民謡クルセイダーズの歌詞一覧リスト  11曲中 1-11曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
11曲中 1-11曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
会津磐梯山エンヤー 会津磐梯山は宝の山よ 篠に黄金が エンヤ生りさがる  スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ  エンヤー 東山から日日(ひにち)の便り 行かざなるまい エーマタ顔みせに  スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ  小原庄助さん 何で身上潰した 朝寝朝酒朝湯が大好きで それで身上潰した ハァモットモダーモットモダ  エンヤー 会津盆地の 緑の夏よ 風もほがらに エーマタ鶴ヶ城  スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ  エンヤー 誰かが来たよだ 垣根の外に 鳴いた鈴虫 エーマタ音を止めた  スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ民謡クルセイダーズ福島県民謡福島県民謡エンヤー 会津磐梯山は宝の山よ 篠に黄金が エンヤ生りさがる  スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ  エンヤー 東山から日日(ひにち)の便り 行かざなるまい エーマタ顔みせに  スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ  小原庄助さん 何で身上潰した 朝寝朝酒朝湯が大好きで それで身上潰した ハァモットモダーモットモダ  エンヤー 会津盆地の 緑の夏よ 風もほがらに エーマタ鶴ヶ城  スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ  エンヤー 誰かが来たよだ 垣根の外に 鳴いた鈴虫 エーマタ音を止めた  スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ スッチョイ スッチョイ スッチョイナ
秋田荷方節荷方寺町の 花売り婆さま  花も売らずに 油売る  高いお山の 御殿の桜  花は七重だ 八重に咲く民謡クルセイダーズ秋田県民謡秋田県民謡荷方寺町の 花売り婆さま  花も売らずに 油売る  高いお山の 御殿の桜  花は七重だ 八重に咲く
アラ見てたのねさあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶりで すぐわかる あんなこと言って ちゃってちゃって 言っちゃって 昨夜(ゆんべ)も二人で 一本橋で 別れがつらくて 遠まわり 遠まわり アラ 見てたのね  何を聞いても あなたの事で 胸は一ぱい 上の空 あんなこと言って ちゃってちゃって 言っちゃって 魚を買っても あいタイみタイ 八百屋じゃみつばで ほうれん草 ほうれん草 アラ 見てたのね  月が一ツなら 想いも一ツ 広い世間にゃ きみ一人 あんなこと言って ちゃってちゃって 言っちゃって うれしがらせは 口さきばかり わたしは淋しい 待ち呆け 待ち呆け アラ 見てたのね民謡クルセイダーズ関沢新一市川昭介さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶりで すぐわかる あんなこと言って ちゃってちゃって 言っちゃって 昨夜(ゆんべ)も二人で 一本橋で 別れがつらくて 遠まわり 遠まわり アラ 見てたのね  何を聞いても あなたの事で 胸は一ぱい 上の空 あんなこと言って ちゃってちゃって 言っちゃって 魚を買っても あいタイみタイ 八百屋じゃみつばで ほうれん草 ほうれん草 アラ 見てたのね  月が一ツなら 想いも一ツ 広い世間にゃ きみ一人 あんなこと言って ちゃってちゃって 言っちゃって うれしがらせは 口さきばかり わたしは淋しい 待ち呆け 待ち呆け アラ 見てたのね
おてもやんおてもやんあんたこの頃 嫁入りしたではないかいな。  嫁入りしたこたしたばってん 御亭主が菊石平ぢゃっけん まだ盃せんぢゃった。  村役鳶役肝入りどん あん人達の居らすけんで あとはどうなときゃあなろたい。  川端松っあんきゃめぐらい 春日南瓜どん達あ尻ひっぱって 花盛り 花盛り。  ピィツクパーツク雲雀の子 ゲンパク茄子のイガイガドン。  一つ山越えも一つ山越えあの山越えて  私ぁあんたに惚れとるばい。 惚れとるばってん言われんたい。 追い追い彼岸も近まれば 若者衆も寄らすけん  熊本のよじょもん詣りに ゆるゆる話をきゃぁしゅうたい。  男振りには惚れんばな 煙草入れの銀金具がそれが因縁たい。  アカチャカベッチャカ チャカチャカチャ。  一ツ世の中艱難辛苦の荒波越えて  男の度胸でおいでなさい くよくよしたとてしょうがない いつかは芽も出る花も咲く  うつり気の浮世のならいに 取越し苦労はおやめなさい  なやみなんそはコチャ知らぬ 意地とはりの心がそれが後所楽たい。民謡クルセイダーズ熊本県民謡熊本県民謡おてもやんあんたこの頃 嫁入りしたではないかいな。  嫁入りしたこたしたばってん 御亭主が菊石平ぢゃっけん まだ盃せんぢゃった。  村役鳶役肝入りどん あん人達の居らすけんで あとはどうなときゃあなろたい。  川端松っあんきゃめぐらい 春日南瓜どん達あ尻ひっぱって 花盛り 花盛り。  ピィツクパーツク雲雀の子 ゲンパク茄子のイガイガドン。  一つ山越えも一つ山越えあの山越えて  私ぁあんたに惚れとるばい。 惚れとるばってん言われんたい。 追い追い彼岸も近まれば 若者衆も寄らすけん  熊本のよじょもん詣りに ゆるゆる話をきゃぁしゅうたい。  男振りには惚れんばな 煙草入れの銀金具がそれが因縁たい。  アカチャカベッチャカ チャカチャカチャ。  一ツ世の中艱難辛苦の荒波越えて  男の度胸でおいでなさい くよくよしたとてしょうがない いつかは芽も出る花も咲く  うつり気の浮世のならいに 取越し苦労はおやめなさい  なやみなんそはコチャ知らぬ 意地とはりの心がそれが後所楽たい。
串本節ここは串本 向いは大島 中をとりもつ 巡航船 アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ「コラショ」  潮の岬に 燈台あれど 恋の暗路は 照らしゃせぬ アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ  障子明ければ 大島ひと目 何故に佐吉は 山のかげ アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ  大島水谷 かかりし舟は おゆき見たさに 潮がかり アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ  一つ二つと 橋杭たてて 心とどけよ 串本へ アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ「コラショ」  オチャヤレ ナジャナイカ民謡クルセイダーズ和歌山県民謡和歌山県民謡ここは串本 向いは大島 中をとりもつ 巡航船 アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ「コラショ」  潮の岬に 燈台あれど 恋の暗路は 照らしゃせぬ アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ  障子明ければ 大島ひと目 何故に佐吉は 山のかげ アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ  大島水谷 かかりし舟は おゆき見たさに 潮がかり アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ  一つ二つと 橋杭たてて 心とどけよ 串本へ アラ ヨイショ ヨーイショ ヨイショ ヨーイショ ヨーイショ「コラショ」  オチャヤレ ナジャナイカ
相撲甚句ハァーエー  当地興行も 本日限り ヨー  ハァー 観進元や 世話人衆 お集まりなる 皆様よ いろいろお世話に なりました お名残惜しゅうは 候(そうら)えど 今日はお別れ せにゃならぬ 我々発ったる その後も お家繁盛 町繁盛 悪い病(やまい)の 流行らぬよう 陰からお祈り いたします これから我々 一行も しばらく地方ば 巡業して 晴れの場所にて 出世して またのご縁が あったなら 再び当地に 参ります その時ゃ これに 勝りし ご贔屓を どうか ひとえに ヨーホホホイ ハァー 願います ヨー  はぁーせっかく馴染んだ皆さまと 今日はお別れせにゃならぬ いつかまた何処で会えるやら それともこのまま会えぬやら  想えば涙がパラーリパラリと民謡クルセイダーズ伊藤要ハァーエー  当地興行も 本日限り ヨー  ハァー 観進元や 世話人衆 お集まりなる 皆様よ いろいろお世話に なりました お名残惜しゅうは 候(そうら)えど 今日はお別れ せにゃならぬ 我々発ったる その後も お家繁盛 町繁盛 悪い病(やまい)の 流行らぬよう 陰からお祈り いたします これから我々 一行も しばらく地方ば 巡業して 晴れの場所にて 出世して またのご縁が あったなら 再び当地に 参ります その時ゃ これに 勝りし ご贔屓を どうか ひとえに ヨーホホホイ ハァー 願います ヨー  はぁーせっかく馴染んだ皆さまと 今日はお別れせにゃならぬ いつかまた何処で会えるやら それともこのまま会えぬやら  想えば涙がパラーリパラリと
炭坑節月が出た出た 月が出た (ヨイヨイ) 三池炭鉱の 上に出た あんまり煙突が 高いので さぞやお月さん けむたかろ (サノ ヨイヨイ)  一山 二山 三山 越え (ヨイヨイ) 奥に咲いたる 八重椿 なんぼ色よく 咲いたとて 様ちゃんが通わにゃ 仇の花 (サノ ヨイヨイ)  晴れて添う日が 来るまでは (ヨイヨイ) 心一つ 身は二つ 離れ離れの 切なさに 夢でサマちゃんと 語りたい (サノ ヨイヨイ)  出た出た、月が出た 出た出た、三池炭鉱に 出た出た、月が出た 出た出た、三池炭鉱に  出た出た、月が出た ヨイヨイ 出た出た、三池炭鉱に ヨイヨイ 出た出た、月が出た ヨイヨイ 出た出た、三池炭鉱に ヨイヨイ民謡クルセイダーズ福岡県民謡福岡県民謡月が出た出た 月が出た (ヨイヨイ) 三池炭鉱の 上に出た あんまり煙突が 高いので さぞやお月さん けむたかろ (サノ ヨイヨイ)  一山 二山 三山 越え (ヨイヨイ) 奥に咲いたる 八重椿 なんぼ色よく 咲いたとて 様ちゃんが通わにゃ 仇の花 (サノ ヨイヨイ)  晴れて添う日が 来るまでは (ヨイヨイ) 心一つ 身は二つ 離れ離れの 切なさに 夢でサマちゃんと 語りたい (サノ ヨイヨイ)  出た出た、月が出た 出た出た、三池炭鉱に 出た出た、月が出た 出た出た、三池炭鉱に  出た出た、月が出た ヨイヨイ 出た出た、三池炭鉱に ヨイヨイ 出た出た、月が出た ヨイヨイ 出た出た、三池炭鉱に ヨイヨイ
といちん節櫛にかんざし 笄さした お江戸育ちの嫁貰った  トイチン トイチントイチンサ ヤーサレーチトーチレーチ トイチンサトイチンサ  ねんね寝た間に ふくれて焼けた 小豆まぶしの 祝い餅  トイチン トイチントイチンサ ヤーサレーチトーチレーチ トイチンサトイチンサ  小花ながらも うす紫に 可愛豌豆の花が咲く花が咲く  トイチン トイチントイチンサ ヤーサレーチトーチレーチ トイチンサトイチンサ民謡クルセイダーズ富山県民謡二宮毅櫛にかんざし 笄さした お江戸育ちの嫁貰った  トイチン トイチントイチンサ ヤーサレーチトーチレーチ トイチンサトイチンサ  ねんね寝た間に ふくれて焼けた 小豆まぶしの 祝い餅  トイチン トイチントイチンサ ヤーサレーチトーチレーチ トイチンサトイチンサ  小花ながらも うす紫に 可愛豌豆の花が咲く花が咲く  トイチン トイチントイチンサ ヤーサレーチトーチレーチ トイチンサトイチンサ
ホーハイ節愛岩山 ホーハイホーハイホー ハイ 高(ホ)けりゃナーエ 吉田町や長い  りんごの花 ホーハイホーハイホー ハイ 真白いじゃナーエ 白い花実る  ばばぁの腰ゃ ホーハイホーハイホー ハイ 曲(ホ)がたナーエ 曲がった腰ァ直らぬ  津軽富士ァ ホーハイホーハイホー ハイ 高(ホ)けりゃナーエ 名は岩木山よ  ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホー  ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホー民謡クルセイダーズ青森県民謡青森県民謡愛岩山 ホーハイホーハイホー ハイ 高(ホ)けりゃナーエ 吉田町や長い  りんごの花 ホーハイホーハイホー ハイ 真白いじゃナーエ 白い花実る  ばばぁの腰ゃ ホーハイホーハイホー ハイ 曲(ホ)がたナーエ 曲がった腰ァ直らぬ  津軽富士ァ ホーハイホーハイホー ハイ 高(ホ)けりゃナーエ 名は岩木山よ  ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホー  ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホーハイ ホーハイホーハイホー
真室川音頭私ゃ真室川の 梅の花コーリャ 貴方マタ この町の鶯よ 花の咲くのを待ち兼ねてコーリャ 蕾の中から通って来る  ハ ドントコイドントコイ  裏から回れば 垣根コあるしコーリャ 表から回れば 犬吠える 嗅ぐな騒ぐな 泥棒じゃないよコーリャ この家の娘さんに ちょいと用がある  ハ ドントコイドントコイ  夢を見た 夢を見た 夢を見たコーリャ 貴方と添うとこ 夢に見た 三三九度の盃をコーリャ いただくところで 目が覚めた  ハ ドントコイドントコイ  真室川よいとこ 新庄受けてコーリャ 娘マタ美人で 唄どころ 上り下りに ちょいと足止めてコーリャ 聞いてマタお帰りこの音頭  ハ ドントコイドントコイ民謡クルセイダーズ山形県民謡山形県民謡私ゃ真室川の 梅の花コーリャ 貴方マタ この町の鶯よ 花の咲くのを待ち兼ねてコーリャ 蕾の中から通って来る  ハ ドントコイドントコイ  裏から回れば 垣根コあるしコーリャ 表から回れば 犬吠える 嗅ぐな騒ぐな 泥棒じゃないよコーリャ この家の娘さんに ちょいと用がある  ハ ドントコイドントコイ  夢を見た 夢を見た 夢を見たコーリャ 貴方と添うとこ 夢に見た 三三九度の盃をコーリャ いただくところで 目が覚めた  ハ ドントコイドントコイ  真室川よいとこ 新庄受けてコーリャ 娘マタ美人で 唄どころ 上り下りに ちょいと足止めてコーリャ 聞いてマタお帰りこの音頭  ハ ドントコイドントコイ
安来節お花え お花え 恋のえ お花え お花え お花え あなたの恋のお花 つけていらっしゃい  つぼみえ つぼみえ 恋のえ つぼみえ いかが恋のお花よ  お花え お花え 恋の花びら 荷物にゃならぬ 恋のえ お花え つけてお帰り ちょいとひとひらを お花え お花え民謡クルセイダーズ島根県民謡島根県民謡お花え お花え 恋のえ お花え お花え お花え あなたの恋のお花 つけていらっしゃい  つぼみえ つぼみえ 恋のえ つぼみえ いかが恋のお花よ  お花え お花え 恋の花びら 荷物にゃならぬ 恋のえ お花え つけてお帰り ちょいとひとひらを お花え お花え
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. 新時代
  3. ウタカタララバイ
  4. 風のゆくえ
  5. 世界のつづき

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. Scream
  4. 逆光
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照