A・K・Iの歌詞一覧リスト  4曲中 1-4曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
4曲中 1-4曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あなたの心髪にうずめた 指先が 別れを惜しんで 離れない 好きだから (好きだから) 憎らしい (憎らしい) ずるい人 (ずるい人) だけど、 それで いいのよ あなたの心の半分を 私に私にくださいな 私の心の半分は あなたのあなたのものだから  影を重ねた あの場所は 昨日にはぐれて 消えてゆく いつだって(いつだって) 嘘つきで (嘘つきで) わからず屋(わからず屋) でもね、 それで いいのよ あなたの心の半分を 私に私にくださいな 私の心の半分は あなたのあなたのものだから  好きだから (好きだから) 憎らしい (憎らしい) ずるい人 (ずるい人) だけど、 それで いいのよ あなたの心の半分を 私に私にくださいな 私の心の半分は あなたのあなたのものだからA・K・I木下めろん木下めろん伊平友樹髪にうずめた 指先が 別れを惜しんで 離れない 好きだから (好きだから) 憎らしい (憎らしい) ずるい人 (ずるい人) だけど、 それで いいのよ あなたの心の半分を 私に私にくださいな 私の心の半分は あなたのあなたのものだから  影を重ねた あの場所は 昨日にはぐれて 消えてゆく いつだって(いつだって) 嘘つきで (嘘つきで) わからず屋(わからず屋) でもね、 それで いいのよ あなたの心の半分を 私に私にくださいな 私の心の半分は あなたのあなたのものだから  好きだから (好きだから) 憎らしい (憎らしい) ずるい人 (ずるい人) だけど、 それで いいのよ あなたの心の半分を 私に私にくださいな 私の心の半分は あなたのあなたのものだから
お気楽音頭人生あれこれ あろうけど 気楽に行こうぜ 気楽にね 前も後ろも 左も右も 垣根を作っちゃ いけないよ 十人十色で ええじゃないか 面白おかしく やればいい らくらく らっくらく~ お気楽音頭で 行ってみようか  意見もあれこれ あろうけど 気楽に行こうぜ 気楽にね 地獄極楽 どっちにしても 行く先きゃあの世と 決まってる 眼くじらたてても しょうがない 世間にゃ笑いが 必要だ らくらく らっくらく~ お気楽音頭で 行ってみようか  毎日あれこれ あろうけど 気楽に行こうぜ 気楽にね 礼儀作法は 世間を渡る 最低限度の A・B・C トンビにあぶらげ さらわれて 笑っていられりゃ 大物だ らくらく らっくらく~ お気楽音頭で 行ってみようかA・K・I志賀大介吉幾三伊平友樹人生あれこれ あろうけど 気楽に行こうぜ 気楽にね 前も後ろも 左も右も 垣根を作っちゃ いけないよ 十人十色で ええじゃないか 面白おかしく やればいい らくらく らっくらく~ お気楽音頭で 行ってみようか  意見もあれこれ あろうけど 気楽に行こうぜ 気楽にね 地獄極楽 どっちにしても 行く先きゃあの世と 決まってる 眼くじらたてても しょうがない 世間にゃ笑いが 必要だ らくらく らっくらく~ お気楽音頭で 行ってみようか  毎日あれこれ あろうけど 気楽に行こうぜ 気楽にね 礼儀作法は 世間を渡る 最低限度の A・B・C トンビにあぶらげ さらわれて 笑っていられりゃ 大物だ らくらく らっくらく~ お気楽音頭で 行ってみようか
港街ロマンスわかりかけた昨日から やっと気付いたのが今日 だから それがどうしたの 同じことばかり言って 灯りを消した静けさ ふれあう指先 時計の針がふたりの 別れ告げてる ああ 赤レンガの前で 君を 君を ずっと 待っているからと 港灯り ともすころに きっと会えるわ ああ 心のさざ波が ゆれて ゆらいだ 横浜  凍りついた冬の空 つかの間でもぬくもりを 迷いだした気持ちさえ そっと溶かしてゆくのね ところで、とそらす話 寂しさをかくす ひびく汽笛がふたりの 別れ告げてる ああ 三の宮で会った 君を 君を このまま 忘れるなんて 甘く響く その声さえ 今ははかなく ああ 心が泳いでく ゆれて ゆらいだ 神戸よ  まるで迷子のようにさ たどり着けば港街 そんなこともあったねと 言える時が来るかしら こぬか雨ふる波止場で 冷たい口づけ 過ぎた季節がふたりの 別れ告げてる ああ オランダ坂おりて 君は 君は どこへ 帰ってゆくのか わたしだけが 知っているの 遠い あの場所 ああ 心はあてどなく ゆれて ゆらいだ 長崎A・K・I木下めろん木下めろん伊平友樹わかりかけた昨日から やっと気付いたのが今日 だから それがどうしたの 同じことばかり言って 灯りを消した静けさ ふれあう指先 時計の針がふたりの 別れ告げてる ああ 赤レンガの前で 君を 君を ずっと 待っているからと 港灯り ともすころに きっと会えるわ ああ 心のさざ波が ゆれて ゆらいだ 横浜  凍りついた冬の空 つかの間でもぬくもりを 迷いだした気持ちさえ そっと溶かしてゆくのね ところで、とそらす話 寂しさをかくす ひびく汽笛がふたりの 別れ告げてる ああ 三の宮で会った 君を 君を このまま 忘れるなんて 甘く響く その声さえ 今ははかなく ああ 心が泳いでく ゆれて ゆらいだ 神戸よ  まるで迷子のようにさ たどり着けば港街 そんなこともあったねと 言える時が来るかしら こぬか雨ふる波止場で 冷たい口づけ 過ぎた季節がふたりの 別れ告げてる ああ オランダ坂おりて 君は 君は どこへ 帰ってゆくのか わたしだけが 知っているの 遠い あの場所 ああ 心はあてどなく ゆれて ゆらいだ 長崎
夜汽車夜を横切り 未来(あした)へつなぐ 片道切符 にぎりしめていた 窓にうつった君の横顔 まるで小さな 花模様 wow wow wow 夜汽車は走る ぼくらを乗せ 見果てぬその先へ wow wow wow 夜汽車にゆられ どこへだって行けるさ 二人なら  時の流れに逆らいながら すれ違う景色 どこまで走る 街の灯がぽつりぽつり そっと心を ともすように wow wow wow 夜汽車は走る ためらう道 迷いは かき消して wow wow wow 夜汽車にゆられ 先は長い そろそろ 眠ろうか  寄り添う肩に もたれた重み そのぬくもりに カギをかけたい 星が夜空にひとつ流れ 君のしあわせ 祈ったよ wow wow wow 夜汽車は走る 目を閉じれば輝く夢を乗せ wow wow wow 夜汽車にゆられ どんなこともできるさ 二人ならA・K・I木下めろん木下めろん伊平友樹夜を横切り 未来(あした)へつなぐ 片道切符 にぎりしめていた 窓にうつった君の横顔 まるで小さな 花模様 wow wow wow 夜汽車は走る ぼくらを乗せ 見果てぬその先へ wow wow wow 夜汽車にゆられ どこへだって行けるさ 二人なら  時の流れに逆らいながら すれ違う景色 どこまで走る 街の灯がぽつりぽつり そっと心を ともすように wow wow wow 夜汽車は走る ためらう道 迷いは かき消して wow wow wow 夜汽車にゆられ 先は長い そろそろ 眠ろうか  寄り添う肩に もたれた重み そのぬくもりに カギをかけたい 星が夜空にひとつ流れ 君のしあわせ 祈ったよ wow wow wow 夜汽車は走る 目を閉じれば輝く夢を乗せ wow wow wow 夜汽車にゆられ どんなこともできるさ 二人なら
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. さよーならまたいつか!
  3. ライラック
  4. 初心LOVE
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×