GOLD LYLIC 

この曲の表示回数 207,737
歌手:


作詞:

小竹正人


作曲:

Hitoshi Harukawa


いつもより何故か無口な 君の手を強く握ったら
空に浮かんだ観覧車の向こう 夕焼けがゆっくりと降りてきたよ
ぎこちなくキスをしてから ぎこちなく抱きしめた
それでも君はうつむいて
僕の顔を見ようともしない…どうして泣いてるの?

一番最初の君の涙は 僕が君に好きだと告げた日
一番最後の君の涙は 「サヨナラ」「ゴメンネ」そう言いながら
今 零(こぼ)れた

何人か他の彼女(だれか)を 好きになったことはあるけど
恋がこんなにせつない感情(もの)だと
君に会うまでの僕は 知らなかったよ
ずっとずっとそばにいるって ずっとずっと好きだって
約束した夢をひとつも 守れないまま叶えないまま 僕らは離れてく

一番最初の君の涙は 幸せだけ溢れていたのに
一番最後の君の涙は もどかしいやるせない 想いだけが 溢れている

涙から始まった恋が また涙で終わるなんて…
見上げたら 観覧車が 夜空に滲んでしまう

一番最初の君の涙は 僕が君に好きだと告げたあの日
一番最後の君の涙は 「サヨナラ」「ゴメンネ」そう言いながら
今日 零(こぼ)れた
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:涙 歌手:GENERATIONS from EXILE TRIBE

GENERATIONS from EXILE TRIBEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-06-29
商品番号:RZCD-86133
rhythm zone

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP