試聴する

神戸在住

この曲の表示回数 4,945
歌手:

BURNOUT SYNDROMES


作詞:

熊谷和海


作曲:

熊谷和海


氷。
揺れるウヰスキーグラス。
GRANDFRONT OSAKAのバーの夜は更ける。
貴方に接吻して言う。

「今夜は私、終電で帰るわ。」

神戸駅へ向かう列車。

通り雨が濡らした街はネオンや信号を乱反射して、
きらきら、煌めいている。
まるで宇宙にいるみたいだ。

君の存在は私にとって何だったっけ?
って、私、毎晩毎晩自問自答している。
いつも蘇るのはMOSAICの観覧車で為た、私にとって初めての接吻だ。

遠くで流れ星が瞬いては消えていく。
いつだって流れ星に願うのはただ、ひとつだけ。

これが、恋なのですね。

がたん、ごとん。がたん、ごとん。
神戸駅へ向かう列車。

瀬戸内海が見えてきました。背広達はあの豪華客船に背を向けて立つ。
私は街を見ていた。
街もまた、私を見ていた。

特に名前の無い振動にゆらゆら揺られて、
君との記憶と眠りに落ちていこう。
神戸南京町の中華街と。ポートアイランドの潮騒と。
エル・エ・ルイウーベンと。

大震災と。

神戸、在住。

遠くで流れ星が瞬いては消えていく。
いつだって流れ星に願うのはただ、ひとつだけ。

「僕達は流れ星だ。瞬いては消えていく。」

いつだって流れ星に願うのはただ、ひとつだけ。
君の、聲なんですね。

何気無い日々の風景が「神戸在住」。
夢の中で、私は、G線上のアリアが響く夜を目指して、
君にもう一度、さよならを言う。

神戸南京町の中華街と。ポートアイランドの潮騒と。
エル・エ・ルイウーベンと。
大震災と。栄町と。東遊園地と。千燈祭と。
フィンセント・ファン・ゴッホ展と。
横山光輝と。みなとこうべ花火大会と。異人館通りと。
菊花賞と。ルミナリエと。

……。
……。
……。

三宮駅で急停車。
人間を、撥ねた、みたいだ。
それと判る振動で汗塗れで目覚める。

今の衝撃ならば即死だろう。
一月一六日中には帰れない、な。
車内。
満ちる舌打ちとほんの少しの

憧憬。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:神戸在住 歌手:BURNOUT SYNDROMES

BURNOUT SYNDROMESの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-07-02
商品番号:HMBS-2
Handmade Music

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP