試聴する

寂しさは秋の色

この曲の表示回数 31,134
歌手:

WANDS


作詞:

上杉昇


作曲:

栗林誠一郎


変わりゆく 心のような
空は今 この街 濡らして
失くした ぬくもりと
君の記憶 たぐり寄せて

寂しさは 秋の色 胸が きしむよ
傷つけあって 生きるなら
愛じゃないから

移りゆく 季節のような
君だけが その胸焦がして
こわれた 雨傘じゃ
雨をしのぐ ことも出来ない

寂しさは 秋の色 時に 溺れて
演じきれない ふたりなら
もどれないだろう

君の言葉 街のざわめき
あどけない その笑顔も
季節終わりの 雨の中
色あせていく

寂しさは 秋の色 胸が きしむよ
傷つけあって 生きるなら
愛じゃないから

寂しさは 秋の色 時に 溺れて
演じきれない ふたりなら
もどれないだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:寂しさは秋の色 歌手:WANDS

WANDSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-02-02
商品番号:BGCH-1006
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP