LITTLE CREATURESの歌詞一覧リスト  13曲中 1-13曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
13曲中 1-13曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あさやけあさやけ 待ち望んだ日の入り 今日から 待ちわびた世界を  感じて 導くように ほら 愛しむ 自由の喜びを  昨日までと なにかちがう ただよってる 気分上乗さ  あさやけ 待ち望んだ日の入り 今日から 待ちわびた世界を  歌えば 遠くに響いてゆく ギター手に 魂ふるわせる  昨日までと なにかちがう ただよってる 気分上乗さ  感じて 導くように ほら 愛しむ 自由の喜びを  昨日までと なにかちがう ただよってる 気分上乗さ  あさやけ 待ち望んだ日の入り 今日から 待ちわびた世界をLITTLE CREATURES青柳拓次青柳拓次あさやけ 待ち望んだ日の入り 今日から 待ちわびた世界を  感じて 導くように ほら 愛しむ 自由の喜びを  昨日までと なにかちがう ただよってる 気分上乗さ  あさやけ 待ち望んだ日の入り 今日から 待ちわびた世界を  歌えば 遠くに響いてゆく ギター手に 魂ふるわせる  昨日までと なにかちがう ただよってる 気分上乗さ  感じて 導くように ほら 愛しむ 自由の喜びを  昨日までと なにかちがう ただよってる 気分上乗さ  あさやけ 待ち望んだ日の入り 今日から 待ちわびた世界を
大きな河叫ぶのなんかムダなのさ したり顔で言い放つ  うまいことゆって不満をかきあつめ そんなコトバで騙されるわけないだろ  いつも負けるぼくら だれの罠かな いつも負けるぼくら 決めるには早い?  船の仕組みを作る 賢く生きる誰かに また振り落とされ、弾かれ 泳ぐ、畝る大きな河  いつも負けるぼくら だれの罠かな いつも負けるぼくら 決めるには早い?  コーヒー飲む時間だけは 残されてると思いたい  うまいことゆって不満をかきあつめ そんなコトバで騙されるわけないだろLITTLE CREATURES青柳拓次青柳拓次叫ぶのなんかムダなのさ したり顔で言い放つ  うまいことゆって不満をかきあつめ そんなコトバで騙されるわけないだろ  いつも負けるぼくら だれの罠かな いつも負けるぼくら 決めるには早い?  船の仕組みを作る 賢く生きる誰かに また振り落とされ、弾かれ 泳ぐ、畝る大きな河  いつも負けるぼくら だれの罠かな いつも負けるぼくら 決めるには早い?  コーヒー飲む時間だけは 残されてると思いたい  うまいことゆって不満をかきあつめ そんなコトバで騙されるわけないだろ
踊りかけるほうら 夜に 光放つ ような キモチ 歌いだして そうさ 見てて リズムにのり 踊る 踊る 踊りかける  オーオーオー オーオーオー オーオーオー オーオーオー  呼べー 仲間たちを 聞けー 皆の鼓動LITTLE CREATURES青柳拓次青柳拓次ほうら 夜に 光放つ ような キモチ 歌いだして そうさ 見てて リズムにのり 踊る 踊る 踊りかける  オーオーオー オーオーオー オーオーオー オーオーオー  呼べー 仲間たちを 聞けー 皆の鼓動
踊り子煙った街を抜け 夜の後を追ってく 黒く茂る森に 飲み込まれないよう  遠くに見える明かり 幻かもしれない  声が響く  扉開けば 踊り子たちの輪 眩い光に 射抜かれ瞬く  見慣れた虚ろな顔 置き去りにして踊る  絡みついた声が消える  扉開けば 踊り子たちの輪 眩い光に 射抜かれ瞬く 足元に咲く 花の口が開く  飲み込まれぬよう 踊り続けてるLITTLE CREATURES鈴木正人鈴木正人煙った街を抜け 夜の後を追ってく 黒く茂る森に 飲み込まれないよう  遠くに見える明かり 幻かもしれない  声が響く  扉開けば 踊り子たちの輪 眩い光に 射抜かれ瞬く  見慣れた虚ろな顔 置き去りにして踊る  絡みついた声が消える  扉開けば 踊り子たちの輪 眩い光に 射抜かれ瞬く 足元に咲く 花の口が開く  飲み込まれぬよう 踊り続けてる
悲しみのゆくえ羽ばたくことを あきらめた鳥のように 悲しすぎて さけぶ  涙雨の ふりそそぐ暗闇に さみしすぎて にじむ  求めることはないけど いるべき場所じゃないから ゆめのなかに逃げる ゆめのなかに潜む  さみしすぎて 思い出したくなくて はきだすことば ふるえる  失い過ぎたことが やさしさをまた求める 砕け散った 混乱の日々に おぼえていてほしい 愛することの記憶  渇いた笑顔は 悲しみのゆくえに 消えゆくことばと 記憶のさきに 描いた景色は やさしさのゆくえに きみのいるところ  迷いこんだ 悲しみは 消え去っていく 羽ばたく鳥が また巡りだすLITTLE CREATURES栗原務栗原務羽ばたくことを あきらめた鳥のように 悲しすぎて さけぶ  涙雨の ふりそそぐ暗闇に さみしすぎて にじむ  求めることはないけど いるべき場所じゃないから ゆめのなかに逃げる ゆめのなかに潜む  さみしすぎて 思い出したくなくて はきだすことば ふるえる  失い過ぎたことが やさしさをまた求める 砕け散った 混乱の日々に おぼえていてほしい 愛することの記憶  渇いた笑顔は 悲しみのゆくえに 消えゆくことばと 記憶のさきに 描いた景色は やさしさのゆくえに きみのいるところ  迷いこんだ 悲しみは 消え去っていく 羽ばたく鳥が また巡りだす
ぐるぐると夜になれば 気配を消して 這い出す気になるよ  裸のよう 目をそらされ デタラメ歩きする  どこかの部屋で ギターが響く さびた弦の匂い  ふいに手が止まる 聞かれたくないんだな  そうさ ぐるぐると まわりつづけてる  選び取ったか? 問われていても 器用に立ち回れない  そうさ ぐるぐると まわりつづけてるLITTLE CREATURES青柳拓次青柳拓次夜になれば 気配を消して 這い出す気になるよ  裸のよう 目をそらされ デタラメ歩きする  どこかの部屋で ギターが響く さびた弦の匂い  ふいに手が止まる 聞かれたくないんだな  そうさ ぐるぐると まわりつづけてる  選び取ったか? 問われていても 器用に立ち回れない  そうさ ぐるぐると まわりつづけてる
ことわり森が枯れるまえに 枝をくべて 火のまわりに座り 耳をすませ  はやく この世のことわり 教えてよ なぜに 止められないのか 聞かせてよ  海が綺麗なうち 沖に出て 波に透ける珊瑚 目をこらせ  はやく この世のことわり 教えてよ なぜに 止められないのか 聞かせてよ  森のこだま 海風のいななき 聞こえてくる 声  森が枯れるまえに 枝をくべて 火のまわりに座り 耳をすませ  森のこだま 海風のいななき 聞こえてくる 声LITTLE CREATURES青柳拓次青柳拓次森が枯れるまえに 枝をくべて 火のまわりに座り 耳をすませ  はやく この世のことわり 教えてよ なぜに 止められないのか 聞かせてよ  海が綺麗なうち 沖に出て 波に透ける珊瑚 目をこらせ  はやく この世のことわり 教えてよ なぜに 止められないのか 聞かせてよ  森のこだま 海風のいななき 聞こえてくる 声  森が枯れるまえに 枝をくべて 火のまわりに座り 耳をすませ  森のこだま 海風のいななき 聞こえてくる 声
神秘的な友愛時をまつあいだ 一番の願い壁に書いておこう 時がくるならば 互い違いに光線のびてくる  空の向こうから 闇の欠片たち はるか遠い星 はじけ宇宙船  手をさしのべて でてきたコトバは 「いつかお会いしたね」 挨拶の仕方も知り得ないけど どうか受け入れて  空の向こうから 闇の欠片たち はるか遠い星 はじけ宇宙船LITTLE CREATURES青柳拓次青柳拓次時をまつあいだ 一番の願い壁に書いておこう 時がくるならば 互い違いに光線のびてくる  空の向こうから 闇の欠片たち はるか遠い星 はじけ宇宙船  手をさしのべて でてきたコトバは 「いつかお会いしたね」 挨拶の仕方も知り得ないけど どうか受け入れて  空の向こうから 闇の欠片たち はるか遠い星 はじけ宇宙船
速報音楽そのラジオもっと音上げよう ニュース速報のような音楽さ  ナイジェリアからも届いてる 危険なノリのアフロミュージック  踊れないビートは投げ捨て ほとばしる新鮮なリズムの海へ  バンコクからも届いてる 火花が飛び散るモーラムミュージック  踊れないビートは投げ捨て ほとばしる新鮮なリズムの海へ  ジャマイカからも届いてる 自由と煙のレゲエミュージック  またこの響きあえる仲間たちと歩いて 新時代を踏み鳴らし音楽を鳴らせ またこの響きあえる仲間たちと歩いて 新時代を踏み鳴らし音楽を鳴らせLITTLE CREATURES青柳拓次青柳拓次そのラジオもっと音上げよう ニュース速報のような音楽さ  ナイジェリアからも届いてる 危険なノリのアフロミュージック  踊れないビートは投げ捨て ほとばしる新鮮なリズムの海へ  バンコクからも届いてる 火花が飛び散るモーラムミュージック  踊れないビートは投げ捨て ほとばしる新鮮なリズムの海へ  ジャマイカからも届いてる 自由と煙のレゲエミュージック  またこの響きあえる仲間たちと歩いて 新時代を踏み鳴らし音楽を鳴らせ またこの響きあえる仲間たちと歩いて 新時代を踏み鳴らし音楽を鳴らせ
ただごとうた平たく云えば 教科書には無い 可笑しなこと ばかりかもね  本当の話し 誰も知らないと そんなはずは あるわけないさ そんなはずは あるわけないさ  勇気を出して 尋ねてみても はぐらかされるだけだよね  こんなにコトバが 溢れていたら 自分の声 無くなりかけて そんなはずは あるわけないさ そんなはずは あるわけないさ  馬鹿にすんな 放っておいてくれよ 余計なんだ 好きに生きるって 困難なこと? 誰かさん 聞いてるかい?  平たく云えば 教科書には無い 可笑しなこと ばかりかもね そんなはずは あるわけないさ そんなはずは あるわけないさ  馬鹿にすんな 放っておいてくれよ 余計なんだ 好きに生きるって 困難なこと? 誰かさん 聞いてるかい?LITTLE CREATURES青柳拓次青柳拓次平たく云えば 教科書には無い 可笑しなこと ばかりかもね  本当の話し 誰も知らないと そんなはずは あるわけないさ そんなはずは あるわけないさ  勇気を出して 尋ねてみても はぐらかされるだけだよね  こんなにコトバが 溢れていたら 自分の声 無くなりかけて そんなはずは あるわけないさ そんなはずは あるわけないさ  馬鹿にすんな 放っておいてくれよ 余計なんだ 好きに生きるって 困難なこと? 誰かさん 聞いてるかい?  平たく云えば 教科書には無い 可笑しなこと ばかりかもね そんなはずは あるわけないさ そんなはずは あるわけないさ  馬鹿にすんな 放っておいてくれよ 余計なんだ 好きに生きるって 困難なこと? 誰かさん 聞いてるかい?
ハイスクール・ララバイとにかくとびきりの美少女さ うかつに近寄れば感電死 授業も上の空よそ見して チョークが飛んで来た ハイスクール・ララバイ  ねえ君 下駄箱のらぶれたあ 読まずに破くとはあんまりさ 可愛い顔をして冷たいね 廊下で振り向いた ハイスクール・ララバイ  100%片想い Baby I love you so 好き好きBaby 100%片想い グッと迫れば 無理無理Baby 100%片想い Baby I love you so 好き好きBaby 100%片想い ちょっと振られて フリフリBaby  放課後 満員のバスの中 ブレーキよろめいた偶然に 息までかかるほど急接近 いきなり平手打ち ハイスクール・ララバイ  ねえ君 もっと深く知りあおう ついては週末のデートなど… もじもじ問いかけた瞬間に 夕陽が落ちて来た ハイスクール・ララバイ  100%片想い Baby I love you so 好き好きBaby 100%片想い グッと迫れば 無理無理Baby 100%片想い Baby I love you so 好き好きBaby 100%片想い ちょっと振られて フリフリBabyLITTLE CREATURES松本隆細野晴臣とにかくとびきりの美少女さ うかつに近寄れば感電死 授業も上の空よそ見して チョークが飛んで来た ハイスクール・ララバイ  ねえ君 下駄箱のらぶれたあ 読まずに破くとはあんまりさ 可愛い顔をして冷たいね 廊下で振り向いた ハイスクール・ララバイ  100%片想い Baby I love you so 好き好きBaby 100%片想い グッと迫れば 無理無理Baby 100%片想い Baby I love you so 好き好きBaby 100%片想い ちょっと振られて フリフリBaby  放課後 満員のバスの中 ブレーキよろめいた偶然に 息までかかるほど急接近 いきなり平手打ち ハイスクール・ララバイ  ねえ君 もっと深く知りあおう ついては週末のデートなど… もじもじ問いかけた瞬間に 夕陽が落ちて来た ハイスクール・ララバイ  100%片想い Baby I love you so 好き好きBaby 100%片想い グッと迫れば 無理無理Baby 100%片想い Baby I love you so 好き好きBaby 100%片想い ちょっと振られて フリフリBaby
ハイポジション新しいことばが 香りを紡ぎだす 築いたきせきと 再びさまよいだす  ふざけたことばかり 押しつけられること 無意味なたわごとを あのギターリフで 蹴散らす あなたに届くように  しずかに浮かぶ ほほえみには あなただけに きこえる メロディ  危険なフレーズに 身をゆだね さけぶ  新しいことばが 香りを紡ぎだす 築いたきせきと 再びさまよいだすLITTLE CREATURES栗原務栗原務新しいことばが 香りを紡ぎだす 築いたきせきと 再びさまよいだす  ふざけたことばかり 押しつけられること 無意味なたわごとを あのギターリフで 蹴散らす あなたに届くように  しずかに浮かぶ ほほえみには あなただけに きこえる メロディ  危険なフレーズに 身をゆだね さけぶ  新しいことばが 香りを紡ぎだす 築いたきせきと 再びさまよいだす
左目その手から溢れ散る 色あせた咎 陽は沈み影は去り 名前さえ消え  左の目には 虚ろなあなたの  遠く遠く歩いていく 姿を写して  この手には掴めずに ただ過ぎる時  分かれた道に佇んで 途方に暮れて振り返れば  左の目には 虚ろなあなたの 遠く遠く歩いていく 姿を写して  見えなくなってくLITTLE CREATURES鈴木正人鈴木正人その手から溢れ散る 色あせた咎 陽は沈み影は去り 名前さえ消え  左の目には 虚ろなあなたの  遠く遠く歩いていく 姿を写して  この手には掴めずに ただ過ぎる時  分かれた道に佇んで 途方に暮れて振り返れば  左の目には 虚ろなあなたの 遠く遠く歩いていく 姿を写して  見えなくなってく
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. ウタカタララバイ
  2. 新時代
  3. Scream
  4. Beautiful
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照