詩人の旅

この曲の表示回数 14,251
歌手:

茅原実里


作詞:

畑亜貴


作曲:

菊田大介


思い出抱きしめる人に
私が出来るのは 夢を語ることだけ
大きな世界でただひとり
あなたを待ってるわ 運命の出逢いが

明日手に入れると
決めた時初めて
願いを叶える道に立つ

迷いながら 愁いながら
愛を詩にする旅へと誘う 黄砂の果て
風は速く熱く 切り裂かれて
痛みが増す程に 強く強くなれるでしょう

未来を変えながら人は
遙かな終わり無き 夢の重さ知るのね
私も追いかけて力尽きても
気持ちだけ躰抜け出せるよ

遠い空を見れば
こころ羽になって
想いは望みを乗せたまま

叫べるなら 選べるなら
あの丘を越えて新しい場所へと 胸ははずむ
夜の寒さ辛さ 乗り越えれば
輝く朝焼けが 眩しい勇気くれるでしょう

甘い追憶の日々よ
幻はそっと手の中眠る
そしてまた陽が昇るの

迷いながら 愁いながら
愛を詩にする旅へと誘う 黄砂の果て
風は速く熱く 切り裂かれて
痛みが増す程に 私強く強く
もっと強くなれるでしょう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:詩人の旅 歌手:茅原実里

茅原実里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-24
商品番号:LACA-5705
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP