試聴する

砂時計

この曲の表示回数 12,191

なぜかいかがわしいうわさが耳につく
君が軽薄な街を泳ぎだす

最後の言葉もやりきれない気持ちも
まだこの身は覚えてるのに

まともじゃいられないよ 本当のことを知るたび
えぐられた傷は思いのほか心蝕んでく
真綿でじわじわこの首を締め付けられて
屈辱にひざまずく先に
よごれていってしまう君を見ている

何か艶かしい儀式のシルエット
得体の知れない影が君を抱いてる

触れたくちびるのすべる感触さえ
まだこの身から消えてないのに

冷静じゃいられないよ ガラスごし君を見るたび
つきつけられたそのありさまが背骨を締め付ける
我慢できないよ いっそのこと気を失いたいよ
とぎれそうな意識の向こうに
罪の終わりを待つ砂時計

最後の言葉もやりきれない気持ちも
まだこの身は覚えてるのに

まともじゃいられないよ 本当のことを知るたび
えぐられた傷は思いのほか心蝕んでく
真綿でじわじわこの首を締め付けられて
屈辱にひざまずく先に
夜の終わりを待つ砂時計
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂時計 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-11-26
商品番号:POCH-1870
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP