試聴する

Scenery

この曲の表示回数 1,734
歌手:

Uru


作詞:

Uru


作曲:

Uru


光のない道を 手を繋ぎ歩いた
選ばなければいけない 別離(いたみ)もあったけど

ねぇだけど 気付いたんだ
私はここにいて
一人で泣いてた 少女はもういないと

会いに行くよ
どこまででも 君が呼ぶなら
ほんの小さな願いさえ
儚く消えてしまう世界でも

離さないよ
どんな日々も 明日に変えて
望んでいたその先に
君と見たかった景色があると
信じてるから

塗りつぶしてもまた 浮かんでくる傷痕
隠そうとする手が 消えてしまいそうで

体を 寄せ合い
感じる温度は
雨の日も二人を
確かに強くさせるよ

変わらないよ
そばにいたい そう思うのは
花が咲くようなその笑顔と
君が信じ続けている明日を
守りたいから

その心は
それはそれは綺麗な心だった
溜まり水が跳ねたって
涙を流す度に 透明に変わる

会いに行くよ
どこまででも 君が呼ぶなら
ほんの小さな願いさえ
儚く消えてしまう世界でも

離さないよ
どんな日々も 光に変えて
歩いていくその先に
君と見たかった景色があると
信じてるから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Scenery 歌手:Uru

Uruの新着情報

  • 白日新着 / ♪時には誰かを知らず知らずの
  • 願い新着 / ♪灰色の視界の中で
  • PUZZLE / ♪夜の闇に姿を溶かして耳を
  • 雪の華 / ♪のびた人陰を舗道に並べ
  • プロローグ / ♪目にかかる髪の毛とかきわけた

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-09-11
商品番号:AICL-3755
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP