GAOの歌詞一覧リスト  61曲中 1-61曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
61曲中 1-61曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛をつかもうよたとえ君に好きな人がいると知っても止められない この想いを届けたくて 弱気にはなりたくない 見上げる空の青さ 切ない胸に眩しすぎて  信じてる素直な気持ちで 愛をつかもうよ 伝えたい一つの想いを ぐっと抱きしめて 愛をつかもうよ  声にできない想いは 迷子のように震えている 思い込むだけで人は 空だって飛べるはずだよ 見上げる雲の行方 翼広げて追いかけたい  飾らない言葉でいいから 愛をつかもうよ 迷わずに一つの想いを ぐっと抱きしめて 愛をつかもうよ  信じてる素直な気持ちで 愛をつかもうよ 伝えたい一つの想いを ぐっと抱きしめて 愛をつかもうよGAOGAO筒美京平海福知弘たとえ君に好きな人がいると知っても止められない この想いを届けたくて 弱気にはなりたくない 見上げる空の青さ 切ない胸に眩しすぎて  信じてる素直な気持ちで 愛をつかもうよ 伝えたい一つの想いを ぐっと抱きしめて 愛をつかもうよ  声にできない想いは 迷子のように震えている 思い込むだけで人は 空だって飛べるはずだよ 見上げる雲の行方 翼広げて追いかけたい  飾らない言葉でいいから 愛をつかもうよ 迷わずに一つの想いを ぐっと抱きしめて 愛をつかもうよ  信じてる素直な気持ちで 愛をつかもうよ 伝えたい一つの想いを ぐっと抱きしめて 愛をつかもうよ
歩みは のろまな ほうがいい考え込んだ頭の中で 言葉が凍りついてる 走りすぎる自分の影が 自分を追い越して行く  張り詰めた 心の奥が 破裂しちゃうまえに 吸い込んだ 息を吐き出して いさぎよく 立ち止まれ!  本当の僕が大好きさ もう一度 はじめから 疲れた心は脱ぎ捨てて もう一度 はじめよう  この頃は やたらすれ違いばかりで 君に逢えないし 電話の声は 何か誤解してるよ すぐ ケンカになるし  こわばった 二人の仲が ヒビ割れ起こしそう あの頃が とても懐かしい 今すぐ逢いに 行かなくちゃ  本当に君が大好きさ もう一度 はじめから いつでも素直が大切さ もう一度 はじめよう  自分に 耳を澄ませよう 心から 大好きな あなたに 耳を澄ませよう 昨日より 大好きな みんなに 耳を澄ませよう ちがう夢を 聞かせて  本当の僕が大好きさ もう一度 はじめよう 疲れた心は脱ぎ捨てて もう一度 はじめよう  本当に君が大好きさ もう一度 はじめよう いつでも素直が大切さ もう一度 はじめよう  本当に君が大好きさ もう一度 はじめようGAOGAO南木直樹考え込んだ頭の中で 言葉が凍りついてる 走りすぎる自分の影が 自分を追い越して行く  張り詰めた 心の奥が 破裂しちゃうまえに 吸い込んだ 息を吐き出して いさぎよく 立ち止まれ!  本当の僕が大好きさ もう一度 はじめから 疲れた心は脱ぎ捨てて もう一度 はじめよう  この頃は やたらすれ違いばかりで 君に逢えないし 電話の声は 何か誤解してるよ すぐ ケンカになるし  こわばった 二人の仲が ヒビ割れ起こしそう あの頃が とても懐かしい 今すぐ逢いに 行かなくちゃ  本当に君が大好きさ もう一度 はじめから いつでも素直が大切さ もう一度 はじめよう  自分に 耳を澄ませよう 心から 大好きな あなたに 耳を澄ませよう 昨日より 大好きな みんなに 耳を澄ませよう ちがう夢を 聞かせて  本当の僕が大好きさ もう一度 はじめよう 疲れた心は脱ぎ捨てて もう一度 はじめよう  本当に君が大好きさ もう一度 はじめよう いつでも素直が大切さ もう一度 はじめよう  本当に君が大好きさ もう一度 はじめよう
Ah 恋してる!Ah―― 気づかないの?恋してる! ah そんな風に窓の外をぼんやり眺めて ah わけもなく切なくなる 胸が痛いほど 鏡の前 髪を梳かし つくり笑いしたり 電話見たり 時計見たり 何も手に着かない そわそわして どきどきして 落ち着かないね  Ah―― わからないの?恋してる! ah さっきから開いた本 進まないページ ah ため息をついてばかり ケーキも食べないで ホロスコープ 違う星座 やけに気にしてる 映画見ても 月を見ても 涙流してる あてもなく歩く街で 急に振り向いてる  Ah―― 気づかないの?恋してる! Ah―― わからないの?恋におちてる きっと きっと ほら!  ピアノの音 薔薇の香り 不意に好きになる バスルームで過ごす時間 ぐんと長くなる 日記つけて 手紙書いて また眠れないね  Ah―― 気づかないの?恋してる! Ah―― わからないの?恋におちてるGAOGAO鳥渕康海福知弘Ah―― 気づかないの?恋してる! ah そんな風に窓の外をぼんやり眺めて ah わけもなく切なくなる 胸が痛いほど 鏡の前 髪を梳かし つくり笑いしたり 電話見たり 時計見たり 何も手に着かない そわそわして どきどきして 落ち着かないね  Ah―― わからないの?恋してる! ah さっきから開いた本 進まないページ ah ため息をついてばかり ケーキも食べないで ホロスコープ 違う星座 やけに気にしてる 映画見ても 月を見ても 涙流してる あてもなく歩く街で 急に振り向いてる  Ah―― 気づかないの?恋してる! Ah―― わからないの?恋におちてる きっと きっと ほら!  ピアノの音 薔薇の香り 不意に好きになる バスルームで過ごす時間 ぐんと長くなる 日記つけて 手紙書いて また眠れないね  Ah―― 気づかないの?恋してる! Ah―― わからないの?恋におちてる
11.14.言いにくいことだと 顔にかいてあるよ 君らしく笑って言えばいいのに ほかの誰か 愛し始めてるね そんな風に 目を伏せないで  偶然に二人を街で見かけたのさ やっぱり君はとってもステキだった 銀の指輪 はずした白い指 それだけが すこし目にしみただけさ  wow wow oh wow wow oh wow wow もう出ていっておくれ wow wow oh wow wow oh wow wow oh 何も言わずに 痛む胸に 残る愛 まだ 背中で隠したまま 俺の中を 出てゆく君の足音に耳をふさいでたGAOGAO海福知弘今泉洋言いにくいことだと 顔にかいてあるよ 君らしく笑って言えばいいのに ほかの誰か 愛し始めてるね そんな風に 目を伏せないで  偶然に二人を街で見かけたのさ やっぱり君はとってもステキだった 銀の指輪 はずした白い指 それだけが すこし目にしみただけさ  wow wow oh wow wow oh wow wow もう出ていっておくれ wow wow oh wow wow oh wow wow oh 何も言わずに 痛む胸に 残る愛 まだ 背中で隠したまま 俺の中を 出てゆく君の足音に耳をふさいでた
1987君と出会ったときは寒い冬の入り口 ずっと一緒にいるだろうって すぐにわかったよ  とても不思議なことが何ヵ月も続いた すべてが輝いて見えた すべてに愛を感じて  昼も夜も朝も 君を愛し続けた 二人が出会うまえの時を取り戻すかのように  思うままに世界が回るようにも思えたけど 季節がいくつかすぎて すべてに慣れてしまった  僕らは輝いていた 奇跡さえ信じていた すべては色あせてゆく…愛をなくすとき  気づいたとき僕は普通の人に戻ってた 多くの友だちを呼んで 毎晩バカ騒ぎして過ごしてた  二人になるとなぜか 無口な夜になったね 君は僕の喜びが 幸せだとただ笑うだけ  僕らは輝いていた 奇跡さえ信じていた すべては色あせてゆく…愛をなくすとき  二人で過ごす日々は ゆっくりと過ぎてゆく 愛の魔法はいつか 閉じこめられてしまった  今日も風が吹いている 花びらが街に舞う 君を車に乗せて 短い旅に出よう  新しい風景が 二人の目に映る とても自然に僕は 自分のことを話してた  僕の喜びが 君にも伝わるように 君の静かな愛が 今僕にもわかったGAOR.Stewart・G.Graigen・日本語詞:GAOR.Stewart・G.Graigen君と出会ったときは寒い冬の入り口 ずっと一緒にいるだろうって すぐにわかったよ  とても不思議なことが何ヵ月も続いた すべてが輝いて見えた すべてに愛を感じて  昼も夜も朝も 君を愛し続けた 二人が出会うまえの時を取り戻すかのように  思うままに世界が回るようにも思えたけど 季節がいくつかすぎて すべてに慣れてしまった  僕らは輝いていた 奇跡さえ信じていた すべては色あせてゆく…愛をなくすとき  気づいたとき僕は普通の人に戻ってた 多くの友だちを呼んで 毎晩バカ騒ぎして過ごしてた  二人になるとなぜか 無口な夜になったね 君は僕の喜びが 幸せだとただ笑うだけ  僕らは輝いていた 奇跡さえ信じていた すべては色あせてゆく…愛をなくすとき  二人で過ごす日々は ゆっくりと過ぎてゆく 愛の魔法はいつか 閉じこめられてしまった  今日も風が吹いている 花びらが街に舞う 君を車に乗せて 短い旅に出よう  新しい風景が 二人の目に映る とても自然に僕は 自分のことを話してた  僕の喜びが 君にも伝わるように 君の静かな愛が 今僕にもわかった
イリュージョンこの世の総(すべ)てのあやまちに 星は傷つき叫びはじめてる すぐ 目を覚まして いま 愚かな夢から  星への誓いは破られた 残された時を刻むだけ 人々は幸せを求め過ぎてた  ああ目を覚ましてほしい 寝顔とても愛しくて まだ夢をみてる君に くちづけ  開け放した窓から 夏の香りはこぶ風が 優しく君の髪をとかした  きっと忘れないだろう この愛に満たされた朝 まだ夢みてる君が 微笑んだ…  この世の総(すべ)てのあやまちに 星は傷つき叫びはじめてる すぐ 目を覚まして いま 愚かな夢から  星への誓いは破られた 残された時を刻むだけ 人々は幸せを求め過ぎてたGAOGAO海福知弘井上徳雄・GAO・山内薫この世の総(すべ)てのあやまちに 星は傷つき叫びはじめてる すぐ 目を覚まして いま 愚かな夢から  星への誓いは破られた 残された時を刻むだけ 人々は幸せを求め過ぎてた  ああ目を覚ましてほしい 寝顔とても愛しくて まだ夢をみてる君に くちづけ  開け放した窓から 夏の香りはこぶ風が 優しく君の髪をとかした  きっと忘れないだろう この愛に満たされた朝 まだ夢みてる君が 微笑んだ…  この世の総(すべ)てのあやまちに 星は傷つき叫びはじめてる すぐ 目を覚まして いま 愚かな夢から  星への誓いは破られた 残された時を刻むだけ 人々は幸せを求め過ぎてた
生まれたての明日~光をあびて~小さな君の先指 つぶらな目の輝き 何を探しにゆくのか 何を見つけるのだろう  世界中の愛が 君を腕に抱えて 時の扉開けた そこから、君が始まる  何度でも繰り返し呼ぼう 生まれたての名前 透きとおる朝の風の中 目覚める君 いま、光をあびて 愛しさがほほえむ  はじめて触れたときめき 胸の奥の囁き この世にたった一つの 君の声で唄おう  何も知らないことに ある日君は気づいて 心の扉開ける どしゃ降りの闇の中を  どこまでも続く道がある 生まれたての明日 夢はいつか 君のまわりに咲く のぞむ色で いま、光をさがし 心は歩きはじめる  どこまでも続く道がある 生まれたての明日 またひとつ 膨らむ想いの 花を咲かせ いま、光をあびて 昨日の君がほほえむ  何度でも 何度でも呼ぼう 生まれたての名前 透きとおる時の風の中で 目覚める君 いま、光をあびて 愛しさがほほえむ いま、光の中で 明日の君がほほえむGAOGAO南木直樹小さな君の先指 つぶらな目の輝き 何を探しにゆくのか 何を見つけるのだろう  世界中の愛が 君を腕に抱えて 時の扉開けた そこから、君が始まる  何度でも繰り返し呼ぼう 生まれたての名前 透きとおる朝の風の中 目覚める君 いま、光をあびて 愛しさがほほえむ  はじめて触れたときめき 胸の奥の囁き この世にたった一つの 君の声で唄おう  何も知らないことに ある日君は気づいて 心の扉開ける どしゃ降りの闇の中を  どこまでも続く道がある 生まれたての明日 夢はいつか 君のまわりに咲く のぞむ色で いま、光をさがし 心は歩きはじめる  どこまでも続く道がある 生まれたての明日 またひとつ 膨らむ想いの 花を咲かせ いま、光をあびて 昨日の君がほほえむ  何度でも 何度でも呼ぼう 生まれたての名前 透きとおる時の風の中で 目覚める君 いま、光をあびて 愛しさがほほえむ いま、光の中で 明日の君がほほえむ
おもいでの扉永い 永い 沈黙のむこうには もう 愛は見えないと 君の瞳が 叫んでる ドアを 閉めて 振り向いた僕には もう二度と逢えない その意味さえ分からなくて  流れる街の 速さの中で 心をなくしたまま 降りだした雨の 人波に押され にじんだ ひとみの つぶやき  どこへ行けばいい 悲しみが空までとどきそう どこへ行けばいい 君のいない部屋のドアを叩く さよなら さよなら おもいでの扉  二人 並ぶ 写真さえ今も まだ側にいるようで いとしさだけ 連れてくる 流れる時の 速さの中に 僕だけ止まったまま 忘れることも 離れることも できずに 濡れてる 雨に  きっと歩きだす 悲しみが空を流れてゆく きっと歩きだす 雨は上がり街は動き出す さよなら さよなら おもいでの扉  きっと歩きだす 悲しみが空を流れてゆく きっと歩きだす 雨は上がり街は動き出す さよなら さよなら おもいでの扉GAOGAO南木直樹今泉洋永い 永い 沈黙のむこうには もう 愛は見えないと 君の瞳が 叫んでる ドアを 閉めて 振り向いた僕には もう二度と逢えない その意味さえ分からなくて  流れる街の 速さの中で 心をなくしたまま 降りだした雨の 人波に押され にじんだ ひとみの つぶやき  どこへ行けばいい 悲しみが空までとどきそう どこへ行けばいい 君のいない部屋のドアを叩く さよなら さよなら おもいでの扉  二人 並ぶ 写真さえ今も まだ側にいるようで いとしさだけ 連れてくる 流れる時の 速さの中に 僕だけ止まったまま 忘れることも 離れることも できずに 濡れてる 雨に  きっと歩きだす 悲しみが空を流れてゆく きっと歩きだす 雨は上がり街は動き出す さよなら さよなら おもいでの扉  きっと歩きだす 悲しみが空を流れてゆく きっと歩きだす 雨は上がり街は動き出す さよなら さよなら おもいでの扉
Oh! Baby....困るよ、こんな場所で 急に泣き出されちゃ 地下道 しかもラッシュアワー まったく何考えてるのさ よくある こんな光景 まさかこの俺が演じるなんて 泣いてる 君より100倍も 俺はウロウロうろたえてぇ  凍りつくような 背筋の奥で 人の視線気にしてる 自分が情けないぜ  なんとか 泣きやんだ君の お次は得意のダンマリ作戦 黙って ただ睨みつけるなんて 怖いよ! 何でもするから許してよ これ以上 そんな調子なら 張り倒してやろーか! マ、とにかく 場所うつそーぜ 君はテコでもうごかなーい oh-no!  パニクった頭を 叩いてみても クェッションマークお手上げだ 絶体絶命助けてよ! baby!!  恋は摩訶不思議だ気をつけなよ 予告もなく泣きを見るもんだぜ パパやママもばーちゃんも教えちゃくれない でもピンチは乗り越えるためにある  放心状態で 抱きしめた君と 人波の中踊ろう 二人だけのチークダンス oh-baby!  恋は摩訶不思議だ気をつけなよ こんなはずじゃないこと山盛りだぜ パパやママもじーちゃんも教えちゃくれない カッコつけてるだけじゃ始まらない  恋は摩訶不思議だ楽しみなよ ごちそうをつくるように味わいなよ パパとママのケンカも参考にして 味付けはご自由に baby! baby! baby!  恋は摩訶不思議だ楽しみなよ アラジンの魔法も三つまでだゼ パパやママもばーちゃんも教えちゃくれない だって、恋の味を知れば 病み付きになって  方程式も覚えられない…GAOGAO神郡健困るよ、こんな場所で 急に泣き出されちゃ 地下道 しかもラッシュアワー まったく何考えてるのさ よくある こんな光景 まさかこの俺が演じるなんて 泣いてる 君より100倍も 俺はウロウロうろたえてぇ  凍りつくような 背筋の奥で 人の視線気にしてる 自分が情けないぜ  なんとか 泣きやんだ君の お次は得意のダンマリ作戦 黙って ただ睨みつけるなんて 怖いよ! 何でもするから許してよ これ以上 そんな調子なら 張り倒してやろーか! マ、とにかく 場所うつそーぜ 君はテコでもうごかなーい oh-no!  パニクった頭を 叩いてみても クェッションマークお手上げだ 絶体絶命助けてよ! baby!!  恋は摩訶不思議だ気をつけなよ 予告もなく泣きを見るもんだぜ パパやママもばーちゃんも教えちゃくれない でもピンチは乗り越えるためにある  放心状態で 抱きしめた君と 人波の中踊ろう 二人だけのチークダンス oh-baby!  恋は摩訶不思議だ気をつけなよ こんなはずじゃないこと山盛りだぜ パパやママもじーちゃんも教えちゃくれない カッコつけてるだけじゃ始まらない  恋は摩訶不思議だ楽しみなよ ごちそうをつくるように味わいなよ パパとママのケンカも参考にして 味付けはご自由に baby! baby! baby!  恋は摩訶不思議だ楽しみなよ アラジンの魔法も三つまでだゼ パパやママもばーちゃんも教えちゃくれない だって、恋の味を知れば 病み付きになって  方程式も覚えられない…
「カシコイ男のススメ」しっかりネタはバレてるぜ いつもの無鉄砲玉Baby 行方不明…連絡とだえて4日  彼女は恋のときめきで どっかにぶっ飛んでゆく病気 「まぁ、かわいそう」 なぐさめられるのはいつも俺さ  誰が誰が君の<ヒキガネ引いたのサ> 早く早くここへ<帰ってきてくれよ> 目の前が暗くなるぜ…  Uh- ぐれんばかり ぞっこん! Uh- じたばたするだけの俺  朝・昼・晩 留守電チェックで 寝不足 髭面 情けないぜ 行方不明…連絡とだえて10日  危うい恋のせとぎわ マニュアルブック開いてうんざり 神への祈り 「今度は本気?ウソだと言って!」  誰か誰か止めて<彼女をイカせないで> 甘い甘いワナの<秘密の森の中> 夢にうなされる夜…  Uh- 切れんばかり ぞっこん! Uh- じたばたするだけの俺  誰が誰が君の<ヒキガネ引いたのサ> 早く早くここへ<帰って来てくれよ> また少し魅力的になって…  Uh- ぐれんばかり My Love! お見舞いの花束ぞくぞく届く Uh- 切れんばかり My Hreat! かしこい男になりたいぜ  Uh- ぐれんばかり My Love! Uh- 切れんばかり My Hreat!GAOGAO階いっきしっかりネタはバレてるぜ いつもの無鉄砲玉Baby 行方不明…連絡とだえて4日  彼女は恋のときめきで どっかにぶっ飛んでゆく病気 「まぁ、かわいそう」 なぐさめられるのはいつも俺さ  誰が誰が君の<ヒキガネ引いたのサ> 早く早くここへ<帰ってきてくれよ> 目の前が暗くなるぜ…  Uh- ぐれんばかり ぞっこん! Uh- じたばたするだけの俺  朝・昼・晩 留守電チェックで 寝不足 髭面 情けないぜ 行方不明…連絡とだえて10日  危うい恋のせとぎわ マニュアルブック開いてうんざり 神への祈り 「今度は本気?ウソだと言って!」  誰か誰か止めて<彼女をイカせないで> 甘い甘いワナの<秘密の森の中> 夢にうなされる夜…  Uh- 切れんばかり ぞっこん! Uh- じたばたするだけの俺  誰が誰が君の<ヒキガネ引いたのサ> 早く早くここへ<帰って来てくれよ> また少し魅力的になって…  Uh- ぐれんばかり My Love! お見舞いの花束ぞくぞく届く Uh- 切れんばかり My Hreat! かしこい男になりたいぜ  Uh- ぐれんばかり My Love! Uh- 切れんばかり My Hreat!
「カシコイ男のススメ」しっかりネタはバレてるぜ いつもの無鉄砲玉Baby 行方不明…連絡とだえて4日  彼女は恋のときめきで どっかにぶっ飛んでゆく病気 「まぁ、かわいそう」 なぐさめられるのはいつも俺さ  誰が誰が君の <ヒキガネ引いたのサ> 早く早くここへ <帰って来てくれよ> 目の前が暗くなるぜ…  Uh- ぐれんばかり ぞっこん! Uh- じたばたするだけの俺  朝・昼・晩 留守電チェックで 寝不足 髭面 情けないぜ 行方不明…連絡とだえて10日  危うい恋のせとぎわ マニュアルブック開いてうんざり 神への祈り 「今度は本気?ウソだと言って!」  誰か誰か止めて <彼女をイカせないで> 甘い甘いワナの <秘密の森の中> 夢にうなされる夜…  Uh- 切れんばかり ぞっこん! Uh- じたばたするだけの俺  誰が誰が君の <ヒキガネ引いたのサ> 早く早くここへ <帰って来てくれよ> また少し魅力的になって…  Uh- ぐれんばかり My Love! お見舞いの花束ぞくぞく届く Uh- 切れんばかり My Hreat! かしこい男になりたいぜ  Uh- ぐれんばかり My Love! Uh- 切れんばかり My Hreat!GAOGAO階いっきしっかりネタはバレてるぜ いつもの無鉄砲玉Baby 行方不明…連絡とだえて4日  彼女は恋のときめきで どっかにぶっ飛んでゆく病気 「まぁ、かわいそう」 なぐさめられるのはいつも俺さ  誰が誰が君の <ヒキガネ引いたのサ> 早く早くここへ <帰って来てくれよ> 目の前が暗くなるぜ…  Uh- ぐれんばかり ぞっこん! Uh- じたばたするだけの俺  朝・昼・晩 留守電チェックで 寝不足 髭面 情けないぜ 行方不明…連絡とだえて10日  危うい恋のせとぎわ マニュアルブック開いてうんざり 神への祈り 「今度は本気?ウソだと言って!」  誰か誰か止めて <彼女をイカせないで> 甘い甘いワナの <秘密の森の中> 夢にうなされる夜…  Uh- 切れんばかり ぞっこん! Uh- じたばたするだけの俺  誰が誰が君の <ヒキガネ引いたのサ> 早く早くここへ <帰って来てくれよ> また少し魅力的になって…  Uh- ぐれんばかり My Love! お見舞いの花束ぞくぞく届く Uh- 切れんばかり My Hreat! かしこい男になりたいぜ  Uh- ぐれんばかり My Love! Uh- 切れんばかり My Hreat!
風追い午前4時に君が待ってる 部屋を抜け出し 自慢のマウンテンバイクとばして 見に行こう 夜明けの海 走る君の背中を このまま追いかけていたい まだ街は 眠っているよ 二人だけ 不思議な風  君の夢を初めて聞いた 堤防 腰かけ ときめきが胸に伝わる 忘れない 蒼い時間(とき) 海を渡る風 今、君に打ち明けたい 友達より 特別な人 でも、言えず ただ、波を見てた  初めての恋  あの時、打ち明けていたら 君に、打ち明けていたら どんな顔を 君はしただろう 優しく笑ってくれたかい?  走る君の背中を いつでも追いかけていたい 初めての恋 伝えないまま 今も、胸に 不思議な風  あの時、打ち明けていたら 君に、打ち明けていたら あの時、打ち明けていたら 君に、打ち明けていたらGAOGAO財津和夫今泉洋午前4時に君が待ってる 部屋を抜け出し 自慢のマウンテンバイクとばして 見に行こう 夜明けの海 走る君の背中を このまま追いかけていたい まだ街は 眠っているよ 二人だけ 不思議な風  君の夢を初めて聞いた 堤防 腰かけ ときめきが胸に伝わる 忘れない 蒼い時間(とき) 海を渡る風 今、君に打ち明けたい 友達より 特別な人 でも、言えず ただ、波を見てた  初めての恋  あの時、打ち明けていたら 君に、打ち明けていたら どんな顔を 君はしただろう 優しく笑ってくれたかい?  走る君の背中を いつでも追いかけていたい 初めての恋 伝えないまま 今も、胸に 不思議な風  あの時、打ち明けていたら 君に、打ち明けていたら あの時、打ち明けていたら 君に、打ち明けていたら
KISSKISSKISS!駅前からそっと君をつけて 出会いのきっかけを ずっと探している 名前すらわからずに 好きになってしまった こんなことしてたんじゃ ただの変な奴だな  君を抜ける風にも 心は嫉妬しちゃうよ 恋の想い飛ばして 長い髪に そっと触れた  kiss kiss kiss kiss! 誰も知らない kiss kiss kiss kiss kiss! 突然、犬にほえられて ビックリ 駆け出した  あまりの間抜けさに 振り向いた君が笑う 「いい天気だね、コンチハ!」これぞ願ってもないチャンス 「エーと、この辺にチッチャイ頃 住んでたんだよ」なんて 口は勝手に動くけど 心臓とび出しそう  たぶん君とどこかで 出会った気がするよ 子供の頃じゃないかな? そうだきっと! きっとそうさ  kiss kiss kiss kiss! 恋の天使が kiss kiss kiss kiss kiss! かなり君と運命的な予感 運・命・的!  kiss kiss kiss kiss! 今はまだ夢の kiss kiss kiss kiss kiss! かなり君と運命的な予感 kiss kiss kiss kiss! 恋の天使が kiss kiss kiss kiss kiss! かなり君と運命的な予感 運命的な予感 何とかしなくちゃ まぼろしの kiss!GAOGAO神郡健駅前からそっと君をつけて 出会いのきっかけを ずっと探している 名前すらわからずに 好きになってしまった こんなことしてたんじゃ ただの変な奴だな  君を抜ける風にも 心は嫉妬しちゃうよ 恋の想い飛ばして 長い髪に そっと触れた  kiss kiss kiss kiss! 誰も知らない kiss kiss kiss kiss kiss! 突然、犬にほえられて ビックリ 駆け出した  あまりの間抜けさに 振り向いた君が笑う 「いい天気だね、コンチハ!」これぞ願ってもないチャンス 「エーと、この辺にチッチャイ頃 住んでたんだよ」なんて 口は勝手に動くけど 心臓とび出しそう  たぶん君とどこかで 出会った気がするよ 子供の頃じゃないかな? そうだきっと! きっとそうさ  kiss kiss kiss kiss! 恋の天使が kiss kiss kiss kiss kiss! かなり君と運命的な予感 運・命・的!  kiss kiss kiss kiss! 今はまだ夢の kiss kiss kiss kiss kiss! かなり君と運命的な予感 kiss kiss kiss kiss! 恋の天使が kiss kiss kiss kiss kiss! かなり君と運命的な予感 運命的な予感 何とかしなくちゃ まぼろしの kiss!
Kiss me Kiss雲の切れ間に宇宙の碧さが 君の瞳に僕らのブルーが リボンほどくように 車走らせる もう少し もう少し ah――遠くへいこう  誰もが使う 四角い言葉と ちがう合図で 僕らは愛しあう プライドすてた君はとてもステキ もう少し もう少し ah――スピード上げよう  大好きだよ 大好きだよ be alright 大好きだよ 大好きだよ be okay 大好きだよ 大好きだよ kiss me もう一度…  世界が回る速度は無視して 小鳥のあとを 僕ら追いかけたり リボンほどくように 車走らせる もう少し もう少し ah――遠くへいこう もう少し もう少し ah――スピード上げよう  大好きだよ 大好きだよ be alright 大好きだよ 大好きだよ be okay 大好きだよ 大好きだよ kiss me もう一度…  Kiss me Kiss Kiss me Kiss Kiss me Kiss oh beautiful Love Kiss me Kiss ふたりの合図でGAOGAO鳥渕康海福知弘雲の切れ間に宇宙の碧さが 君の瞳に僕らのブルーが リボンほどくように 車走らせる もう少し もう少し ah――遠くへいこう  誰もが使う 四角い言葉と ちがう合図で 僕らは愛しあう プライドすてた君はとてもステキ もう少し もう少し ah――スピード上げよう  大好きだよ 大好きだよ be alright 大好きだよ 大好きだよ be okay 大好きだよ 大好きだよ kiss me もう一度…  世界が回る速度は無視して 小鳥のあとを 僕ら追いかけたり リボンほどくように 車走らせる もう少し もう少し ah――遠くへいこう もう少し もう少し ah――スピード上げよう  大好きだよ 大好きだよ be alright 大好きだよ 大好きだよ be okay 大好きだよ 大好きだよ kiss me もう一度…  Kiss me Kiss Kiss me Kiss Kiss me Kiss oh beautiful Love Kiss me Kiss ふたりの合図で
君にゆられてさびしい君の顔が 消えてゆくまで そばにいてあげる 笑顔の君を見たくて 朝まで僕はおどけるピエロさ  好きだった どんな嘘をつかれても いつだって 君の夢を抱いて眠った  とめどもなく こぼれる涙の川 君の胸に流れてゆけ もう二度と戻れないなら  どれほど時がたてば 忘れるだろう さまよう心の 舵を失くした僕は たったひとりで 波に揺られてる  くちづけた一度きりの遠い夏 目をとじた君の顔が灼きついたまま  流されてく木の葉の舟のように 君の海に深く沈んでも まだ君を見つめていたい  とめどもなく あふれる涙の河 君の胸に流れてゆけ もう何も届かないなら あの夏に戻れないなら  空を見上げ瞳とじる 胸に熱く消えない恋 いつかきっと届く想い ずっとずっと消えない恋  二度と二度と会えない君 胸に熱く消えない恋 いつかきっと届く想い ずっとずっと消えない恋GAOGAO大橋隆志今泉洋さびしい君の顔が 消えてゆくまで そばにいてあげる 笑顔の君を見たくて 朝まで僕はおどけるピエロさ  好きだった どんな嘘をつかれても いつだって 君の夢を抱いて眠った  とめどもなく こぼれる涙の川 君の胸に流れてゆけ もう二度と戻れないなら  どれほど時がたてば 忘れるだろう さまよう心の 舵を失くした僕は たったひとりで 波に揺られてる  くちづけた一度きりの遠い夏 目をとじた君の顔が灼きついたまま  流されてく木の葉の舟のように 君の海に深く沈んでも まだ君を見つめていたい  とめどもなく あふれる涙の河 君の胸に流れてゆけ もう何も届かないなら あの夏に戻れないなら  空を見上げ瞳とじる 胸に熱く消えない恋 いつかきっと届く想い ずっとずっと消えない恋  二度と二度と会えない君 胸に熱く消えない恋 いつかきっと届く想い ずっとずっと消えない恋
君への手紙いつかきっと逢えるだろう 君にきっと逢えるだろう いつか  夢の中で笑っている 君の頬のぬくもりにふれる  今はlonely lonely一人で とてもlonely lonely遠く だけどlonely lonely心は 探しはじめてる  空を飛ぶ魚のように 波に体をあずけ 旅を続けよう 愛すべき人へと とどくまで  君がうたう愛の歌は 僕の胸のカギをあける 魔法  君は何を悲しむのだろう どんな愛に包まれているのだろう  君もlonely lonelyどこかで きっとlonely lonely知られず だけどlonely lonelyいつかは 巡りあえるはず  雲にのる妖精のように 風に体をあずけ 旅を続けよう 愛すべき人へと とどくまでGAOGAOGAO・階一喜・Steve Jordanいつかきっと逢えるだろう 君にきっと逢えるだろう いつか  夢の中で笑っている 君の頬のぬくもりにふれる  今はlonely lonely一人で とてもlonely lonely遠く だけどlonely lonely心は 探しはじめてる  空を飛ぶ魚のように 波に体をあずけ 旅を続けよう 愛すべき人へと とどくまで  君がうたう愛の歌は 僕の胸のカギをあける 魔法  君は何を悲しむのだろう どんな愛に包まれているのだろう  君もlonely lonelyどこかで きっとlonely lonely知られず だけどlonely lonelyいつかは 巡りあえるはず  雲にのる妖精のように 風に体をあずけ 旅を続けよう 愛すべき人へと とどくまで
クリスマスの贈りもの君のために 花を摘んであげるなら 崖のうえに咲いた 虹の色の花がいい  I don't know いまの I don't know ぼくに I don't know なにが I don't know できる?  愛はいつも 届けられると信じてた 子供のころの クリスマスの夜のように  神様が翼を くれたなら 今すぐに 飛びたてるさ  いつも 同じ 夢を みてる ぼくに 何が 君に できるだろう? I don't know だれか I don't know おしえて  神様が翼を くれたのさ この勇気 Wow Oh…  雪の夜を 風の中を 町を抜けて 僕は走るのさ 君に愛を 届ける ために  降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中… GAOGAO階一喜君のために 花を摘んであげるなら 崖のうえに咲いた 虹の色の花がいい  I don't know いまの I don't know ぼくに I don't know なにが I don't know できる?  愛はいつも 届けられると信じてた 子供のころの クリスマスの夜のように  神様が翼を くれたなら 今すぐに 飛びたてるさ  いつも 同じ 夢を みてる ぼくに 何が 君に できるだろう? I don't know だれか I don't know おしえて  神様が翼を くれたのさ この勇気 Wow Oh…  雪の夜を 風の中を 町を抜けて 僕は走るのさ 君に愛を 届ける ために  降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中 降り積もる雪の中… 
Green Airy Open傷ついてた その翼を おびえないで 伸ばしてみて  胸の奥で 閉じたままの ドアを開く 鍵をあけるGAOGreen Airy OpenGreen Airy OpenGreen Airy Open傷ついてた その翼を おびえないで 伸ばしてみて  胸の奥で 閉じたままの ドアを開く 鍵をあける
グロリオサ君が誰を好きだろうと 僕には関係ない ハッキリ君は言うのさ 僕には関心ない 次の言葉 くちびるでふさいだ 僕に、ビンタ 情熱の赤!  どんなに強がったって 首ったけには違いない 君の好きなグロリオサ ベランダに今日、植えた ちょっぴりしゃくな 片想い咲かせて  8月のバースデー 贈る 情熱の赤! 夏が来る前に 君をつかまえたい 夏咲き恋人 だからサ気づいて この気持ちに 眠気覚まし 8:05、 ギュウギュウの地下鉄 君の夢思い出せば 足踏まれても痛くない ギュウ!  どんなにシカトされても 君にますます感情移入 君の好きなグロリオサ ベランダでもう、つぼみ ちょっぴりマジな 片想い告げよう  来週のバースデー 僕に予約させて 夏が来る前に 君をつかまえたい 夏咲き恋人 だからサ気づいて この気持ちに  夏咲き恋人 君を抱きしめたい とてもしゃくだけど お願い答えて この愛に 夏咲き恋人 君の赤い手帳 そっと見せてくれた マヌケな僕の似顔絵が 花束抱えて笑っていた! 君をつかまえたい・・・・・ 愛を抱きしめたい・・・・・ Oh yeahGAOGAO階一善君が誰を好きだろうと 僕には関係ない ハッキリ君は言うのさ 僕には関心ない 次の言葉 くちびるでふさいだ 僕に、ビンタ 情熱の赤!  どんなに強がったって 首ったけには違いない 君の好きなグロリオサ ベランダに今日、植えた ちょっぴりしゃくな 片想い咲かせて  8月のバースデー 贈る 情熱の赤! 夏が来る前に 君をつかまえたい 夏咲き恋人 だからサ気づいて この気持ちに 眠気覚まし 8:05、 ギュウギュウの地下鉄 君の夢思い出せば 足踏まれても痛くない ギュウ!  どんなにシカトされても 君にますます感情移入 君の好きなグロリオサ ベランダでもう、つぼみ ちょっぴりマジな 片想い告げよう  来週のバースデー 僕に予約させて 夏が来る前に 君をつかまえたい 夏咲き恋人 だからサ気づいて この気持ちに  夏咲き恋人 君を抱きしめたい とてもしゃくだけど お願い答えて この愛に 夏咲き恋人 君の赤い手帳 そっと見せてくれた マヌケな僕の似顔絵が 花束抱えて笑っていた! 君をつかまえたい・・・・・ 愛を抱きしめたい・・・・・ Oh yeah
壊れかけた時計砂漠に影を落とす 黒い月 冷たい砂に 体横たえ 何度もくり返す 思い出におぼれそう 渇いた指先は 明日をさがしても  夜と闇の向こう側 時の鼓動が聞こえる 止まりかけた時計を 早く元に戻して  音もなく 崩れかけた 石の町 乱れる 時の中をさまよう 何度も振り返り 思い出に手を振る ゆらめく道の果て ときめきに目をこらす  僕が止まらない限り 世界は回り続ける 心の闇を切り裂いて 今すぐ走り始める 昨日よりも 優しく 強い僕をさがしに行く  やけつく 砂の海にのまれても 乾いた 風が愛をとばしても この胸に 輝いた 思い出があふれそう 新しい時を また 静かに刻み始める  夜と闇の向こう側 誰かの鼓動を感じる 止まりかけた時計を 早く元に戻して  僕が止まらない限り 世界は回り続ける 果てしない空を仰いで 何度でも走り始める  君が止まらない限り 世界は回り続ける 心の闇はひび割れて 喜びの川は流れる ラララララララララ……GAOGAO階一喜ジェフ・ボバ砂漠に影を落とす 黒い月 冷たい砂に 体横たえ 何度もくり返す 思い出におぼれそう 渇いた指先は 明日をさがしても  夜と闇の向こう側 時の鼓動が聞こえる 止まりかけた時計を 早く元に戻して  音もなく 崩れかけた 石の町 乱れる 時の中をさまよう 何度も振り返り 思い出に手を振る ゆらめく道の果て ときめきに目をこらす  僕が止まらない限り 世界は回り続ける 心の闇を切り裂いて 今すぐ走り始める 昨日よりも 優しく 強い僕をさがしに行く  やけつく 砂の海にのまれても 乾いた 風が愛をとばしても この胸に 輝いた 思い出があふれそう 新しい時を また 静かに刻み始める  夜と闇の向こう側 誰かの鼓動を感じる 止まりかけた時計を 早く元に戻して  僕が止まらない限り 世界は回り続ける 果てしない空を仰いで 何度でも走り始める  君が止まらない限り 世界は回り続ける 心の闇はひび割れて 喜びの川は流れる ラララララララララ……
最後のメッセージ昨日までの憂鬱を雨がとかしてゆく 受話器を置いたままで耳をすます  思い出の曲とあなたの声 少しだけふざけて Do you love me? 今はもう Do you love me? サヨナラ  せつない夢に夜をふるわせて 寂しい朝に一人目覚め これが最後のメッセージ  街の音があの頃と少し違っている 悲しみはまだ少し肌に残る  ロウソクの灯り 最初のクリスマス 二人だけの夜  Do you love me? もう一度 Do you love me? 聞かせてよ  冷たい風にうたれ歩いて 見慣れた窓に映る影に 最後の涙でメッセージ メッセージ…  せつない夢に夜をふるわせて 寂しい朝に一人目覚め  冷たい風に背中を押されて 見慣れた窓に映る影に 最後の涙でこれが最後の メッセージGAOGAO神郡健昨日までの憂鬱を雨がとかしてゆく 受話器を置いたままで耳をすます  思い出の曲とあなたの声 少しだけふざけて Do you love me? 今はもう Do you love me? サヨナラ  せつない夢に夜をふるわせて 寂しい朝に一人目覚め これが最後のメッセージ  街の音があの頃と少し違っている 悲しみはまだ少し肌に残る  ロウソクの灯り 最初のクリスマス 二人だけの夜  Do you love me? もう一度 Do you love me? 聞かせてよ  冷たい風にうたれ歩いて 見慣れた窓に映る影に 最後の涙でメッセージ メッセージ…  せつない夢に夜をふるわせて 寂しい朝に一人目覚め  冷たい風に背中を押されて 見慣れた窓に映る影に 最後の涙でこれが最後の メッセージ
サヨナラGOLD LYLIC流れる季節に 君だけ足りない はぐれた心の 足跡を探す カバンにつめた 悲しい幸せ 遠くへ行くほど 君を思い出す  星だけが時を数えて 戻れない夜を飛び越え 逢いたい  窓辺に集めた 銀色のコイン 会うたび重ねて 約束したのさ 忘れかけてゆく 優しいぬくもり とても悲しいね 光りをなくして  約束もカギも手紙も 思い出の空に放そう さよなら  手のひらから伝わる愛 心をとかした 名前のない時間(とき)の中で 二人夢を抱きしめてた 何も失くさないと 信じていた あの頃に  ~遠くへ~ ~もっと遠くへ~ ~もっと遠くへ~  (かえりたい) くちびるからこぼれる愛 心を満たした (かえりたい) 名前のない時間(とき)の中で 二人夢を抱きしめてた 何も変わらないと 誓った日々が 胸の奥に 今も はなれない 輝いてGOLD LYLICGAOGAO階一喜井上徳雄・GAO・山内薫流れる季節に 君だけ足りない はぐれた心の 足跡を探す カバンにつめた 悲しい幸せ 遠くへ行くほど 君を思い出す  星だけが時を数えて 戻れない夜を飛び越え 逢いたい  窓辺に集めた 銀色のコイン 会うたび重ねて 約束したのさ 忘れかけてゆく 優しいぬくもり とても悲しいね 光りをなくして  約束もカギも手紙も 思い出の空に放そう さよなら  手のひらから伝わる愛 心をとかした 名前のない時間(とき)の中で 二人夢を抱きしめてた 何も失くさないと 信じていた あの頃に  ~遠くへ~ ~もっと遠くへ~ ~もっと遠くへ~  (かえりたい) くちびるからこぼれる愛 心を満たした (かえりたい) 名前のない時間(とき)の中で 二人夢を抱きしめてた 何も変わらないと 誓った日々が 胸の奥に 今も はなれない 輝いて
サヨナラ (Original Version)流れる季節に 君だけ足りない はぐれた心の 足跡を探す カバンにつめた 悲しい幸せ 遠くへ行くほど 君を思い出す  星だけが時を数えて 戻れない夜を飛び越え 逢いたい  窓辺に集めた 銀色のコイン 会うたび重ねて 約束したのさ 忘れかけてゆく 優しいぬくもり とても悲しいね 光をなくして  約束もカギも手紙も 思い出の空に放そう さよなら  手のひらから伝わる愛 心をとかした 名前のない時間(とき)の中で 二人夢を抱きしめてた 何も失さないと 信じていた あの頃に  ~遠くへ~ ~もっと遠くへ~ ~もっと遠くへ~  (かえりたい) くちびるからこぼれる愛 心を満たした (かえりたい) 名前のない時間(とき)の中で 二人夢を抱きしめてた 何も変わらないと 誓った日々が 胸の奥に 今も はなれない 輝いてGAOGAO階一喜流れる季節に 君だけ足りない はぐれた心の 足跡を探す カバンにつめた 悲しい幸せ 遠くへ行くほど 君を思い出す  星だけが時を数えて 戻れない夜を飛び越え 逢いたい  窓辺に集めた 銀色のコイン 会うたび重ねて 約束したのさ 忘れかけてゆく 優しいぬくもり とても悲しいね 光をなくして  約束もカギも手紙も 思い出の空に放そう さよなら  手のひらから伝わる愛 心をとかした 名前のない時間(とき)の中で 二人夢を抱きしめてた 何も失さないと 信じていた あの頃に  ~遠くへ~ ~もっと遠くへ~ ~もっと遠くへ~  (かえりたい) くちびるからこぼれる愛 心を満たした (かえりたい) 名前のない時間(とき)の中で 二人夢を抱きしめてた 何も変わらないと 誓った日々が 胸の奥に 今も はなれない 輝いて
シャナリンシャーナーリンリンリン シャナナシャナリリ シャーナーリンリンリン シャナナシャナリリ  涙誘う映画のラストシーン 恋人たちは恋に破れて 哀愁がとけだす静寂に 手渡された花柄のバンダナ 受け取る指が震え 何かが崩れ落ちてく 涙もろい男はお好きかい? ジョークにしてはやたらと悲しいぜ  シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン 耐えなけりゃダメかい シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン オウオウむづかしい!  君が変えたリップの色を褒めても ソッポ向いてご機嫌ななめだね カーラジオで聞いたさっきのあの声 色っぽいなんて言ったせいかな 君の胸の膨らみに 詰まった乙女心も 柔らかな誘惑だけが 邪魔して僕にはとてもじゃ見えない  シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン 目覚めなきゃダメかい シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン オウオウむづかしい!  甘い唇 重ね合うとき 閉じた瞳で 何見てるの?  シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン 耐えなけりゃダメかい シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン オウオウむづかしい!  シャーナーリンリンリン 恋する女は しゃーなーりんりんりん おてあげだよ!GAOGAO神郡健今泉洋シャーナーリンリンリン シャナナシャナリリ シャーナーリンリンリン シャナナシャナリリ  涙誘う映画のラストシーン 恋人たちは恋に破れて 哀愁がとけだす静寂に 手渡された花柄のバンダナ 受け取る指が震え 何かが崩れ落ちてく 涙もろい男はお好きかい? ジョークにしてはやたらと悲しいぜ  シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン 耐えなけりゃダメかい シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン オウオウむづかしい!  君が変えたリップの色を褒めても ソッポ向いてご機嫌ななめだね カーラジオで聞いたさっきのあの声 色っぽいなんて言ったせいかな 君の胸の膨らみに 詰まった乙女心も 柔らかな誘惑だけが 邪魔して僕にはとてもじゃ見えない  シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン 目覚めなきゃダメかい シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン オウオウむづかしい!  甘い唇 重ね合うとき 閉じた瞳で 何見てるの?  シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン 耐えなけりゃダメかい シャーナーリンリンリン 恋する男は シャーナーリンリンリン オウオウむづかしい!  シャーナーリンリンリン 恋する女は しゃーなーりんりんりん おてあげだよ!
スミレときめく気持ちであなたが笑った 夢みる心を二人で話した  君といつもどんな時でも 探しているのさ 言葉にできない いちばんになれる関係 人も羨(うらや)む  優しい瞳で愛してキスして ふれ合うぬくもり心に映して  君はいつもどんな時でも 気にしているのさ ひとつになれない 急がなくていいぜ 君の速さで  君がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ 僕がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ ステキステキ  ときめく気持ちですべてを眺めて 夢みる心を自由に放して 君といつも どんな時もきれいな瞳で  君がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ 僕がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ  君のひとりが とても大事 君のひとりが とても大事GAOGAO階いっきときめく気持ちであなたが笑った 夢みる心を二人で話した  君といつもどんな時でも 探しているのさ 言葉にできない いちばんになれる関係 人も羨(うらや)む  優しい瞳で愛してキスして ふれ合うぬくもり心に映して  君はいつもどんな時でも 気にしているのさ ひとつになれない 急がなくていいぜ 君の速さで  君がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ 僕がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ ステキステキ  ときめく気持ちですべてを眺めて 夢みる心を自由に放して 君といつも どんな時もきれいな瞳で  君がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ 僕がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ  君のひとりが とても大事 君のひとりが とても大事
スミレときめく気持ちであなたが笑った 夢みる心を二人で話した  君といつもどんな時でも 探しているのさ 言葉にできない いちばんになれる関係 人も羨(うらや)む  優しい瞳で愛してキスして ふれ合うぬくもり心に映して  君はいつもどんな時でも 気にしているのさ ひとつになれない 急がなくていいぜ 君の速さで  君がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ 僕がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ ステキステキ  ときめく気持ちですべてを眺めて 夢みる心を自由に放して 君といつも どんな時もきれいな瞳で  君がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ 僕がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ  君のひとりが とても大事(だいじ) 僕のひとりが とても大事(だいじ)GAOGAO階いっきときめく気持ちであなたが笑った 夢みる心を二人で話した  君といつもどんな時でも 探しているのさ 言葉にできない いちばんになれる関係 人も羨(うらや)む  優しい瞳で愛してキスして ふれ合うぬくもり心に映して  君はいつもどんな時でも 気にしているのさ ひとつになれない 急がなくていいぜ 君の速さで  君がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ 僕がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ ステキステキ  ときめく気持ちですべてを眺めて 夢みる心を自由に放して 君といつも どんな時もきれいな瞳で  君がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ 僕がひとりで ステキならば 僕らふたりが ステキステキ  君のひとりが とても大事(だいじ) 僕のひとりが とても大事(だいじ)
空の話~for my father~嵐の夜におびえ もぐり込んだ 暖かな腕が 怖がることは何もないと 強く抱きしめた 泣いてばかりいたよ とても明日が遠くて 待ち切れないまま 家を離れた  街を抜ける冬風 しびれるほど頬につきささる あなたの大きな手のひらの痛み どこか思い出す やりきれない夜が 何度も続いてる 守りたい人を 見つけた今  知らず知らず追いかけてた 強い愛とたくましさを oh― そして重ねてる あなたの笑顔 何も言えず胸に思う 懐かしさに少し照れて ah― 決して忘れない あなたの愛だけは  遠い空の話 戦いの中のあなたの若い日々 見果てぬ夢と自分らしさ 静かな横顔 夜が更けることも忘れ 何度もうなずいた 語り尽くせぬほど 時は流れて  たとえ現実(いま)が目の前から 消え果ててもなくなっても oh― 何も変わらない あなたの想い そして今も 追いかけてる 強い愛とたくましさを 何も言えず胸に思う 懐かしさに少し照れて ah― 決して忘れない あなたの愛だけはGAOGAO階一喜今泉洋嵐の夜におびえ もぐり込んだ 暖かな腕が 怖がることは何もないと 強く抱きしめた 泣いてばかりいたよ とても明日が遠くて 待ち切れないまま 家を離れた  街を抜ける冬風 しびれるほど頬につきささる あなたの大きな手のひらの痛み どこか思い出す やりきれない夜が 何度も続いてる 守りたい人を 見つけた今  知らず知らず追いかけてた 強い愛とたくましさを oh― そして重ねてる あなたの笑顔 何も言えず胸に思う 懐かしさに少し照れて ah― 決して忘れない あなたの愛だけは  遠い空の話 戦いの中のあなたの若い日々 見果てぬ夢と自分らしさ 静かな横顔 夜が更けることも忘れ 何度もうなずいた 語り尽くせぬほど 時は流れて  たとえ現実(いま)が目の前から 消え果ててもなくなっても oh― 何も変わらない あなたの想い そして今も 追いかけてる 強い愛とたくましさを 何も言えず胸に思う 懐かしさに少し照れて ah― 決して忘れない あなたの愛だけは
大切な時間回り出した恋のメリーゴーランド 光の中の二人をのせて 5年前は言えなかった 微笑むだけでうつむく true love 素直になれる 今だから  もう とまらないで 時をかけぬける あの日の気持ちを 巻き戻すように いま あふれだすよ 大切な想い もう はなさないで“君が好きだよ”  夢のような恋はメリーゴーランド 子供のように自由に走る 風の中で囁くように歌っていたい 二人の true love 素顔のままで素敵だよ  もう はなさないで その腕の中で 胸のときめきに 顔をうずめたい いま あふれだすよ 大切な想い もう はなさないで“君が好きだよ”GAOGAO階一喜海福知弘回り出した恋のメリーゴーランド 光の中の二人をのせて 5年前は言えなかった 微笑むだけでうつむく true love 素直になれる 今だから  もう とまらないで 時をかけぬける あの日の気持ちを 巻き戻すように いま あふれだすよ 大切な想い もう はなさないで“君が好きだよ”  夢のような恋はメリーゴーランド 子供のように自由に走る 風の中で囁くように歌っていたい 二人の true love 素顔のままで素敵だよ  もう はなさないで その腕の中で 胸のときめきに 顔をうずめたい いま あふれだすよ 大切な想い もう はなさないで“君が好きだよ”
タイトルは君が決めて彼女は悩んでる 誰にも打ち明けられない 屋上 人波見下ろし 今にも崩れ落ちそう 次から次へ 悪い予感が背中をノックすつ  「どうしてうまく解決できないのかしら?」 屋上 雨雲の向こう 彼女は耳を澄ませた  『オイラ知らないぜッ 答えはいつも君の中 早く気づいて 答えはいつも君の中にある』  Don't You Worry! むずかしいことなどひとつもないのサ 望みどおり ストーリーは君が描いて You're Right, All Right!  誰にでも悩んでる 誰にも分かってもらえず だけど一体どうなりたくて そして結局 何が変わるの  『オイラ知らないぜッ 答えはいつも君の中 心の中を探して 答えはいつも君の中にある』  Don't You Worry! さっきよりずっといい顔してるぜ Baby 言葉でうまく言いあらわせないだけだぜ You're Right, All Right!  Don't You Worry! 君がほほ笑めば 誰もがほほ笑み返すよ 望みどおり ストーリーは君が描いて You're Right, All Right!  You're Right, All Right!GAOGAO神郡健彼女は悩んでる 誰にも打ち明けられない 屋上 人波見下ろし 今にも崩れ落ちそう 次から次へ 悪い予感が背中をノックすつ  「どうしてうまく解決できないのかしら?」 屋上 雨雲の向こう 彼女は耳を澄ませた  『オイラ知らないぜッ 答えはいつも君の中 早く気づいて 答えはいつも君の中にある』  Don't You Worry! むずかしいことなどひとつもないのサ 望みどおり ストーリーは君が描いて You're Right, All Right!  誰にでも悩んでる 誰にも分かってもらえず だけど一体どうなりたくて そして結局 何が変わるの  『オイラ知らないぜッ 答えはいつも君の中 心の中を探して 答えはいつも君の中にある』  Don't You Worry! さっきよりずっといい顔してるぜ Baby 言葉でうまく言いあらわせないだけだぜ You're Right, All Right!  Don't You Worry! 君がほほ笑めば 誰もがほほ笑み返すよ 望みどおり ストーリーは君が描いて You're Right, All Right!  You're Right, All Right!
タイトルは君が決めて彼女は悩んでる 誰にも打ち明けられない 屋上 人波見下ろし 今にも崩れ落ちそう 次から次へ 悪い予感が背中をノックする  「どうしてうまく解決できないのかしら?」 屋上 雨雲の向こう 彼女は耳を澄ませた  『オイラ知らないぜッ 答えはいつも君の中 早く気づいて 答えはいつも君の中にある』  Don't You Worry! むずかしいことなどひとつもないのサ 望みどおり ストーリーは君が描(か)いて You're Right, All Right!  誰でも悩んでる 誰にも分かってもらえず だけど一体どうなりたくて そして結局 何が変わるの  『オイラ知らないぜッ 答えはいつも君の中 心の中を探して 答えはいつも君の中にある』  Don't You Worry! さっきよりずっといい顔してるぜ Baby 言葉でうまく言いあらわせないだけだぜ You're Right, All Right!  Don't You Worry! 君がほほ笑めば 誰もがほほ笑み返すよ 望みどおり ストーリーは君が描(か)いて You're Right, All Right!  You're Right, All Right!GAOGAO神郡健彼女は悩んでる 誰にも打ち明けられない 屋上 人波見下ろし 今にも崩れ落ちそう 次から次へ 悪い予感が背中をノックする  「どうしてうまく解決できないのかしら?」 屋上 雨雲の向こう 彼女は耳を澄ませた  『オイラ知らないぜッ 答えはいつも君の中 早く気づいて 答えはいつも君の中にある』  Don't You Worry! むずかしいことなどひとつもないのサ 望みどおり ストーリーは君が描(か)いて You're Right, All Right!  誰でも悩んでる 誰にも分かってもらえず だけど一体どうなりたくて そして結局 何が変わるの  『オイラ知らないぜッ 答えはいつも君の中 心の中を探して 答えはいつも君の中にある』  Don't You Worry! さっきよりずっといい顔してるぜ Baby 言葉でうまく言いあらわせないだけだぜ You're Right, All Right!  Don't You Worry! 君がほほ笑めば 誰もがほほ笑み返すよ 望みどおり ストーリーは君が描(か)いて You're Right, All Right!  You're Right, All Right!
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
太陽の孤島秘密の午後は君とふたりで たったふたりで鍵をかけよう 白い素足には尊敬のKISS 君は妖しい羽根なし天使  ダンスをしながら愛を頬張ってよBaby すべては白紙のままで隠された日記の中で  なめらかな肌が溶け合うリズム 肩に残したルージュの暗証番号 なにくわぬ顔してミラーでチェック 君は怪しい羽根なし天使  めまいがするほど愛しておくれよBaby めくるめく気持ちに体が解き放されてくように  禁断の時に流されて 太陽の孤島にたどり着けば Addicted to Love  ダイヤルしたら男(ヤツ)が出た いかつい声でご機嫌ななめ 俺の彼女(オンナ)には手を出すなと吠えた 君はたたずむ受話器の向こう  逢えなくなるほど熱くそそられるBaby どんなこともふたりの鼓動をかき消すなんて出来ない  鎖された君の窓辺に 雲の上から愛を垂らして 今夜舟を漕ぎ出せば 太陽の孤島にたどり着ける Addicted to Love  禁断の時に流されて 透き通る指をからませて ふたり海の底を歩けば たどり着く太陽の孤島 もっと…ずっと…GAOGAO亀井登志夫秘密の午後は君とふたりで たったふたりで鍵をかけよう 白い素足には尊敬のKISS 君は妖しい羽根なし天使  ダンスをしながら愛を頬張ってよBaby すべては白紙のままで隠された日記の中で  なめらかな肌が溶け合うリズム 肩に残したルージュの暗証番号 なにくわぬ顔してミラーでチェック 君は怪しい羽根なし天使  めまいがするほど愛しておくれよBaby めくるめく気持ちに体が解き放されてくように  禁断の時に流されて 太陽の孤島にたどり着けば Addicted to Love  ダイヤルしたら男(ヤツ)が出た いかつい声でご機嫌ななめ 俺の彼女(オンナ)には手を出すなと吠えた 君はたたずむ受話器の向こう  逢えなくなるほど熱くそそられるBaby どんなこともふたりの鼓動をかき消すなんて出来ない  鎖された君の窓辺に 雲の上から愛を垂らして 今夜舟を漕ぎ出せば 太陽の孤島にたどり着ける Addicted to Love  禁断の時に流されて 透き通る指をからませて ふたり海の底を歩けば たどり着く太陽の孤島 もっと…ずっと…
太陽の孤島秘密の午後は君とふたりで たったふたりで鍵をかけよう 白い素足には尊敬のKISS 君は妖(あや)しい羽根なし天使  ダンスをしながら愛を頬張ってよBaby すべては白紙のままで隠された日記の中で  なめらかな肌が溶け合うリズム 肩に残したルージュの暗唱番号 なにくわぬ顔してミラーでチェック 君は怪しい羽根なし天使  めまいがするほど愛しておくれよBaby めくるめく気持ちに体が解き放されてくように  禁断の時に流されて 太陽の孤島にたどり着けば Addicted to Love  ダイヤルしたら男(ヤツ)が出た いかつい声でご機嫌ななめ 俺の彼女(オンナ)には手を出すなと吠えた 君はたたずむ受話器の向こう  逢えなくなるほど熱くそそられるBaby どんなこともふたりの鼓動をかき消すなんて出来ない  鎖(とざ)された君の窓辺に 雲の上から愛を垂らして 今夜舟を漕ぎ出せば 太陽の孤島にたどり着ける Addicted to Love  禁断の時に流されて 透き通る指をからませて ふたり海の底を歩けば たどり着く太陽の孤島 もっと…ずっと…GAOGAO亀井登志夫秘密の午後は君とふたりで たったふたりで鍵をかけよう 白い素足には尊敬のKISS 君は妖(あや)しい羽根なし天使  ダンスをしながら愛を頬張ってよBaby すべては白紙のままで隠された日記の中で  なめらかな肌が溶け合うリズム 肩に残したルージュの暗唱番号 なにくわぬ顔してミラーでチェック 君は怪しい羽根なし天使  めまいがするほど愛しておくれよBaby めくるめく気持ちに体が解き放されてくように  禁断の時に流されて 太陽の孤島にたどり着けば Addicted to Love  ダイヤルしたら男(ヤツ)が出た いかつい声でご機嫌ななめ 俺の彼女(オンナ)には手を出すなと吠えた 君はたたずむ受話器の向こう  逢えなくなるほど熱くそそられるBaby どんなこともふたりの鼓動をかき消すなんて出来ない  鎖(とざ)された君の窓辺に 雲の上から愛を垂らして 今夜舟を漕ぎ出せば 太陽の孤島にたどり着ける Addicted to Love  禁断の時に流されて 透き通る指をからませて ふたり海の底を歩けば たどり着く太陽の孤島 もっと…ずっと…
だれかひとりくらいだれか一人くらい 僕を知っててほしい 君には僕のこと わかっててほしい  ねぇ、こんなにも見知らぬ人たち どこから来たの? 休日の午後にぎわう いつものこの通り 君とつないだ指先が やけに汗ばんできて 軽い貧血みたいに モノクロの世界の中にいた  気がついたんだ 今さっき 笑われるようなこと 僕たちの一人一人が たった 一人きりだってことを  だれか一人くらい 僕を知っててほしい 僕には君のこと もっと教えて欲しい  頭冷やして 寝転んだ 5月の芝生の上 ここはまるで 砂漠に現れた蜃気楼さ 子犬とはしゃぐ子供たち kissしてる恋人たち ほほえみ浮かべた老夫婦 そして風に遊ぶ小鳥  また一つ気づいたのさ 笑われるようなこと がんじがらめの 大人たちも一人で 泣いた夜をもってるって  だれか一人くらい 僕を知っててほしい 僕には君のこと もっと教えて欲しい  ねぇ、こんなにも見知らぬ 人たちの中にきっと 君や僕に似ている 誰かが待っているはず  だれか一人くらい 僕を知っててほしい 僕には君のこと もっと教えて欲しい  だれか一人くらい 僕を知っててほしい 僕には君のこと もっと教えて欲しい  だれか一人くらい だれか一人くらい だれか一人くらい 僕を知っててほしいGAOGAO階一善だれか一人くらい 僕を知っててほしい 君には僕のこと わかっててほしい  ねぇ、こんなにも見知らぬ人たち どこから来たの? 休日の午後にぎわう いつものこの通り 君とつないだ指先が やけに汗ばんできて 軽い貧血みたいに モノクロの世界の中にいた  気がついたんだ 今さっき 笑われるようなこと 僕たちの一人一人が たった 一人きりだってことを  だれか一人くらい 僕を知っててほしい 僕には君のこと もっと教えて欲しい  頭冷やして 寝転んだ 5月の芝生の上 ここはまるで 砂漠に現れた蜃気楼さ 子犬とはしゃぐ子供たち kissしてる恋人たち ほほえみ浮かべた老夫婦 そして風に遊ぶ小鳥  また一つ気づいたのさ 笑われるようなこと がんじがらめの 大人たちも一人で 泣いた夜をもってるって  だれか一人くらい 僕を知っててほしい 僕には君のこと もっと教えて欲しい  ねぇ、こんなにも見知らぬ 人たちの中にきっと 君や僕に似ている 誰かが待っているはず  だれか一人くらい 僕を知っててほしい 僕には君のこと もっと教えて欲しい  だれか一人くらい 僕を知っててほしい 僕には君のこと もっと教えて欲しい  だれか一人くらい だれか一人くらい だれか一人くらい 僕を知っててほしい
「月」に吠える朝すきと(1)った 嫌いだけど うまく(2)げた 嘘つきになって やって(3)た‥イイカゲンニ‥  今日で(4)っ日 愛しあった ほんとに(5)華 ぜいたくだった もうカエ(6)っか‥イイカゲンニ‥  今に来るよ 来るよ 来るよ 夜が来るよ 壊れていくよ 引っ越さないと 迎えに来るぞ 「月」に吠える朝が  誰に(7)った 災難ベル 誰と(8)った 手続き関係 誰が(9)った イイカゲンヲ‥  からだ(10)で しらばくれて どっちが(11)って 責めたてられて ココロ(12)わって イイカゲン イイカゲンヲ イイカゲン イイカゲンヲ つづけて  きっと来るよ すぐに来るよ 来るよ 来るよ 笑いながら来るよ ずっと ずっと 狙われてるよ 君に 僕は 疑われてもいるよ 来たぞ 来たぞ‥もっと「愛し合わなきゃ」 「引っ越せないぞ」 「月」に吠える朝が‥嘘で満ちる前に  今に来るよ 来るよ 来るよ らららららら きっと来るよ すぐに来るよ らららららら ららららららららGAOGAKOガエル玉置浩二今泉洋すきと(1)った 嫌いだけど うまく(2)げた 嘘つきになって やって(3)た‥イイカゲンニ‥  今日で(4)っ日 愛しあった ほんとに(5)華 ぜいたくだった もうカエ(6)っか‥イイカゲンニ‥  今に来るよ 来るよ 来るよ 夜が来るよ 壊れていくよ 引っ越さないと 迎えに来るぞ 「月」に吠える朝が  誰に(7)った 災難ベル 誰と(8)った 手続き関係 誰が(9)った イイカゲンヲ‥  からだ(10)で しらばくれて どっちが(11)って 責めたてられて ココロ(12)わって イイカゲン イイカゲンヲ イイカゲン イイカゲンヲ つづけて  きっと来るよ すぐに来るよ 来るよ 来るよ 笑いながら来るよ ずっと ずっと 狙われてるよ 君に 僕は 疑われてもいるよ 来たぞ 来たぞ‥もっと「愛し合わなきゃ」 「引っ越せないぞ」 「月」に吠える朝が‥嘘で満ちる前に  今に来るよ 来るよ 来るよ らららららら きっと来るよ すぐに来るよ らららららら らららららららら
TinaTina だまって同じ夕日を 眺めている 静かな1日が 海の色に溶けこむ時間 「自分に無理せずに 生きるのがいい」と笑った 風のような言葉で 辛い気持ちまた溶かしてくれる  遠い街で出会って友達になったね 初めて会ったはずなのに なぜか懐かしいね Tina  Tina あなたには波の音が とても似合うよ 何にもとらわれず 好きな夢を思い描いて 「生まれてきたことは いつも理由(わけ)がある」と言った 鳶色の瞳が 今はとても強く輝いてる  遠い街で出会って友達になったね 迷子のような時の中 探して行こうよ TinaGAOGAO海福知弘海福知弘Tina だまって同じ夕日を 眺めている 静かな1日が 海の色に溶けこむ時間 「自分に無理せずに 生きるのがいい」と笑った 風のような言葉で 辛い気持ちまた溶かしてくれる  遠い街で出会って友達になったね 初めて会ったはずなのに なぜか懐かしいね Tina  Tina あなたには波の音が とても似合うよ 何にもとらわれず 好きな夢を思い描いて 「生まれてきたことは いつも理由(わけ)がある」と言った 鳶色の瞳が 今はとても強く輝いてる  遠い街で出会って友達になったね 迷子のような時の中 探して行こうよ Tina
天国と地獄の毎日天から降って沸いたような 災難に巻き込まれ ヤケクソになってしたことで一躍 スターになっちまった  Uh- これが人生? Uh- これが運命? Ah- 明日の風は どっから吹いてどこへ行くのやら わかってもらいたいことは 何一つ伝わらないまま 面白半分口から 出まかせ放題で大金持ちだ  Uh- これが人生? Uh- これが運命? Ah- ウソが本当で 笑っていいのか 泣いていいのか Oh! No! 全くなんてこった  天国と地獄の毎日! さっぱりイカれちまってる 天国と地獄の毎日! よっぽど呪われてるぜ 天国と地獄の毎日! やっぱりやめられないぜ 天国と地獄の毎日!  Uh- これが人生? Uh- これが運命? Ah- ウソが本当で 本当はどこにもありゃしないぜ  Uh- 見付けられない Uh- 探し出せない Ah- 君との愛も どっから生まれて どこへ行くのやら Oh! No! 全くなんてこった  天国と地獄の毎日! さっぱりイカれちまってる 天国と地獄の毎日! よっぽど呪われてるぜ 天国と地獄の毎日! やっぱりやめられないぜ 天国と地獄の毎日!GAOGAOGAO・中村ヒロユキ天から降って沸いたような 災難に巻き込まれ ヤケクソになってしたことで一躍 スターになっちまった  Uh- これが人生? Uh- これが運命? Ah- 明日の風は どっから吹いてどこへ行くのやら わかってもらいたいことは 何一つ伝わらないまま 面白半分口から 出まかせ放題で大金持ちだ  Uh- これが人生? Uh- これが運命? Ah- ウソが本当で 笑っていいのか 泣いていいのか Oh! No! 全くなんてこった  天国と地獄の毎日! さっぱりイカれちまってる 天国と地獄の毎日! よっぽど呪われてるぜ 天国と地獄の毎日! やっぱりやめられないぜ 天国と地獄の毎日!  Uh- これが人生? Uh- これが運命? Ah- ウソが本当で 本当はどこにもありゃしないぜ  Uh- 見付けられない Uh- 探し出せない Ah- 君との愛も どっから生まれて どこへ行くのやら Oh! No! 全くなんてこった  天国と地獄の毎日! さっぱりイカれちまってる 天国と地獄の毎日! よっぽど呪われてるぜ 天国と地獄の毎日! やっぱりやめられないぜ 天国と地獄の毎日!
突然 君と出会いたいいくつかの恋の跡が 心に憶病風吹かせて ほんの少し 嫉妬しそうな 夏を横目に 胸を焦がしてる  忘れかけてた香りに 街角ですれ違う どんなに強がってみても 一人じゃ踊れない  突然 恋が回りだして 過去も未来も変わりだす 予告もなく好きになった 誰かを忘れられなくて  胸の奥のときめきに飛び乗った 君と出会いたい!  街はいつも 恋を乗せて走る 閉まりかけてた ドアに飛び乗る  突然 恋が回りだして 過去も未来も変わりだす 予告もなく好きになった 誰かをわすれられなくて  突然 恋が回りだして 過去も未来も変わりだす 予告もなく好きになった 誰かをわすれられなくて  胸の奥のときめきに飛び乗った 君と出会いたい!  君と出会いたい!  街はいつも 恋の電車 閉まりかけたドアにすぐ飛び乗り 君の後を 恋の風を 追いかけて また旅がはじまる 胸のベルが 恋のベルが 鳴り響く夏の夕暮れ 君の後を 恋の風を 追いかけて また旅が始まるGAOGAOMASAKIジェフ・ボバいくつかの恋の跡が 心に憶病風吹かせて ほんの少し 嫉妬しそうな 夏を横目に 胸を焦がしてる  忘れかけてた香りに 街角ですれ違う どんなに強がってみても 一人じゃ踊れない  突然 恋が回りだして 過去も未来も変わりだす 予告もなく好きになった 誰かを忘れられなくて  胸の奥のときめきに飛び乗った 君と出会いたい!  街はいつも 恋を乗せて走る 閉まりかけてた ドアに飛び乗る  突然 恋が回りだして 過去も未来も変わりだす 予告もなく好きになった 誰かをわすれられなくて  突然 恋が回りだして 過去も未来も変わりだす 予告もなく好きになった 誰かをわすれられなくて  胸の奥のときめきに飛び乗った 君と出会いたい!  君と出会いたい!  街はいつも 恋の電車 閉まりかけたドアにすぐ飛び乗り 君の後を 恋の風を 追いかけて また旅がはじまる 胸のベルが 恋のベルが 鳴り響く夏の夕暮れ 君の後を 恋の風を 追いかけて また旅が始まる
長い夢世界中が知らない 僕を君にあげよう 君のそばにいよう 君のために歌おう 胸の奥に 心の中に 君が望めば wow oh wow oh  氷の星ではぐれても 砂の海に流されても 孤独の森に迷いこんでも 必ず君を見つけ出そう 遠く離れた ときの向こうに 君を想えば wow oh wow oh  愛は とても長い夢の中 いつか目を覚まして 君が僕の愛を知る  まぶしい光におおわれて すべての愛が消されても 悲しみが星を満たしても 君のために歌おう  何もない枯れた大地に 小さな春が芽吹くように 人が夢をなくしても 君のために歌おう  世界中が知らない 僕を君にあげよう 君のそばにいよう 望む時はいつも きっと ずっと ずっとGAOGAO神郡健世界中が知らない 僕を君にあげよう 君のそばにいよう 君のために歌おう 胸の奥に 心の中に 君が望めば wow oh wow oh  氷の星ではぐれても 砂の海に流されても 孤独の森に迷いこんでも 必ず君を見つけ出そう 遠く離れた ときの向こうに 君を想えば wow oh wow oh  愛は とても長い夢の中 いつか目を覚まして 君が僕の愛を知る  まぶしい光におおわれて すべての愛が消されても 悲しみが星を満たしても 君のために歌おう  何もない枯れた大地に 小さな春が芽吹くように 人が夢をなくしても 君のために歌おう  世界中が知らない 僕を君にあげよう 君のそばにいよう 望む時はいつも きっと ずっと ずっと
NO!今夜はもっとノッテくれ オイラのために 彼女に「NO!」あっけなくさっきフラレタばかりさ 恋の炎にジュ!と水かけて消せるもんなら楽だろう あきらめよう あきらめない!あきらめろ!あきらめ切れない oh oh 立ち上がってみせる 立ち上がってやる! 一人ぼっちの 恋の幕あけだよ  好きになる なれば なるほど 臆病になるけれど 逃げられりゃ 追う 追われれば逃げる 恋はシーソーゲーム 手紙も 電話も 待ちぶせも すこしビビるくらいがいい 留守電にいれたよバースデーソング 彼女の好きな ロックンロール! oh― 振り向いておくれ 振り向かせてみせる! 一人ぼっちじゃ うたも冴えないのさ  ライバルをちらつかせる baby 君は強がる言葉とうらはら こわごわと 恋の石橋たたいてる lady!  NO!から始める恋 NO!から始まる恋 いつかは YES YES YES! 明日は YES YES YES!  NO!から始める恋 NO!から始まる恋 いつかは YES YES YES! 明日は YES YES YES YES YES!GAOGAO神郡健今泉洋今夜はもっとノッテくれ オイラのために 彼女に「NO!」あっけなくさっきフラレタばかりさ 恋の炎にジュ!と水かけて消せるもんなら楽だろう あきらめよう あきらめない!あきらめろ!あきらめ切れない oh oh 立ち上がってみせる 立ち上がってやる! 一人ぼっちの 恋の幕あけだよ  好きになる なれば なるほど 臆病になるけれど 逃げられりゃ 追う 追われれば逃げる 恋はシーソーゲーム 手紙も 電話も 待ちぶせも すこしビビるくらいがいい 留守電にいれたよバースデーソング 彼女の好きな ロックンロール! oh― 振り向いておくれ 振り向かせてみせる! 一人ぼっちじゃ うたも冴えないのさ  ライバルをちらつかせる baby 君は強がる言葉とうらはら こわごわと 恋の石橋たたいてる lady!  NO!から始める恋 NO!から始まる恋 いつかは YES YES YES! 明日は YES YES YES!  NO!から始める恋 NO!から始まる恋 いつかは YES YES YES! 明日は YES YES YES YES YES!
半分君にはわかってもらえないだろう だってこんな気持ちは初めてだから  心が半分 ここにいない どこかで恋して 揺れている このまま君を抱いても ほんとうの夜は来ない  君にはわかってもらえないだろう こんな気持ちは初めてだから  とつぜん訪れる愛 日に日に深まる愛 ゆらゆら揺れ動く愛 ときどき消える愛 目に目に鮮やかな愛 口々に伝わる愛 夜な夜な漂う愛 心に染みる愛 天まで舞い上がる愛 てのひらに降りつもる愛 首すじに流れる愛 香りに残る愛 夜どうし触れあう愛 涙に流れた愛 友達に盗られた愛 ひとりに戻る愛 たまたま生まれた愛 すべてを投げ出す愛 笑って手をふる愛 まだまだ続く愛....  君にはわかってもらえないだろうGAOGAO階 一善君にはわかってもらえないだろう だってこんな気持ちは初めてだから  心が半分 ここにいない どこかで恋して 揺れている このまま君を抱いても ほんとうの夜は来ない  君にはわかってもらえないだろう こんな気持ちは初めてだから  とつぜん訪れる愛 日に日に深まる愛 ゆらゆら揺れ動く愛 ときどき消える愛 目に目に鮮やかな愛 口々に伝わる愛 夜な夜な漂う愛 心に染みる愛 天まで舞い上がる愛 てのひらに降りつもる愛 首すじに流れる愛 香りに残る愛 夜どうし触れあう愛 涙に流れた愛 友達に盗られた愛 ひとりに戻る愛 たまたま生まれた愛 すべてを投げ出す愛 笑って手をふる愛 まだまだ続く愛....  君にはわかってもらえないだろう
パプオの孤島パプオの木にのぼって眺めた夕日 永遠のままで終わるはずの恋を oh- あの人と  鳥の声が二人の目覚し 夜明け前 愛をかさねて 光る海を抱きあって泳ぐ 朝焼けに 染まる素肌で  このまま ずっと二人で 波の かなたに 流されたい  誰もいない島が 時を止めて 永遠のままで終わるはずの恋に oh- とじこめた あの人と  雲の影が 背中を過ぎて行く 熱い砂に からだを横たえ 耳に触れる ささやきのたびに 原色の愛でわきたつ  あなたが 先に 夢から さめて 姿を 消しても‥いい  誰もいない島で 二人求めた 永遠のままで終わる 夏の中で あの日と あの人 あの日の人 一枚の 絵の中 記憶の 絵の中 一枚の 絵の中 きえない 絵の中 記憶の 絵の中 絵の中GAOGAO階一喜パプオの木にのぼって眺めた夕日 永遠のままで終わるはずの恋を oh- あの人と  鳥の声が二人の目覚し 夜明け前 愛をかさねて 光る海を抱きあって泳ぐ 朝焼けに 染まる素肌で  このまま ずっと二人で 波の かなたに 流されたい  誰もいない島が 時を止めて 永遠のままで終わるはずの恋に oh- とじこめた あの人と  雲の影が 背中を過ぎて行く 熱い砂に からだを横たえ 耳に触れる ささやきのたびに 原色の愛でわきたつ  あなたが 先に 夢から さめて 姿を 消しても‥いい  誰もいない島で 二人求めた 永遠のままで終わる 夏の中で あの日と あの人 あの日の人 一枚の 絵の中 記憶の 絵の中 一枚の 絵の中 きえない 絵の中 記憶の 絵の中 絵の中
HI・TO・MI見下ろす空に想い出 蒼ざめた星を離れ 行方も知れぬ道のり 目覚めても夢のような 今はこの空に 揺れる悲しみの舟 浮かべて探し続けてる いつか見た光の朝を  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え もう一度たどり着くまで  見上げる空に面影 色あせた風の香り 眩しい夏の木洩れ日 枯れ果てた森の中で 誰か答えてよ たとえ違う言葉でも さまよい続ける心から あの空が消えないうちに  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え もう一度 もう一度  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え もう一度 たどり着くまで  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え もう一度 もう一度  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え このまま たどり着くまで  (・・・HIKARI・NO・ASA・YUME・NO・TSUZUKI SAMAYOU・TOKI・KIENAI・SORA・・・)GAOGAO柴田摂子・GAO見下ろす空に想い出 蒼ざめた星を離れ 行方も知れぬ道のり 目覚めても夢のような 今はこの空に 揺れる悲しみの舟 浮かべて探し続けてる いつか見た光の朝を  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え もう一度たどり着くまで  見上げる空に面影 色あせた風の香り 眩しい夏の木洩れ日 枯れ果てた森の中で 誰か答えてよ たとえ違う言葉でも さまよい続ける心から あの空が消えないうちに  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え もう一度 もう一度  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え もう一度 たどり着くまで  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え もう一度 もう一度  少年の瞳のまま 時空を旅して 果てない闇を越え このまま たどり着くまで  (・・・HIKARI・NO・ASA・YUME・NO・TSUZUKI SAMAYOU・TOKI・KIENAI・SORA・・・)
瞳をとじて自由の街へ旅立つけれど この愛はおいて行くよ 悲しい顔はしなくていいさ この愛は君のそばに  日暮れ校舎に 映る影を 一つに寄せた 最後の春に  胸にはいつも あの日の風と 君だけを抱いているから  怖がらないで どんな距離も  瞳をとじて僕はうたおう 今夜もまた西の空へ 君への愛を飛ばしているよ どこまでも 強い翼で  見上げる街で 夢をあつめ そうして君を むかえに行こう  驚く君が待ち遠しいよ とびきりの笑顔で抱いてGAOGAO財津和夫今泉洋自由の街へ旅立つけれど この愛はおいて行くよ 悲しい顔はしなくていいさ この愛は君のそばに  日暮れ校舎に 映る影を 一つに寄せた 最後の春に  胸にはいつも あの日の風と 君だけを抱いているから  怖がらないで どんな距離も  瞳をとじて僕はうたおう 今夜もまた西の空へ 君への愛を飛ばしているよ どこまでも 強い翼で  見上げる街で 夢をあつめ そうして君を むかえに行こう  驚く君が待ち遠しいよ とびきりの笑顔で抱いて
For Every Good Friend見知らぬ町並み浮かぶ 蒼い夜明け 果てしなく遠いhorizon 一人足を止めて 行き着くことのない旅[long long way] 静かな時の流れの中で続く  同じ夢 確かめていた あの頃 熱い想い また一人 新しい道 別れて 手を振り 去る つなぎ止められない時 [long long time] 心に残る たくさんの memories  For every good friend For every good friend For every good friend For every good friend  風 おしえて 誰もがどれだけさまようんだろう それぞれの夢を今も胸に  For every good friend For every good friend For every good friend For every good friend  For every good friend For every good friend For every good friend For every good friendGAOGAOGAO・中村ヒロユキ・西木戸文子GAO見知らぬ町並み浮かぶ 蒼い夜明け 果てしなく遠いhorizon 一人足を止めて 行き着くことのない旅[long long way] 静かな時の流れの中で続く  同じ夢 確かめていた あの頃 熱い想い また一人 新しい道 別れて 手を振り 去る つなぎ止められない時 [long long time] 心に残る たくさんの memories  For every good friend For every good friend For every good friend For every good friend  風 おしえて 誰もがどれだけさまようんだろう それぞれの夢を今も胸に  For every good friend For every good friend For every good friend For every good friend  For every good friend For every good friend For every good friend For every good friend
Flower丘の斜面を転がる やわらかな時の中 オールのとれたボートは 今どこに向かう 風が吹くたび 花は踊り 夢を見るたび 君をさがしている  暖炉に灯を つけるように 眠りの中 冷めた胸を 暖めておくれ  無駄な会話を楽しむ 欲張りな恋人は あてにならない未来を 足元に捨てた 強い陽ざしに 花は光り 髪を切っても 君は変わらない  少し苦い 水を飲んで あと2時間 眠ってみる 抱いていておくれ  どんな愛の言葉も 過去形へと変わってく そして二人育てた 花も枯れる  暖炉に灯を つけるように 眠りの中 冷めた胸を 暖めておくれ 暖めておくれよ  オールのとれたボートは 今どこに向かうGAO横山武海福知弘海福知弘丘の斜面を転がる やわらかな時の中 オールのとれたボートは 今どこに向かう 風が吹くたび 花は踊り 夢を見るたび 君をさがしている  暖炉に灯を つけるように 眠りの中 冷めた胸を 暖めておくれ  無駄な会話を楽しむ 欲張りな恋人は あてにならない未来を 足元に捨てた 強い陽ざしに 花は光り 髪を切っても 君は変わらない  少し苦い 水を飲んで あと2時間 眠ってみる 抱いていておくれ  どんな愛の言葉も 過去形へと変わってく そして二人育てた 花も枯れる  暖炉に灯を つけるように 眠りの中 冷めた胸を 暖めておくれ 暖めておくれよ  オールのとれたボートは 今どこに向かう
Fruitひそかな果実を きれいな果実を 君と 盗(と)りにいこう  ひとつの果実を ないしょの果実を 君と  眩しい日差しの中を 短い影が走る 君の手をとって ときどき 振り向きながら 震える指先を くちびるに押しあて 笑った  ひそかな果実を きれいな果実を 君と 盗(と)りにいこう  ひとつの果実に ないしょの果実に 二人 くちづけたい  誰にも言えないことも 君には 少しだけ おしえてあげる 昔 ちっぽけな 胸の奥に降りた 天使の羽ばたきも 月の涙も 嘘も  ひそかな果実を きれいな果実を 君と 盗(と)りにいこう  ひとつの果実に ないしょの果実に 二人 くちづけたいGAOGAO鳥渕康海福知弘ひそかな果実を きれいな果実を 君と 盗(と)りにいこう  ひとつの果実を ないしょの果実を 君と  眩しい日差しの中を 短い影が走る 君の手をとって ときどき 振り向きながら 震える指先を くちびるに押しあて 笑った  ひそかな果実を きれいな果実を 君と 盗(と)りにいこう  ひとつの果実に ないしょの果実に 二人 くちづけたい  誰にも言えないことも 君には 少しだけ おしえてあげる 昔 ちっぽけな 胸の奥に降りた 天使の羽ばたきも 月の涙も 嘘も  ひそかな果実を きれいな果実を 君と 盗(と)りにいこう  ひとつの果実に ないしょの果実に 二人 くちづけたい
Fool in Loveさよなら それが言えない 誰にも許されない恋人 影に光る愛 そっと二人夢みるだけ 出会う時が遅すぎただけと 夜に抱かれて  会いたい 未来(ゆめ)をつかみたい 離れた時はもういらない 夜が明ける前 たった二人街を出よう  愛されたい 生まれ変わるほど 現在(いま)をなくしても 答えのない旅でもいい だから二人 fool in love  このまま愛が止まらなくて ほかの誰か傷つけたとしても 帰れない 帰らない もう二度と  二人 いつか 夢みるだけ  愛されたい 生まれ変わるほど 現在(いま)をなくしても 終わりない旅でもいい ずっと二人 fool in love すべてなくしても fool in love fool in loveGAOGAO階一喜海福知弘さよなら それが言えない 誰にも許されない恋人 影に光る愛 そっと二人夢みるだけ 出会う時が遅すぎただけと 夜に抱かれて  会いたい 未来(ゆめ)をつかみたい 離れた時はもういらない 夜が明ける前 たった二人街を出よう  愛されたい 生まれ変わるほど 現在(いま)をなくしても 答えのない旅でもいい だから二人 fool in love  このまま愛が止まらなくて ほかの誰か傷つけたとしても 帰れない 帰らない もう二度と  二人 いつか 夢みるだけ  愛されたい 生まれ変わるほど 現在(いま)をなくしても 終わりない旅でもいい ずっと二人 fool in love すべてなくしても fool in love fool in love
ブルー昨日までは知らぬひと 名前呼ぶ声が どこか照れてる 出会いのときの中で 揺れる二人 細い指先 少し震え 戸惑う Ah-  むせる花の香りに 包まれて 夢と現実の狭間に 浮かんでる  昨日までを消した夏 安らかな君 乱したくない 目を閉じたままで聞いた 君の鼓動に やり切れぬジェラシーだけが 胸を締めつける  夏の白い陽差しに 照らされて 透けるようなうなじに 口づける 甘い花の香りと 君の声 夢と現実の狭間を 泳いでたGAOGAO海福知弘昨日までは知らぬひと 名前呼ぶ声が どこか照れてる 出会いのときの中で 揺れる二人 細い指先 少し震え 戸惑う Ah-  むせる花の香りに 包まれて 夢と現実の狭間に 浮かんでる  昨日までを消した夏 安らかな君 乱したくない 目を閉じたままで聞いた 君の鼓動に やり切れぬジェラシーだけが 胸を締めつける  夏の白い陽差しに 照らされて 透けるようなうなじに 口づける 甘い花の香りと 君の声 夢と現実の狭間を 泳いでた
Blue Moon海に浮かぶ 蒼い月が 二人の影 揺らすよ 何も言えず 見つめるだけ 長い夜に 口づけ  波の音がくりかえす囁き あなたを抱きしめても 淡い夢の中に 消える  when I feel Your body lying next to Mine Blue Moon…Blue Moon  何も言えず 見つめるだけ 長い夜に 口づけGAOGAO・TinaGAO海福知弘海に浮かぶ 蒼い月が 二人の影 揺らすよ 何も言えず 見つめるだけ 長い夜に 口づけ  波の音がくりかえす囁き あなたを抱きしめても 淡い夢の中に 消える  when I feel Your body lying next to Mine Blue Moon…Blue Moon  何も言えず 見つめるだけ 長い夜に 口づけ
Heaven's Avenue野良犬さえも逃げ出すはずさ ここら一体殺気に溢れてらぁ しょぼくれた夢や色あせた人を 誰もがここへ捨てに来る 都会の中のゴーストタウン ギラギラ視線が息をひそめてる 何が起きても変じゃない  昔々その昔 まるっきりの大ボラ吹きが この街に名をつけた 『Heaven's Avenue』 それもそのはず 住めば都さ ここには本当の 悲しみと愛と喜びが渦巻いている  今夜もあの店で 彼女は 唄ってる 「カラカラの体を潤してよ Baby そしてどこか遠く この街から連れ出しておくれよ…」  Ah- 天国にいちばん近い街 Ah- Heaven's Avenue Ah- ここがいちばん!  Ah- 天国にいちばん近い街 Ah- Heaven's Avenue Ah- ここがいちばん!GAOGAOGAO・中村ヒロユキ野良犬さえも逃げ出すはずさ ここら一体殺気に溢れてらぁ しょぼくれた夢や色あせた人を 誰もがここへ捨てに来る 都会の中のゴーストタウン ギラギラ視線が息をひそめてる 何が起きても変じゃない  昔々その昔 まるっきりの大ボラ吹きが この街に名をつけた 『Heaven's Avenue』 それもそのはず 住めば都さ ここには本当の 悲しみと愛と喜びが渦巻いている  今夜もあの店で 彼女は 唄ってる 「カラカラの体を潤してよ Baby そしてどこか遠く この街から連れ出しておくれよ…」  Ah- 天国にいちばん近い街 Ah- Heaven's Avenue Ah- ここがいちばん!  Ah- 天国にいちばん近い街 Ah- Heaven's Avenue Ah- ここがいちばん!
Heaven's Avenue野良犬さえも逃げ出すはずさ ここら一体殺気に溢れてらぁ しょぼくれた夢や色あせた人を 誰もがここへ捨てに来る 都会の中のゴーストタウン ギラギラ視線が息をひそめてる 何が起きても変じゃない  昔々その昔 まるっきりの大ボラ吹きが この街に名をつけた 『Heaven's Avenue』 それもそのはず 住めば都さ ここには本当の 悲しみと愛と喜びが渦巻いている  今夜もあの店で 彼女は 唄ってる 「カラカラの体を潤してよ Baby そしてどこか遠く この街から連れ出しておくれよ…」  Ah- 天国にいちばん近い街 Ah- Heaven's Avenue Ah- ここがいちばん!  Ah- 天国にいちばん近い街 Ah- Heaven's Avenue Ah- ここがいちばん!GAOGAOGAO・中村ヒロユキ野良犬さえも逃げ出すはずさ ここら一体殺気に溢れてらぁ しょぼくれた夢や色あせた人を 誰もがここへ捨てに来る 都会の中のゴーストタウン ギラギラ視線が息をひそめてる 何が起きても変じゃない  昔々その昔 まるっきりの大ボラ吹きが この街に名をつけた 『Heaven's Avenue』 それもそのはず 住めば都さ ここには本当の 悲しみと愛と喜びが渦巻いている  今夜もあの店で 彼女は 唄ってる 「カラカラの体を潤してよ Baby そしてどこか遠く この街から連れ出しておくれよ…」  Ah- 天国にいちばん近い街 Ah- Heaven's Avenue Ah- ここがいちばん!  Ah- 天国にいちばん近い街 Ah- Heaven's Avenue Ah- ここがいちばん!
Mappila Baby!オレの足もとフラフラ キミの腰つきユラユラ そろいすぎてるLove situation キミの瞳にグイグイ 誘いこまれてワクワク 悪女上級者とも知らないで 手をのばせばBaby すりぬけるSexy body 危ないワナに巻きこむつもり?  甘い唇キラキラ オレのハートはクラクラ 君のささやきLove fascination 思いあまってグイグイ 突き放されてハラハラ 最悪に心は乱されて 夢ならまだいいぜ 諦めもつくぜ 誰か今すぐ目を覚まさせてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!  迷い込んだらBaby 抜け出せないSexy body 誰か今すぐ オレと逃げてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye! もう マッピラ Baby Baby まるでお手上げだぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!GAOGAOGAO・中村ヒロユキ井上徳雄・山内薫オレの足もとフラフラ キミの腰つきユラユラ そろいすぎてるLove situation キミの瞳にグイグイ 誘いこまれてワクワク 悪女上級者とも知らないで 手をのばせばBaby すりぬけるSexy body 危ないワナに巻きこむつもり?  甘い唇キラキラ オレのハートはクラクラ 君のささやきLove fascination 思いあまってグイグイ 突き放されてハラハラ 最悪に心は乱されて 夢ならまだいいぜ 諦めもつくぜ 誰か今すぐ目を覚まさせてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!  迷い込んだらBaby 抜け出せないSexy body 誰か今すぐ オレと逃げてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye! もう マッピラ Baby Baby まるでお手上げだぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!
Mappila Baby!オレの足もとフラフラ キミの腰つきユラユラ そろいすぎてるLove situation キミの瞳にグイグイ 誘いこまれてワクワク 悪女上級者とも知らないで 手をのばせばBaby すりぬけるSexy body 危ないワナに巻きこむつもり?  甘い唇キラキラ オレのハートはクラクラ 君のささやきLove fascination 思いあまってグイグイ 突き放されてハラハラ 最悪に心は乱されて 夢ならまだいいぜ 諦めもつくぜ 誰か今すぐ目を覚まさせてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!  迷い込んだらBaby 抜け出せないSexy body 誰か今すぐ オレと逃げてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye! もう マッピラ Baby Baby まるでお手上げだぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!GAOGAOGAO・中村ヒロユキオレの足もとフラフラ キミの腰つきユラユラ そろいすぎてるLove situation キミの瞳にグイグイ 誘いこまれてワクワク 悪女上級者とも知らないで 手をのばせばBaby すりぬけるSexy body 危ないワナに巻きこむつもり?  甘い唇キラキラ オレのハートはクラクラ 君のささやきLove fascination 思いあまってグイグイ 突き放されてハラハラ 最悪に心は乱されて 夢ならまだいいぜ 諦めもつくぜ 誰か今すぐ目を覚まさせてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!  迷い込んだらBaby 抜け出せないSexy body 誰か今すぐ オレと逃げてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye! もう マッピラ Baby Baby まるでお手上げだぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!
Mappila Baby!オレの足もとフラフラ キミの腰つきユラユラ そろいすぎてるLove situation キミの瞳にグイグイ 誘いこまれてワクワク 悪女上級者とも知らないで 手をのばせばBaby すりぬけるSexy body 危ないワナに巻きこむつもり?  甘い唇キラキラ オレのハートはクラクラ 君のささやきLove fascination 思いあまってグイグイ 突き放されてハラハラ 最悪に心は乱されて 夢ならまだいいぜ 諦めもつくぜ 誰か今すぐ目を覚まさせてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!  迷い込んだらBaby 抜け出せないSexy body 誰か今すぐ オレと逃げてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye! もう マッピラ Baby Baby まるでお手上げだぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!GAOGAOGAO・中村ヒロユキオレの足もとフラフラ キミの腰つきユラユラ そろいすぎてるLove situation キミの瞳にグイグイ 誘いこまれてワクワク 悪女上級者とも知らないで 手をのばせばBaby すりぬけるSexy body 危ないワナに巻きこむつもり?  甘い唇キラキラ オレのハートはクラクラ 君のささやきLove fascination 思いあまってグイグイ 突き放されてハラハラ 最悪に心は乱されて 夢ならまだいいぜ 諦めもつくぜ 誰か今すぐ目を覚まさせてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!  迷い込んだらBaby 抜け出せないSexy body 誰か今すぐ オレと逃げてくれ  もう マッピラ Baby Baby とてもかなわないぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye! もう マッピラ Baby Baby まるでお手上げだぜ Oh no! もう マッピラ Baby Baby アッカンベェでBye Bye!
夢に架ける橋昔はこの部屋が 今よりやけに広く見えた 机の落書きを 見るたび あいつ思い出す  あの ガラスのように 澄んだ瞳で 地図を広げて 国を数えた まだ見ぬ未来を探して  いつもそばに 君のこと感じている 夢に架ける橋をつくろう 僕と fu-  何でも話せたよ 好きな人や秘密のコト 言葉だけじゃなくて わかりあえたあの頃  あいつといつか もう一度出会い 話してみたい これからの旅 未来はどこへ行きたいか  いつもそばに 僕のことを感じてくれ 夢に架ける橋をつくろう 君と fu-  いつもそばに 君のこと感じている 夢に架ける橋をつくろう 僕と fu-GAOGAO神郡健昔はこの部屋が 今よりやけに広く見えた 机の落書きを 見るたび あいつ思い出す  あの ガラスのように 澄んだ瞳で 地図を広げて 国を数えた まだ見ぬ未来を探して  いつもそばに 君のこと感じている 夢に架ける橋をつくろう 僕と fu-  何でも話せたよ 好きな人や秘密のコト 言葉だけじゃなくて わかりあえたあの頃  あいつといつか もう一度出会い 話してみたい これからの旅 未来はどこへ行きたいか  いつもそばに 僕のことを感じてくれ 夢に架ける橋をつくろう 君と fu-  いつもそばに 君のこと感じている 夢に架ける橋をつくろう 僕と fu-
夢のひと消えない恋の 足音は 寒い朝に いつもよみがえる 落ち葉の道を 踏みしめて 僕の心に 近づいて来る 目を閉じて はかない夢 君がドアを開けるのさ  きみの素肌 腕のなかに 抱き寄せて 細い指先を息で暖める 冬の朝の 澄んだ日差し つつまれて とてもやすらかで言葉にならない  消えない恋の 面影は 美しすぎて 胸を締めつける どれほど君を憎んでも 優しさだけが 心につもる 川のほとり 過ぎた日の 君が振り向くようで  吐息色の 花の吹雪 舞い降りた 香る君の髪 息が止まるほど 光る水面 白い頬に 揺らめいて とても清らかで言葉にならない 茜色の空と雲が切なくて くちづけたときの やわらかな思い  もう一度だけ この胸に君を 抱きしめる ことが できたなら…GAOGAO財津和夫今泉洋消えない恋の 足音は 寒い朝に いつもよみがえる 落ち葉の道を 踏みしめて 僕の心に 近づいて来る 目を閉じて はかない夢 君がドアを開けるのさ  きみの素肌 腕のなかに 抱き寄せて 細い指先を息で暖める 冬の朝の 澄んだ日差し つつまれて とてもやすらかで言葉にならない  消えない恋の 面影は 美しすぎて 胸を締めつける どれほど君を憎んでも 優しさだけが 心につもる 川のほとり 過ぎた日の 君が振り向くようで  吐息色の 花の吹雪 舞い降りた 香る君の髪 息が止まるほど 光る水面 白い頬に 揺らめいて とても清らかで言葉にならない 茜色の空と雲が切なくて くちづけたときの やわらかな思い  もう一度だけ この胸に君を 抱きしめる ことが できたなら…
夜を越えてどんなに遠くても たどりつきたい夜明けがある 夢を描くのさ 手と手を放さずに 君となら夜を越える  昨日まで愛したこの星が 荒れ果てた町に変わって行く 夕日の赤が まるで炎のよう 心まで焼き尽くす  そして子供たちは唄っている 無表情な瞳で ただ愛が欲しいだけと  どんなに遠くても たどりつきたい夜明けがある 夢を描くのさ 手と手を放さずに 君となら夜を越える どんなに深くても  昨日まで信じたこと全部忘れそう 曇り空の下 心の奥が どんどん乾いてく 色のない山のように  だけど今も風は唄っている カタチあるものがすべてじゃない その愛で満たしておくれ  どんなに急いでも たどり着けない明日が来る 耳をすますのさ 星の瞬きが 語りかける言葉に どんなに急いでも  ゆりかごの大地に 体をなげだして あなたの鼓動に 顔をうづめて 静かに眠りたい  どんなに遠くても たどりつきたい夜明けがある 夢を描くのさ 手と手を放さずに 君となら夜を越える  どんなに急いでも たどり着けない明日が来る 耳をすますのさ 星の瞬きが 語りかける言葉に どんなに急いでも  どんなに遠くても ララララ… どんなに遠くても ララララ… どんなに遠くても ララララ…  どんなに急いでも 時間が僕らを越える どんなに遠くても 君を迎えに行こう 輝きをなくす前に いま、愛で満たしてあげるGAOGAO階一喜どんなに遠くても たどりつきたい夜明けがある 夢を描くのさ 手と手を放さずに 君となら夜を越える  昨日まで愛したこの星が 荒れ果てた町に変わって行く 夕日の赤が まるで炎のよう 心まで焼き尽くす  そして子供たちは唄っている 無表情な瞳で ただ愛が欲しいだけと  どんなに遠くても たどりつきたい夜明けがある 夢を描くのさ 手と手を放さずに 君となら夜を越える どんなに深くても  昨日まで信じたこと全部忘れそう 曇り空の下 心の奥が どんどん乾いてく 色のない山のように  だけど今も風は唄っている カタチあるものがすべてじゃない その愛で満たしておくれ  どんなに急いでも たどり着けない明日が来る 耳をすますのさ 星の瞬きが 語りかける言葉に どんなに急いでも  ゆりかごの大地に 体をなげだして あなたの鼓動に 顔をうづめて 静かに眠りたい  どんなに遠くても たどりつきたい夜明けがある 夢を描くのさ 手と手を放さずに 君となら夜を越える  どんなに急いでも たどり着けない明日が来る 耳をすますのさ 星の瞬きが 語りかける言葉に どんなに急いでも  どんなに遠くても ララララ… どんなに遠くても ララララ… どんなに遠くても ララララ…  どんなに急いでも 時間が僕らを越える どんなに遠くても 君を迎えに行こう 輝きをなくす前に いま、愛で満たしてあげる
LOVEまるで初めての君と会った気がする 微笑みのままの涙がとてもきれいで 数えようのない偶然の出来事は 愛しい人のもとへ続いてた  愛を鳴らす 鏡の音の中で 静かな約束を 君と 指に 飾る  ほんのささいなことで 君を悲しませた 消えそうな夢の灯りを 二人 みつめて 失くしかけて よけいに深まる想い そんな愚かさに 愛は照らされて  波のように 囁(ささや)きを繰り返し 長い坂を上り 光に腕を伸ばす 愛は偶然に 気がつけば目の前に 時の中で求め 今も 胸に 刻む どんなに色を変えても この喜びを抱いて  誕生日に いつか くれたギターで やっと ふさわしい 歌を届けよう  愛は偶然に 気がつけば目の前に 時の中で求め 今も 胸に 刻む 忘れない 悲しみも 輝きも 重ねた 唇に つたう 涙の味  波のように 囁(ささや)きを繰り返し 長い坂を上り 光に腕を伸ばす 愛は偶然に 気がつけば目の前に 時の中で求め 今も 胸に 刻むGAOGAO階一喜ジェフ・ボバまるで初めての君と会った気がする 微笑みのままの涙がとてもきれいで 数えようのない偶然の出来事は 愛しい人のもとへ続いてた  愛を鳴らす 鏡の音の中で 静かな約束を 君と 指に 飾る  ほんのささいなことで 君を悲しませた 消えそうな夢の灯りを 二人 みつめて 失くしかけて よけいに深まる想い そんな愚かさに 愛は照らされて  波のように 囁(ささや)きを繰り返し 長い坂を上り 光に腕を伸ばす 愛は偶然に 気がつけば目の前に 時の中で求め 今も 胸に 刻む どんなに色を変えても この喜びを抱いて  誕生日に いつか くれたギターで やっと ふさわしい 歌を届けよう  愛は偶然に 気がつけば目の前に 時の中で求め 今も 胸に 刻む 忘れない 悲しみも 輝きも 重ねた 唇に つたう 涙の味  波のように 囁(ささや)きを繰り返し 長い坂を上り 光に腕を伸ばす 愛は偶然に 気がつけば目の前に 時の中で求め 今も 胸に 刻む
Lemonレモンの花咲く丘の上は 小さな二人の秘密の場所 名前さえ知らずに待っていた あの子 寂しげな瞳が 微笑むとうれしかった  夕暮れのメロディ聞こえてきても つないだ手を放せないまま おどけるように唄って見せた 切なささえ 知らないまま 見つめてた 風の中  レモンの花びらつないでいた 遠い日の恋は記憶の中 幸せが 胸を震わせて痛い 時間さえ止まってた あの頃に帰りたい  夕暮れのメロディ聞こえてくると あの子の手が小さく揺れて 何も言わずに走っていった 振り向いても 振り向いても 遠ざかる 丘の下 小さく  夕暮れのメロディ聞こえてきても つないだ手を放せないまま 二人で決めた名前のように 他の人に言わないように 見つめてた 風の中 風の中 風の中GAOGAO神郡健海福知弘レモンの花咲く丘の上は 小さな二人の秘密の場所 名前さえ知らずに待っていた あの子 寂しげな瞳が 微笑むとうれしかった  夕暮れのメロディ聞こえてきても つないだ手を放せないまま おどけるように唄って見せた 切なささえ 知らないまま 見つめてた 風の中  レモンの花びらつないでいた 遠い日の恋は記憶の中 幸せが 胸を震わせて痛い 時間さえ止まってた あの頃に帰りたい  夕暮れのメロディ聞こえてくると あの子の手が小さく揺れて 何も言わずに走っていった 振り向いても 振り向いても 遠ざかる 丘の下 小さく  夕暮れのメロディ聞こえてきても つないだ手を放せないまま 二人で決めた名前のように 他の人に言わないように 見つめてた 風の中 風の中 風の中
Roi Roi今週のむしゃくしゃすべて ドブに投げ捨てて ポンコツ車ピカピカやたら磨きかけて ウンザリの交差点 都心離れて遠くへ 頭ん中開けっ放して 風をきるのさ  この道選んでも あの道選んでも どの道選んでも 振り出しに戻っちゃう  いろんな関係がゴチャゴチャ 言いたいこと言ってらぁ 自分のことさえロイロイロイ 頭抱えてばかりさ 気分一つで傷つけあう ほんの誤解で怒鳴りあう ええかげんにせぃ! そう叫んで また一つ町を抜ける  どこまで走っても どこまで進んでも どこまで昇っても 振り出しに戻っちゃう  ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ イロイロだぜ ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ 飽き飽きするほど イロイロだぜ  車を止めて 瞳閉じれば 思い出してる 柔らかいママの胸 帰りたぁい Oh-yes!  今週のムシャクシャすべて 壁に投げつけて 今週のムシャクシャすべて 道に投げ捨てて クシャクシャにちぢんだ心(ハート)のしわが伸びない 今週のムシャクシャ全部 風に吹き飛ばせ  この道選んでも あの道選んでも どの道選んでも 振り出しに戻っちゃう  ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ イロイロだぜ ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ 寝ても覚めても イロイロだぜGAOGAO階一喜・GAO井上徳雄今週のむしゃくしゃすべて ドブに投げ捨てて ポンコツ車ピカピカやたら磨きかけて ウンザリの交差点 都心離れて遠くへ 頭ん中開けっ放して 風をきるのさ  この道選んでも あの道選んでも どの道選んでも 振り出しに戻っちゃう  いろんな関係がゴチャゴチャ 言いたいこと言ってらぁ 自分のことさえロイロイロイ 頭抱えてばかりさ 気分一つで傷つけあう ほんの誤解で怒鳴りあう ええかげんにせぃ! そう叫んで また一つ町を抜ける  どこまで走っても どこまで進んでも どこまで昇っても 振り出しに戻っちゃう  ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ イロイロだぜ ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ 飽き飽きするほど イロイロだぜ  車を止めて 瞳閉じれば 思い出してる 柔らかいママの胸 帰りたぁい Oh-yes!  今週のムシャクシャすべて 壁に投げつけて 今週のムシャクシャすべて 道に投げ捨てて クシャクシャにちぢんだ心(ハート)のしわが伸びない 今週のムシャクシャ全部 風に吹き飛ばせ  この道選んでも あの道選んでも どの道選んでも 振り出しに戻っちゃう  ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ イロイロだぜ ロイロイロロイロイ ロイロイロロイロイ 寝ても覚めても イロイロだぜ
ロバロック丘をこえいこうよ 口笛吹きつつ 空は澄み青空 牧場を目指して行こう  風の中をいこうよ 朝露を蹴って(メーメーやぎさん) 君と手をつないで 歌声も朗らかに  wow wow wow....GAOGAOGAO・神郡健今泉洋丘をこえいこうよ 口笛吹きつつ 空は澄み青空 牧場を目指して行こう  風の中をいこうよ 朝露を蹴って(メーメーやぎさん) 君と手をつないで 歌声も朗らかに  wow wow wow....
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. Chitty-chitty-bang-bang
  3. 播磨無呼吸症候群
  4. ここにはないもの
  5. Accelerate

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 希望のチューしよっ
  2. Accelerate
  3. Deep down
  4. Blue Moon
  5. 霹靂

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照