試聴する

勝利の笑顔

この曲の表示回数 13,714

カバンを右手に持ったまま
高いフェンスにしがみついた
半分 バカに するように
僕は 君を 見ていた
日だまりの匂いの制服と
抜けるような 笑顔だったね
話す夢は ズレていても
同じ時間を持っていた

僕は夏を逃げるように
ただ電車を 乗り継いで
君は夏を 追いかけるように
何度も靴を 変えた

でもいつか 笑うのは 僕だと
いつか 勝つのは 僕だと思っていた
青春に舌を出し 道に迷って
しゃがみ込んでしまうことも知らずに……

あれから何年経ったあと
偶然街できみと出会った
途切れていた 連絡は
きっと 僕のせいだった
「何とか楽しくやってるよ」
そう言う君の笑い顔は
あのグラウンドで走り続けた
少年と同じだった

やぶったメモに書いた
連絡先をくれたあと
コートに向かうイレブンのように
人波へ飛び出して行く

見送りながら軽く振る手を
いつかおろして 僕も走ろう
勝利の笑顔は君に輝いたけど
クラクションを笛に変えて
走ろう

勝利の笑顔は君に輝いたけど
クラクションを笛に変えて
走ろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:勝利の笑顔 歌手:槇原敬之

槇原敬之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-11-10
商品番号:WMD3-3015
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP