試聴する

金木犀の雨

この曲の表示回数 3,448
歌手:


作詞:

石原信一


作曲:

幸耕平


秋の夕暮れ ほのかに香り
君の涙を 連れて来る
あの日電車に 乗り込む僕が
帰らないこと なぜか君は知ってた
雨に打たれて 金木犀が
駅を黄色に 染めていた
わずかな雨に 花散るなんて
青春だねと 君が泣いてた

若い季節は おどけてばかり
明日が来るのに 目を背け
リンゴ二つと 薄い毛布で
二人暮らして 行けるそんな気がした
雨に打たれて 金木犀が
今もはかなく 匂い立つ
か細い肩に 降りそそぐ花
そのまま抱いて いればよかった

雨に打たれて 金木犀が
遠い記憶を 染め上げる
わずかな雨に 花散るなんて
青春だねと 君が泣いてた
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:金木犀の雨 歌手:松原健之

松原健之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-05-17
商品番号:TECE-3436
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP