試聴する

みかえり富士

この曲の表示回数 18,606
歌手:


作詞:

もず唄平


作曲:

船村徹


顧(かえり)みて想うのは
花咲く春の富士の山
頂(いただき)の雪拝み
志立てたというひとの
節榑立(ふしくれだ)った あの手と怒り肩
想い出すんだ 武骨な 我が祖父を

妻よ子よ 友輩(ともがら)よ
一度は見ろよ 富士の山
ほとばしる青春の
全て懸け生きたというひとの
時代と夢と厳しい人生を
無駄にゃしないぞ この先 いつだって

旅立ちの朝まだき
みかえり仰ぐ富士の山
あの姿 鑑(かがみ)かな
日本の誉れというひとの
ブラジル目指し 乗り込む移民船
何度聞いたか その名は笠戸丸(かさどまる)
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みかえり富士 歌手:成世昌平

成世昌平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-02-04
商品番号:CRCN-1393
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP