知らない心まで踊るの 深い過去 今  very special !! と恋と革命について語る  今までのこと忘れておくれ 僕の夢なんてさ これから僕はカメラなど投げ捨てて 本当の事を探してくのさ  今夜 震える心まで響けよ 深い愛の歌 唄うの このまま溶けても僕らは 踊りをやめないんだ  very special !! 深い過去 今  歌えよ 踊れよ 二人とvery special !!  そして僕は今日も唄う
コースターサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター君をながめた駅から 裏通りの車道から こんぺい糖を買いにゆく おばさんのカゴから  どこかへ消えちまったよ 思い出なんてキタナイよ だけども今夜はちょっとだけ 思い出すかもな  コースター さよなら日曜日  もくもく煙る工場やら それをながめた僕等やら とってもさびしい話さ 僕だけにしまっとこう  どこかへ消えちまったよ なつかしむのはキタナイよ だけども今夜はちょっとだけ 思い出すかもね  コースター さよなら日曜日
ベイビーベイビースーサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターこの世の終わりの その可能性を 見せておくれよ ベイビーベイビースー  奴等の言う事は 全てウソっぱちだよ 僕を信じてよ ベイビーベイビースー  踊り子さん達と 寝てみたいんだよ かなえておくれよ ベイビーベイビースー  ホントは中身は カラッポなんだろ? 物知り博士さんよ ベイビーベイビースー  窓の外ではもう街路樹が 小雨でけぶっています 今夜も誰かが恋人たちを バラバラにしちゃった  この世の終わりの その可能性を 見せておくれよ ベイビーベイビースー  バレちゃまずい事で 満たされたいんだろ? それが望みかよ ベイビーベイビースー  ベイビーベイビーベイビーベイビースー ベイビーベイビーベイビーベイビースー ベイビーベイビーベイビーベイビースー ベイビーベイビーベイビーベイビースー
I Love Youサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターアイ ラブ ユー 君 アイ ラブ ユー 君 切なさでこの僕を溶かしておくれ  ユー ラブ ミー 僕 ユー ラブ ミー 僕 君の事いじめる奴から守らせておくれ  抱きあって高まっていくんだ イラついて痛み走るよ 僕だけがはぐれてしまう そういうルールで輪になってゆく  君の涙に僕はなりたいのさ I Love You 僕等は恋をするんだ アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー  深くなぐさめておくれ 愛しい人 I Love You どこかで声がするんだ アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー  もしもこの世がくだらなくても 君はいた方がいいよ 死んではだめなのさ  抱きあって高まっていくんだ ギラついて涙がでるよ それだけじゃはぐれてしまう そういうルールで輪になってゆく  苦しまないで 僕のキレイな人 I Love You 君の歌をうたうんだ アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー  心の弱い君が愛しいのさ I Love You 心が涙するんだ アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー  アイ ラブ ユー 君 アイ ラブ ユー 君 僕の事 愛しい人と思っておくれよ  抱きあって高まっていくんだ イラついて痛み走るよ 僕だけがはぐれてしまう そういうルールで輪になっていく  君はいたほうがいいよ  深く愛させておくれ 愛しい人 I Love You 僕等は恋をするんだ アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー  心は弱い僕さ 愛しい人 I Love You 僕を溶かしておくれ アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー アイ ラブ ユー & ユー アンド ミー
何気なくて偉大な君サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター僕等が誰にも言えなかったことは この世の誰にも触れさせやしないのさ 誰も僕等をみじめにできるものか いつか僕等が見たような明日の虹は どこかへ消えたって 僕等は受け入れたんだ だからこそ今 おぉこんな僕でも 君のこと誰かに自慢したい気分なんだ  走り去って消えたモノが 今になってわかったのさ 誰かの悲しい言葉でなく 君の何気ない一言だけが僕に気付かせたんだ 奇跡が決して特別じゃないってこと 僕等悲しみ続くならば ただそれを忘れたっていい 泣き叫んでもいい そんな毎日を送ろうぜ  誰かの優しさがウソだとわかったら 僕等はどうしても傷ついてしまうモノな だけど心までみじめにさせちゃダメなんだ そう僕等がいつか無くしたモノは 多分もう見つからないと 僕等は受け入れたんだ だからこそ今 おぉこんな僕でも 君のこと世界に誇りたい気分なんだ  夜になって消えたモノが今になってわかったのさ 僕らの悲しい思い出より 君の大事な一言が僕の心を変えたのさ 誰もが決して特別じゃないってこと 僕等歌声途切れたら ただそれを歌わなくてもいい 忘れたっていい そんな毎日でいいのだ  僕にとってこの世界は理由(わけ)もなく怖いモノなんだ 大切なはずの人にも裏切ってばかりきたんだ 走り去って消えたモノや 今になって気付いたモノが 僕のこと呼び止めて唄いだす  そっと何気ない横顔だけが僕の待ち望んだモノなんだ 決して特別じゃないってこと 僕等心に刻むなら 世界は痛みの中で変わり始めて 君の言葉や肌の色を越えて そんな毎日を送ろうぜ  そして僕達は決して恐がらずに 言葉と肌の色を越えてさぁ 唄おうぜ 唄おうぜ  アイ ラブ 世界 アイ ラブ 君 アイ ラブ 汚れちまった過去  アイ ラブ ユー
僕と君の全ては新しき歌で唄えサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター僕たちの朝は今までのことただ許せるまで祈るのさ 輝くものにただ明日のため 歌えよ 僕らの生きたその証に水色模様の愛を探そう 心を乗り越えよう  心が僕らの涙の理由(わけ)をあたたかくするよ 明日は一晩中僕らの過去をあなたと話そう ホントのまだ君のこと知らないクセに涙が流れたのさ  これからの君は涙の過去をただ忘れるため過ごすのさ 見てきたものはただ自分のため 使えよ 僕らが泣いたその後には水色模様の愛を探そう 心の中歌おう  あなたが僕らの涙の理由(わけ)をあたたかくするよ 明日は一晩中涙の過去をどこかに捨てよう 今までまだ君のこと気づかぬなんてどうにかしていたのさ  そして僕は君に誓おう 今夜もまた誓おう  心が僕らの明日の日々をあたたかくするよ あなたは今までの涙の過去を僕らと捨てよう 今からもう君のこと知らないなんて誰にも言わせぬのさ 言わせぬのさ  喜びだけがぼくらに溢れて
東京の夜さようならサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター真白の波を見ていただけなのに 心は何故か砂漠の中みたい  だから今夜 許しておくれよ 今夜 話しておくれよ 僕等「夢は終わった」と言われただけ だからどうしろというのさ  バイバイ バイバイ
ベイビー優しい夜が来てサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター愛しさとは 涙の中で知るもので 喜びとは 僕らを照らす灯りとなるもの ほらごらんよ いつもの街に子供の声が聞こえるだろ 僕らの過去と未来を許すような景色さ 誰かが歌うよ今夜も 夜空に光るよ星は 明日も輝けるような夢を ベイビー優しい夜が来て ベイビーただ明日になる ベイビーこんなハズではなかっただろう?  僕たちは 今だけそっと笑いあって それでいいのさ 僕らを包む光の粒をあびて眠れよ 誰かが歌うよ今夜も 夜空に告げるよ過去を あなたとおどけちまうような明日を ベイビー優しい夜が来て ベイビーただ明日になる ベイビーこんなハズではなかっただろう?
二つの涙サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター君だけにありったけの花束を贈るだけが愛じゃないだろう 声をあげて確かに今日泣いたろう 僕だけに理由(わけ)を話して そして二人生まれ変わるの  重なり合った二つの涙がそのまま愛に生まれ変わる いつまでもいつまでも 心をつなぎとめてく 僕らに何も無いのは知ってるよ それでも君が何も出来ないのはイヤさ 君が好きさ 心は新しくなる 涙が生まれ変わって自由になるの  僕は今 世界がウソじゃないと思った この場所で過去と未来がつながって 全て生まれ変わるの  重なり合った初めての涙 そのまま愛に生まれ変わる いつまでもいつまでも 心をつなぎとめてく 僕らが汚れてるのは知ってるよ それでも君がうしろめたいのはイヤさ 君が好きさ 涙が生まれ変わって 心が新しくなる 自由になるの  俺たちは新しき日本のソウルミュージックで あなたとオレでさぁ涙を流してぇんだよ!! あぁそれでも美しく汚い世界  重なり合った二つの涙が そのまま愛に生まれ変わる わずかでも でも確実に心をつなぎとめてく 僕らに何もないのは知ってるよ それでも僕は君を失うのはイヤさ 君が全てさ 僕らは新しくなる 汚く美しくなる 涙がオレとアンタをさぁ自由にすると思わねぇか 本当の事を言ってさぁ自由になろうぜ  新しき日本語ソウルの道と光をアンタと歌いてぇんだよ
あの娘の水着になってみたいのだサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター朝からこのまま 朝からこのまま テレビを観てるの あの娘を見てるよ  あの娘の水着が大好きだからさ いろんな事を部屋でするんだ! 金はいらねぇし 名誉もいらねぇ あの娘の水着になってみたいんだ  朝から部屋でロックンロールで あの娘のギターを聴いているのだ  もしも僕が石油王ならば あの娘に遺産を全部あげるのだ!! あげるのだぁ!!  あの娘のギターは下手だけれども ジミヘンを超えているんだぁ ボケ!
心音風景サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター凍てつく空に高鳴れよ心臓の音 スミレの花のように心に響くんです ナイフのようにいびつに光って傷つけ合うのはヤメなよ 僕らは発車のベルを鳴り響かせて行かなくちゃ 殺したい自分はこの場所に捨てていくの  重なる声と心音が悲しみの足音隠すのさ 降り積もるその音に耳をすませて 夜風が運ぶマボロシでさびしくなるよな君ならば だからこそ君のこと忘れないぜ 忘れないぜ  ホコリ舞い散るこの街で僕ら生まれて 幾万(いくまん)の人の中で実は僕も一人 悲しむために生まれたなんて考えるのはヤメなよ 僕らは合図の笛を鳴り響かせていかなくちゃ 殺したい自分はこの場所でサヨナラなの  重なる声と心音が涙のアナタを包むのさ 降り積もるその音の美しさよ 夜風が運ぶマボロシで切なくなるよな君ならば だからこそ君のこと深く愛そう 深く愛そう  悲しみが今終わって合図のベルです  高鳴る胸が告げてるのさ 君も僕もこんなハズじゃなかったから行くんだ!! 忘れモノなんて放ってけよ  重なる声と心音が何かの答えになるハズさ 降り積もるこの音の何と綺麗な事か 夜風が運ぶマボロシで愛しさ知るんだ僕達は だからこそ君のこと愛してんだぜ 重なる声と心音の音 スミレの花のように心に響くのさ 僕らの夢と降り積もる音 悲しみ消える予感 それが合図のベルさ 心音風景さ 美しい景色さ  何にもない僕等にも心音風景はあるんだ
愛しさと心の壁サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターL・O・V・E しがない日々 L・O・V・E しがない日々  今まで僕らを縛りつけた過去の涙を 何故だか今夜は乗り越えられそうな気がしたのさ だけど今夜は涙の流れる夜さ 悲しいワケはそんなに何度も忘れられやしないよ  愛しさは心の壁を越えて降り積もるんだ 未だにあなたの夜を僕は引き受けたいんだ このまま忘れかけた景色を思い出して君と見るんだ 愛しさは君さ  これから僕らを縛りつける過去の涙を なぜだか今夜は乗り越えられそうな気がしたのさ だけど今夜も涙の溢れる君さ 答えはわからねぇんだよ 夜毎に遠のいてゆくんだ  愛しさは心の壁を越えて降り積もるんだ 今からあなたの夜に僕は忍び込むんだ これまで君の過ごした恋を思い出して僕は聞くんだ 愛しさは君さ  僕らは生まれた 僕らは生まれたんだ いつか消えちまうけどそれでも構わないよ 悲しみの底はいつも見えないもんな 答えはわからないまま 心の置き場を教えて  愛しさは心の壁を越えて降り積もるんだ 今度は僕の方から君に打ち明けるんだ 昔からこんな気持ちに僕はなりたかった これから日曜日の午後のような安らぎだけ君と見るんだ 愛しさは君さ
戦争と僕サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター明日僕は 名も知らぬ街で 名も知らぬ人を銃で撃つのさ 明日僕は 君を守るためと自分に言い聞かせて 人を撃ってしまうのさ 君の街でとてもコワいことがホントに 少しずつ起こっているでしょうよ 僕はなんだかわからない理由でそれでも 君を守るためと言われたんだ  今年も故郷(くに)じゃリンゴがなったよ 君との約束守れずゴメンよ 悲しい事と今ごろ知ったよ 僕は君と答えを探してみたかったのに  明日僕は 名も知らぬ街で名も知らぬ人を傷つけちまうのさ 明日僕は 君を守るためと自分に言い聞かせて人を撃っちまうのさ  今年も故郷(くに)じゃ雪が降ったよ 君との願いは叶わずごめんよ 僕など忘れて幸せつかめよ 僕は君と答えを探してみたかったのに  明日僕は 名も知らぬ街で名も知らぬ人を傷つけちまうのさ 明日僕は 明日僕は 言えないようなことさ
世界はそれでも沈んでいくんだぜサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター世界はそれでも…
絶望と欲望と男の子と女の子サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今僕は何も無くて だから誰かを傷つけたかった ただ君の声が聞きたくて だから一人で変な事したんだよ おぉ奴等の言う事が全て正しいなら 僕はこの世じゃ生きてはいかれねぇじゃねぇかよ だから泣いたんだよ そしたら刺すんだよ この言葉は後ろ向きなんかじゃないの 刺さねぇために唄うのだ!!  今この世界で夢を語っていいなら あなたよどうか僕とつながってこの部屋で 今夜この街から愛が生まれるんだぜ 例えば君の痛みわかるよな美しい愛を  今僕は何もなくて だから誰かを傷つけたかった 今僕が言いたい事はさぁ 他でもなくてこういう事なの 「ただアンタの事好きって言いたかった だけなの俺は ホントだよぉ」 おぉ奴らの言う事が全て本当なら 僕はこの世じゃ生きてはいかれねぇじゃねーかよ だから泣いたんだよ そしたら死ぬんだよ この言葉は後ろ向きなんかじゃないの 殺らねぇために唄うのだ!!  今この世界で夢を語っていいなら あなたよどうか僕に笑ってよ テレないで 今夜この街から恋が生まれるんだぜ 例えば君と二人笑うよな素晴らしい恋を  絶望と欲望と男の子と女の子 絶望と欲望と男の子と女の子 絶望と欲望と男の子と女の子  あんな奴等のためなんかに 死ぬんじゃねぇぞ アンタ達!!  今この世界で僕も生きれるなら 世界よどうか僕から逃げないで 逃げないで 今夜この街から何か変わるハズさ 例えば全ての夜が明けるよな そんな素敵な日々を
君の声は僕の恋 僕の名は君の夜サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター心が何故かあなたを呼んで 僕らのウソはそこから本当さ 今までのこと消えてしまったよ全部 だけど泣かないぜ僕ら旅に出るんだ  あぁ恋しさが苦しいのなら 君の優しさに僕は喰われてしまえ  走り去ってく恋の魔法 ついておいでよこの僕に あなたのこの恋は僕のモノ 僕らが知った悲しみは取るに足らない昨日だろ? 君の声は僕の恋 僕の名は君の夜  夜風が今夜あなたを呼んで 僕等の夜はそこから本当さ 君もいつかは消えてしまう身 だけど泣かないで僕と夢を見るんだ  あぁ愛しさが揺れるのなら 君のマボロシに僕は喰われてしまえ  走り去ってく恋の魔法 逃げてしまおうよこの僕と あなたの悲しみは僕のモノ 死にたくなるような昨日なら君のせいだけじゃないだろう? 君の声は僕の恋 僕の名は君の夜
二人ぼっちの世界サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターどこまでも離れないように 二人両手を合わせて 愛しさは弱い光 僕らはこの手で照らそう 僕ら二人 世界で二人だけ 涙は消えちまうのに あなたの面影は消えない 美しいあなたのために この世の罪を被りたいよ 二人ぼっちの世界  傷跡も癒えてないのに 君はその手をかざして 悲しみが響かないように 二人朝まで唄おう 世界の果てまで あなたと行きたい あなたが全てなのに 僕には何も出来ないんだぜ 言葉はキレイなのに 心は濁って行くだけ 二人ぼっちの世界  あなたと二人で答えを出したい 神様僕のために あの娘の傷を癒して欲しい 僕らは罪深い代わりに 全ての夜を許したいだけ  神様お願い僕とあの娘と 今夜世界のために 何とかして欲しいの 愛をくれ  二人ぼっちの世界
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ゲットバックサンボマスターサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター稲光のする夜に生まれたから 僕はこんなに涙が出てきちまうのか くだらぬ事で頭が濁っちまうから 心が止まったままで動かねぇんだよ  今まで僕らが見た事は 全てが美しいなんて言えないだろう? 言えるわけがないだろう?  僕等ただ涙の中を歩くだけさ 明日の自分も知らないの そんな奴よ 僕等ただ悲しみはそっと乗り越えたいの 夜霧にまみれて君の真夜中に忍び込んで 僕等はきっとそれから恋をする  心の声がどこかで聞こえたのだが 雨音が鳴り響いて聴こえねぇんだよ 奴等は僕と君の夢にツバを吐くけど 奴等こそ何もしてないぜ よく見てみなよ  池袋の通りじゃ また老婆達が 「偉そうな奴は殺して」と僕に告げる 僕につめよる  僕等ただ東京のさびしい恥さらしさ あなたの夜が知りたいの そんな奴よ 僕等ただ愛しさはそっと感じてたいの 夜霧にまみれて何か変なことしたい気分 僕等はきっとそいつを唄にする  板橋の駐車場じゃ すべてをなくした男が 「知ったかぶりの奴を殺れ」と僕に告げる つめよられる  僕等ただ東京の切ない唄歌いさ 心の中も変えられないの 損な奴よ 僕等ただ1ミリの涙見逃せないの 夜霧にまみれて君の真夜中に忍び込んで 僕等はきっとそいつで夢を見る
代々木にてサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター何故だか今夜は 疲れてしまって 深夜のラジオの声で 眠るのさ 決まって僕等 深夜の二時に 繋がる夜の淡い 長電話さ  明日僕等の街に パレードが来たならば 僕等二人 その輪の中へ 僕等 輪の中へ  今 深夜の東京 二時の代々木で 僕等の泣いた 昔の世界 何があったか 誰にも内緒さ 僕等の泣いた 二人の話を 二人で  明日君の街に パレードが来たならば 僕等二人 その輪の中へ 僕等 輪の中へ  二人昔からの道を歩くの いつか生まれた言葉の端々 あなたの虹に何が起こるか 僕等の泣いた 二人の話を
手紙~来たるべき音楽として~サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆なぜだかずっと僕らは苛ついたりして 声のなる方へは今でも目を背けてるの それでもきっと僕らは分かり始めてきて あなたの名前も恐くなく呼ぶことにするぜ  やっぱりそれでも言葉は難しいもの だから僕はあなたに手紙を書きますよ  分かち合うことの美しさと 分かち合うことの喜びは あなた自身で確かめて 分かち合うことの美しさと 分かち合うことの難しさは あなた自身で確かめて  いつもこの僕はあなたの事を好きだという 好きだという一言で片付けて 本当のあなたの意味は あなたの意味は 俺はちっとも知ろうとしなかったんだよ  やっぱりそれでも言葉は難しいもの だから僕はあなたに手紙を書きますよ  分かち合うことの美しさと 分かち合うことの喜びは あなた自身で確かめて 分かち合うことの美しさと 分かち合うことの難しさは あなた自身で確かめて  分かち合うことの美しさと 分かち合うことの難しさは あなた自身で確かめて 分かち合うことの美しさと 分かち合うことの喜びは あなた自身で確かめて
離れない二人サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今日からは今日からは 僕等二人 違う名前で呼び合ってみないか 明日から 明日から 僕らを照らす光 小さな幸せのそんな日々なんだ  僕等はただ涙をぬぐわずに待っている 見た事もない何かを必死で待っている くだらない事ばかりで疲れちまったろう?  今だったら僕等二人 誰の悲しみもいやしてやる 窓辺に映る二つの影 揺れる 揺れる 揺れる 揺れる こうなったら僕等二人 灼熱の砂漠も立ってやる 夜風に唄う二つの影 揺れる 揺れる 揺れる 揺れる 溶ける 溶ける 溶ける 溶ける  今ここで 今ここで 僕等二人 悲しみのワケは忘れてみないか 明日から 明日から 僕達は弱い光 いささかのウソもない そんな日々なんだ  僕等はただ涙をぬぐわずに待っている 見た事もない何かを必死で待っている くだらない事ばかりで嫌になったろう?  今だったら僕等二人 誰の悲しみもいやしてやる 窓辺に映る二つの影 揺れる 揺れる 揺れる 揺れる こうなったら僕等二人 灼熱の砂漠も立ってやる 夜風に唄う二つの影 揺れる 揺れる 揺れる 揺れる 溶ける 溶ける 溶ける 溶ける  誰のためなんだ 誰のためなんだ そう全ては二人のためなんだ どれが本当か どれが本当か そう全て本当の事なんですよ  僕等はただ涙をぬぐわずに待っている 見た事もない何かを必死で待っている くだらない事ばかりで疲れちまったろう?  今だったら僕等二人 奴らの本音も見抜いてやる 窓辺に映る二つの影 揺れる 揺れる 揺れる 揺れる こうなったら僕等二人 深海の中でも行ってやる 夜霧にかすむ二つの影 揺れる 揺れる 揺れる 揺れる 溶ける 溶ける 溶ける 溶ける
全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターこれまで僕は消えそうなはかないモノを あなたに唄ってんだぜ 本当さ 本当さ 真白の雲と真っ黒の闇の中を あなたと生きてたいんだぜ 本当さ ウソじゃないのさ  今が光でも明日が闇ならば 僕はどちらの日々も捨てるさ それでも涙が乾かないのなら 君と僕の ずっとキレイなもの ずっとキタナイもの 光と影の涙流すのさ  今夜世界が眠るまで 全ての夜が明けるまで 鳴らせ鳴らせ心の声を タンバリン タンバリン 夢に描いた景色など 君の前じゃ捨てちまうのさ 鳴らせ鳴らせ愛しき日々を タンバリン タンバリン  今まで僕は心に映ったモノを 心から歌ってんだぜ 本当さ 本当さ 愛しき日々は いずれは消えちまうだろう だったら尚の事 あなたと話すべきなのさ  今が光でも明日が闇ならば 僕はどちらの日々も要らぬさ それでもあなたがウソだと言うなら 君と僕の ずっと消えないモノ すぐに消えるモノ 光と影の歌を唄うのさ  今夜朝日が昇るまで 全ての朝が白むまで 鳴らせ鳴らせ愛の言葉を タンバリン タンバリン ケチな運命のこの僕と ケチな欲望を持つ君さ 鳴らせ鳴らせ愛しき日々を タンバリン タンバリン  共に白髪の生えるまで あなたが全て終わるまで  悲しみずっとなくなるまで ケチなアイツを許すまで 唄え唄え悲しみの過去 タンバリン タンバリン まぶしく見えたその世界が いつかは君のモノになるかも 鳴らせ鳴らせ心の闇を タンバリン タンバリン
僕に捧ぐサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターおそらくあなたの ソウルフルな言葉でも どうだろう 本当のセリフは どこに置いてきたかな どこに置いてきたかな  ガマン強い男は涙こらえ続けて ちょっとツラくなったら あの娘の家まで急ぐ急ぐ  夕暮れ時のさみしさよ 小雨の後に降る悲しさよ 誰のためにもならないならば どこかに消えてはくれないか 愛しき人の肌のぬくもりよ 忘れかけてたアノ歌よ 僕のために もう少し現実のものとなっておくれ  ガマン強い男は今日も涙こらえて ちょっとツラくなったら あの娘の家まで急ぐ急ぐ  夕暮れ時のさみしさよ 小雨の後に降る悲しさよ 誰のためにもならないならば どこかに消えてはくれないか 愛しき人の肌のぬくもりよ 忘れかけてたアノ歌よ 僕のために もう少し現実のものとなっておくれ
熱い砂と悪い雨サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター熱い砂が 君を包むという ヤツの声が 君を救うという  今だけ 今だけ 忘れたいだけ 今だけ 今だけ 眠りたいだけ  悪い雨が 今夜また降るという 列車の窓 君がサヨナラという  今だけ 今だけ 忘れたいだけ 今だけ 今だけ 眠りたいだけ
世界はそれを愛と呼ぶんだぜPLATINA LYLICサンボマスターPLATINA LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター涙の中にかすかな灯りがともったら 君の目の前であたためてた事話すのさ それでも僕等の声が乾いてゆくだけなら 朝が来るまでせめて誰かと歌いたいんだ  昨日のあなたが偽だと言うなら 昨日の景色を捨てちまうだけだ  新しい日々をつなぐのは 新しい君と僕なのさ 僕等なぜか確かめ合う 世界じゃそれを愛と呼ぶんだぜ  心の声をつなぐのが これ程怖いモノだとは 君と僕が声を合わす 今までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだ  僕らはいずれ誰かを疑っちまうから せめて今だけ美しい歌を歌うのさ 悲しい言葉では オーイェ 何も変わらないんだぜ 奴らが何をしたっていうんだ  昨日のアナタが裏切りの人なら 昨日の景色を忘れちまうだけだ  新しい日々を変えるのは いじらしい程の愛なのさ 僕等それを確かめ合う 世界じゃそれも愛と呼ぶんだぜ  心の声をつなぐのが これ程怖いモノだとは 僕等なぜか声を合わす 今までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだぜ  愛と平和! 悲しみで花が咲くものか!  新しい日々の僕達は 高なる予感がしてるのさ 君と僕が夢を叫ぶ 世界はそれを待っているんだぜ  あなたのために歌うのが これ程怖いモノだとは だけど僕等確かめ合う 今までの過去なんてなかったかのように 悲しみの夜なんてなかったかのように歌いだすんだぜ  世界じゃそれを愛と呼ぶんだぜ  LOVE & PEACE!
欲望ロックサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター全部全部 受けとめて だから俺達の日々はゆがむんだぜ そして君も見失って それでも僕等は なにか追い立てるように走り出して 理由は知らない いきり立って アナタも見えない わめき出して 答えは要らないの  この俺を仏様にする位のリアルをくれ  一寸先の闇を実感する痛みを 全て飲み込んで欲望に変えるんだぜ 一体僕等何が心配だっていうんだろ? めまいがするような欲望を 欲望をくれよぉ!  僕等は今涙こらえて  俺を仏様にする位リアルをくれ  一寸先の闇を実感する痛みを 全て飲み込んで欲望に変えるんだぜ 一体僕等何が心配だっていうんだろ? めまいがするような欲望を 欲望をくれよ!  欲望ロック 欲望ロック 欲望ロック
夜が明けたらサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今はもう忘れちまったよ 昨日までの悲しいだけの世界を 涙の本当のワケは たぶん僕等自身でも分からないのだろう  夜が明けたなら わかりきった事まで 確かめ合う二人 おだやかな喜び  今あなたに言う 今あなたに言う 今あなたに言う 全ての言葉はウソじゃないの 今あなたに言う 今あなたに言う 今あなたに言う 全ての言葉は ウソじゃないの 夢じゃないの これが最後  今頃 思い出してるのは 幼い頃の美しい世界さ 涙の本当のワケは 多分あの頃から分かってないのだろう  夜が明けたなら わかりきった言葉で 確かめ合う二人 おだやかな喜び  今あなたに言う 今あなたに言う 今あなたに言う 全ての言葉はウソじゃないの 今あなたに言う 今あなたに言う 今あなたに言う 全ての言葉は ウソじゃないの 夢じゃないの これが最後
マフラーの揺れる間にサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターきっと君は僕に”違う”というけど そっと君の夜を僕は思っちまうのさ これから世界は君の事変えるから その窓を開けてくれないか  僕等唄う事で何かが変わるのならば 教えて本当の君の事知りたい 夜の弱さが見たい  何てことないと アナタは言うけど 何てことなけりゃぁ 君は泣いちゃいないのさ  できる事ならば 僕は今夜聖者になって 君の涙飲み干すのさ  今心から どうかマフラーの強くたなびく間に 答えて本当の君のワケが知りたい 夢の理由が知りたいのよ  世界の果てで 僕も涙の予感 だけど もうヤメたのさ  できる事ならば 僕は今夜聖者になって 君の過去を飲み干すのさ  なんてこと言うと 君は笑うかも だけど今夜世界は 僕と君に愛を告げているのだ!!  今を乗り越えて明日があるというなら 僕等は明日のワケを今は聞かない そんな明日ならいらないのさ  夜の弱さを見せておくれ  今夜僕等きっと
ふたり(ふたりは世界のためにバージョン)サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆そのまま揺れる時を話したのだが あなたに届くはずのないこの時を 言葉にすればそれはもろくもあるのだが 緑の中の水色と言えばいいのか  言葉の中へ続くあの話も 軽い暴力の挟間で見つけたのだが そこにあるのものは一体何なのかと 未だに分からぬ僕等なんだ  明日の事柄は分からないだろう それでもなお 君と話したいだろう  あの若い二人は まだ逢わぬか あの若い二人の友は あの若い二人は まだ逢わぬのか あの若い二人は  明日の事柄は分からないだろう それでもなお 君と話したいだろう  あの若い二人は まだ逢わぬか あの若い二人の友は あの若い二人は まだ逢わぬのか あの若い二人は 僕の前でそうこのまま 逢わぬか 逢わぬのか ここで逢わねぇのかよ
週末ソウルサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター夢に見たような景色が 今僕等を包み始めてるのよ 街に灯りがついて 週末の都会が少しだけ色めき出すのよ  これから僕達は土曜日の恋人さ 見てきた夜を全て教えて 僕にひもとかせて  今ここで 君が感じた未来と僕が信じた未来が 強い力で一つになって  今そして 君が感じた予感と僕が信じた世界が 強い力でつながっていく  君は今思い出したろう その想いこそ本当の君なのさ 街の灯りは今夜 悲しみの世界を少しだけなぐさめるのよ  それでも僕達は夜空の罪人さ 昔のジャズを僕に聞かせて 君と踊らせて  今ここで 君が感じた未来と僕が信じた未来が 強い力で一つになって  今そして 君が感じた予感と僕が信じた世界が 強い力でつながっていく  週末ソウル… 週末ソウル…
これで自由になったのだサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター走り出しても何もなかったろ? これで全てがウソだとわかったよ これから俺が一晩中 誰かを憎んでも そいつは多分一晩中 ウソまみれなのさ  僕等に巣食うくだらぬ横顔は 一秒でも早く何とかしなければ  俺達いつかどこかで死んじまうんだぜ だから僕等はこう叫ぶのさ  これで自由になったのだ これで自由になったのだ これで自由になったのだ  いくつの夜を過ぎても何もなかったろ? これで僕等もやるせない自分をわかったよ  今ここで今ここで 僕等が何かを許したら それだけ僕等カラダ中 痛みが走るのさ  明日も僕等始められないなら 一秒でも早くアナタに会わなけりゃ  きっと俺達何かで死んじまうんだぜ だから僕等は今叫ぶのだ  これで自由になったのだ それが理由になったのだ これで自由になったのだ
想い出は夜汽車にのってサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今から夜汽車に乗って 想い出のこの街を出ていく僕さ あてなど何も無いけど ただ揺れるこの汽車に身を任せたのさ  僕等は「わからない」とか「明日も不安だ」とか 今まで二人互いに傷つけたけれど こんな夜が来るなら そんな話は抜きに 二人のことで笑い合って過ごせばよかったろうにな  走り出したら揺れる汽車の窓の向こうから 愛しき唄だぜ 夜が明けたら遠い空の雲の切れ目から 優しい声だぜ きっと君なんだ  想い出は夜汽車に乗って  朝まで僕は眠れず ただ星の光を眺めてたのさ あてなど何も無いけど ただ分からないように涙を拭いたよ  僕等は「信じない」とか「何をやってもムダだ」とか 今まで二人互いを傷つけたけれど こんな事になるなら 何もコワい事ないと ずっと二人笑い合って過ごせばよかったろうにな  走り出したら揺れる汽車の窓の向こうから 愛しき唄だぜ 朝になったら遠い空の雲の切れ目から 優しい声だぜ 僕等の唄なんだ  想い出は夜汽車に乗って
あなたが人を裏切るなら僕は誰かを殺してしまったさサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター何もそんな顔をしなくても 疑いの目では あなたのこと見れないから どうか今は笑ってくれないか くだらぬ明日なら どこかに捨てちまおうぜ  そして悲しみ消える言葉で笑いかけて 今までの過去全てを僕に話して 天国行きのバスなら乗らずに見送って あなたが人を裏切るなら 僕は誰かを殺してしまったさ  よこしまな僕は やはり君の涙を美しく思うの よこしまなよこしまな僕は やはり君の思い出を美しくしてるの  これまでのこれまでの夜をつなぎ合わせて それを過去と言うならば 愛しき君よ 僕は君にその夜の星空の光だけを 見上げていて欲しいのだ  だから悲しみ消える言葉で笑いかけて 今までの過去全てを僕に話して 天国行きのバスなら乗らずに見送って あなたが人を裏切るなら 僕は誰かを殺してしまったさ  あなたが人を殺すなら僕もこの場で殺して欲しいのよ  美しくありたい 美しくありたいの 美しくありたいのよ
歌声よおこれサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今僕等が誰かに望むのは 多分本当の事を話して欲しいだけ 愛しさなんて僕等が知らぬなら 誰か感動の歌を聴かせておくれよ 涙流れて雲の上 汚れきった僕は今から あなたに逢いに行く  歌声よ響き合って言葉も越えて にごった僕の罪を砕いてくれ 愛しさ知りたいだけなのさ そして夜を越えてあなたと逢って 悲しみなんて今夜で終わらせて 歌声よ響け 今僕に  想い出なんて僕は捨てたハズなのに なぜか思い出すのはズルく笑った自分 いまだにきっと僕は愛しさを知らぬ だからきかせておくれよ本当の事を 涙溢れて君の影 走り去って時は後から 僕らを責め立てる  歌声よ響き出してウソをも抱いて 僕等の泣いた昨日を消してくれ 夜風に僕等は歌うのさ そして夜を越えて二人になって あなたのために声を震わせて 歌声よおこれ この夜に  涙こらえて横顔冷たく光って 砕け散った夢は それでもあなたと探しに行くよ  歌声よ響き合って僕等の罪よ 祈りとなって明日を変えてくれ このまま僕等は歌うのさ そして朝になって二人笑って 哀しく歌う世界を止めてくれ 歌声よおこれ この胸に  
青春狂騒曲GOLD LYLICサンボマスターGOLD LYLICサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターひからびた言葉をつないで それでも僕等シンプルな 想いを伝えたいだけなの 吹き抜けるくすんだあの日の風は 昨日の廃墟に打ち捨てて 君と笑う 今を生きるのだ  それでもあの出来事が君を苦しめるだろ? だからこそサヨナラなんだ  このまま何も残らずに あなたと分かち合うだけ やがて僕等は それが全てだと気がついて 悲しみは頬を伝って 涙の河になるだけ 揺れる想いは強い渦になって 溶け合うのよ  いらだちとか 少し位の孤独だとかは 一体それが僕等にとって 何だってんだろ? 今はドラマの中じゃないんだぜ 「ねぇ、どうだい?」 その声に僕等振り返っても 誰もいないだろ? だからこそ僕等 高らかに叫ぶのだ  それでも僕等の声はどこにも届かないだろ? だからこそサヨナラなんだ  そしてまた時は流れて あなたと分かち合うだけ やがて僕等は それが全てだと気がついて 悲しみは頬を伝って ひとすじの詩になるだけ 揺れる想いは強い渦になって 溶け合うのよ 溶け合うのよ  (セリフ) 吹き抜けるくすんだあの日の風は 昨日の廃墟に打ち捨てて Oh Yeah  このまま何も残らずに あなたと分かち合うだけ そしてあなたは 今が全てだと気がついて 悲しみは頬を伝って 涙の河になるだけ そして僕等は淡い海になって 溶け合うのよ 溶け合うのよ 溶け合うのよ  (セリフ) やがて僕等はそれが全てだと気がついて やがて僕等は悲しみが頬を伝うことを覚えて やがて僕等は やがて僕等は あなたがたと溶け合う訳ですよ 溶け合う訳です
月に咲く花のようになるのサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターあなただけ あなただけがいれば 苦しみは生まれちゃいないのさ  全てが今始まるのならば それを永遠と呼ぶの  言葉だけ 言葉だけでいいから この僕を許してはくれないか  夜風が何かを告げるのならば あなたと私の全てが 永遠が始まるの  夢に見た景色がウソならば 僕ら多分 あわれな影法師 どこからか 涙が流れ出て 月に咲く花のようになるの  君の名は必ず叫ぶから 僕の事 信じちゃくれないか あふれ出す涙の日々はただ 月に咲く花のように僕ら送ろうぜ  夢に見た景色がウソならば 僕ら多分 あわれな影法師 どこからか 涙が流れ出て 月に咲く花のようになるの  君の名は必ず叫ぶから 僕の事 信じちゃくれないか あふれ出す涙の日々はただ 月に咲く花のように僕ら送ろうぜ  -月に咲く花のように笑うの-  はじめようぜ!
美しき人間の日々サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター過去をひもとけば いろんな事柄が あなたの前にもあったでしょう だけどもこの先は素晴らしい日々だけ残っているような そんな気がして  それでも 本当の事は それでも わからないの それでも あなたの事だけは近くに感じていたいのよ  だから素敵なあなたよ、分かち合ってくれないか 美しき人間の日々 あなたよ、素晴らしいあなたよ、他に何を望むの 美しき人間の日々 美しき日々  昔の手紙を思い返しても そこには何もありませんよ 僕らが望むのは 後ろ向きなこの日々を微かに変える そんな力  それでも 本当の事は それでも わからないの それでも あなたの事だけは近くに感じていたいのよ  だから素敵なあなたよ、分かち合ってくれないか 美しき人間の日々 あなたよ、素晴らしいあなたよ、他に何を望むの 美しき人間の日々 美しき日々  すべて忘れてあなたを思う そんな男 あなたの事を あなたの事を こんなに思っているの 美しき人間の日々 過去は捨てた 過去は捨てたぜ 俺は過去を捨てた 
サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターもしも僕が本当に思った事の ただの一つも出来ない日々として それはそれで素晴らしい体験を 僕にさせてくれたようなそんな日々さ  あんなに悲しかったのに なぜだか今は笑い合えるんだぜ ふとは気づかぬしあわせは 優しい雨が気づかせてくれるだろう  涙の日々は今日から忘れちまうぜ 今夜は明けて 優しい雨がたぶん流しちまうぜ すべて呑み込んで  もしも僕が本当に言いたい事の ほんの少しも言えない僕として それはそれで美しい経験を 僕にさせてくれたようなそんな日々さ  あんなに苦しかったのに なぜだか今は唄い出せるんだぜ 今心がすさむのなら 優しい雨は包んでくれるだろう  涙の日々は今日から忘れちまうぜ 今夜は明けて 優しい雨がたぶん流しちまうぜ すべて呑み込んで  素晴らしい体験を僕にさせてくれたような  優しい雨
つながりサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター解決法はもうないのかよ 大切なもの全て弱いものかよぉ  声を聞いたのだ あの素晴らしく ほがらかな強い声 明日はあなたが汚したであろう人の心を ずっとずっと見守って見守っているのだよ そこで目覚めた 声は消えたの 外を見れば激しい雨  ゆらいでる影は 誰のだ 誰のだよ つないでる つないでるものは 誰のものかよぉ  解決法 大切なものを 大切なものを 俺達はなくしてしまって 自分のせいでなくしてしまったの だからあなたの意味を知らない
人はそれを情熱と呼ぶサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今 言葉にできることのすべては 僕等にとって意味を成さないものになって 仮に本当に 光が射すのならば 僕等はすぐにでも苦笑いの日々を捨ててやる  だから君よ 愛しき君よ 笑うだけでいいんだ それだけで 何も無い日々から始めるべきだぜ 今ここで!  いつまでもこのまま 逃げていくワケには いかないぜ僕等は 君との日々を情熱と名付けさせて  今 心に想うことのすべては 僕等にとって意味を成さないものになって 仮に、仮に本当に 君が笑うのならば 僕等はすぐにでも苦笑いの日々を越えてやる  だから僕等 あわれな僕等 歌い出せばいいんだ それだけで 何も無い日々から始めるべきだぜ 今ここから!  いつまでもこのまま 逃げていくワケには いかないぜ僕等は 君との日々を情熱と名付けさせて いつまでもこのまま いじけているワケには いかないぜ僕等は 本当の日々に透明な光あてて
愛しき日々サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今だけほんのちょっと許してくれないか だって僕等はずっと知らないで 知らないでいたんだ その花だけずっと咲いてくれるのなら 愛しき日はきっとなくならないのだろう  寝転がっていても ああ 浮かんじまって もう 旅に出ようかしら 砂漠の夜はさぞ静かだろう  誰だ 誰だ 誰だ 何処だ 何処だ 何処だ 疲れてるんだ 今は 誰だ 誰だ 誰だ 君のせいだぜ  ずっと笑っていた子とか 優しかった子とか 泣いてた子とかは 全部全部忘れるんだ すべて愛しき君と 愛しき日々のためだぜ だけど 寝転がっていても ああ 浮かんじまって もう 旅に出ようかしら あなたの声も聞こえなくなるだろう  誰だ 誰だ 誰だ 何処だ 何処だ 君は何処だ 疲れてるんだ 今は 誰だ 誰だ 誰だ 君に捧げる
そのぬくもりに用があるサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆すべてを握りしめて 僕はどこへ行く 君よ なぜに泣いているの 優しげな言葉はいつだって 胸の奥ではずっと光ってるんだぜ 声が聞こえたのは あの河のほとりの方 忘れはしないよ あなたとのぬくもりという名のケモノ道  涙流れて 愛が生まれる 愛が生まれて 五月雨になる  いつも僕らだけ いつも損してる いつも騙されてる そんな気がしていたの 僕はあなたの事を ずっと愛してるなら 僕はあなたの事を 失うわけはないだろう  すべてをなくした僕と すべてを許した君さ 今 手に握ってるものは ぬくもりという名のケモノ道  涙流れて 愛が生まれる 愛が生まれて 五月雨になる 愛しき日々よ
だんだんサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター君のそばには 煎れたてのコーヒー いい頃合いだ 君だけのコーヒー 僕の言葉に 意味なんか何もないの ただ笑わせて 安らかにいたいだけなんだ  その周りのどさくさは 僕は全部許せたから その代わりに届けてよ まるでデタラメの嘘でもいいから  だんだん 涙流れて さんざん 思いはつのる どんどん 心の壁は壊れていくのだ あなたの 何気ない仕草で  目の前の素晴らしいあなたよ どうか僕の目の前では打算的に動かないで 動かないで 手のひらに溢れるほどの心は全部君のためだけだぜ 安らかにいておくれよ お願いだ それでも  だんだん 涙流れて さんざん 思いはつのる どんどん 心の壁は壊れていくのだ あなたの 何気ない仕草で  僕らはだんだん 僕らはだんだん だんだんやっていけばいいのさ だんだん泣いたりして だんだん笑ったりして そう だんだん だんだん
熱中時代サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター悲しく消えるのが 僕の運命なら 僕の運命なら 愛しきあなたは どこに消えるというの どこに消えるというの  悲しく消えるのが 僕の運命なら 僕の運命なら 愛しきあなたは どこに消えるというの どこに消えるというの  おぉ 私はあなたと笑いたかった おぉ 私はあなたと分かりたかったの おぉ 最後に残るのは優しさだけだぜ とまどいながら 分かち合う二人  それでも私はササクレタ声で 君に唄ってるんだ あなたに唄ってるんだ 何もかも捨てて振り返らぬような 熱中時代よ 愛おしい君よ つながってく つながってく  おぉ これから僕は おぉ あなたの涙をぬぐってくんだ おぉ それでも笑うのは 優しさ故だぜ とまどいながら 分かち合う二人  それでも私はササクレタ声で キミに唄ってるんだ あなたに唄ってるんだ 何もかも捨てて 振り返らぬような熱中時代よ 愛おしい君よ  涙のわけは消えたぜ 消えたんだ とまどいながら とまどいながらも分かち合って つながっていたいの つながってる
夜汽車でやってきたアイツサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター午前8時のため息は 冷えたコーヒーとともに在(あ)って 「アイツ」という名前の幻は 今頃はもう新しい暮らしへ 俺達は 誰に後ろめたいことをしてきたわけではないよ 俺達は イタリアの映画みたいに分かち合ってたんだ  このまま部屋の明かりは薄(うす)めないでおくれ 朝日よ 振り返り懐かしむような日々なら捨ててやる それでも微笑みかける顔ならいつだって覚えてるんだ 夜霧に消えてった それでもアイツのトレンチコート姿なら 忘れてないよ 夜汽車でやってきたアイツ  本当のことは 本当の優しさとか愛しさとか悲しみとか 誰かが持って行ったのか 俺達は 誰に後ろめたいことをしてきたわけではないよ 俺達は イタリアの映画みたいに愛し合ってたんだ  このまま僕の涙は忘れないでおくれ 愛しき人よ くり返し涙するような夜なら捨ててやる それでも微笑みかける顔ならいつだって覚えてるんだ 夜霧に消えてった それでもアイツのトレンチコート姿なら忘れてないよ 夜汽車でやってきたアイツ
サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターもうすぐ朝がやってきて あなたの涙を乾かすんだぜ もうすぐ朝がやってきて あなたの思い出を変えていくぜ  今ここで 涙ながらに 涙の理由は 今消えた  朝になってあなたと逢って 謝りたいことがたくさんあるのだから 朝になってあなたと逢いたいの 隠してたウソがたくさんあるのだから たくさんあるのだから  今はきっと少しでも良くなるように なるだけ正直に祈っているの ただそれだけを他のことはありませんよ 再び願って  今ここで 涙ながらに このまま 朝になって  朝になってあなたと逢って 謝りたいことがたくさんあるのだから 朝になってあなたと逢いたいの 隠してたウソがたくさんあるのだから たくさんあるのだから
残像サンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターヒザに絡まって動かされてんだオレ 夜の砂漠でも驚きの速さで 無くした頃には聞こえてくるんだ声 「速く走り抜け」 後ろ振り返ると さっきまで動かしたものを 忘れねぇずっと 僕等の太陽 動かねぇ残像  ずっとずっと沈まねぇぞ 太陽 あなたの後ろめたさを ずっと 沈まねぇ太陽 動かねぇ残像  ここに集ったのは悲しみの花かよ その花が本当に咲くというのならば 悲しみの果てまで行ってやるぜ 本当に咲くのなら その花が咲くのなら 本当だろ 本当だろ 本当かよ 悲しんで 話しかける言葉も忘れたかよ さっきまで動かしてるって いつでも僕を抱いて笑いかけるって いつでもずっと抱いて笑いかけるって 忘れねぇずっと 僕等の太陽 動かねぇ残像  ずっとずっと沈まねぇぞ 太陽 あなたの後ろめたさを ずっと 沈まねぇ太陽 動かねぇ残像
それでもかまわないサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターすべて忘れて アイツのひからびた言葉だけが胸に残る そんな男 声を荒げて「新しい日々だよ」というけれど その目には なぜだか涙が溢れてる  ただ 今言えることは もしもこの弱い僕が 本当の日々ってヤツの意味をわかるのならば 涙は拭わぬ  それでも僕等はいつだって 汚さの前ではうつむいて 弱さの前で苦笑いしたりして だけど決めたんだ もうやめたんだ それでもかまわねぇ  ただ 今言えることは もしもこの弱い僕が 本当の日々ってヤツの強さをわかるのならば 涙は拭わぬ  それでも僕等はいつだって 汚さの前ではうつむいて 弱さの前で苦笑いしたりして だけど決めたんだ もうやめたんだ それでもかまわねぇ これから僕等はいつだって 汚さの前では強がって あなたの前で ハラかかえて笑って そんな日々なんだ だから捨てるんだ それでもかまわねぇ  言葉の向こう側 あなたと行こうかな それでも儚さは あなたと知ろうかな
この世の果てサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスター今ここはこの世の果て 僕はただあなたがすべて 汚れちまった思い出なんて 忘れちまえよ そんなのすべて 奴等またズルさを増して 僕等ただ無邪気な影 わかってるんだ 真っ白な雪で消してしまえよ 過去などすべて  ただ夜はいつも つるべ落としのように 穏やかな朝をよんでくるというよ  この世の果て 貴方は其処で笑ってみせて この世の果て 僕等は其処でふたたび逢って  今 僕等 言葉の果て 夢に見た思いがすべて そして越えてゆくんだ ここで 君に笑われたっていいんだよ そして言葉の果てと この世の果てと 越えてゆけるんだ 必ず  悲しみはいつも つるべ落としのように 喜びをいつも連れてくるというよ  この世の果て 貴方は其処で笑ってみせて この世の果て 僕等は其処でふたたび逢って
Oh ベイビーサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆サンボマスターあなたの過去ごともらうつもりだぜ 新たな日々では笑うつもりだぜ  何もない僕と 何気ない君さ 君が笑う時 それが合図だ 二人知らぬ間に時ばかりすぎて 知らぬ間に大人になるんだぜ  Oh ベイビー 喜びを分け合った君に Oh ベイビー ぬくもりのまたその先に Oh ベイビー 悲しみが無くなった君に Oh ベイビー 今夜はそっと明けてゆくんだぜ  それでも僕等は笑い続けるぜ なぜなら僕等は本当の日々の意味を知るからさ  何も無い僕と 何気ない君さ 君が笑う時 それが合図だ 二人知らぬ間に時ばかり過ぎて 知らぬ間に大人になるんだぜ  Oh ベイビー 喜びを分け合った君に Oh ベイビー ぬくもりのまたその先に Oh ベイビー 悲しみが無くなった君に Oh ベイビー 今夜はそっと明けてゆくんだぜ
さよならベイビーサンボマスターサンボマスター山口隆山口隆愛しても愛しても 消えますよ 消えますよ だけども僕はあなたの事 愛さずにはいられないの 今この胸に流れてる 恐るべきケチな宿命  さよならべイビー 懐かしい思い出よ さよならべイビー 美しいあなたよ さよならべイビー 誇るべき昨日よ さよならべイビー さよならべイビー  信じても信じても 無くなりますよ 無くなりますよ だけども僕はあなたの事 信じずにはいられないの 今この胸に流れてる 恐るべきケチな宿命  さよならべイビー 懐かしい思い出よ さよならべイビー 美しいあなたよ さよならべイビー 苦笑いの日々よ さよならべイビー さよならべイビー  さよならべイビー 懐かしい思い出よ さよならべイビー 美しいあなたよ さよならベイビー 悲しみに暮れた日々にさよならだぜ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. New Day
  4. Good To See You
  5. 月と星が踊るMidnight

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照