諸星和己の歌詞一覧リスト  5曲中 1-5曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
5曲中 1-5曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あさきゆめみし星明かりに導かれて 駆け抜けた硝子の季節(とき) あさきゆめみし頃の物語  どれくらい眠ったの? 気がつけば時は経って ただ一人 君を残し 仲間達は旅立った  知らぬ間に出来た扉(ドア) テーブルに置かれてた イチゴジャム頬張って 君は今荒野に向かう  覚えているんだ 秘密の呪文唱えるよ ほらね 諸星和己綾小路翔鶴久政治Hiroya.T星明かりに導かれて 駆け抜けた硝子の季節(とき) あさきゆめみし頃の物語  どれくらい眠ったの? 気がつけば時は経って ただ一人 君を残し 仲間達は旅立った  知らぬ間に出来た扉(ドア) テーブルに置かれてた イチゴジャム頬張って 君は今荒野に向かう  覚えているんだ 秘密の呪文唱えるよ ほらね 
一匹狼 LONELY WOLF夜空を巡る星が 寂しそうに 俺を見る ほんとに言いたいことさえすべて 風になってゆく いつも孤独は消えやしない 愛はなんにも救えやしない 涙がちぎれるまで ずっとひとりでかまわないさ やすらぎからはぐれて 傷ついた昨日に さよなら Woo… Woo…  わずかな夢のために なにかまた 失くすのか おまえの腕に抱かれて眠る そんなときにさえも… いつか信じるものが欲しい どこへもいかないものが欲しい 涙がちぎれるまで ずっとひとりでかまわないさ ためいきまでさらして 届かない明日に さよなら Woo… Woo…  いまは慰めがあればいい 静かな想い出があればいい 涙がちぎれるまで ずっとひとりでかまわないさ 優しさからはぐれて 傷ついた昨日に さよなら 悲しみに背を向けて 俺はひとりでかまわないさ さまようしかなくても 報われぬ季節に さよなら 諸星和己松井五郎水政創史郎夜空を巡る星が 寂しそうに 俺を見る ほんとに言いたいことさえすべて 風になってゆく いつも孤独は消えやしない 愛はなんにも救えやしない 涙がちぎれるまで ずっとひとりでかまわないさ やすらぎからはぐれて 傷ついた昨日に さよなら Woo… Woo…  わずかな夢のために なにかまた 失くすのか おまえの腕に抱かれて眠る そんなときにさえも… いつか信じるものが欲しい どこへもいかないものが欲しい 涙がちぎれるまで ずっとひとりでかまわないさ ためいきまでさらして 届かない明日に さよなら Woo… Woo…  いまは慰めがあればいい 静かな想い出があればいい 涙がちぎれるまで ずっとひとりでかまわないさ 優しさからはぐれて 傷ついた昨日に さよなら 悲しみに背を向けて 俺はひとりでかまわないさ さまようしかなくても 報われぬ季節に さよなら 
SAD SOUND何度も読み直した 君の手紙の一言一言に 震えたつ深く重い現実が通り過ぎてゆく  本当の幸せってやつは 成功をおさめること? それとも諦めてた 何かをやり遂げること?  かなしい音に 今日も包まれてる かなしいくせに 強がってみせてる 独り言の意味さえも言い訳に なるからやめようと風が揺さぶる やみくもに  バカバカしい胸の奥には シャドーが住みついていると気付き 月夜の光に照らされて 希望の明日を待ちわびる  今、君とあっても きっと目のやり場に困るんだろう 決して来るはずのなかった サヨナラ呼ぼうか  奇蹟が通る道を 探して眠る 奇蹟はいつも 自然の営みのように 降り続いてる 昔と変わらず 今もこれからも 何も変わらず  赤く燃えたぎる 太陽の血を浴びて Sadder but wiser 霧もやに浮かぶ セノーテの森に 折り込めて  かなしい音に 包まれて眠れない かなしいくらい 弱くに思える 静寂に浮かぶ 自分にもうすべて 愛想つかしても 胸は揺れる  悲しい音は 光の呼ぶ音 悲しい歌は 悲しみちぎる音 悲しい音は 底知れぬ程に 君の鼓動へと 導き始める諸星和己KAZUMI MOROBOSHIKAZUMI MOROBOSHI何度も読み直した 君の手紙の一言一言に 震えたつ深く重い現実が通り過ぎてゆく  本当の幸せってやつは 成功をおさめること? それとも諦めてた 何かをやり遂げること?  かなしい音に 今日も包まれてる かなしいくせに 強がってみせてる 独り言の意味さえも言い訳に なるからやめようと風が揺さぶる やみくもに  バカバカしい胸の奥には シャドーが住みついていると気付き 月夜の光に照らされて 希望の明日を待ちわびる  今、君とあっても きっと目のやり場に困るんだろう 決して来るはずのなかった サヨナラ呼ぼうか  奇蹟が通る道を 探して眠る 奇蹟はいつも 自然の営みのように 降り続いてる 昔と変わらず 今もこれからも 何も変わらず  赤く燃えたぎる 太陽の血を浴びて Sadder but wiser 霧もやに浮かぶ セノーテの森に 折り込めて  かなしい音に 包まれて眠れない かなしいくらい 弱くに思える 静寂に浮かぶ 自分にもうすべて 愛想つかしても 胸は揺れる  悲しい音は 光の呼ぶ音 悲しい歌は 悲しみちぎる音 悲しい音は 底知れぬ程に 君の鼓動へと 導き始める
Nine Ball若くして 頂点を極めたと 確信している彼 絶望かもし出し歩く 社会の問題児の彼  分かっちゃいないんだね 名声は永遠だって事 世の限り ラシャ張りの長方形の 台の上に置かれながらも  弾かれ ぶつかり転がって ルールに従い進むしかない 世の中 それが現実 この静かなる叫びは誰の目にも 触れやしない  還暦にして まだまだこれからだと思ってる彼 感動的場面だけを 想い出してる楽天家の彼  寂しいんだね 眉間の小ジワが物語る ラストボール打ち落とすまではと 言わんばかりに  強がれ そう良かれ悪かれ ルールに従い進むしかない 世間じゃ それが常識 この静かなる叫びは誰の耳にも 入りゃしない  Knack of coming out best in the end!! Now is the moment that will decide our fate!!  もっともっと弾かれ ぶつかり転がって ルールに従い進むしかない 今頃じゃ それがBest原則法 この静かなる叫びを  魂にずぶとく問いかけて ルールに従い進めばいい 異常気象のような 歪み始めている この静かなる叫びを 奮え立たせ 息を潜め ねらい定め  Now we're come to the Crunch!!諸星和己諸星和己諸星和己若くして 頂点を極めたと 確信している彼 絶望かもし出し歩く 社会の問題児の彼  分かっちゃいないんだね 名声は永遠だって事 世の限り ラシャ張りの長方形の 台の上に置かれながらも  弾かれ ぶつかり転がって ルールに従い進むしかない 世の中 それが現実 この静かなる叫びは誰の目にも 触れやしない  還暦にして まだまだこれからだと思ってる彼 感動的場面だけを 想い出してる楽天家の彼  寂しいんだね 眉間の小ジワが物語る ラストボール打ち落とすまではと 言わんばかりに  強がれ そう良かれ悪かれ ルールに従い進むしかない 世間じゃ それが常識 この静かなる叫びは誰の耳にも 入りゃしない  Knack of coming out best in the end!! Now is the moment that will decide our fate!!  もっともっと弾かれ ぶつかり転がって ルールに従い進むしかない 今頃じゃ それがBest原則法 この静かなる叫びを  魂にずぶとく問いかけて ルールに従い進めばいい 異常気象のような 歪み始めている この静かなる叫びを 奮え立たせ 息を潜め ねらい定め  Now we're come to the Crunch!!
夜明けのブレス消えかけた街が 静かに色づく 夜明けのブレスが 傷跡に染みる 群れからはずれた 一羽のカモメが ビルの谷間を抜け 海を見つめる  羽ばたくことさえ 疲れはてた時 胸の奥に 振り返る影がある  君のことを守りたい そのすべてを守りたい 君を生きる 証にしよう 誰のためでもなく  折れかけた翼 静かに抱き寄せ 無口な笑顔に 空を見上げる  波にさらわれた 流木の後を つまずきながら おいかける影がある  君のことを守りたい そのすべてを守りたい そして今を 共に生きよう 誰のためでもなく  君のことを守りたい そのすべてを守りたい 君を生きる 証にしよう 誰のためでもなく  君のことを守りたい そのすべてを守りたい そして今を 共に生きよう 誰のためでもなく  君のことを守りたい そのすべてを守りたい 君を生きる 証にしよう 誰のためでもなく諸星和己藤井郁弥鶴久政治Hiroya.T消えかけた街が 静かに色づく 夜明けのブレスが 傷跡に染みる 群れからはずれた 一羽のカモメが ビルの谷間を抜け 海を見つめる  羽ばたくことさえ 疲れはてた時 胸の奥に 振り返る影がある  君のことを守りたい そのすべてを守りたい 君を生きる 証にしよう 誰のためでもなく  折れかけた翼 静かに抱き寄せ 無口な笑顔に 空を見上げる  波にさらわれた 流木の後を つまずきながら おいかける影がある  君のことを守りたい そのすべてを守りたい そして今を 共に生きよう 誰のためでもなく  君のことを守りたい そのすべてを守りたい 君を生きる 証にしよう 誰のためでもなく  君のことを守りたい そのすべてを守りたい そして今を 共に生きよう 誰のためでもなく  君のことを守りたい そのすべてを守りたい 君を生きる 証にしよう 誰のためでもなく
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照