試聴する

ゲルニカ

この曲の表示回数 2,840
歌手:

清春


作詞:

清春


作曲:

清春


それは遥か彼方で貴方へ手を振るだろう

そう、此処では悲しい心は芽生え無くて

どうして喉は潤ませてた?
壁にある絵は希望のゲルニカ

過去と未来を捨ててゆくよ
両目には空虚を抱いて
僅かに愛されたとしたら
全てを捧げよう、あの影へ

倒れる程暗がり 夢は無知、黒と羽根

遠くで敬い歌えば貴方を
届いて僕は無償のレプリカ

過去と未来は暮れてゆくよ
残せることがあると言えば
香りとメロディーとあとひとつ
今を生きたという証

過去と未来を捨ててゆくよ
全てを投げ売ろう、あの影へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ゲルニカ 歌手:清春

清春の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-13
商品番号:COZP-1402
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP