驛舎(えき)

この曲の表示回数 29,665

君の手荷物は 小さな包みがふたつ
少し猫背に 列車のタラップを降りて来る

驚いた顔で 僕を見つめてる君は
夕べ一晩 泣き続けていた そんな目をしてる

故郷訛りの アナウンスが今
ホームを包み込んで

都会でのことは 誰も知らないよ
話す事もいらない

驛舎に降り立てば それですべてを
忘れられたらいいね

重すぎるはずの 君の手荷物をとれば
身じろぎもせず ただ涙をこぼすだけ

ざわめきの中で ふたりだけ息を止めてる
口を開けば 苦しみが全て 嘘に戻るようで

季節の間ではぐれた小鳥が
時計をかすめて飛ぶ

泣きはらした目が 帰ってきたことが
君をもう許してる

驛舎を出る迄に 懐かしい言葉を
思い出せたらいいね

改札口を抜けたならもう
故郷は春だから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:驛舎(えき) 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-28
商品番号:FRCA-1172
フォア・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP