蒼山幸子の歌詞一覧リスト  15曲中 1-15曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
15曲中 1-15曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
空気の底予報より少し早く 訪れた青い空が 地下鉄の出口から ぽっかりと覗いてる  もしもあの時なんて 今さら思いもしないけど  空気の底 ふたりは また出会う日を待って きっと今日を生きてる そんな気がして  働けば働くほど 向かい風にも慣れてきたよ 多少夢が破れても それなりに歩いてる  やさしい諦め方を あなたが教えてくれた  でも誰にも言えない 悲しい日もあるよ 手紙のような気持ちは あてもないまま  空気の底 あなたに 誇れる日を待って 今日を生きてゆくから いつか見つけて  歌詞にさえならない 些細ではずかしい ありふれた話を いつか聞いてね蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子予報より少し早く 訪れた青い空が 地下鉄の出口から ぽっかりと覗いてる  もしもあの時なんて 今さら思いもしないけど  空気の底 ふたりは また出会う日を待って きっと今日を生きてる そんな気がして  働けば働くほど 向かい風にも慣れてきたよ 多少夢が破れても それなりに歩いてる  やさしい諦め方を あなたが教えてくれた  でも誰にも言えない 悲しい日もあるよ 手紙のような気持ちは あてもないまま  空気の底 あなたに 誇れる日を待って 今日を生きてゆくから いつか見つけて  歌詞にさえならない 些細ではずかしい ありふれた話を いつか聞いてね
silence of light音もなくそっと 途切れていった ふたりの糸の先が 浮かんでいくのを 見つめていた 羽の折れた天使  もう大人だし終電がなくたって タクシーで帰れるけど まだらな光に 照らされても 帰りたい温もりには 帰れない  別々の暗号が 届き合う日を夢見ては ただ言葉の裏側で 触れ合えるのを 待ってたの  心のドアを 開いたあとは あなたの香りも閉め出せなくて 天使が泣いた 真夜中はいま 光にまみれて 触れ合えたのかな 一度だけでも 残されたままの 足跡がまだ 空っぽな胸で 静かに暴れてる Silence of Light Silence of Light  特別だった 街の景色が まるでうそみたいに 白々しくて 目を瞑った たぶん 午前0時  もっと先まで 早く明日まで 急いで行かなくちゃ あまりにもきっと捧げすぎた 振り向かずいかなきゃ  長い夢が終わっても 続いてく日々を知ってるから 何事もなかったように 夜が明けたら生きてくの  心のドアを 開いていった あなたの背中が見えなくなった 天使が泣いた 真夜中はいま 光にまみれて 触れ合えたのかな 一度だけでも 残されたままの 足跡がまだ 空っぽな胸で 静かに暴れてる Silence of Light Silence of Light蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子音もなくそっと 途切れていった ふたりの糸の先が 浮かんでいくのを 見つめていた 羽の折れた天使  もう大人だし終電がなくたって タクシーで帰れるけど まだらな光に 照らされても 帰りたい温もりには 帰れない  別々の暗号が 届き合う日を夢見ては ただ言葉の裏側で 触れ合えるのを 待ってたの  心のドアを 開いたあとは あなたの香りも閉め出せなくて 天使が泣いた 真夜中はいま 光にまみれて 触れ合えたのかな 一度だけでも 残されたままの 足跡がまだ 空っぽな胸で 静かに暴れてる Silence of Light Silence of Light  特別だった 街の景色が まるでうそみたいに 白々しくて 目を瞑った たぶん 午前0時  もっと先まで 早く明日まで 急いで行かなくちゃ あまりにもきっと捧げすぎた 振り向かずいかなきゃ  長い夢が終わっても 続いてく日々を知ってるから 何事もなかったように 夜が明けたら生きてくの  心のドアを 開いていった あなたの背中が見えなくなった 天使が泣いた 真夜中はいま 光にまみれて 触れ合えたのかな 一度だけでも 残されたままの 足跡がまだ 空っぽな胸で 静かに暴れてる Silence of Light Silence of Light
シュガータイムずっと普通だと 思って暮らしてた 突然現れた 嵐はきみだった  続きの読めない やさしい沈黙 何も言えない魚になりたい  シュガータイム 止まらない 時の代わりに 一生消えない夜をください そっと揺らいだ紅茶の波を見ていた シュガータイム 神様 こんなふたりに 橙色した次のスポットライトをください どうせ戻れない愛なら  ミストみたいにさ 恋を降らして いつか目の前が 見えなくなるまで  苦くて短い 人生だからさ 得体の知れない 希望に賭けたい  シュガータイム 重なる 今の全ては 一生褪せない青い芸術 そっと揺らいだシーツの波を見ていた シュガータイム 神様 こんなふたりに 大胆不敵な甘いスポットライトをください どうせ戻れない愛なら  満ちては引いてゆく この気持ちを連れて  大それた夢はないけれど 大切な居場所を夢に見てる 僕らはまた 叶うように目を閉じる 退屈な夜に紛れても 最果ての孤独な星に居ても きみはきみさ 忘れらんない笑顔を見せて蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子ずっと普通だと 思って暮らしてた 突然現れた 嵐はきみだった  続きの読めない やさしい沈黙 何も言えない魚になりたい  シュガータイム 止まらない 時の代わりに 一生消えない夜をください そっと揺らいだ紅茶の波を見ていた シュガータイム 神様 こんなふたりに 橙色した次のスポットライトをください どうせ戻れない愛なら  ミストみたいにさ 恋を降らして いつか目の前が 見えなくなるまで  苦くて短い 人生だからさ 得体の知れない 希望に賭けたい  シュガータイム 重なる 今の全ては 一生褪せない青い芸術 そっと揺らいだシーツの波を見ていた シュガータイム 神様 こんなふたりに 大胆不敵な甘いスポットライトをください どうせ戻れない愛なら  満ちては引いてゆく この気持ちを連れて  大それた夢はないけれど 大切な居場所を夢に見てる 僕らはまた 叶うように目を閉じる 退屈な夜に紛れても 最果ての孤独な星に居ても きみはきみさ 忘れらんない笑顔を見せて
スロウナイトスロウナイト 夜はこれから 僕の胸に身を任して 誰も知らない あなたに会いたい 今に追いつかれても 光る街に夢を見た ネオンライトに染まる心休めて 今日だけは  もうすぐきっと黄昏が降りてくる あなたは髪を揺らしてハート揺らして 息を切らして 小さな今日を戦ってきたの どうか立ち止まって 羽を広げて  好きな人たちの口癖をBGMにして 急ぎ足だった世界の時を止めて  スロウナイト 夜はこれから 昇る泡に身を任して 誰も語らない あなたを知りたい 今に追いつかれても 光る街に夢を見た ネオンライトに染まる心休めて 今日だけは  言葉は少し あからさますぎるから 今夜は胸の内に 押し寄せてる強い波も 許したままで 笑っていようよ どうか忘れないで あなたは美しい  終わりの見えないドラマを抱えながら 踊る僕らの はかない時を止めて  スロウナイト 夜が更けてく 昇る泡のその向こうの 誰も語らない 明日を知りたい 今に追いつかれても 甘い風を信じてる ネオンライトに染まる心休めて 今日だけは  気の抜けたシャンパン まだ街は眠らない 吹き返す心 もう少し ここにいて ベイビー蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子スロウナイト 夜はこれから 僕の胸に身を任して 誰も知らない あなたに会いたい 今に追いつかれても 光る街に夢を見た ネオンライトに染まる心休めて 今日だけは  もうすぐきっと黄昏が降りてくる あなたは髪を揺らしてハート揺らして 息を切らして 小さな今日を戦ってきたの どうか立ち止まって 羽を広げて  好きな人たちの口癖をBGMにして 急ぎ足だった世界の時を止めて  スロウナイト 夜はこれから 昇る泡に身を任して 誰も語らない あなたを知りたい 今に追いつかれても 光る街に夢を見た ネオンライトに染まる心休めて 今日だけは  言葉は少し あからさますぎるから 今夜は胸の内に 押し寄せてる強い波も 許したままで 笑っていようよ どうか忘れないで あなたは美しい  終わりの見えないドラマを抱えながら 踊る僕らの はかない時を止めて  スロウナイト 夜が更けてく 昇る泡のその向こうの 誰も語らない 明日を知りたい 今に追いつかれても 甘い風を信じてる ネオンライトに染まる心休めて 今日だけは  気の抜けたシャンパン まだ街は眠らない 吹き返す心 もう少し ここにいて ベイビー
セブンスヘブン煙に巻いた 言葉を ゆっくりと飲み干して グラスの底には 口にできない想い  甘えないでいれたら 壊さないでいれるかな ベイビー 僕は明日がこわい  いつも時計の針が 心なしか胸を 締め付けるけれど 許されるなら このなぞなぞはずっと 解けないままがいい  セブンスヘブン あなたと 見上げたい天国がある気がした セブンスヘブン どこにも 行けないくらいに抱きしめて 今すぐ  夢のような日々から ゆっくりと抜け出して 歯が立たないくらい 世界に笑われても  ばかみたいねって笑って 小さな花 咲かせて 望むのは いつもそれだけだから  きっと長い道だと どこかで言い聞かせては 決めていること 酔いに任せた綺麗事みたいに 聞こえるけれど  セブンスヘブン 必ず 美しい方だけを選んでゆこう セブンスヘブン 静かに ここで揺れる光 抱きしめて このまま  セブンスヘブン蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子煙に巻いた 言葉を ゆっくりと飲み干して グラスの底には 口にできない想い  甘えないでいれたら 壊さないでいれるかな ベイビー 僕は明日がこわい  いつも時計の針が 心なしか胸を 締め付けるけれど 許されるなら このなぞなぞはずっと 解けないままがいい  セブンスヘブン あなたと 見上げたい天国がある気がした セブンスヘブン どこにも 行けないくらいに抱きしめて 今すぐ  夢のような日々から ゆっくりと抜け出して 歯が立たないくらい 世界に笑われても  ばかみたいねって笑って 小さな花 咲かせて 望むのは いつもそれだけだから  きっと長い道だと どこかで言い聞かせては 決めていること 酔いに任せた綺麗事みたいに 聞こえるけれど  セブンスヘブン 必ず 美しい方だけを選んでゆこう セブンスヘブン 静かに ここで揺れる光 抱きしめて このまま  セブンスヘブン
鳥と糸窓を揺らしてる 布は波のよう 何ができるのか ずっと 考えてたよ  きみはいつか 希望を探して ここを出たきり 僕はいつしか 動けずに 羽を閉じてた  風が吹くたび息を止めて 帰りを待ってたけど か細い糸を繋ぎとめに 今夜 飛ぶよ  地上を離れてく 体は煽られて 何も聞こえない 闇を駆けていく  だけどなぜか 不思議なくらいに迷わないんだ 僕にはきみ以外 帰る場所なんてないから  風が変わってく 季節がまた 変わるように 今までずっと 行けなかったところへ 行けるよ  千切れそうな心のままで いま会いにいくから 聞こえるなら声を上げて すぐ手を伸ばすから 神様なんてこの際居なくたって 構わないさ 地を這うような寂しさならば 僕が消してやる  地上を離れてく 体は煽られて 何も聞こえない 闇を駆けていく蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子窓を揺らしてる 布は波のよう 何ができるのか ずっと 考えてたよ  きみはいつか 希望を探して ここを出たきり 僕はいつしか 動けずに 羽を閉じてた  風が吹くたび息を止めて 帰りを待ってたけど か細い糸を繋ぎとめに 今夜 飛ぶよ  地上を離れてく 体は煽られて 何も聞こえない 闇を駆けていく  だけどなぜか 不思議なくらいに迷わないんだ 僕にはきみ以外 帰る場所なんてないから  風が変わってく 季節がまた 変わるように 今までずっと 行けなかったところへ 行けるよ  千切れそうな心のままで いま会いにいくから 聞こえるなら声を上げて すぐ手を伸ばすから 神様なんてこの際居なくたって 構わないさ 地を這うような寂しさならば 僕が消してやる  地上を離れてく 体は煽られて 何も聞こえない 闇を駆けていく
夏の南極ぼんやり眺めた窓の外は 午後の人たちで 色づいてる  こんなに眩しい全てがなぜ 他人事のように 今遠く思えるの  あの人の冷たさが まだ胸を凍てつかして まるでここだけが 真夏の南極みたいで 頬杖をついたまま 心を待ちぼうけてたら 氷も溶けてしまいました  いつかは平気になる日が来る 時は容赦無く そしてやさしい  でもまだ どこにも行けないまま 青空の中の 思い出を辿らせて  あの人の寂しさが また胸をかき乱して 散ったあともまだ 消えない花火のようで 風のない坂道で 呟いたさようならは 陽射しに溶けてしまいました  何も気付かないように 負けないように 見送ってきた日々が愛しいわ  あの人の冷たさが まだ胸を凍てつかして まるでここだけが真夏の南極みたいで あの日から帰らない 心を待ちぼうけてたら 氷も溶けてしまいました蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子ぼんやり眺めた窓の外は 午後の人たちで 色づいてる  こんなに眩しい全てがなぜ 他人事のように 今遠く思えるの  あの人の冷たさが まだ胸を凍てつかして まるでここだけが 真夏の南極みたいで 頬杖をついたまま 心を待ちぼうけてたら 氷も溶けてしまいました  いつかは平気になる日が来る 時は容赦無く そしてやさしい  でもまだ どこにも行けないまま 青空の中の 思い出を辿らせて  あの人の寂しさが また胸をかき乱して 散ったあともまだ 消えない花火のようで 風のない坂道で 呟いたさようならは 陽射しに溶けてしまいました  何も気付かないように 負けないように 見送ってきた日々が愛しいわ  あの人の冷たさが まだ胸を凍てつかして まるでここだけが真夏の南極みたいで あの日から帰らない 心を待ちぼうけてたら 氷も溶けてしまいました
ハイライトハートビート途切れるまで あと何回泣いたって いばらの先へ行きたい すこし微熱の心  最低だな もつれるように笑った 明け方の街は ずっと眩しい  際限ないな ここから始める できることなんて 限られてるから  僕はまた風の中 きみはまだ夜の中  ハートビート途切れるまで あと何回泣いたって いばらの先を知りたい すこし微熱の心 ハイライトはいつしか 鮮やかになるから まだ今は消せない これはひみつの炎  いつかまた砂になる気持ちだって 抱きしめるよ この星を降りるまで  間違いなんてない まだ道の途中 言えることなんて いくつもないだろう  僕はまた手を伸ばす きみがいる夜の中  ハートビート途切れるまで いばらの先へ行きたい  ハイライトはいつしか 鮮やかになるから まだ今は消せない これはひみつの炎  だんだんと傾く影が 道を開けるよ 淡々と震える胸が 声をあげたよ  ハートビート染めるくらい 追い越した光が 煙の先を照らした すこし微熱の心蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子ハートビート途切れるまで あと何回泣いたって いばらの先へ行きたい すこし微熱の心  最低だな もつれるように笑った 明け方の街は ずっと眩しい  際限ないな ここから始める できることなんて 限られてるから  僕はまた風の中 きみはまだ夜の中  ハートビート途切れるまで あと何回泣いたって いばらの先を知りたい すこし微熱の心 ハイライトはいつしか 鮮やかになるから まだ今は消せない これはひみつの炎  いつかまた砂になる気持ちだって 抱きしめるよ この星を降りるまで  間違いなんてない まだ道の途中 言えることなんて いくつもないだろう  僕はまた手を伸ばす きみがいる夜の中  ハートビート途切れるまで いばらの先へ行きたい  ハイライトはいつしか 鮮やかになるから まだ今は消せない これはひみつの炎  だんだんと傾く影が 道を開けるよ 淡々と震える胸が 声をあげたよ  ハートビート染めるくらい 追い越した光が 煙の先を照らした すこし微熱の心
バニラ泣けないままで 夢から覚めて 机の上に 溶け出したバニラ  愛の真似事 信じてたこと ありきたりでいい 明日からも生きてゆけますように  ミスユー あっけない火花だって 永遠に思えた あどけない僕らだった ミスユー 溶けない幻に 騙されて歩こう 夜風に消えないバニラ  冷めたふりして 蓋をしてきた 青い時代の 寂しさのありか  やがて気づいた 認めれたその日から 孤独はきっと 特別な自由をつれてくれると  ミスユー 美しい未来だって 曖昧に思えた 味気ない僕らだった ミスユー そしていま 痛くたって 鮮やかな夜だ 心はまだ消さない  ミスユー あっけない火花だって 永遠に思えた あどけない僕らだった ミスユー 溶けない幻に 騙されて歩こう 夜風に消えないバニラ蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子泣けないままで 夢から覚めて 机の上に 溶け出したバニラ  愛の真似事 信じてたこと ありきたりでいい 明日からも生きてゆけますように  ミスユー あっけない火花だって 永遠に思えた あどけない僕らだった ミスユー 溶けない幻に 騙されて歩こう 夜風に消えないバニラ  冷めたふりして 蓋をしてきた 青い時代の 寂しさのありか  やがて気づいた 認めれたその日から 孤独はきっと 特別な自由をつれてくれると  ミスユー 美しい未来だって 曖昧に思えた 味気ない僕らだった ミスユー そしていま 痛くたって 鮮やかな夜だ 心はまだ消さない  ミスユー あっけない火花だって 永遠に思えた あどけない僕らだった ミスユー 溶けない幻に 騙されて歩こう 夜風に消えないバニラ
バースデイミッションみたいに歩こう 近くのコンビニまで がらんどうな心を引きずって  強炭酸水できっと 全ては覚めるはず 痺れる舌には 檸檬のフレーバー  静かに消えそうな炎が 胸の奥でゆらめいてる 真っ暗闇に飛び込めたなら 終われる  天使か悪魔か わからない声が急かすの 正しい明日へ向かえと  待って これから 一息で吹き消すわ さっきまでの愛 忘れたい 泡のように マッチ売りみたい 思い出は 次々に 燃えては凍えて灰になる 今日がわたしの あたらしいバースデイ  フィクションみたいな街が 僕らの舞台だ 平坦で華もない地味なドラマ  経験は階段だって 信じているけれど いつまで経っても 天国は見えない  みじめに消えそうな炎が 煙草の先で踊る 真っ暗闇を恐れなければ 終われる  似合わない言葉が 今夜は頭を過ぎる 優しいきみに会いたい  待って このまま ひとりで沈めない さっきまでの未来 書き換えたい 詩人のように 満ち足りてちゃ 運命は作れない すてきな明日を目指すため 神様がくれた ささやかなバースデイ  この暗さも この希望も わたしだけの花束 これ以上も これ以下もない 小さな世界が揺れる  待って これから 一息で吹き消すわ さっきまでの愛 飛び越えたい 風のように マッチ売りみたい 思い出は 次々に 燃えては美しい星になる 今日がわたしの あたらしいバースデイ  ささやかなバースデイ  あたらしいバースデイ蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子ミッションみたいに歩こう 近くのコンビニまで がらんどうな心を引きずって  強炭酸水できっと 全ては覚めるはず 痺れる舌には 檸檬のフレーバー  静かに消えそうな炎が 胸の奥でゆらめいてる 真っ暗闇に飛び込めたなら 終われる  天使か悪魔か わからない声が急かすの 正しい明日へ向かえと  待って これから 一息で吹き消すわ さっきまでの愛 忘れたい 泡のように マッチ売りみたい 思い出は 次々に 燃えては凍えて灰になる 今日がわたしの あたらしいバースデイ  フィクションみたいな街が 僕らの舞台だ 平坦で華もない地味なドラマ  経験は階段だって 信じているけれど いつまで経っても 天国は見えない  みじめに消えそうな炎が 煙草の先で踊る 真っ暗闇を恐れなければ 終われる  似合わない言葉が 今夜は頭を過ぎる 優しいきみに会いたい  待って このまま ひとりで沈めない さっきまでの未来 書き換えたい 詩人のように 満ち足りてちゃ 運命は作れない すてきな明日を目指すため 神様がくれた ささやかなバースデイ  この暗さも この希望も わたしだけの花束 これ以上も これ以下もない 小さな世界が揺れる  待って これから 一息で吹き消すわ さっきまでの愛 飛び越えたい 風のように マッチ売りみたい 思い出は 次々に 燃えては美しい星になる 今日がわたしの あたらしいバースデイ  ささやかなバースデイ  あたらしいバースデイ
PANORAMAアンドロイドみたいにいっそ 黙ってしまえたらいいのに 痛みも冷たさも忘れて あなたの声だけ覚えて  ありえないはずのもしもが 行き交う愚かな恋です 空まで触れそうなエレベーター 闇の中をしんと光った  空白の1分間だけのエスケープ  音もなくキスをしたら 瞬く間に街はパノラマ 名前のない気持ちが 消えないように 地に足がつかないまま 僕たちの 明日はこれから もう少しだけ夢から 覚めないように 目を逸らす  あんまり上昇しすぎると 落ちるのが怖くなるから 全ての時を留めて できるだけ胸の奥まで  いつかは消えてく時代を 抗う僕らの夜です 揺らいだって仕方ないさ 心は生き物だ  光が飛び去る瞳を見てた 空白の1分間だけのエスケープ  音もなくキスをしたら 透明な地面が揺れた 名前のない気持ちが 消えないように 心無い声も今は 届かないこの箱にいさせて まだこのまま  高くなる空の下で 瞬く間に街はパノラマ 名前のない気持ちが 消えないように 閉じられたドアを叩く 僕たちの明日はこれから もう少しだけ夢から 覚めないように 手を伸ばす蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子アンドロイドみたいにいっそ 黙ってしまえたらいいのに 痛みも冷たさも忘れて あなたの声だけ覚えて  ありえないはずのもしもが 行き交う愚かな恋です 空まで触れそうなエレベーター 闇の中をしんと光った  空白の1分間だけのエスケープ  音もなくキスをしたら 瞬く間に街はパノラマ 名前のない気持ちが 消えないように 地に足がつかないまま 僕たちの 明日はこれから もう少しだけ夢から 覚めないように 目を逸らす  あんまり上昇しすぎると 落ちるのが怖くなるから 全ての時を留めて できるだけ胸の奥まで  いつかは消えてく時代を 抗う僕らの夜です 揺らいだって仕方ないさ 心は生き物だ  光が飛び去る瞳を見てた 空白の1分間だけのエスケープ  音もなくキスをしたら 透明な地面が揺れた 名前のない気持ちが 消えないように 心無い声も今は 届かないこの箱にいさせて まだこのまま  高くなる空の下で 瞬く間に街はパノラマ 名前のない気持ちが 消えないように 閉じられたドアを叩く 僕たちの明日はこれから もう少しだけ夢から 覚めないように 手を伸ばす
Blue Drive流れてゆくヘッドライト 霧雨を照らしてく まだ見えない曲がり角の向こう 見つめた  揺れるシート ふたりから 未来なんて 奪えない 砂時計のようにそっと 雨音が響いてる  あなたの孤独も わたしの弱さもきっと 誰にも救えない でもひとりじゃない それだけが  胸の奥を強くする 景色さえも解いてく 窓越しに昨日がそっと 過ぎて今日に変わる  怖がらないで 真夜中は今 ふたりのためのもの  乗せて ブルードライブ はぐれそうになった 今までの全ては あなたに辿り着いた日から 一本の線のように意味になったの  手を離さないで 誰も見えないの わたしたちの道は たとえうしろ指差されても 信じられる光のほうへ 進むの  波風も立たない 凪にいるみたいだわ 小さな絶望さえも今はただ 見送れる  乗せて ブルードライブ 塵のように見えた 今までの全ては あなたに触れたあの時から 地に足がついたように過去になったの  手を離さないで 誰も知らないの わたしたちの道は たとえうしろ指差されても 信じられる光のほうへ 進むの  このまま そばにいて  流れてゆくヘッドライト 横顔を照らしてく まだ見えない曲がり角の向こう 見つめた蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子流れてゆくヘッドライト 霧雨を照らしてく まだ見えない曲がり角の向こう 見つめた  揺れるシート ふたりから 未来なんて 奪えない 砂時計のようにそっと 雨音が響いてる  あなたの孤独も わたしの弱さもきっと 誰にも救えない でもひとりじゃない それだけが  胸の奥を強くする 景色さえも解いてく 窓越しに昨日がそっと 過ぎて今日に変わる  怖がらないで 真夜中は今 ふたりのためのもの  乗せて ブルードライブ はぐれそうになった 今までの全ては あなたに辿り着いた日から 一本の線のように意味になったの  手を離さないで 誰も見えないの わたしたちの道は たとえうしろ指差されても 信じられる光のほうへ 進むの  波風も立たない 凪にいるみたいだわ 小さな絶望さえも今はただ 見送れる  乗せて ブルードライブ 塵のように見えた 今までの全ては あなたに触れたあの時から 地に足がついたように過去になったの  手を離さないで 誰も知らないの わたしたちの道は たとえうしろ指差されても 信じられる光のほうへ 進むの  このまま そばにいて  流れてゆくヘッドライト 横顔を照らしてく まだ見えない曲がり角の向こう 見つめた
まぼろし雨の音で 目覚めたら さっきまでの あなたがいない 夢の中で 微笑んだ ひとときが うそみたい  どうか いかないで こんな思いとまだ居たいのに 朝はやってくる 誰より厳しく 優しく  忘れたいことばかり 増えてゆく 気がしていた 気が付けば 同じくらい 花束を 抱えてた  どうか 歩かせて どんな冷たい手に出会っても 朝はやってくる あなたの胸にも 静かに  今なら 言えること ばかりでおかしいな まぼろしみたいだな 過ぎ去った すべてが 今から 出来ること 紡いでゆけるかな いつか この気持ちに 終わりがくるまで  雨の音とあなたが 消えてゆく 少しずつ 胸の中で 手を振った じゃあね また 会えるまで蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子雨の音で 目覚めたら さっきまでの あなたがいない 夢の中で 微笑んだ ひとときが うそみたい  どうか いかないで こんな思いとまだ居たいのに 朝はやってくる 誰より厳しく 優しく  忘れたいことばかり 増えてゆく 気がしていた 気が付けば 同じくらい 花束を 抱えてた  どうか 歩かせて どんな冷たい手に出会っても 朝はやってくる あなたの胸にも 静かに  今なら 言えること ばかりでおかしいな まぼろしみたいだな 過ぎ去った すべてが 今から 出来ること 紡いでゆけるかな いつか この気持ちに 終わりがくるまで  雨の音とあなたが 消えてゆく 少しずつ 胸の中で 手を振った じゃあね また 会えるまで
ミューズミューズになれない センシティブガール  狂ったように噂話に 花を咲かせる その花園遠く眺めて そっと息を吐いた  夢の外じゃ息が出来ない みじめな群れから 今すぐに遠く離れて ぱっと羽ばたきたいのに  本当はわかっている わたしもあなたと同じ 休憩の終わる鐘が聞こえる  ミューズになれないセンシティブガール 研ぎ澄まされた闇の中を行く ヒールを鳴らして今日こそ 定時に帰る 優しい誰かが 肩を抱いてくれたら 大丈夫になるのにな 破れかけた 心でまた誓い立てる 明日こそは…  前触れもなく リングの上に 出される日もある その人は言う “秘めてることは ちゃんと口に出さないと”  本当は感じている 届かない声もあると 運命の曲がり角でふらつく  ミューズになれないセンシティブガール 研ぎ澄まされた想いが駆け出す 悪役(ヒール)を買って出るほど 強くはないけど 媚びずに生きたい 今は悔しさを 傘に変えて嵐しのぐ ありきたりでいい 静かな生活を下さい 明日こそは…  ミューズになれないセンシティブガール 研ぎ澄まされた闇の中を行く ヒールを鳴らして今日こそ 定時に帰る 諦めなければ いつの日かきっと 優しい仲間に出会える 破れかけた 心でまた誓い立てる そのときには…蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子ミューズになれない センシティブガール  狂ったように噂話に 花を咲かせる その花園遠く眺めて そっと息を吐いた  夢の外じゃ息が出来ない みじめな群れから 今すぐに遠く離れて ぱっと羽ばたきたいのに  本当はわかっている わたしもあなたと同じ 休憩の終わる鐘が聞こえる  ミューズになれないセンシティブガール 研ぎ澄まされた闇の中を行く ヒールを鳴らして今日こそ 定時に帰る 優しい誰かが 肩を抱いてくれたら 大丈夫になるのにな 破れかけた 心でまた誓い立てる 明日こそは…  前触れもなく リングの上に 出される日もある その人は言う “秘めてることは ちゃんと口に出さないと”  本当は感じている 届かない声もあると 運命の曲がり角でふらつく  ミューズになれないセンシティブガール 研ぎ澄まされた想いが駆け出す 悪役(ヒール)を買って出るほど 強くはないけど 媚びずに生きたい 今は悔しさを 傘に変えて嵐しのぐ ありきたりでいい 静かな生活を下さい 明日こそは…  ミューズになれないセンシティブガール 研ぎ澄まされた闇の中を行く ヒールを鳴らして今日こそ 定時に帰る 諦めなければ いつの日かきっと 優しい仲間に出会える 破れかけた 心でまた誓い立てる そのときには…
METROメトロの息が熱くて 眩みそうな月曜日は 永遠に慣れそうにない いたいけなBoys and Girls 上手な綱渡りの方法 遠くなんて見ないこと とりあえず今は次の 週末まで生きる  誰にもうまく言えない 気持ちが浮いて沈む 小さな箱に揺られてるわ  ハッピーエンドと 待ち合わせだって 言い聞かせてる煙の中 手に取るように わかることなんて 少しだけさ It's OK Baby 最大風速は これからだから 泣きたいような光の中 あの子はずっと 前だけ見てる 午後の女神 Don't stop it Baby  いつしか思い出せない いつも隣にいた人 花から花へ飛び立つ 僕たちは蜜蜂  短いパーティーをもっと 焼き付けて 眩い景色だけずっと 抱えられたらいいのに  ハッピーエンドと 待ち合わせだって 言い聞かせてる煙の中 手に取るように わかることなんて 少しだけさ It's OK Baby 最大風速は これからだから 泣きたいような光の中 あの子はずっと 前だけ見てる 午後の女神 Don't stop it Baby蒼山幸子蒼山幸子蒼山幸子メトロの息が熱くて 眩みそうな月曜日は 永遠に慣れそうにない いたいけなBoys and Girls 上手な綱渡りの方法 遠くなんて見ないこと とりあえず今は次の 週末まで生きる  誰にもうまく言えない 気持ちが浮いて沈む 小さな箱に揺られてるわ  ハッピーエンドと 待ち合わせだって 言い聞かせてる煙の中 手に取るように わかることなんて 少しだけさ It's OK Baby 最大風速は これからだから 泣きたいような光の中 あの子はずっと 前だけ見てる 午後の女神 Don't stop it Baby  いつしか思い出せない いつも隣にいた人 花から花へ飛び立つ 僕たちは蜜蜂  短いパーティーをもっと 焼き付けて 眩い景色だけずっと 抱えられたらいいのに  ハッピーエンドと 待ち合わせだって 言い聞かせてる煙の中 手に取るように わかることなんて 少しだけさ It's OK Baby 最大風速は これからだから 泣きたいような光の中 あの子はずっと 前だけ見てる 午後の女神 Don't stop it Baby
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. KICK BACK
  3. すずめ feat.十明
  4. FROG MAN
  5. 涙

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. FROG MAN
  2. Here We Go!!
  3. Blue Moon
  4. ないしょのプレゼントフォーユー!
  5. SPECTRA

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照